血豆 治す。 靴擦れの原因と部位別のおすすめ対策グッズ 5 選

血豆の治し方は、指先や足の裏・爪の中でそれぞれ違う!?衝撃の対処法3選!!

血豆 治す

A ベストアンサー こんにちは。 私も去年それと同じようなものが首に出来てしまい、皮膚科に行きました。 ぽちっと小さい血豆みたいなものですよね。 痛くも痒くもなかったのですが、首だったので見た目もよくないし ちっとも小さくもならず???という感じで たまに引っかいたりすると結構な出血があってびっくりでした。 正式名称はよく分からないのですが「血管腫」といわれ ちょっとした傷など 刺激があったところの血管が盛り上がるというか出てきてしまうとのコトでした。 結局そのままにしても治らないというので簡単な日帰り手術(30分ほど)で(何針か縫いましたが)切除してもらいました。 一度、皮膚科に言ってお話を聞かれるといいと思いますよ。 A ベストアンサー 小学3年の時、同じようにドアに挟んで指に血豆ができたときのことです。 当時週1回のピアノのレッスンに通っており、血豆のできてない方の手だけ弾きました。 1回か2回分のレッスンでそのようにしたので、完治は早くて2週間くらいだと思います。 特に血豆の中の水分は抜いたりしませんでしたが、日が経つにつれ血豆の部分が固くなってくるので、何日後とははっきり言えませんが固くなれば楽器が弾けるようになると思います。 応急処置ですが、自然に皮が破けたら仕方ないとして、無理に血を抜くと創感染を起こす恐れもあるようです。 infoseek. html Q 左足の小指の爪の横に血豆なのかほくろなのか分からない、ほくろ状で3mmくらいの黒いものが突然できてしまいました。 足のほくろは良くないと前から聞いていて、変な病気だったらと昨日から 心配で夜も眠れません。 かなり小心者なので今も心配で心配でパニックになりそうです。 12月15日の午後に部屋の片付けをしていて、 引き出しからつめきりがでてきたのでついでに足の爪を切りました。 その時は小指は特に何もできていませんでした。 その後、買い物に行くとき、スニーカーを履いたのですが、買ったばかりでつめものが少し残っていて かなり奥に入っていたので、それに気づかず履いて買い物に行ってしまいました。 途中で左足が痛いなと思いましたが特に気にしませんでした。 靴下を履いたままだったので、小指のことには気づかず12月16日の夜中の1時パソコンをしているときに、何気なく右足の小指を見たら、こげ茶でほくろ状のものが出来ているのを見つけました。 平べったくて、すこしヒリヒリするような気もしましたが、小指のところを触っても「すごく痛い!」とは感じず、「ちょっと痛いかも・・?いや痛くないかな?」という微妙な感じでした。 今日つめものをとった靴で出かけたら、全然痛くなかったです。 痛くなかったので逆に心配で、どうしようと思ってしまいました。 どうするべきでしょうか? もし病院へ行くとしたら何科に行くべきでしょうか? 左足の小指の爪の横に血豆なのかほくろなのか分からない、ほくろ状で3mmくらいの黒いものが突然できてしまいました。 足のほくろは良くないと前から聞いていて、変な病気だったらと昨日から 心配で夜も眠れません。 かなり小心者なので今も心配で心配でパニックになりそうです。 12月15日の午後に部屋の片付けをしていて、 引き出しからつめきりがでてきたのでついでに足の爪を切りました。 その時は小指は特に何もできていませんでした。 その後、買い物に行くとき、スニーカーを履いたのですが、... Q 同じような質問があったらすみません。 1ヶ月前位から足の親指の次の指先に血豆ができて なかなか治りません。 3週間後位の先日血豆が大きくなっているようで気になって脇を針で刺したのですが、少し血が出るくらいで、中心部はもう固まっているみたいになっていて血はでませんでした。 治る速度が遅すぎるのではないでしょうか。 ちなみに私には持病があって、手や足の指が冷えると青くなったり、白くなったりするレイノー症状があります。 足の指も冷えると青くなったり白くなったりで感覚が鈍いです。 が、痛みますし指も腫れている感じです。 (凄くではなくじわじわ痛い) 治りにくいのと関係ありますか。 病院に行ったほうがいいでしょうか。 行くとしたら、何科ですか。 皮膚科ですか。 急ぎで教えて下さい。 A ベストアンサー 少し荒治療かもしれませんが・・・ 私は鬼爪 巻き爪 でよく炎症を起します。 そんなときは足湯 濃い塩味の温泉 で湯治させます。 幸い近所に天然温泉の足湯場があり休日に本を持って 1~2時間着けっ放しにしておくとしわくちゃのボロボロになるのですが 炎症が起こっていた部分もボロボロになっていて そのときにハサミとか爪きりとか軽石で足をキレイにします。 ちょっと強引ですがイボや魚の目なんかも一緒にキレイにします。 足をぶつけたときに出来る血まめもその荒治療でキレイにしましたよ。 