画像 編集 モザイク。 画像や動画にモザイク加工できるソフトの紹介

おすすめの画像モザイク処理ソフトランキング

画像 編集 モザイク

テレビやネットを見るとき、モザイクがかかっている動画や画像を目にすることは多いですよね。 それが邪魔だなと思う人が非常に多いでしょう。 また、インスタグラムやツイッターなどを投稿するとき、写真に写り込んだ背景や物から、自宅や名前を特定されるかもしれません。 この時はモザイクをかけることが重要になります。 そこでモザイクを消す方法とモザイクをかける方法について分析します。 Part1. モザイクを除去する方法 一般的に、モザイクは可逆変換と非可逆変換という方法で施します。 可逆変換は処理範囲を縦横に分割し、並べ替えるという方法で、非可逆変換は一定領域の代表値において全体を塗りつぶしたり、一定領域における色情報を読み込み、その平均値を算出し、求められた結果をベースに画像処理を行うという方法です。 ほとんどのものは非可逆変換の方法をとっているので、モザイク除去機でも消すことができない状況になっています。 つまり、モザイクを消すことができるのは、可逆変換を施した動画や画像だけで、 非可逆変換の場合の解除は基本的に不可能です。 モザイクはもともと画像の情報などを一部削除したり変更するという処理を行うものなので、モザイクを消すという行為はあり得ないとされてきましたが、近年ではアプリやフリーソフトを使って比較的簡単にモザイクを消すことができるようになりました。 しかし、すべてのモザイクを消すことはできず、やり方によって一部を消すことができたり、薄くぼかす程度に加工することができる段階です。 だいたいの動画や画像は非可逆変換になっているのできれいに処理することは難しいでしょう。 一般的に、ほとんどのモザイクのある画像はきれいに消すことはできないことになっています。 画像のすべてのモザイクを消すことはできず、ぼかしが入っているぐらいには修正することができるようです。 Part 2. モザイクをかける方法 ここで安全にモザイクをかけるソフト を利用することをおすすめです。 Filmoraは、簡単にモザイク効果を適用することができます。 効果適用後の画像からモザイクを除去することも可能です。 早速、モザイク効果を活用する方法を解説します。 今回は、Windows版として操作方法の解説を行います。 Step1 ファイルをインポートする 「ファイル」ボタン、または「ここにメディアファイルをインポートする」ボタンをクリックすることで、ファイルを追加します。

次の

モザイク加工

画像 編集 モザイク

LINEで写真にモザイクをかけたり、ぼかしを入れたりする方法です。 LINEがバージョン7. 0にアップデートされ、いろんな機能が追加されています。 その中の1つに 写真に「モザイク」「ぼかし」を入れることができる加工が追加されています。 LINE起動後に撮影した写真でも既にスマホに保存してある写真でも加工することができます。 以前から写真の加工はできましたが、そこに新たにモザイクとぼかしが追加された形になります。 また、最近はスライドショーを作成したり、メッセージのピン留め機能などチラチラと新機能が増えてます。 [関連記事] ・ ・ 【LINE】写真をモザイク加工、ぼかし加工する方法 7. 0以降にアップデート 写真のモザイク、ぼかし加工はバージョン7. 0以降の新機能となります。 手元のiPhoneだと確認できたのですが、Android版には用意されてない?ようです。 記事作成時の現状は、iPhoneだけの機能だと思われます。 0はなども使えるのでけっこう便利ですよー。 写真を「モザイク」「ぼかし」加工する方法 その場で撮影した写真でも保存してある写真でもOK 誰でもいいのでトークルームを開きます。 今から撮影する写真を加工する場合はカメラアイコン、すでに保存されている画像を加工する場合はアルバムアイコンをタップします。 今回は保存済の画像をモザイク、ぼかし加工してみました。 保存してある写真の場合、メッセージ入力欄の下に表示されます。 タップして画像を選択します。 加工する場合は下部のペンアイコンをタップします。 加工モードになりました。 下に用意されているボタンの左側3番目がモザイク、4番目がぼかし加工です。 左がモザイク、右がぼかし加工です。 加工が終わったらトークに送信またはスマホに保存 加工が完了したら、そのままトークに送信またはスマホに保存できます。 こんな感じになります。 送信せずにスマホに保存しておく時にも使える機能です。 LINEとiOSの機能の合わせ技でけっこうな加工ができちゃいますよー。 ちょっと隠したい場所や部分などがある写真はLINEで手軽にモザイクやぼかし加工をしてみてはいかがでしょうか。 [関連記事] ・ ・.

