山形 梅雨明け 予想。 関東甲信の梅雨入りと梅雨明け 2020(確定値)

梅雨明け2019はいつから?一目で分かる過去の地方別データグラフを元に予想!

山形 梅雨明け 予想

Contents• 今までの山形県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 東北南部地方の梅雨明け日は以下となります。 山形県の過去69年の梅雨明け日の推移 過去69年の移動平均の値は、7月22日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 山形県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月25日ごろ 7月25日ごろ 7月22日ごろ 【2020最新】山形県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ? 次に、仙台管区気象台より5月25日発表された東北地方の6~8月の天候の見通しを確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:向こう 3 か月の気温は、暖かい空気に覆われやすいことから、平年並か高い でしょう。 2:向こう3か月の降水量は、ほぼ平年並の見込みです。 月別の天候 【月別の天候】 6月: 期間の前半は、高気圧と低気圧が交互に通り、天気は数日の周期で変わるでしょう。 期間の後半は、前線や湿った空気の影響により平年と同様に曇りや雨の日が多い見込み です。 気温は平年並か高いでしょう。 降水量はほぼ平年並の見込みです。 7月: 前線や湿った空気の影響により、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 気温は平年並か高い見込みです。 降水量はほぼ平年並でしょう。 8月:高気圧に覆われますが、南からの湿った空気の影響を受ける時期もあるでしょう。 東北日本海側では、平年と同様に晴れの日が多い見込みです。 東北太平洋側では、天気は数日の周期で変わるでしょう。 気温は平年並か高い見込みです。 降水量はほぼ平年並でしょう。 データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月の解説を確認すると、 平年同様の天気が多く見込まれているようです。 よって、梅雨明け日も同様に、 平年と同様、過去の傾向と同じような時期になる可能性が高いと解釈いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 山形県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 平年の梅雨明け日である7月25日前後となりそうです。 山形県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の山形県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の

