アラビアン ナイト 日本 語。 アラビアンナイトって凄い!【どこが面白いのか、解説してみた】│大葉せんせいの雑記ゼミ

アラビアン・ナイト|東洋文庫|平凡社

アラビアン ナイト 日本 語

《》,《》とも。 ,ペルシアのに起源し,ササン朝時代バフラビー語で書かれた《千物語》が8世紀後半アラビア語に訳されたものが原形とされ,16世紀ごろに集大成された。 特定の作者はない。 内容は架空・幻想の世界をはじめ,など実在の人物も登場し,おとぎ噺 ばなし ,伝説,,風刺物語,逸話など多岐にわたるが,全体を通じて,妖艶 ようえん な詩的幻想と醜怪な人間生活の現実とが交錯して,蠱惑 こわく 的な世界を作り上げている。 構成はがササン朝のシャハリヤール王に語るという枠組の中に,大小数百の話が入る。 ガランは原典にないやなどの話も加えた。 日本では英語式に『アラビアン・ナイト』Arabian Nightsともいわれる。 [矢島文夫] 内容と成立この物語集成の原典は内容を多少異にするものがいくつかあるが、いずれにも枠物語があり、また全体を1001の夜に分けているところからこの題名が出ている。 枠物語の主人公はペルシアの王シャフリヤールと、大臣の賢い娘シェヘラザードである。 妻の不貞を知ったシャフリヤール王は、毎日女を連れてこさせ、一夜をともにしてから翌日これを殺させた。 シェヘラザードにその順番が回ってきたとき、彼女は王に世にも不思議な話を聴かせ、夜が明けるころになると、続きを聴きたければ明晩話しましょうと王に告げ、次々に話を続けて3年近くが過ぎた。 この間にシェヘラザードは王の子を宿し、王の怒りも解けて、女たちを殺すことはなくなったというのである。 こうした枠物語のなかに、おもなもので180ほどの長短の物語(ほかに支話が数十)がはめ込まれている。 古いインド・ペルシア・ギリシア起源の物語に、後代のアラビアの物語が加えられ、その種類も幻想的な物語、恋愛物語、寓話 ぐうわ 、伝説、小話 こばなし など、きわめて多様である。 この物語集成の原型としては、中世ペルシアの『千物語』(ハザール・アフサーナ)との関係が古くから論じられている。 10世紀のアラビアの著述家マスウーディーの『黄金の牧場』およびほぼ同時代のイブン・アン・ナディームの図書目録『アル・フィフリスト』中に、ペルシアの『千物語』がアラビア語に訳されて『千夜物語』とよばれたとあるからで、このころにこの物語集成の最古の部分ができあがったと思われる。 そののち、これにアッバース朝下のバグダードを中心とする諸都市のカリフ(教主)・貴人・商人らの物語、ペルシア湾海港を基点とする航海者の外国土産 みやげ の物語、さらにエジプトのカイロやアレクサンドリアを舞台とする物語、十字軍時代の物語などが次々に付け加えられ、15世紀ころに完成したと考えられる。 彼はまたシリア人女性ハンナから聞き書きした物語もこれに入れたが、ここにはよく知られている『アリ・ババと四十人の盗賊』および『アラジンと不思議なランプ』が含まれている。 