ジャケパン gu。 【ユニクロで作る真夏のビジネスカジュアル】ジャケパンはユニクロよりGUがオススメ

春のジャケパン|初心者でもおしゃれに着こなせる万能コーデ12選

ジャケパン gu

春といえば何か新しいことに挑戦したい季節ですよね。 そんな方は春から 「ジャケパン」に挑戦してみませんか? しかしジャケパンはビジネスからプライベートまで使える分コーディネートの幅が広く、初心者には着こなしが難しいスタイルでもあります。 そこでこの記事では、春のジャケパンスタイルについて解説していきます。 ジャケパンに関する基本知識をはじめ、着こなしのルール、コーディネート例、着回しに使えるおすすめアイテム等までご紹介します。 春からジャケパンに挑戦しようとしている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 先に編集部おすすめのお店を知りたい方は「 」をご覧ください。 ) ジャケパンスタイルの基本ルール ・ジャストサイズを着る ・上下は違うものにする ・柄と柄の組み合わせは避ける ・季節感のある素材を選ぶ ・靴とベルトの色を合わせる 以上の5つのルールを意識して組み合わせると、初心者の方でも失敗せずおしゃれに着こなすことができます。 上記のルールについてですが、「 」に詳しく解説してありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 1-3. 春に選ぶ素材・色について 「 」で説明したジャケパンスタイルの基本ルールを踏まえ、次に春に選ぶ素材や色について説明します。 「春だから明るい色に挑戦してみよう!」 「とりあえず明るくすれば春っぽくなるかな?」 といったように、春にジャケパンを着こなす上で重要なのは色選択と思われがちですが、 実はそうではありません。 基本ルールにもありますが、 まずは季節感のある素材を選ぶことが大切です。 春の素材の代表は、 コットンと リネンになります。 綿素材を使用したものは、軽やかで肌触りの良いのが特徴で春にピッタリです。 素材の後は色選択ですが、 実は何色を着てもよいというのが正解です。 例えば、秋冬に多くみられるグレーやブラウン系のジャケットも、素材を春夏らしいコットンやリネン、そしてシャツをホワイトや薄いブルーのコーディネートにすれば、「春のファッション」として成り立ちます。 もちろんそうは言っても、春らしい色も積極的に取り入れたいですよね。 ビジネスシーンではあまりおすすめできませんが、プライベートならば明るい色、柄のあるジャケット等で遊んでみましょう。 シャツ、パンツは通年使えるものが多いので、春からジャケパンに挑戦する人は、 まずジャケットにこだわるのがおすすめです。 ジャケパンならではの雰囲気をキープしつつ、カジュアルさを出したいという場合は 無地、ボーダーのTシャツなどがおすすめです。 ドレスダウンに最適なアイテムが秋冬がニットなら、春夏はTシャツやパーカーです。 しかし、カジュアルなイメージの強いアイテムなので選ぶ際は注意が必要です。 タイプ別|おしゃれなジャケパンが揃うお店12選 この章では、 ・リーズナブルな価格帯 ・生地や縫製の質が良い ・アンケート調査で評価が高い 上記3つを基準に厳選した、 編集部おすすめのスーツ店をご紹介します。 オーダー、既製服、セレクションショップとさまざまなタイプのお店をご紹介しているので、ぜひ春のジャケパン選びの参考にしてくださいね。

次の

6000円台で手に入るGUのメンズセットアップ(スーツ)をレビュー!仕事でもカジュアルでも使える!