ただこれはあくまでも個人的な荒治療ということで・・・ 本題ですが血まめは基本的に取れにくいです。 数ヶ月かかるのもザラです。 ましてやレイノーで血流が悪いと マクロファージ 白血球 が血まめを食べてキレイにする速度も遅いですし。 だから病院はいいのでは? 気になるようでしたら尿素入りのクリームか マッサージ用のアロマオイルで足指のマッサージをするといいかも。 それで血まめ辺りの血流を良くしてあげれば治りが早まるかもですよ。 Q 教えて頂けましたら幸いです。 2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。 既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。 2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。 おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。 赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。 掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。 一度病院に行きましたが、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート」を処方され、毎日きちんと塗っています。 また、飲み薬「タリオン錠」も頂き、毎日2回しっかり飲んでいます。 が、治るどころかむしろ広がって行くんです。 これってなんの病気なのでしょうか? じんましん?アレルギー? 2か月前にインドネシアに行った際、虫にさされたのが原因ですかね?過去にストロフルスにかかったこともあります。 毎日痒いうえ、薬を全身に塗ってガーゼをするのがかなり面倒で、早く治したいのですが… 詳しい方、教えてください!!困っています… 教えて頂けましたら幸いです。 2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。 既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。 2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。 おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。 赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。 掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。 A ベストアンサー 私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。 (長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい) 単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。 日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。 今から8年くらい前にパン屋で働いていました。 丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さい水泡ができ、潰すと中からトロっとした水のような物が出てきました。 だんだんと他の指にも出来始め、急いで皮膚科に行きました。 皮 膚科では、仕事や家事で水を多くつかっている事が原因の主婦湿疹ですね。 と言われステロイドの塗り薬をもらいました。 使い始めてすぐに一度、良くなり、 あぁ~治ったか、と安心していたのもつかの間、また新しい水泡が出来て、痒くてかくと皮がやぶれ。 といった事の繰り返しで、どんどんと悪化していきまし た。 ネットで調べたところ、ステロイドを使うと一瞬は治っても次に出来る皮が薄くなるとのこと。 皮が薄くなった分、水泡ができた時にやぶれやすくなると思い、すぐに使用を止めました。 それからは極力、水に直で触れないように食器を洗う時、料理をする時、お風呂に入る時、常にゴム手袋をし、寝る時にはワセリンを塗って、手袋をして保湿して寝る。 という生活が始まりました。 その後、パン屋でのバイトを辞めるとだんだんと状態が良くなってきました。 やはり水仕事が原因だったか。 とその時は思いました。 完治することはなく、2008年に留学のためアメリカに移り住むことになりました。 丁度、アメリカに来て2年目の夏くらいにまた、再発したのです。 以 前は指だけだった水泡が手のひらや手の甲にまで広がり、とにかく痒くて痒くて、夜も眠れない事もありました。 水仕事はしていないのに、おかしい。 と疑問を 抱きながら生活をしていたある日、チャイナタウンにある小さな漢方のお店が目に入りました。 