スマホ 内部ストレージ 容量。 AndroidでSDカードを内部ストレージ化して使う方法!容量不足解消に

Android の内部ストレージ空き容量の警告は無視せず容量確保の対応を!

スマホ 内部ストレージ 容量

スマホを選ぶときに気になるのは性能というのが大きいかと思います、ストレージというのはその性能に対しての重要性というのは少なくストレージが大きいからと言って動作が早くなるわけでもなく、マルチタスクに強くなるわけでもありません。 しかし、容量が少ないと窮屈で身動き取れないようなそんな感じになってしまいます、そこで今回は低容量のストレージでは実際にどれ位の差があるのか?という話になります。 容量って何? まずは、スマホの容量って何ってところからになりますが スマホの容量(ストレージ)は記憶部分でOSと呼ばれるスマホを動作させるための根幹となる部分が入っています、そして残りの容量にアプリや写真、動画などが保存できます。 この容量大きければ大きいほど、ストレージに占めるOSの占領領域の割合が小さくなり、OS以外のものが保存できるスペースが大きくなってきます。 8GB、16GB、32GBの容量ってどれぐらい違うのか? ストレージの内OSが占める領域は Androidの場合 大体6GBぐらいになります。 実際に使える容量はこのOS部分を引いたものになります。 8GBのストレージの場合 8GBのストレージの場合残りの容量は2GBほどになってしまいます、この残りの2GBに写真、動画、音楽、アプリを収めることになります。 アプリを数個入れるだけでもう1GBは消費してしまうでしょうかサイズの大きいゲーム等のアプリを入れるとそれだけで残り容量は逼迫といった感じになります。 ただ、容量が8GBのスマホでもmicroSDが使えるものであれば、写真、動画、音楽はmicroSDに方に保存しておくことができるので残りの2GBほどをアプリのためだけに使うことが出来ます。 それでも2GBの容量は結構すぐにアプリで埋まってしまいます、またアプリによっては動画、写真、音楽が直接ストレージ領域に保存するしかないものがあるので、そういったものを考えるとやはり8GBはキツキツです。 8GBで良いケースとしては、スマホでSNSぐらいしかアプリは使わないという方向けになってしまうかと思います。 16GBのストレージの場合 続いて、16GBのストレージの場合は残り10GBぐらいが自由に使える容量となります。 8GBと16GBじゃ容量が2倍なだけじゃないかと見えてしまいますが、自由に使える容量という点で言えば8GBの5倍の容量があると言えます。 自由に使える容量が10GBもあれば結構自由に利用する事が出来ます、アプリを沢山インストールしてもアプリだけでストレージが逼迫するということは少ないかと思います。 ただ、写真や動画、音楽のファイルが増えてくると内蔵ストレージだけでは案外早い段階で窮屈になってしまいます、動画なんて1ファイル数GBいってしまうものも有るのでやはり容量は不足しがちです。 16GBの場合はmicroSDと組み合わせることで、大きなファイルとなる画像、動画、音楽ファイルを保存しておけるので容量の大きいmicroSD 32GB以上とかを利用しておけば当分は容量不足になることはないかと思います。 動画や写真が増えてきたなら、適時PC等にバックアップしてスマホからは削除して、必要なときは自動バックアップさせたGoogleフォトなどで見たりシェアしたりできるようにして置けばスマホの容量は食わなくなります。 16GBの場合はmicroSDと組み合わせれば容量問題は大体解決する。 32GBのストレージの場合 32GBのストレージの場合は実際に使える空き容量は26GBほどになります。 8GBのストレージと32GBのストレージでは総量は4倍となりますが、実際にユーザーが使える領域は13倍と大きく違ってきます。 16GBのストレージとくらべても総量では2倍ですが、ユーザーが使える領域は2. 6倍になります。 64GBとなっていくと、OSが占める割合が小さくなっていき表面上の容量とユーザーが使える容量の差は見た目通りとなって行きます。 空き容量が26GBほどあると、写真で言えば 1,200万画素の写真で5MBぐらいのサイズなので5千枚ほどの写真を保存出来ます音楽で言えば1ファイル10MBとして2,600曲が保存できる。 32GBの容量であれば、アプリも好きなだけ入れても容量が足りないということは基本的になく、また写真や動画、音楽を多少多く保存しても容量にはゆとりがあります。 適時PCに写真や動画のバックアップを取っておいて、スマホから削除しておけばmicroSDを利用しなくても良い範囲に入るかと思います、動画ファイルをよく見るという方は容量に不足が出てくるかと思いますがその場合もmicroSDで対応出来ます。 まとめ• 8GBだと 2GBしか使えるところがなくキツキツ、最小限な使い方以外はmicroSDが使えても アプリの保存問題が大きい• 16GBだと 10GB使うことが出来てmicroSDと組み合わせると不満はほとんど無くなる• 32GBだと 26GB使うことが出来て、動画などの大容量ファイルを大量に扱わないなら microSD なくても使っていけるぐらいになる あと最後に一つ、内蔵ストレージの1GBの単価とmicroSDの1GBの単価だとmicroSDの方が遥かに安いです。 また、microSDはスマホを買い替えた後も microSD をサポートしていれば、そちらで使うことが出来ます。 スマホを購入するたびに発生するコストにはならないです。 また防水対応のmicroSDなんてのもあります、万が一スマホが水没してもmicroSDのデータだけは救出できるので、写真や動画をmicroSDに保存するというのも一つかと思います。 ただ microSD もデータが飛ぶことがありますので過信はしないでください、これはスマホ本体でも故障したりデータだけ飛んだりとリスクはあるので基本的には適時バックアップを取ることが必要です。 最後に ポイントとしては、16GB以上の容量を選ぶのが吉です。

