アット ホーム ダッド りえ。 アットホームダッド 子役 りえ

アットホーム・ダッド 2004年6月22日(火)放送 #11 良薬、主夫に苦し

アット ホーム ダッド りえ

第11回 2004年6月22日 火 放送 あらすじ #11 良薬、主夫に苦し 和之(阿部 寛)が退社前に手がけたCMが権威ある広告賞に輝いた。 授賞パーティーにはCM業界の有力者たちが集まった。 旧知の吉川専務も声をかけてくれ、どうやら再就職の道も開けそうだ。 とはいえ正式に決まるまでは主夫業にかかりきり。 今日は注射嫌いの理絵(安藤咲良)に予防接種を受けさせなければならない。 美紀(篠原涼子)からは「大嫌いなんだから心してよ」とクギを刺されたこともあって、和之は理絵に遊びにいくと偽って病院に連れこむつもりだった。 だが、当の理絵は気づいていた。 一緒にいく亮太(吉川史樹)は優介(宮迫博之)から口止めされていたが、理絵から迫られてあっさり白状してしまったのだ。 スイーツクラブは和之の受賞の話題でもちきり。 真理江(川島なお美)まで普段とは別人のように持ち上げた。 ところが優介だけは浮かない表情。 和之の再就職が決まれば主夫仲間がいなくなる。 だから笙子(中島知子)に、もうパート辞めようかなと言ってしまった。 「一人じゃつまんないし…」「ホントにそれだけ? 山村さんは賞取ったのに自分はこれでいいのかって思ってるんじゃないの?」 「パパの嘘つき!」。 診察室に連れてこられた理絵はふてくされていた。 「頑張れ、偉いぞ、もうちょっとだ!」。 注射の痛みに耐える理絵を和之は、いつしか大声で励ましていた。 「…お父さん、お静かに」。 和之は医者にたしなめられた。 冴子(滝沢沙織)と健児(永井大)は彼女のアパートで同棲を始めたものの、お互い不満がたまるばかり。 「山村さんみたいに向上心はないの?」ついには冴子は冷ややかな言葉を浴びせた。 「俺は冴子さんのロボットじゃねえんだよ!」。 売り言葉に買い言葉。 「バカにしやがって。 今度こそおしまいだからな」。 健児は荷物をまとめると部屋を飛び出した。 冴子はあわてて後を追ったが、すでに健児は走り去っていた。 美紀が仕事で週末に一泊で熱海に出かけることになった。 編集長の上田(中村繁之)も同行すると聞かされて、和之は内心穏やかではない。 仕事だから仕方ないが、週末は水族館に連れていくと理絵に約束していた。 「…2人で行ってくれる? 仲直りするいいチャンスじゃない」。 確かに、注射の日以来、和之は理絵と仲直りするきっかけをつかめてない。 再就職のことも気になる。 こちらから吉川に連絡を入れると「それなりに時間がかかりそうでね」。 もしかして社交辞令だったのか。 そんな和之のもとへ冴子がやって来た。 もちろん健児のことだ。 「どうしたら山村さんみたいに自分の道を見つけられるんですか」。 和之は、妻の出張のことや仕事が見つからないことに苛立っている自分をさらけ出した。 「正直っていいですね。 私も山村さんみたいに正直になります」。 「お母さん、お土産買ってきてね」。 美紀を見送ると、和之は理絵と水族館へ。 ところがあんなに楽しみにしていた理絵なのに元気がない。 「気持ち悪い」。 熱がある。 和之は不安になった。 美紀がいなくて1人きりで看病できるだろうか。 心配した優介が様子を見にきてくれた。 「そんなに騒ぐなよ。 寒けがすれば温めてやる。 熱が上がりきったら今度は涼しくしてやる。 後は安静にしとけばいいんだよ」。 和之が心強く思ったのも束の間、優介は用事があるからと帰ってしまった。 和之がしょうが湯を作っていると、かつての部下の加藤(榊英雄)から電話がかかってきた。 クライアントがフリーのディレクターを探しているという。 「先方は今すぐ会いたいそうです」。 しかし、理絵をほったらかして出かけるわけにはいかない。 「悪いけど今はちょっと…」。 和之は美紀に電話をかけたが、美紀の返事はそっけなかった。 「薬を飲ませて寝かせれば大丈夫でしょ。 仕事中なの」。 実は、上田が急用で帰ってしまい、美紀は1人きりで取材にきりきり舞いしていたのだ。 「俺だって仕事の話を断ったんだ。 自分だけ仕事してるみたいに言うな」。 その頃、優介は駅前の喫茶店で健児と冴子と向き合っていた。 仲直りの仲介役だった。 そこへ真理江が現れると、とんでもないことを口にした。 「あなたたち、ホントに相性がいいのかしら? 私がお互いにお見合い相手を見つけてあげるわ」。 優介が絶句すると、冴子はきっぱりと言った。 「私たち、これでけっこう相性いいんです」。 健児もあわててうなずいた。 「俺、冴子さんが好きです」。 意外なことに、真理江のおかげでどうやら一件落着となったようだ。 和之が理絵につきっきりで看病していると、美紀から電話がかかってきた。 「さっきはごめん。 自分のことしか考えてなくて」。 和之は穏やかに応じた。 「仕事は大事にしろよ。 こっちは俺に任せろ」「わかった」。 加藤から再び電話があった。 「やっぱり、先方は今夜会いたいそうです。 他の人に仕事の話、行きますよ。 」和之は選択を迫られた—。