ガランのこの翻訳は欧米で熱狂的に迎えられ、ここから各国語版がつくられた。 こののちハビヒト版(1825~1843)、マックノーテン版(1839~1842)などのアラビア語原典が刊行され、これらから十数種に上る各国語への原典訳がつくられた。 おもなものにレーン英訳(1838~1840)、ペイン英訳(1882~1884)、バートン英訳(1885~1888)、ヘニング独訳(1895~1897)、マルドリュス仏訳(1899~1904)などがあり、日本では前嶋信次 まえじましんじ ・池田修による原典訳(1966~1992)のほか、レーン版、バートン版、マルドリュス版の翻訳がある。 前記のアリ・ババ、アラジンを主人公とするもののほか、船乗りシンドバッドの話も子供たちにおなじみだが、この物語は本来は大人向けのものであり、男女関係がかなり自由に描写されていることはよく知られている。 他方、この物語集成の東方的ファンタジーは多くの芸術家を刺激した。 ビアズリー、デュラック、ウーシンらが版画、イラストなどに腕を競い、ドラクロワやギュスターブ・モローらの絵画、リムスキー・コルサコフやストラビンスキーらの音楽に影響を及ぼし、この物語を扱った映画もたびたび制作されている。 ユゴーの《東方詩集Orientales》 1829 ,ラマルティーヌの《東方紀行》 1835 などがロマン主義文学者による代表例である。 … 【ガラン】より …一時パリに戻り王立図書館古銭部に入ったが,再び1679年コルベールの命でド・ギュイラーグ新大使に随行してギリシアからトルコに入り,88年まで滞在し《メルキュール・ド・フランス》誌に〈コンスタンティノープル通信〉をたびたび寄稿した。 1702年アカデミー・デ・ザンスクリプション会員となったガランは膨大な古銭学辞典を作り始める一方,ド・ギュイラーグの娘のために〈船乗りシンドバッド〉を訳し始めたが,印刷直前にこれが一大物語群《千夜一夜物語》の一部であることを知って印刷を延期,諸方に写本を求め,シリアからの写本により04年から出版し始めた。 彼の没後も翻訳の出版は続けられ,17年に全12巻が完結。 … 【仏教文学】より …次に, 本生話 は,釈迦が釈迦族の王子としてこの世に生をうける以前,天人,国王,大臣,長者,盗賊,あるいは兎,猿,象,孔雀などの姿で菩薩のすぐれた自己犠牲の行為を行ったことを物語る教訓説話で,その中には多くの民間説話,寓話,伝説がおさめられている。 これは,経蔵中の〈クッダカ・ニカーヤ〉におさめられているが,他のインド文学の作品や《イソップ物語》《千夜一夜物語》にも共通する説話を保有する点で,世界文学史上においても重要な文献である。 このほか,叙事詩形式のものとして,スリランカにおける仏教教団の歴史を描いた《》《》をあげることができる。 出典| 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について.

