北海道 緊急 事態 宣言 延長。 緊急事態宣言延長に伴う社会教育関係施設の臨時休館延長について

緊急事態宣言「全都道府県で延長を」 知事会が提言へ:朝日新聞デジタル

北海道 緊急 事態 宣言 延長

「休業協力・感染リスク低減支援金」について 支援金申請にあたっての事業者の皆様へのお願い 申請書を作成いただく際、添付資料の付け忘れなどが増えております。 申請書を送付される際は、今一度、申請書の内容や添付資料をご確認 くださいますよう、お願いいたします。 【よくある事例】 ・申請書の振込先口座の記載と通帳の写しが一致していない ・申請書の裏面が添付されていない、または、対象施設情報の記載がない(対象施設が1店舗の 場合でも記載が必要です。 (7月31日消印有効) 【郵送による申請に関するご注意】 4月30日から郵送による受付を開始しておりますが、郵送料が不足している申請書が散見されて おり、申請された方に郵便物が返送されておりますので、郵送料をご確認の上、ご送付ください。 北海道においても、「新型コロナウイルス感染症」感染拡大防止のための「緊急事態措置」を5月31日まで延長するとともに、休業等の要請期間を、当面5月15日まで延長します。 「休業協力・感染リスク低減支援金」については、予めお知らせしたとおり、休業要請の期間延長に伴い、休業のご協力をいただく必要がありますが、今回の期間延長に伴う支援金の取扱いについては、再延長の如何に関わらず、 休業、酒類提供時間の短縮を 5月15日(金) まで継続していただくことで支援金を支給します。 なお、本支援金については、感染リスクを低減させる事業者の皆様の行動変容を促すために、その自主的な取組を支援する趣旨でありますので、期間の延長に関わらず、支給額に変更はありません。 道では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業等の要請にご協力いただき、感染リスクを低減する自主的な取組を行う事業者に対し、支援金を支給することとしました。 ・ 北海道内で対象施設を管理する法人(中小企業に限らず、大企業等も含まれます。 )又は個人事業者が申請者となります。 ・ 道内に対象施設があれば、道外に本社がある法人であっても支給対象となります。 ・ 複数の施設を管理している事業者は、全ての対象施設で取組を行うことが必要です。 ・ 令和2年4月24日時点で、対象施設に関して必要な許認可等を取得の上、対象施設を管理している事業者が対象です。 ・ 1つの施設内に、休業等を要請する施設と要請しない施設が併設され、明確に区分されている場合、休業等要請の対象となる施設を休業等した場合は、支給対象となります。 ・ 休業要請の対象施設において、複数の個人事業者が1つの施設で営業しているケースで、施設を休業した場合は、代表者に1事業者分を支給します。 ・ 出張サービスを専門とする事業者は、客等が利用する施設が特定できない場合は、施設の感染防止対策に主体的に携わることができないため、支給対象外となります。 ・ 従来から酒類を提供していない飲食店及び、従来から通常19時以降に営業を行っていない飲食店は、支援金の対象となりません。 【参考】市の支援金制度 次の市では道の支援金制度に独自の上乗せと対象拡大を行っておりますので、事業者の皆様は、 そちらの制度もご覧ください。 「酒類の提供がない飲食店(感染防止対策を実施)」を運営する事業者の皆様は、市に申請してください。

次の

政府 2020年5月25日 緊急事態解除宣言(全国で解除)/新型コロナウイルス感染症特設サイト/とりネット

北海道 緊急 事態 宣言 延長

さらに1カ月程度とされ、全国一律の延長か対象地域を絞るか、5日までに判断するという。 宣言が5月いっぱいまで続けば、プロ野球の開幕時期も後ろにずれ込むはずで、「7月開幕か」という報道も。 準備期間を最低1カ月とするなら、7月開幕も十分にあり得る。 とはいえ、それでも無観客での実施。 グラウンドやフィールド、アリーナに大歓声が再び響くのはいつになるのだろう。 緊急事態宣言の延期は、中央競馬にも影響を及ぼしそう。 人馬の移動制限や、密を避けるための措置を講じて無観客で実施しているが、6月13日に開幕する北海道開催では大移動を伴うからだ。 東京、中山、京都、阪神、中京、福島、新潟での開催は滞在しても数日だが、遠距離の函館、札幌は5月下旬から9月1日まで長期にわたり多数の関係者が滞在する。 繁華街の飲食店へ出向くのは避けられず、行動範囲を競馬場に限定することは困難。 北海道知事がコロナの新規感染が高水準で推移していることを受け、「都市封鎖相当の自粛を」と札幌市民に要請しているだけに、本州から人馬が大移動するのははばかれる。 「今年の北海道開催はないと覚悟している」とは、サラブレッド生産のメッカ、北海道・日高地区の大牧場主。 「他の競馬場に移してでも、競馬をなんとか続けてほしい」。 JRA(日本中央競馬会)は、北海道開催を、東京、中山、京都、阪神に変更し実施することを真剣に考える時期に来ている。 (鈴木学).

次の

江差町公式ホームページ(北海道檜山)

北海道 緊急 事態 宣言 延長

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言について、感染者が増えている北海道や東京都などは、期限の5月6日の後も延長せざるを得ないとの意見が政府内で強まっている。 終息のめどが依然立たず、警戒が緩むと「第2波」が拡大する恐れがあるためだ。 宣言を延長する場合、北海道を含む13の特定警戒都道府県などに限る案や、引き続き全都道府県を対象とすることが想定される。 安倍晋三首相は26日、官邸で加藤勝信厚生労働相らと会い、全国の情勢を分析した。 加藤氏は「きょう発表された感染者数は少し減ってきていると報告した」と記者団に述べた。 13都道府県の感染者は増加が鈍化し、東京も26日は72人で、13日ぶりに100人を下回ったが、全国の累計感染者数は1万3千人超に上り、道内も600人を超える。 政府内では地域の医療崩壊への危機感が強まっており、人と人との接触8割減を求めてきた政府の専門家会議のメンバーは「感染者数は目標より抑えられていない」との認識を示す。 官邸関係者は、道内で感染の第2波が来ていることを念頭に「この段階で全面解除すべきだという声は聞いていない」と語った。 政府は今週半ば以降に専門家の意見を聞き、25日からの大型連休序盤の状況を踏まえ、5月に入ってから最終判断する見通し。 政府は4月7日の宣言発令時、対象を東京や大阪など7都府県とし、エリア外の地方への人の移動により感染が広がった経緯がある。 一方、宣言を広範囲で延長すれば、休校や休業の要請が長引き、国民生活や経済への影響が大きい。 政府高官は段階的な解除もあり得るとの考えを示し「解除する場合も、法に基づかない範囲で休業などを要請する方法がある」と話した。 (佐藤陽介、田島工幸).

次の