次の

阿部寛主演ドラマ「アットホーム・ダッド」のキャストやあらすじを紹介

アット ホーム ダッド りえ

、連ドラの企画が誕生する過程の話だったので、実例として「アットホーム・ダッド」(04)のことを書きます。 尾崎将也の代表作は何かと言われたらやはり「結婚できない男」ということになると思いますが、「アットホーム・ダッド」は阿部寛さんとの最初の仕事であり、このドラマの成功があったからこそ「結婚できない男」が生れたわけで、自分のキャリアの中では重要な作品です。 このドラマの場合は阿部寛さんと宮迫博之さんの二人が決まっていて、この二人で何をやろうか、というところからスタートしました。 まず出て来たのは、二軒の家が並んでいて、二組の夫婦とその子供が暮らしているというイメージです。 夫二人は正反対の正確でウマが合わず喧嘩ばかりしている。 妻同士は仲が悪いわけではなく、夫同士の喧嘩をハラハラして見ている。 そんな状況の中でホームドラマを展開しようというものでした。 仮のタイトルは「おとなりさん」。 まだ「これで行こう」という感じではなく、これをとっかかりとして、これでいいのか、どこか修正するか、それとも根本的に別のものを考え直すか、ということをああでもないこうでもないと話していました。 それなりに面白そうな気はするけど何か足りない気もしていたのです。 そんな状態のある日、みんなで話しているうちにプロデューサーがふと「宮迫さんが専業主夫をやっているとか...... 」とふと口にしました。 次の瞬間、僕は「だったら阿部さんも専業主夫に...... 」と言いました。 時間にすれば10秒かそこらのことです。 この10秒間が「アットホーム・ダッド」という企画が生れた瞬間だったのです。 このアイデアが出ると俄然「これは行けるのでは」という感じになりました。 宮迫さんは以前から主夫をやっている設定で、そこに阿部さん一家が引っ越して来る。 阿部さんは仕事人間で、仕事が出来ないと男じゃないという考え方。 だから主夫をやっている宮迫さんをバカにしているが、やがて自分が主夫をやるハメになる。 この流れはスムーズに出て来ました。 割と苦労したのは、宮迫さんのキャラをどうするかです。 ただ主夫をやっているというだけでは何かが足りないのではないかという意見が出て、音楽をやっているとか、小説家を目指してこっそり小説を書いているとかいう案が出ました。 文句も言わずに主夫をやっている男性というのが何かキャラとして弱い感じがしたのです。 でもあるとき気づいたのは、主夫をやっているからと言って「男」の部分を失っているわけではないのだということです。 それを意識して書くことでことを、余計な要素を付け加えることをしなくも、キャラクターとして成立したのでした。 いずれにしても、あの10秒間の出来事がなければこのドラマはなかったわけですが、もう一度あれをやれと言われてもどうやったらいいのかはわかりません。 「結婚できない男」と同じで、ひとつのドラマが生れるには、何か不思議な作用がどこかで働いているものだな、という感じがします。

次の

アットホーム・ダッド

アット ホーム ダッド りえ

Sponsored Link 久しぶりにドラマのアットホームダッドを見ていたんですけれども、 そういえば子役の女の子(りえ)って、現在は何をしているんだろう? 気になったので、りえの現在を調べてみました。 アットホームダッドの子役『りえ』の現在 りえを演じた子役の名前は『安藤咲良』という子役タレントでしたよね。 で、その安藤咲良ですが、 現在(2019年)は21歳、 なんと早稲田大学教育学部教育学科に通っているようです。 頭いいんですね! ドラマででも優しくしっかり者という役柄でしたが、リアルでも賢かった。 ちなみに高校は都立城東高等学校に通っていました。 大学受験のために芸能活動を一旦休止、受験に専念したみたいです。 城東学校は偏差値が62ってなってますね。 中堅クラスの進学校なので、早稲田だとするとかなり成績は上位の方じゃないと厳しいかなぁって言う気はしますが、いずれにしろ学力の高い子であったことは間違いないです。 現在は芸能界に復帰してスプラウト(セント・フォース)に所属しているしています。 ただ、復帰後はドラマには出ておらず、フリーアナウンサーとして活躍してるみたいです。 ラジオに出演している動画を発見したんで貼っておきます。 顔は面影があります。 でも、声はアットホームダッドで子役のりえを演じていた時と比べて全然違います。 時の流れを感じます。 確かに、見た目はや雰囲気はアナウンサーって感じですね。 アイドル路線じゃなくて、そっちにいったかー。 また、現役女子大生キャスターとしてもウェブの雑誌で取材を受けており 私はがっつり食べる派 学食に一人でもよく来る と、コメントしています。 お気に入りはチキンカツ定食(500円)らしい(笑) アットホームダッドの家もがっつり食べる形の子供だったんでその辺はキャラ通りです。 気になるのは今でも父役の阿部寛や母役の篠原涼子と会うのかどうかですね。 大きくなったね~とか言われてるんでしょうか。 両親役の二人はともに芸能界で未だに大活躍です。 最後、男性には嬉しいご報告です。 2018年8月27日発売の週刊プレイボーイでグラビアデビューも飾ってます。 美バストで魅了! とあるので、気になる人はバックナンバーを購入してみましょう。 まとめ アットホームダッドに出演していた子役のりえですが、 現在は21歳で、セント・フォース所属のフリーアナウンサー、 また、早稲田大学教育学部に通う大学生でもあります。 何気に、グラビアデビューも飾っています。

次の