次の

iPhoneの写真にモザイクをかける方法|普及率80%のあのアプリでできる

画像 編集 モザイク

画像編集ツール・ソフトを選ぶ際に着目するポイント 具体的なツール・ソフトの比較に入る前に、選ぶ際に着目すべきポイントを3つ説明します。 ブラウザ型か?インストール型か? 画像編集ツール・ソフトは主に「ブラウザ型」と「インストール型」に分けられます。 初めて使う場合は、まずブラウザ型を試されるとよいでしょう。 ブラウザ型 ブラウザ型は、ブラウザ上で操作できるツール・ソフトなので、インターネット接続ができるところであれば、どこでも使用できます。 PC上での特別な設定は必要ありません。 設定時に専門的な知識は必要なく、低コストで手軽に始められます。 解約手続きも簡単です。 「ひとまず始めてみよう」といった方におすすめします。 インストール型 インストール型は、PCにインストールする必要のあるソフトで、必要なデータがすべてPC内に保存されます。 そのためインターネット接続がなくても使用できます。 設定時に専門的な知識が必要となる場合もありますが、カスタマイズ機能があり、セキュリティ・サポート共に万全です。 よく検討の上、数年以上は使用しそうな予定がある場合におすすめします。 使用目的に合った編集機能が備わっているか? 画像編集ツール・ソフトの種類は 「画像補正型」と 「イラスト作成型」の2つに大きく分けられます。 どちらのツール・ソフトが必要かをよく検討してください 画像補正型 画像の大きさの変更をしたい、明るくしたい、必要な部分のみをカットしたい、合成したいなどの目的が生じた際には、画像補正・編集機能が必要になります。 イラスト作成型 絵を描きたい、イラストを描きたい、ロゴを作成したいなどの目的が生じた際には、イラスト作成機能が必要となります。 無料でどこまで使えるか? 画像編集ツール・ソフトには無料版と有料版があり、それぞれ使用できる機能が異なります。 これから使用するにあたって必要な機能が無料版にあるかどうかはよく確認し、選択しましょう。 無料でPhotoshop並みの高品質な加工・編集が可能なツール・ソフトもありますが、画質が有料版より悪い場合があります。 まずは無料版で試して、画質の確認をするのもいいでしょう。 定番の画像編集ツール・ソフト9選 1. ブラウザ上で簡単な画像編集をしたいときにおすすめの「」 概要 PIXLR EDITORは、ブラウザベースの無料画像編集ツールです。 ツールのダウンロードは不要ですが、Flash playerのダウンロードが必要となります。 Photoshop並みの高品質な加工・編集が可能で、豊富な機能も備わっています。 専用アカウントを作成するとFacebookやFlickrなどですぐに共有できます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴• Flash playerのダウンロードが必要となります。 画像の切り取り・サイズ変更・明るさ調整・塗りつぶしなど、基本的な画像編集は全てできます。 Photoshopなどで作成したPSDを編集できます。 FacebookやFlickrなどでの共有ができます。 日本語に対応しています。 価格 無料 こんな人にオススメ ブラウザ上で簡単な画像編集をしたい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 2. とにかく操作が簡単なツールをお探しの方にオススメの「 」 概要 Fotorは、ブラウザベースの無料画像編集ツールです。 アカウントを作成してログインすれば、編集中のものをクラウド上に保存できるので、どの端末からでもアクセスできて便利です。 主な機能としては「編集」「コラージュ」「デザイン」の3つがあります。 無料ですが、Photoshop同様の機能が使えます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴• シンプルで簡単に操作できますが、切り取り・透過・モザイク・写真の一部を消すなど基本的な機能は完備されています。 デザインのテンプレートが完備されているため、デザイナーがいなくても一定レベルのものが作成できます。 美顔機能があり、しわの消去、アイシャドウ、アイライン、マスカラ、チーク、口紅等の加工が可能です。 日本語に対応しています。 無料版 0円• 有料版 8. 画像効果、テンプレなどが増え、無料版よりも美しい画像処理が可能になります。 こんな人にオススメ 操作が簡単なツールをお探しの方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 3. 複数の写真を組み合わせた画像が簡単に作成できる「」 概要 befunkyは、ブラウザ上で使える無料画像編集ツールです。 切り取り、ぼかし、明るさ・色調補正など、基本的な機能は一通り備わっています。 大きな特徴として、複数の写真を組み合わせた画像が簡単に作成できるという点があります。 ドラッグするだけで、簡単に複数の写真を組み合わせられます。 