次の

AndroidでSDカードを内部ストレージとしてフォーマットできない時の対処法

スマホ 内部ストレージ 容量

スマホなどの携帯電話を選ぶ際に重要なポイントの1つが、ストレージ容量だ。 しかし、どんなにストレージ容量が大きい機種を選んでも、携帯電話を使い続ければいつかは容量がなくなってしまう。 この記事では携帯電話を快適に使うために、ストレージ容量を節約するコツを紹介する。 携帯電話のストレージ容量不足で生じる問題とは? 携帯電話のカメラを使って撮った写真や動画は基本的に、内部のストレージへ保存される。 アプリ本体やアプリのデータも同様だ。 インターネット上のデータも、すぐにアクセスできるようにするため、ストレージに一時的に保存される。 また、OS(システム)もストレージに保存される。 もちろん、データをクラウドにアップしたり、Android端末ではSDカードへの保存もできるが、携帯電話を使い込んでいくうちに、これらのデータが積もり積もっていき、いずれはストレージの容量が限界に達してしまうこともある。 こうなると、写真や動画を保存できなくなるだけでなく、アプリの動きが渋くなったり携帯電話自体の動作もおかしくなることも……。 内部ストレージの空き容量を増やすには? 携帯電話の内部ストレージの容量は増やせないので、容量がいっぱいになってしまったら、外部(SDカードやクラウド、PCなどほかのデバイス)にデータを移すか、不要なデータを削除するほかない。 最終的なデータの要/不要は各自で判断が必要だが、以下を目安に判断すると良いだろう。 とはいえ、使用量がどれくらいかを常に確認しておくことが重要だ。 空き容量に余裕がある状態なら、保存するデータ量を気にせず使えるし、空き容量がひっ迫してきたら、早めに対策を打っておこう。 携帯のストレージ容量がいっぱいになる前に……iCloudなどのクラウドサービスを利用しよう 空き容量をこまめに確認しても、使い続けるといずれは限界に達してしまう。 クラウドサービスを利用すれば、携帯電話の容量がいっぱいになって慌てるといった事態におちいらずに済む。 iPhoneの場合は「iCloud」、Androidなら「Google ドライブ」「Google フォト」などのサービスがおすすめだ。 iCloudは写真をはじめ、様々なコンテンツと連携可能。 データをiCloudに保存するようにしておけば、さらにiPhoneを快適に使えるはずだ。 5GBまでは無料で使えるので、検討してみるといいだろう。 【参考】 iPhoneの容量確認方法やストレージを節約するコツ クラウドサービスを利用すれば容量不足の心配は少なくなるが、不要なデータの削除やストレージの節約方法は知っておくに越したことはない。 ここでは、iPhoneの容量確認方法などを紹介する。 iPhoneの容量不足で「ストレージの空き容量がありません」と出るとどんな影響がある? ストレージの空き領域が不足してきて、まず影響が出やすいのがOSのアップデートだ。 