次の

アラビアン・ナイトの比較文明学 ─ 共鳴する東洋と西洋

アラビアン ナイト 日本 語

その原形ができたのは九世紀ころといわれ、日本でいえば平安時代にあたります。 そんなに古い時代にできた物語が、いまも変わらず世界中で愛されているのは稀有なことではないでしょうか。 世界を見回せば、アラビアンナイトと同時代に生まれた文学はたくさんあります。 この日本にも少し時代はくだりますが、『源氏物語』や『伊勢物語』のような名作があります。 しかし、アラビアンナイトほど有名でないのはいうまでもありません。 また言えば、同時代の中東に生まれた文学も、アラビアンナイトだけではありません。 にもかかわらず、なぜアラビアンナイトだけがこれほどビッグネームになったのでしょうか。 アラビアンナイトの成立を説明するのは簡単ではありません。 今日目にするような千一夜分のお話が揃った大長編になったのは比較的最近のことで、その昔はもっと小規模な物語だった可能性もあります。 さらに、どのお話がどんな順番で入っていたのかなどは、よくわかっていません。 千一夜の「千一」とは、文字通りの1001 のことではなく、「非常にたくさん」という意味だという説もあります。 アラビアンナイトは多くの謎を秘めた文学なのです。 アラビアンナイトは十八世紀にフランス人によって見出されるまでは、中東でもそれほどポピュラーではありませんでした。 むしろ埋もれていたふしがあります。 ではなぜ近代になって急に注目されたのかというと、このころヨーロッパ列強の帝国主義が中東世界の植民地化をもくろみはじめたことと関係があります。 アラビアンナイトは国際的な力学の中で、征服者が被征服者を理解するためのツールとして使われたのです。 もちろん、物語そのものの魅力が西洋人をとらえたということもありますが、一筋縄ではいかない要因がからみあって、アラビアンナイトは「世界文学」として育っていったのです。 現在、アラビアンナイトを生み出した中東世界では、民主化革命や紛争が頻発し、シリアやエジプトなどアラビアンナイトと関わり深い国々が、混沌とした予断を許さない状況に陥っています。 人命が失われたというニュースが入ってくるたびに、胸が痛みます。 しかしながら、日本人にとってはまだまだ遠い国であり、誤解や偏見抜きに理解できている人はあまり多くありません。 その点においても、いまアラビアンナイトを再読する意味はあると私は考えます。 娯楽的な夢物語だと思っている方も多いかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。 アラビアンナイトにはイスラームの人びとが歴史の中で培ってきた文化や宗教観がたっぷりと込められていますし、すぐれた交易民であったゆえのグローバルな精神も随所に垣間見ることができます。 多少大袈裟に言うならば、この物語の中には、現在の東西文明の衝突を解決するための手がかりも秘められているかもしれないのです。 シナイ半島の遊牧民の研究をしてきた私が、アラビアンナイトの世界に深く入り込んで、長い月日が経ちました。 そのおもしろさにとりつかれていくつか本も書き、二〇一一年には子どもたちに向けてやさしく訳した『子どもに語るアラビアンナイト』(こぐま社)も出版しました。 この本を作るとき、私にはちょっとした思い入れがありました。 それは、ここに書かれている物語から「教訓」のようなものを得ようと思わないでほしいという気持ちです。 などと言うと語弊があるかもしれませんが、これは嘘いつわりのないところで、ただお話としてのおもしろさを純粋に味わってほしいと思ったのです。 じっさい、アラビアンナイトは「人間はかくあるべきだ」とか、「世の中はこうあるべきである」といったことを言わないところに真骨頂があるのです。 それは楽天的とか享楽的とかいうものとはまったく位相の異なるもので、だからこそ、アラビアンナイトは世界文学になりえたのではないかと思うのです。 西尾哲夫(にしお・てつお) 国立民族学博物館教授 1958年、香川県生まれ。 京都大学大学院文学研究科博士課程修了。 文学博士。 言語学・アラブ研究専攻。 アラブ遊牧民の言語文化の研究やアラビアンナイトをめぐる比較文明学研究に従事。 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、同助教授を経て、現在、人間文化研究機構国立民族学博物館民族社会研究部教授、総合研究大学院大学文化科学研究科教授。

次の

所謂「アラビアン・ナイト」と言うのは、日本語直訳では「千夜一...