参考: 4. スクリーンショットを編集したいMacユーザーにオススメの「」 概要 Skitchは、インストール型の無料画像編集ツールです。 モザイク・書き込みなど、必要最低限の機能が揃っています。 スクリーンショットを撮影してそのまま編集できる機能がついているのが特徴です。 またEvernoteの一機能という位置づけなため、編集した画像をそのままEvernoteに保存もできます。 ただ、現在はWindows版の提供を終了している、という点で注意が必要です。 タイプ インストールして使用 特徴• スクリーンショットを撮ってそのまま編集できる• 編集した画像をそのままEvernoteに保存できる 価格 要問合せ こんな人にオススメ Macユーザーで、スクリーンショットを編集する機会が多い方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 5. 無料で手軽に画像編集ができる「」 概要 SUMO Paintは、ブラウザベースの無料画像編集ツールです。 ツールのダウンロードは不要ですが、Flash playerのダウンロードが必要となります。 インストールしての使用もできます。 メニューは英語ですが、Photoshopの基本機能を備えていますし、ショートカットキー操作が利用できますのでとても便利です。 タイプ ブラウザ上でもインストールでも使用可 特徴• シンプルで簡単に操作できますが、切り取り・透過・モザイク・写真の一部を消すなど基本的な機能が完備• Chromeの拡張機能あり• 使用感がPhotoshopに近い• 日本語対応なしで、英語のみ 価格• 無料版 無料• 無料だが本格的な画像編集が可能な「」 概要 GIMPは、オープンソースで開発されている画像処理ソフトで、ソフトのインストールが必要です。 画像編集ソフトの中では歴史が長く、初心者から上級者まで幅広く活用されています。 Photoshop並みの高品質な加工・編集が可能です。 タイプ インストールして使用 特徴• Photoshop並みの高品質な加工・編集が可能• オープンソースなので完全無料• PCへのインストールが必要• Windowsユーザー、Macユーザー、共に使用できます• 日本語に対応 価格 無料 こんな人にオススメ 本格的な画像編集を無料で利用したい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: 7. テーマに応じた加工・編集が簡単にできる「」 概要 PicMonkeyは、ブラウザベースの画像編集ツールです。 透過や文字の挿入など、基本的な編集機能は備わっています。 特筆すべきはエフェクト機能です。 クリスマスやハロウィンなど特定のテーマを選択すると、そのテーマに応じたエフェクトを適用してくれます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴 ・クリスマスやハロウィンなど特定のテーマを選択すると、そのテーマに応じたエフェクトを適用してくれる 価格• 無料トライアル版• Premium:容量制限あり 月額5. Supremium:容量制限なし 月額8. 参考: 8. 120種類以上のフィルターが備わっている「」 概要 Picozuは、ブラウザベースの画像編集ツールです。 切り抜き・文字入れ・ブラシなど、基本的な画像編集機能は備わっています。 フィルター機能の種類が多いのが特徴で、120種類以上のフィルターが用意されており、選択するだけで簡単に画像に適用できます。 タイプ ブラウザ上で使用 特徴 ・120種類以上のフィルターが備わっており、選択するだけで簡単に画像に適用できる。 SUNRISE:月払いプラン 29. SUNBURST:年払いプラン 199. SUNFLOWER:半年プラン払い 139. 参考: 9. ヴィンテージ風画像が簡単に作成できる「」 概要 XnRetroは、インストール型の画像編集ツールです。 他のツールと比べて一風変わった画像編集ソフトで、基本的にはレトロ風なエフェクトをかけるという機能に特化したソフトになります。 いわゆる加工や切り抜きなどを行う画像編集ソフトではないですが、ヴィンテージ感のある画像に仕上げたいという時には非常に役立つソフトです。 タイプ インストールして使用 特徴 ・レトロ感のあるヴィンテージ風画像に仕立て上げる機能に特化している 価格 無料 こんな人にオススメ レトロ感のあるヴィンテージ風画像を仕立て上げたい方 ツールの詳細な使い方については、以下記事で解説されているので参考にしてみてください。 参考: まとめ いかがでしたか? 日本語対応していないツール・ソフトもありますが、Youtubeなどの動画サイトにツール・ソフトの使い方が掲載されているものも多いので、そちらもご活用ください。 本記事を参考に、ご自身の用途に一番合う画像編集ツール・ソフトを探し出し、ビジネスに役立てていただけると幸いです。 参考: 参考: 参考: 参考: 参考: 参考: 参考: おまけ:出現頻度が低かったサービス一覧• 参考にしたサイト.

次の