中に70歳くらいのおばぁちゃんが座っているのが見えました。 もしかしたら?と思い、中に入って手を見せました。 おばぁちゃんは何も言わずに小さな箱を投げてきたのです。 ずいぶんぶっきらぼうだな。 と帰ろうとも思い ましたが、ワラにもすがりたいような状態だったので、とりあえず試してみる事にしました。 使い始めてから2週間で、一気に治ったのです! その薬の成分の所に『ケトコナゾール』と書いてありました。 そ こから、私のリサーチが始まりました。 ケトコナゾールとはフケや脂漏性皮膚炎、水虫などに効く抗真菌薬と書いてありました。 それらの原因である真菌に効果 がある塗り薬のようです。 その中でカンジダ菌という文字が目につきました。 もっと調べていくうちに、このカンジダ菌とはパンを作る時に使う『イースト菌』 の一種だというところまで辿りつきました。 『イースト菌』という文字を見た時に、すべての事が繋がっていきました。 8年前にパン屋で働いていた時は仕事が ら一日3食パンを食べていたこともあった。 一時は米食に戻っていたが、アメリカに来てから、またパンを食べる事が増えた、などです。 このケトコナゾールは 以前に使っていたステロイドのクリームとは違い、治った後に皮が薄くならないように私は感じました。 ネットでもステロイド剤のような副作用が無い。 と書い てあります。 このクリームを使うようになってから、水泡が手に広がる事もなくなり、とても楽になりました。 しかし、それでも水泡が手からまったく無くなるという事はありませんでした。 そこで、今度はカンジダ菌を身体の中から追い出す方法はないものか?と探しはじめたのです。 そして見つけたのがアシドフィルス菌(Acidophilus というプロバイオティクスでした。 これはヨーグルト等に入っているビフィズス菌のような物です。 この良い菌を身体のなかで定住させると、カンジダ菌が住みずらい環境になるそうです。 それを飲み続ける事と、カンジダ菌であるイースト菌の摂取をやめました。 約1ヶ月ほどで手のひら、指から一切の水泡は消え、とてもキレイになりました。 アシドフィルスは薬とは違い、腸内環境を保つのに良い菌です。 なので、サプリメントとして今でも飲んでいます。 ちなみに、アシドフィルスは日本の薬局などでは販売されていないようなので、ネットからの注文しかないと思います。 カンジダ菌はストレスや、疲れている時など、抵抗力が下がった時に繁殖するそうです。 また、人間の免疫細胞の約80%は消化器官にあるそうです。 つまり、日頃から腸内環境を良い状態にしておく事、ストレスが溜まった時に上手に発散する(ストレスが身体に与える影響は予想以上に大きいと思います)事が病気にならない一番の秘訣なのだと私は思います。 以上、長々と書きました。 すべてが私の経験と、ネットなどのリサーチをもとに出てきた考えでありますので、もちろん、医学的に証明された物ではありません。 病気の名称もわかりません。 また、あなたの水泡の原因は、別のものかもしれません。 でも、何件も医者を回ってもなかなか治らない。 いったいコレはなんだろう?と辛い思いをしている方が居ましたら、是非とも試してみて下さい。 私の説明では解りづらい点もあると思うので、『カンジダ』『イースト菌』『アシドフィルス』などのキーワードでより詳しく調べてみることをオススメします。 一人でも多くの方が、あの辛い症状から解放される事を祈ってます。 私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。 (長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい) 単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。 日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。 今から8年くらい前にパン屋で働いていました。 丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さ... Q 初めて質問します。 よろしくお願いします。 ついさっき、口の中に口内炎のようなものが出来ているのを発見したんです。 でも、いつもの口内炎とは全然違っているので、心配になって質問しました。 口内炎の大きさは直径1センチくらいで、色が血豆のような色なんです。 ちょうど水ぶくれのようにちょっとぷっくりしています。 痛みとかは全然無いんです。 そこを噛んだということもありません。 色が色だけに、ちょっと気になっています。 何か大きな病気の前触れとか・・・・。 可能性のある病気などがありましたら教えてください。 また、この場合、どこのお医者さんに診てもらえばよろしいでしょうか?耳鼻咽喉科でしょうか?それともほかの科でしょうか? ご回答、お待ちしています。