アラビアン ナイト 日本 語

特徴 このページでは、トゥルースグループの「アラビアンナイト」を紹介します。 店舗は川崎区堀之内町にあり、同じトゥルースグループの金瓶梅、琥珀、グランローズと隣接した感じになっています。 利用料金は、110分、220分、330分のコースがあります。 よく私が利用している110分のコースの場合は、入浴料が22,000円でサービス料が35,000円の計55,600円となっています。 他のコースの料金に関しましては、電話連絡で聞いてみてください。 営業時間は朝の9時から24時までの間となっています。 また、立体駐車場がありますので、遠方の方でも車で通うことができると思います。 車がなくてもJR川崎駅の西口から送迎サービスもありますので、初めて行く場合には利用してみるのも良いでしょう。 踊り子のような妖艶な衣装がそそります アラビアンナイトは、その店名にもなっているように、店舗内や個室は、中東風の金持ちが住んでいる宮殿のようなデザインになっています。 コンパニオンの衣装に関しても、古代の中東で流行していたとされる踊り子の用な感じの衣装になっています。 妖艶な感じがしてそういったデザインが好きな人には、たまらないと思います。 個室も大変広く、湯船自体も大きいので、ゆったりと浸かることができます。 もちろん、高級ソープの名に恥じないサービスやプレイをコンパニオンからは受けることができます。 金瓶梅と同じ110分、220分、330分といったコースになっているのですが、総額はアラビアンナイトのほうが安いです。 そういったことで、サービスに関しては金瓶梅のほうが上なのですが、安くても良いといった方には、アラビアンナイトはおすすめです。 予約をして利用したほうが良いです アラビアンナイトは、川崎にあるソープの中では、高級店に位置していますが、金瓶梅よりも安く利用することができます。 ですが、コンパニオンとしては経験が浅い新人もおり、テクニックがいまいちな女の子もいるかもしれません。 それから、待合室が狭いので、週末や休日にしか利用できない人は、いきなり店舗に出向いたとしても、利用できない場合があるかもしれません。 数日前に予約を入れてから行くようにしてください。 店舗内は中東風の王宮のイメージとなっているので、キラキラしたものに良いイメージを持っていない人の場合は、落ち着かないかもしれません。 逆に娼婦を雇っている王族のようなイメージに浸りたい場合には、良い店なのは間違いないでしょう。 高級店のサービスを体験してみてください 「アラビアンナイト」はトゥルースグループの高級店のひとつになっています。 やはりソープの中でも高級店といったこともあり、110分で総額56600円からの利用料金となっているので、決して安い遊び場では無いと思われます。 高級店と中級店では、全くサービスやプレイ内容などが変わってきますので、中級店と比べる意味でも一度は利用してみて欲しいです。 彼女や奥さんには頼めないようなプレイも楽しむことができますよ。 店舗内や個室に関しましても、日本では馴染みの薄い、中東風の金持ちが住んでいる宮殿のような感じのデザインになっているので、目にも鮮やかです。 唯一、待合室が狭く、みんな一緒に座る感じになっているところだけが、もう少しなんとかならないかなって思っているところです。 呼び出しがかかれば楽しい時間にはなるので、なんとも思わない人も多いのでしょう。 お勧め新人や、ランキング姫を載せているので初めてでも指名に困ることはありません。 またよくある質問や、システム紹介が細かいのでソープ初心者でも問題ありません。 早・遅番の女の子をしっかり掲載しているので、遊びにいく時間を間違えることはないしプロフィールも細かいので、見ているだけで楽しめます。 恋人気分を味わいたいならぜひおすすめです。 ソープのプロフィールにムービーがあるので、顔写真だけでは分からない雰囲気がつかみやすいとおもいます。 川崎にはたくさんのソープランドがありますが、私の中ではナンバーワンです。 質も良いし、女の子が明るいので何度でも通いたいとおもえます。 川崎にあるアラビアンナイトは、私が脱ソープのため初めて通った店です。 その時に相手してもらった姫がよくて未だに通っているって感じです。 他の店にも行ってみたのですが、やっぱりここが良くて戻ってきてしまうって感じですね。 なんていうか、月1回は姫を抱かないと、心が物足らなくなるんですよね。 これまでの感謝の意も込めて今回、口コミさせてもらってますが、アラビアンナイトさん、これからもよろしくお願いします!• アラビアンナイトは、110分で料金6千円程度で遊べる意外とお手頃なソープランドです。 高級店なみのサービスを受けることができて、ソープの利用料金としては破格な感じがします。 王族の雰囲気の部屋で姫を抱いてみたいならアラビアンナイトをオススメします。 川崎付近に出張した際に、手頃な料金だったのでアラビアンナイトを利用しました。 いろいろなところで遊んでいますが、アラビアンナイトの名前の通り、姫の衣装が当時の女性が着ていたような露出の多い感じで、それだけでムラムラと来ました。 部屋も良い感じに広くて、姫の接客も丁寧で、潜望鏡やマットなどのテクニックも堪能させてもらえました。 出張に行った際には、また利用したいですね。 川崎のアラビアンナイトは、料金も110分で55600円と手頃で、しかも高級テクニックを味わうことができました。 姫は踊り子のような衣装で相手をしてくれるので、アラブの王族になったような気分で楽しむことができるんです。 部屋も広いのでおすすめのソープです!.

次の