関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

山形 梅雨明け 予想

ここでは山形県の梅雨入り、梅雨明けを気象庁予報や独自の見解で予想していきます。 せっかく山形県に行くのならスカッと晴れた日に行きたいですよね! 今年の山形県は、いつ梅雨入りしていつ梅雨明けするのか? 早速、予想に入っていきたいと思います。 スポンサーリンク 梅雨入り・梅雨明け正しく予想するために覚えておきたいポイント! 毎年のことですが、梅雨入りや梅雨あけの時期に、よく天気予報士や気象庁が「今年は平年並みなら~」と言いながら、思い切り外れる場合があります。 梅雨入りや梅雨明けの時期に関しても、天気予報と同じように「よく、外れよるよな~」と思ったことはありませんか? 実はその理由には、気象庁も採用している「平年」という言葉にポイントがあります。 よく、天気予報士が「平年(へいねん)では~」「平年並みなら~」などと、当たり前に口にしている言葉。 これは、 「気象庁が過去30年間のデータを基に、その数値を平均化した数値や時期のこと」 を指しています。 さらに極端に分かり易く、その「平年」という言葉を梅雨入りした時期で例として挙げてみます。 例えば、過去30年間で実際に梅雨入りした時期が「5月1日頃に15回」、「5月30日頃に15回」あったとします。 すると、「平年」とは、この30回に対する平均値ですので、間の 「5月15日頃」が気象庁の梅雨入り予想になるわけです。 実際には「5月1日と「5月30日」しか梅雨入りしていないのに、間をとって「5月15日頃」というのは、ちょっと曖昧ですね。 このことを理解した上で、2019年の山形県の「梅雨入り」を予想していきましょう! また、「梅雨入り」と「梅雨明け」にはある「基準」がありますので、「梅雨入り明けの基準」をご存知で無い方は、下記の記事を併せて読まれてみてください。 2019年の山形県の「梅雨入り」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) それでは、実際に山形県が梅雨入りした時期を「過去30年間」で見ていきましょう! 年 梅雨入り 降水量(%) 1989年 6月15日頃 55 1990年 6月15日頃 89 1991年 6月10日頃 141 1992年 6月 8日頃 92 1993年 6月 3日頃 123 1994年 6月19日頃 50 1995年 6月 3日頃 106 1996年 6月10日頃 87 1997年 6月 2日頃 113 1998年 6月 3日頃 96 1999年 6月16日頃 132 2000年 6月 9日頃 105 2001年 6月 6日頃 98 2002年 6月11日頃 130 2003年 6月12日頃 111 2004年 6月 7日頃 114 2005年 6月15日頃 87 2006年 6月 9日頃 145 2007年 6月21日頃 126 2008年 6月22日頃 68 2009年 6月 4日頃 91 2010年 6月14日頃 108 2011年 6月21日頃 110 2012年 6月 9日頃 86 2013年 6月15日頃 139 2014年 6月 5日頃 99 2015年 6月26日頃 66 2016年 6月13日頃 70 2017年 6月30日頃 110 2018年 6月10日頃 43 気象庁が公表している実際の梅雨入り時期で、 一番早い時期に山形県が梅雨入りしたのは1997年 「 6月2日頃 (過去30年間による)」 一番遅い時期で、2017年 「 6月30日頃 (過去30年間による)」 30年間で実に 「約1ヶ月弱」も梅雨入りの時期がズレていることが分かります。 さらに細かく、このデータを 「直近10年間」として見てみると、 年 梅雨入り 降水量(%) 2009年 6月 4日頃 91 2010年 6月14日頃 108 2011年 6月21日頃 110 2012年 6月 9日頃 86 2013年 6月15日頃 139 2014年 6月 5日頃 99 2015年 6月26日頃 66 2016年 6月13日頃 70 2017年 6月30日頃 110 2018年 6月10日頃 43 一番早い時期で、2009年 「 6月 4日頃 」一番遅い時期で2017年 「 6月30日頃 」ですので、直近10年間においても、梅雨入りの時期は「 約1ヶ月弱」のズレがあります。 直近10年間のデータでは明確な基準はありませんが、「 6月の初旬から中旬にかけて梅雨入りする傾向にある」という判断はできるかと思います。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、山形県の梅雨入り時期」を見てみると、 平年並みなら 6 月12日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 あくまでも「予測」ですので、決して正確な情報とは捉えずに「梅雨の時期が到来するおおよその期間」という認識で準備しておきましょう! 2019年の山形県の「梅雨明け」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) 続いて、同じように気象庁が公開している過去データ30年間の梅雨明け時期を見てきましょう! 梅雨明けの時期を狙って予定を立てたい方は必見です。 年 梅雨明け 1989年 7月21日頃 1990年 7月20日頃 1991年 7月27日頃 1992年 7月24日頃 1993年 - 1994年 7月12日頃 1995年 7月23日頃 1996年 7月24日頃 1997年 7月18日頃 1998年 - 1999年 7月24日頃 2000年 7月19日頃 2001年 7月 7日頃 2002年 7月23日頃 2003年 - 2004年 7月22日頃 2005年 8月 4日頃 2006年 8月 2日頃 2007年 8月 1日頃 2008年 8月 6日頃 2009年 - 2010年 7月18日頃 2011年 7月 9日頃 2012年 7月26日頃 2013年 8月 7日頃 2014年 7月25日頃 2015年 7月26日頃 2016年 7月29日頃 2017年 - 2018年 7月14日頃 気象庁が公表している実際の梅雨明け時期で、 一番早い時期に山形県が梅雨明けしたのは2001年「 7月 7日頃 (過去30年間による)」 一番遅い時期で、2013年「 8月7日頃(過去30年間による)」 30年間の過去データを見てみると梅雨入りと違って 「約1ヶ月」のズレがあります。 また、このデータを 「直近10年間」として見てみてると、 年 梅雨明け 2009年 - 2010年 7月18日頃 2011年 7月 9日頃 2012年 7月26日頃 2013年 8月 7日頃 2014年 7月25日頃 2015年 7月26日頃 2016年 7月29日頃 2017年 - 2018年 7月14日頃 過去30年間のデータと同じく、一番早い時期で、2011年「 7月 9日頃」一番遅い時期で、2013年 「 8月 7日頃」となります。 直近10年間と30年間の過去データの梅雨明けは同じように「 約1ヶ月程度」のズレがあることが分かります。 直近10年間のデータでは明確な基準はありませんが、 「7月上旬から下旬にかけて梅雨明けしているケースが多い」という判断はできるかと思います。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、山形県の梅雨明け時期」を見てみると、 平年並みなら 7月25 日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 梅雨明けの山形を狙われている方は、この期間を参考にされてみてもいいかもしれませんね。 まとめ この記事では、山形県の梅雨入りと梅雨明けについて気象庁予報と独自の見解で予想してまいりました。 もう一度、お伝えすると「気象庁が公表の2019年の山形県の梅雨入り時期」は、 平年並みなら 6 月12日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 また、「気象庁が公表の2019年の山形県の梅雨明け時期」は、 平年並みなら 7月25日頃 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 天気予報と同じように「おおむね」の意味はありますが、より山形県の梅雨入りと梅雨明けの時期は把握して頂けたかと思います。 よろしければ参考にされてください。 スポンサーリンク.