次の

口の中を噛んでできた血豆…どう治すべき?原因と対処法をご紹介

血豆 治す

指先や爪などは血豆ができやすい箇所です。 何かにぶつけてしまったり、ドアやハサミで挟んだり、トンカチが当たった時などにできるでしょう。 血豆は赤くなって、時には痛みも伴うことが多いです。 血豆は見た目も悪いものなので、なるべく早く治してすっきりさせたいでしょう。 そこで、今回は指先や爪に血豆ができた時の応急処置や対処法を紹介します。 血豆ができて痛い人や、なかなか直らないという人はぜひ参考にしてください。 それではどうぞ! 指先や爪に血豆ができた時の応急処置や対処法5選 1.まずはとにかく冷やす! まずやるべき応急処置としては患部を冷やすということです。 「アイシング」というもので、これは炎症を起こしている怪我や打撲をした場合などには基本的な対処となります。 血豆も患部が炎症している状態なので、なるべく早く治すにはその炎症を抑えるということが必要です。 低い温度で冷やすことで、炎症は早く治まるようになります。 氷や保冷材などをタオルに包み、しばらく血豆ができた部分を冷やすようにするといいでしょう。 「冷やす」ということがまずは重要です。 2.いじったり引っ掻いたりしない そして、いじったり引っ掻いたりすることはNGとなります。 下手に刺激を与えてしまえば、血豆の部分がさらに悪化して、化膿するなどしてしまいます。 血豆は皮膚の内部での怪我による出血で、普通の切り傷や擦り傷と同じです。 傷を引っ掻いたりすれば余計にひどくなるのは明らかとなります。 血豆はぷくっと膨れ上がって気になるという人も多いですが、絶対にいじったり引っ掻いたりはしないようにしてください。 3.基本的には自然に治るのを待つ 血豆の治療としては、基本的には「自然治癒」となります。 体の治癒力で、次第に血豆が消えるのを待つということが基本となります。 皮膚の外傷であれば、消毒をしたり絆創膏を貼ったりと色んな処置が必要ですが、血豆は皮膚の内部の怪我なので外側からは何もできません。 人の体はどんな怪我も時間が経てば回復するように作られているので、血豆も相当ひどくない限りは自然に治るものです。 気長に自然に治るのを待ってみましょう。

次の

血栓性外痔核|手術しなくても治る痔、消えて無くなる痔、おしりの血豆

血豆 治す

爪の中の血豆の治し方・痛くないものは自然に治る? 爪の中にできる血豆というのは、爪の下の皮膚の中に血が溜まり、 「血腫」となっている状態のことです。 特に、足の親指の爪に現れやすく、 マラソンランナーの黒爪の原因としても多いです。 また、痛みが強いものもあれば、知らないうちにできるような全く痛みを感じないものまであります。 この違いというのは、血豆ができた原因やその大きさにもよります。 タンスの角などにぶつけたり、靴によって圧迫されたりしてできたものは、痛みを伴うことが多いですが、これは時間の経過とともに 自然に治ることも多いです。 また、知らないうちにできていた痛みのない小さな血豆も、爪の成長とともに症状が治まっているようであれば、あまり心配する必要はありません。 ただし、痛みがなくても爪の中の血豆が徐々に大きくなったり、爪の変色などがあれば、しかるべき 検査や 治療を受けることも必要になるため、楽観視しないようにしてください。 それは、単なる血豆ではなく、爪の中にできた 悪い腫瘍の可能性もあります。 爪の中の血豆の治し方・痛い時はテーピングしてもOK? 血豆に痛みを感じるようであれば、血腫によって爪の中の 皮下組織や 骨などが圧迫されている証拠ともいえます。 もちろん激しい痛みであれば、 骨折を伴っている可能性もあるでしょう。 いずれにしても、外部からの刺激を避けたいというケースでは、 テーピングによって保護することも可能です。 ただし、血豆を治すためには血行がよい状態を保ち、皮膚や爪の再生を促進する必要があります。 テーピングはきつく巻き過ぎないようにし、家で休む時などは外すようにしましょう。 ずっと巻いていたいほど痛いというのであれば、医師の診察を受けることも大切です。 Sponsored Link 爪の中の血豆の治し方・痛い時は病院は何科に行くべき? 血豆ができて痛みがある場合は、 病院への受診が必要なケースもあります。 爪の中となれば、やはり 皮膚科や 形成外科をおすすめします。 骨折の疑いがあれば、整形外科を受診してレントゲンを撮る必要もあるでしょう。 また、何ら心当たりがないのに血豆のようなものができている場合は、 メラノーマという皮膚ガンの可能性もあります。 血腫がなかなか治らず、爪の中でどんどん大きくなるという時には、メラノーマが疑われます。 死亡率が高くて怖いガンなので、治りが遅いと感じたら皮膚科を受診して調べてもらいましょう。 血抜きが必要になる場合も? 基本的には、爪の成長を待ちながら、血種の状態を 経過観察することになります。 しかし、爪と皮膚を強く圧迫するほど血豆が大きい場合、痛みを軽減させるためにも 血抜きが必要なケースもあります。 歩行に大きな支障が出るほどの痛みが続く時には、血抜きをした方がよいでしょう。 自分で行うこともできますが、しっかり消毒をしていないと 細菌感染などのリスクもあるため、皮膚科や形成外科で処置してもらうことをおすすめします。 爪の中の血豆の治し方についてご紹介しました。 女性の場合はネイルアートが爪の負担となるため、予防のためにも長期間つけっ放しにすることは避けましょう。 カテゴリ• 103• 215•

次の