ジャケパン gu

その僕から見ても、GUのセットアップのクオリティはすごい。 ぼくも2着GUのセットアップを持っていますが、初めて試着した時は、そのクオリティの高さに腰を抜かしましたね。 ぶっちゃけ、3万円台のシンプルなスーツを買うなら、7000円のGUのスーツを買ったほうが圧倒的に安くオシャレになれてしまます。 もちろん、細かいところで3万円台のスーツとは差があります。 裏地の滑りが悪いとか、襟にもうちょっとハリがほしいとか...。 でも、7000円という値段を考えると、笑ってスルーできてしまうような程度の違いです。 7000円で、ここまでクオリティの高いスーツが手に入ると、スーツに3万円くらいのお金をかけてしまうのはもったいない。 その3万が、あったら革靴にかけたほうが効率よくオシャレになれます。 詳しくはを読んでみてください。 この記事と合わせて呼んでも10分もかかりませんよ。 効率よくオシャレになれるお金の使い方が、理解できる内容です。 GUのセットアップは、7000円なのにシルエットがキレイ とにかく、GUのスーツは形がキレイ。 適度に細身で、体のラインに沿ったシルエットは、体の「立体感」をキレイに出してくれます。 立体感は、スーツをオシャレに着る秘訣の「3つの感」の一つです。 詳しくはで解説しています。 本記事と合わせて読むと、さらに理解が深まります。 ユニクロや無印良品のセットアップは、シルエットがGUのセットアップと比べて緩め。 緩いと、余った生地が横に広がって平面的なシルエットになってしまいます。 これは「スーツは、細身が一番!!」という話ではなく...。 ゆとりのあるシルエットで「立体感」を出すには、仕立てにコストをかける必要があり、どうしても値段が上がってしまいます。 安いスーツで、「立体感」を出すなら細身に着るのが、正解という話。 GUのセットアップは、その辺をしっかりわかっていて、シルエットを攻めて細身に仕上げ「立体感」を出しています。 試着だけでもしてみてください。 しっかり細身で作ってあることで、体のラインが立体的に見えていることが実感できるはず。 数年前は、素材によって当たりはずれがありましたが...。 最近では、どの素材もかなりの良品。 そのなかでも、一番おすすめなのが、「テーラードジャケット」と「テーパードトラウザーズ」の組み合わせのセットアップ。 GUのセットアップの中でも、一番オンオフ兼用しやすいのが、このセットアップです。 オンオフ兼用できれば、使い回数も多くなり、ただでさえ安いGUのスーツのコスパがさらに高くなります。 それに対しウール素材は、しっとり濡れたような「面」の艶が、あるのが特徴。 スーツに使われる素材は、ウールがほとんどです。 だから、ポリエステル素材のスーツは質感の違いで、職場では悪目立ちしてしまうことも多いのですが...。 guのセットアップはポリエステルでありながら、シャカシャカとした「点」の艶はいっさいありません。 むしろ「面」の艶を感じるウールなような表情。 だから、ポリエステル素材でも、職場で着ても悪目立ちすることはありません。 しかも今は「洗えるスーツ」など化学繊維で出来たスーツが支持されている時代。 ポリエステルなどの化学繊維で、出来たスーツに抵抗が弱くなってきた今ならなおさらですね。 スーツは• 着丈が長いほうがフォーマル• 着丈が短いほうがカジュアル• 画像は上から順に• フォーマル専用スーツ(モーニングコート)• ビジネス専用スーツ• カジュアル兼用スーツ という順番。 azuma-dress. exblog. kitsune. html 画像を見ると、カジュアルなスーツになればなるほど、着丈が短く・肩のラインも丸くなっているのがわかるはず。 GUのセットアップは、「カジュアル専用スーツ」の着丈と、「仕事用のスーツ」の肩パッドの厚さを併せ持つシルエット。 だから、ビジネスでもカジュアルでも使えるのです。 ぼくみたいな育児世代なんて、とくにそう。 子供と公園なんていったら、一発で洗濯が必要なレベルに汚れますからね。 GUのセットアップは、スラックスのみですが、家庭洗濯できる仕様になっています。 しかも、シワに強い化学繊維を使っているから、お洗濯後もアイロンも不要。 ジャケットも洗えれば、さらにいいですが...。 まあ、ジャケットは脱げますからね。 汚れそうなときは、脱げばいいだけ。 脱ぐわけにはいかないスラックスが洗えるだけでも、だいぶ助かりますよ。 一般的なスーツに使われる素材はウール。 ウールのデメリットは、摩擦に弱いことです。 連続して着たり、お手入れを怠ると、すぐにテカリが出てしまいます。 それに対して、GUのセットアップは化学繊維素材。 化繊は、摩擦に強く、多少ガシガシ着こんでもテカることはありません。 ウールのスーツは、1回着たら2日休ます3着ローテーションが基本ですが...。 GUはじめ、化繊のセットアップなら2着ローテーションでも、ある程度着回しで着てしまいます。 ちなみに2着セットアップを持っていれば、実は4パターンの着回しが出来てしまうんです。 詳しくは、を読んでみてください。 14000円で、オシャレなコーディネートが4パターンも作れてしまいますよ。 今回はここまで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