次の

山形県(東北南部)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

山形 梅雨明け 予想

ここでは山形県の梅雨入り、梅雨明けを気象庁予報や独自の見解で予想していきます。 せっかく山形県に行くのならスカッと晴れた日に行きたいですよね! 今年の山形県は、いつ梅雨入りしていつ梅雨明けするのか? 早速、予想に入っていきたいと思います。 スポンサーリンク 梅雨入り・梅雨明け正しく予想するために覚えておきたいポイント! 毎年のことですが、梅雨入りや梅雨あけの時期に、よく天気予報士や気象庁が「今年は平年並みなら~」と言いながら、思い切り外れる場合があります。 梅雨入りや梅雨明けの時期に関しても、天気予報と同じように「よく、外れよるよな~」と思ったことはありませんか? 実はその理由には、気象庁も採用している「平年」という言葉にポイントがあります。 よく、天気予報士が「平年(へいねん)では~」「平年並みなら~」などと、当たり前に口にしている言葉。 これは、 「気象庁が過去30年間のデータを基に、その数値を平均化した数値や時期のこと」 を指しています。 さらに極端に分かり易く、その「平年」という言葉を梅雨入りした時期で例として挙げてみます。 例えば、過去30年間で実際に梅雨入りした時期が「5月1日頃に15回」、「5月30日頃に15回」あったとします。 すると、「平年」とは、この30回に対する平均値ですので、間の 「5月15日頃」が気象庁の梅雨入り予想になるわけです。 実際には「5月1日と「5月30日」しか梅雨入りしていないのに、間をとって「5月15日頃」というのは、ちょっと曖昧ですね。 このことを理解した上で、2019年の山形県の「梅雨入り」を予想していきましょう! また、「梅雨入り」と「梅雨明け」にはある「基準」がありますので、「梅雨入り明けの基準」をご存知で無い方は、下記の記事を併せて読まれてみてください。 2019年の山形県の「梅雨入り」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) それでは、実際に山形県が梅雨入りした時期を「過去30年間」で見ていきましょう! 年 梅雨入り 降水量(%) 1989年 6月15日頃 55 1990年 6月15日頃 89 1991年 6月10日頃 141 1992年 6月 8日頃 92 1993年 6月 3日頃 123 1994年 6月19日頃 50 1995年 6月 3日頃 106 1996年 6月10日頃 87 1997年 6月 2日頃 113 1998年 6月 3日頃 96 1999年 6月16日頃 132 2000年 6月 9日頃 105 2001年 6月 6日頃 98 2002年 6月11日頃 130 2003年 6月12日頃 111 2004年 6月 7日頃 114 2005年 6月15日頃 87 2006年 6月 9日頃 145 2007年 6月21日頃 126 2008年 6月22日頃 68 2009年 6月 4日頃 91 2010年 6月14日頃 108 2011年 6月21日頃 110 2012年 6月 9日頃 86 2013年 6月15日頃 139 2014年 6月 5日頃 99 2015年 6月26日頃 66 2016年 6月13日頃 70 2017年 6月30日頃 110 2018年 6月10日頃 43 気象庁が公表している実際の梅雨入り時期で、 一番早い時期に山形県が梅雨入りしたのは1997年 「 6月2日頃 (過去30年間による)」 一番遅い時期で、2017年 「 6月30日頃 (過去30年間による)」 30年間で実に 「約1ヶ月弱」も梅雨入りの時期がズレていることが分かります。 さらに細かく、このデータを 「直近10年間」として見てみると、 年 梅雨入り 降水量(%) 2009年 6月 4日頃 91 2010年 6月14日頃 108 2011年 6月21日頃 110 2012年 6月 9日頃 86 2013年 6月15日頃 139 2014年 6月 5日頃 99 2015年 6月26日頃 66 2016年 6月13日頃 70 2017年 6月30日頃 110 2018年 6月10日頃 43 一番早い時期で、2009年 「 6月 4日頃 」一番遅い時期で2017年 「 6月30日頃 」ですので、直近10年間においても、梅雨入りの時期は「 約1ヶ月弱」のズレがあります。 