大きいとGBレベルのサイズになるOSのアップデータは、ダウンロードして一時的に保存する必要があり、空き容量が足りないとアップデートはできなくなることも。 パソコンに繋げばアップデートできる場合もあるが、とはいえ空き容量はできるだけ確保しておきたい。 iPhoneのストレージ容量確認方法 iPhoneのストレージの状態を確認するには、まず「設定」アプリを起動する。 画像右の画面上部がストレージの状態だ。 ストレージ全体の容量に対して、使用量がどれくらいかわかるようになっている。 この画面では書類やデータは保管しつつ、アプリ本体が使っている分のストレージを解放する「Appを取り除く」と、アプリ本体と関連データを丸ごと削除する「Appを削除」などが選択できる。 【参考】 iPhoneの空き容量を増やすコツ iPhoneストレージの画面では、使用量のほかに、iPhoneが削除可能と判断したデータを挙げてくれる。 「おすすめ」のセクションがそれだ(画像左)。 うまく利用すれば、簡単に空き容量を増やせる。 また下にスクロールすると、ストレージ使用量が大きい順にアプリが一覧できる(画像右)。 各項目をタップすれば、詳細の確認も可能だ。 削減効果の高いものから確認していくと、手間がかからなくて済む。 【参考】 iPhoneのストレージ容量を減らすには「写真」アプリの精査が必須 気軽に撮った写真や動画はどんどん溜まってしまいがちなので、「写真」アプリのデータが容量を圧迫していることも多い。 ストレージの画面から項目をタップすると、「写真」アプリでの「おすすめ」も表示される。 【参考】 その他のアプリもiPhoneストレージで確認して容量削減しよう ストレージの画面で項目をタップするとアプリの詳細を確認できる。 ストレージ使用量を確認しつつ、今後使う予定がないアプリは削除してしまおう。 ゴミ箱に入れただけではiPhoneのストレージ容量は減らないので注意 「写真」アプリや「メール」アプリなどでゴミ箱に移動されたデータは、いつでも元に戻せる代わりに、実は完全に削除されていない。 つまり、ゴミ箱に移しただけではストレージの空き容量は増えていない。 空き容量を増やすには、ゴミ箱を空に(完全に削除)しよう。 Androidでのストレージ容量確認方法 「設定」アプリを起動すれば、「ストレージ」の項目で、内部ストレージの空き容量を確認できる。 外部ストレージ(SDカードなど)の情報も確認できる。 さらに詳しい情報を見ることも可能だ。 Androidで内部ストレージの容量を増やすにはSDカードも活用しよう Androidの場合も内部ストレージの空き容量が不足すると、アプリが正常に動作しなくなったり、携帯電話自体の動作がおかしくなったりする場合がある。 こうなった場合は、iPhoneと同様に、空き容量を増やさなければならない。 ただしAndroidのほとんどが、SDカードがあれば簡単にデータを外部に移動できる。 不要なデータの削除やクラウドなども併用しつつ、写真や動画など大きなデータはSDカードに退避させよう。 文/ねこリセット.