【ユニクロで作る真夏のビジネスカジュアル】ジャケパンはユニクロよりGUがオススメ

ジャケパン gu

実際ジャケパンスタイルがオシャレな人にブランドを聞いてみると、そこまで有名どころではない率は高かったね また、いまやスーツ専門店ではなくプチブラ(ユニクロや無印良品等)でもジャケパンスタイルは揃いますので、非常に敷居は低いですね。 私自身、パンツはGUで買ったものをガンガン履いてます。 スーツだとズボンがダメになったりジャケットがダメになるとセットで着れなくなりますが、 ジャケパンだとだめになったものだけ買いなおせばよいので、極限まで着用できます。 また、常日ごろからローテーションをまめにしていれば、衣類としての寿命がさらに伸びることもメリットです。 ジャケットパンツの利点2 オシャレになれる ジャケパンスタイルは非常にオシャレに見えます。 というのも、 上下の色味の違いによりビジネス臭がほどよく中和され、あなた本来の自然な姿を引き立ててくれるからです。 また、スーツと違って他の人と色や柄が被ることもそうそうありませんので、個性も光ります。 ただし、組み合わせがなんでもいいわけではなく、 一歩間違えるとどこかの学校の制服になってしまうリスクもなきにしもあらず。 不安な場合はお店の方に相談するか、旬なファッション雑誌や専門書を1冊買って簡単に研究するようにしましょう。 スーツって基本的に家で洗えないので毎回クリーニングに出しますよね。 お金もかかるし受け渡しの手間もかかるので、出すのも億劫になります。 夏場と違って冬場は汗をかかない点はまだマシですが、ずっと履き続けているとパンツもプリーツ(左右にアイロンでつけた線)がとれ、ちょっとだらし無い感じになってしまいます。 でも、ジャケパンスタイルだと、 ウォッシャブル素材を選べば家でガンガン洗えるんですよね。 結果、 私服と同じレベルの清潔さが保てるというのは利点です。 安いからといって、5年ぐらい前のハイブランドのジャケット等羽織ると、かえって浮いて格好悪いんです それよりも ガンガンきて、ほどよく傷んできたところで買い替えたほうが自然な形で流行に乗った装いができますよ。 あとこれは職種にもよりますが、私の場合結構雑務を頼まれることも多いんです。 コピー用紙の運搬の手伝い(事務員さんだと重いので)とか、 切れかかった電球の交換とか。 これらの作業をすると、衣類が汚れる確率は高くなります。 一時期オシャレに邁進していた時にビスポーク(完全に身体にあわせた仕立て。 高い)のスーツきてましたけど、一瞬でホコリまみれになったときはかなり凹みました。 スーツもそうですが、普通の会社員は3万以上のスーツは着ないほうが無難です。 ジャケパンの場合はさらに敷居をさげて2万円程度、としてますのでお財布にも優しいですよね。 まとめ スーツやジャケパンスタイルは仕事着でもありますが、人によっては洒落着の要素が大きい場合があります。 どちらを選択するも自由ですが、一番大事なのは「清潔感」であることだけは共通しています。 よれよれのスーツに曲がったネクタイは、本当に見ていて不快としか言いようがありません。 また、「清潔感」とあわせて「機能性」も重視するとよいでしょう。 一つの基準として 「その格好で雑務等を抵抗なくできるか?」です。 頼まれごとにたいして「スーツが汚れるからいやだ」とか、超絶格好悪いので。 そのあたりをバランスよく考えると、選択肢はそう多くないですよ。 スーツは3万円、ジャケパンスタイルは2万円ぐらいを目安に揃えるのがベスト 高いものを身に着けても、日常業務ではかえって支障のほうが大きい スーツやジャケパンを着ないという選択肢もあります そもそも スーツやジャケパンを着たくない!というあなたは、とるべき行動は一つです。 スーツを着ない業種に転職しましょう。 実際、 スーツを着ないでOKだったりビジネスカジュアルを許可している会社も増えてきています。 興味がないスーツをずっと着続けるのって、もはや学生時代の 運動ジャージと同じレベルですからね。 そんな状態でモチベーションを高く仕事ができるわけがありません。 転職エージェントだと、あなたのちょっと贅沢な要望も踏まえてマッチする企業を探してくれます。 勤務地や待遇面など、「こうだったらいいのになぁ」という多少贅沢な要望で一度エントリーしてみてはいかがでしょうか。 その結果、今の環境よりも更によいところが見つかるかもしれません! 衣類でやる気のスイッチが大きく左右されるのは様々な研究が実証しています。 是非あなたも、自分が一番モチベーションが高まる格好でお仕事をしてくださいね。

次の