直近10年間のデータでは明確な基準はありませんが、「 6月の初旬から中旬にかけて梅雨入りする傾向にある」という判断はできるかと思います。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、山形県の梅雨入り時期」を見てみると、 平年並みなら 6 月12日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 あくまでも「予測」ですので、決して正確な情報とは捉えずに「梅雨の時期が到来するおおよその期間」という認識で準備しておきましょう! 2019年の山形県の「梅雨明け」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) 続いて、同じように気象庁が公開している過去データ30年間の梅雨明け時期を見てきましょう! 梅雨明けの時期を狙って予定を立てたい方は必見です。 年 梅雨明け 1989年 7月21日頃 1990年 7月20日頃 1991年 7月27日頃 1992年 7月24日頃 1993年 - 1994年 7月12日頃 1995年 7月23日頃 1996年 7月24日頃 1997年 7月18日頃 1998年 - 1999年 7月24日頃 2000年 7月19日頃 2001年 7月 7日頃 2002年 7月23日頃 2003年 - 2004年 7月22日頃 2005年 8月 4日頃 2006年 8月 2日頃 2007年 8月 1日頃 2008年 8月 6日頃 2009年 - 2010年 7月18日頃 2011年 7月 9日頃 2012年 7月26日頃 2013年 8月 7日頃 2014年 7月25日頃 2015年 7月26日頃 2016年 7月29日頃 2017年 - 2018年 7月14日頃 気象庁が公表している実際の梅雨明け時期で、 一番早い時期に山形県が梅雨明けしたのは2001年「 7月 7日頃 (過去30年間による)」 一番遅い時期で、2013年「 8月7日頃(過去30年間による)」 30年間の過去データを見てみると梅雨入りと違って 「約1ヶ月」のズレがあります。 また、このデータを 「直近10年間」として見てみてると、 年 梅雨明け 2009年 - 2010年 7月18日頃 2011年 7月 9日頃 2012年 7月26日頃 2013年 8月 7日頃 2014年 7月25日頃 2015年 7月26日頃 2016年 7月29日頃 2017年 - 2018年 7月14日頃 過去30年間のデータと同じく、一番早い時期で、2011年「 7月 9日頃」一番遅い時期で、2013年 「 8月 7日頃」となります。 直近10年間と30年間の過去データの梅雨明けは同じように「 約1ヶ月程度」のズレがあることが分かります。 直近10年間のデータでは明確な基準はありませんが、 「7月上旬から下旬にかけて梅雨明けしているケースが多い」という判断はできるかと思います。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、山形県の梅雨明け時期」を見てみると、 平年並みなら 7月25 日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 梅雨明けの山形を狙われている方は、この期間を参考にされてみてもいいかもしれませんね。 まとめ この記事では、山形県の梅雨入りと梅雨明けについて気象庁予報と独自の見解で予想してまいりました。 もう一度、お伝えすると「気象庁が公表の2019年の山形県の梅雨入り時期」は、 平年並みなら 6 月12日頃と予想されています。 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 また、「気象庁が公表の2019年の山形県の梅雨明け時期」は、 平年並みなら 7月25日頃 当サイト独自の見解でも、 「平年と同じ時期」と予想しています。 天気予報と同じように「おおむね」の意味はありますが、より山形県の梅雨入りと梅雨明けの時期は把握して頂けたかと思います。 よろしければ参考にされてください。 スポンサーリンク.

次の