次の

AndroidでSDカードを内部ストレージとしてフォーマットできない時の対処法

スマホ 内部ストレージ 容量

システム予約領域について Androidのストレージ画面で、各データ種別の下に「システム予約領域」という項目があります。 これはAndroid OSがスマホを動作させるのに必要な領域となり、仮に全てのデータを消去したとしても、この予約領域は減らせません。 モデルによってはシステム予約領域の表示がされず、「その他」に含まれることもあります。 いずれにせよ、 スマホの容量を節約しても5GB前後はシステムが占有しているので、それ以上減らせないとだけ覚えておきましょう。 アプリを減らしてストレージの容量を確保する スマホのデータ容量の多くをアプリが占有しているという方は、 不要なアプリを減らしてストレージの容量を確保しましょう。 Androidのアプリ削除には、アプリ本体を丸ごと削除する方法と、キャッシュやデータのみ削除する方法があります。 アプリ本体を削除:アプリとデータすべて削除される• キャッシュのみ削除:アプリ内で作成されたキャッシュファイルを削除• データのみ削除:アプリ内に保存されたデータのみ削除 ただ、プリインストールされたアプリの一部は削除できないことに注意しましょう。 また、削除しにくいアプリはキャッシュのみ削除すれば、多少なりと容量を節約できます。 動画アプリなど大きなデータを取り扱うアプリは、キャッシュやデータが大きくなりがちです。 もう使わないアプリは丸ごと削除、まだ使う可能性のあるアプリはキャッシュ・データの削除と使い分けましょう。 アプリのアンインストール方法 ここからの画像引用元: Androidのアプリのアンインストールは、ホーム画面から行います。 1削除したいアプリを長押し 2「アンインストール」をタップ プリインストールアプリはアンインストールできません。 「無効にする」を選べば機能は停止しますが、アプリ本体は残るので操作する必要はないでしょう。 3アンインストールの確認画面で「OK」をタップ これでアプリのアンインストールは完了です。 なお、Androidのバージョンやメーカーカスタマイズによっては、ホーム画面からアプリのアンインストールができない機種があります。 上記の手順でアンインストールが表示されないようなら、設定からアンインストール操作を行いましょう。 設定からアンインストールする手順 1設定を開く 2「アプリと通知」をタップ 3「アプリ情報」をタップ 4削除するアプリを選ぶ 5「アンインストール」をタップ 6アンインストール確認画面で「OK」をタップ キャッシュ・データの削除方法 アプリ本体を削除したくない場合は、 キャッシュの削除だけでも容量の節約ができます。 キャッシュとは、アプリの起動や各種操作をした時の読み込みを早くしてくれるものです。 キャッシュは削除しても、アプリを利用する時に自動的に再生成されます。 つまり、使わないアプリのキャッシュは削除して全く問題ないとうことですね。 また、アプリのデータを消去すると、アプリのログイン状態や設定をはじめ、保存してある全てのデータが削除されます。 容量を増やすには有効ですが、 必要なデータを削除しないように気をつけましょう。 キャッシュとデータの削除手順 1設定を開く 2「アプリと通知」をタップ 3「アプリ情報」をタップ 4キャッシュを削除するアプリを選ぶ 5「ストレージ」をタップ 6「キャッシュを削除」をタップ 7「データを削除」をタップ 8データ削除の確認画面で「OK」をタップ これでキャッシュとデータの削除は完了です。 アプリによってはこれだけで 100MB〜1GB以上節約できることもあるので、使っていないアプリは必ずチェックしてください。 アプリによってはmicro SDに移動できる 一部のアプリでは、 アプリ本体データの一部をmicro SDに移動できるものもあります。 micro SDにアプリを移動すると、micro SDを抜いたり他のmicro SDに差し替えたりすると利用できなくなってしまいますが、容量を空けるには有効です。 アプリをmicro SDに移動する手順• 右スワイプで「移動可能なアプリ」を表示• 移動させるアプリを選択• 「SDカードに移動」をタップ 写真・動画・音楽を減らしてストレージの容量を増やす 写真や動画、音楽等のデータが多い方は、次の3つの方法で容量を増やしましょう。 写真を削除して容量を確保する手順• 写真アプリを開く• 削除する写真を長押しして選択• 他の削除する写真も選ぶ• 「削除」やゴミ箱マークをタップ micro SDへ写真等のデータを移動する手順 ここでは例として、無料のファイル管理アプリ「File Commander」で写真をmicro SDに移動する方法を見ていきます。 ここからの画像引用元: 1File Commanderを開き、メディアへのアクセスを許可する 2「写真」をタップ 3「内部ストレージ」をタップ 4写真を1つ長押しする 5画面右上のメニューアイコンをタップ 6「全てを選択」をタップ 7ハサミマークをタップ ここでは必ずハサミマークを選びましょう。 ハサミマークは「切り取り」操作になるので、 micro SDへデータ移動後に本体のデータは無くなります。 一方、横にあるバインダーマークを選ぶとコピーとなり、本体の容量が減らないので注意してくださいね。 フォルダ名は後からでもわかりやすいものにしましょう。 12作成したフォルダをタップ 13画面右上のバインダーマークをタップ あとは写真が移動されるのを待つだけです。 同様の手順で写真以外にも動画・音楽・PDF書類など、 ほとんどのデータはmicro SDへ移動できます。 スマホ本体のストレージに余裕ができるように、大きなデータはmicro SDへ移動しておきましょう。 写真はGoogleのクラウドにデータを預けると安心! 画像引用元: Googleが提供するクラウドサービスに写真や動画、音楽を預けておけば、 いつでも使える状態でスマホの容量を空けられます。 大量にアップロード・ダウンロードする場合はWi-Fi環境が必須となりますが、無料で安全に預けられますよ!• Googleフォト:写真・動画を無制限に預けられる• Google Play Music:最大50,000曲を預けられる 預けたデータはいつでも視聴・ダウンロードできるので、スマホの容量を気にせず使えますね。 また、micro SDのように故障や紛失の心配もありません。 ただし、音楽アプリにGoogle Play Musicがありますが、スマホからのアップロードには対応していません。 アップロードにはパソコンが必要になりますが、音楽が容量を圧迫しているなら、以下の記事を参考に利用してみてください。 Googleフォトに写真・動画を預けて容量を確保する手順• Googleフォトを開く• バックアップと同期をONにする• 「高画質」をタップ• 「空き容量を増やす」をタップ• 削除される写真・動画の件数を確認して「空き容量を増やす」をタップ これでスマホ内の写真・動画をGoogleフォトに預けて容量を空けられました。 ダウンロードデータを削除して容量を増やす 写真・動画・音楽以外のダウンロードファイルは、プリインストールされているファイル管理アプリや、先に例として使用したFile Commanderなどを利用して削除しましょう。 ただ、写真・動画・音楽以外のデータはテキストファイルなどが中心となり、 すべて削除しても大きな空き容量を確保するのは難しいかもしれません。 しかし、小さなファイルが積もり積もって膨れ上がっていることも多いので、不要なファイルは定期的に削除してスッキリさせましょう。 容量低下のアラートが消えない場合は再起動 ここまでで、スマホの空き容量がだいぶ確保できたと思います。 もし空き容量を増やしたのにも関わらず、スマホの通知欄から 「容量が低下しています」といったアラートが消えない場合はスマホを再起動してみましょう。 ストレージ容量確認方法でも触れましたが、ストレージの容量によってはデータの種類別の容量計算に時間がかかることがあります。 大量のデータを削除した直後は、計算が終わらずにアラートが消えないことも。 再起動ごは容量低下のアラートが出なくなるので、ある程度ストレージを空けたら再起動して様子をみてくださいね。 Androidの容量不足を解消まとめ 今回はAndroidスマホのストレージの空き容量の確認方法と、容量不足の時の解消法を解説しました。 ストレージ空き容量は、設定から簡単に確認できます。

次の