乃木坂46 次期センター。 乃木坂46次世代エースは誰!?

遠藤さくら(乃木坂4期)が次期センターに内定?38番の時のツインテールが可愛い!

乃木坂46 次期センター

桜井 玲香(サクライ レイカ)• 生年月日:1994年5月10日• 年齢:25歳(2019年6月現在)• 星座:おうし座• 血液型:A型• 身長:155cm• 出身地:神奈川県 桜井玲香さんは2012年2月5日放送の 『乃木坂ってどこ?』にてメンバーアンケートの結果から 暫定キャプテンを請け負っていました。 出典: その後、同年6月17日の同番組内にて、3rdシングル選抜発表の際に 正式キャプテンに就任することとなりました。 出典: 桜井玲香さんは 幼稚園から女子校育ち(幼稚園は共学でしたがクラスが女子だけ)であることを公言しているのでお嬢様な性格と思いきや、 メンバーからは 「ポンコツ」とイジられています。 キャプテンがいじられキャラという新しいキャプテン像を桜井玲香さんが作ったのではないでしょうか。 人の上に立つリーダー・キャプテンには2種類のタイプがあります。 桜井玲香さんはきっと後者のタイプです。 今の乃木坂46の 清楚で和やかな雰囲気ができたのは、桜井玲香さんがキャプテンになったことが原因の一つであると感じます。 人前で決して偉ぶったりしない人柄も桜井玲香さんの魅力の一つです。 乃木坂46のキャプテンの役割は?選考理由は何? 乃木坂46のキャプテンとしての役割には何があるのでしょうか。 「特に役割などないのでは?」とも言われていますが、考えられる役割・立場は以下のようなものではないでしょうか。 メディアではグループの代表として意見を言う機会が多くなる。 ライブでのMCを任せられる。 運営とメンバーの間に立ち、中立な意見が求められる。 他にも面からは見えないもっと大変な役割があるかと思います。 そして桜井玲香さんがキャプテンに選ばれた理由としては、 結成当初メンバーのまとめ役だったことが考えられます。 桜井玲香さんがまとめ役だったことは上記で紹介したアンケート結果からも伺えます。 オーディション当初から目立った存在で、歌もダンスも上手で、シングルではフロント常連だったことから、 メンバーの中でも 「玲香がキャプテンになるんだろうな」という雰囲気になっていたようです。 しかし桜井玲香さんは 「 キャプテンを頼まれた際に2、3回断った」と、NHKで放送された 『坂道テレビ』のキャプテン対談で語っています。 出典: 桜井玲香さん本人は 「自分にキャプテンは務まらない」と考えていたのでしょう。 個人的には桜井玲香さんが乃木坂46のキャプテンで本当によかったと、心から感じています。 乃木坂46の次期キャプテンはこの子だ! 現キャプテンの桜井玲香さんは2019年6月時点で 25歳ということで、そろそろ卒業を考えているかもしれません。 そうなってくると問題となるのは 「次期キャプテンを誰にするか」です。 次期キャプテンについて、桜井玲香さんはインタビューで次のように答えています。 3月末に48グループの総監督の引き継ぎがあったりもしましたが、いつか乃木坂46の次期キャプテンを任命する時がきたら、やってもらいたいという人はいますか? 桜井 それが本当に難しくて……でもやっぱり若い子に託したいみたいなのはあります。 あと、自分と似てないほうがいいのかな?って思ったり。 桜井 ありがとうございます!何もしてないんですけど……(笑)。 引用: 桜井玲香さん自身は 「 若くて自分と似ていない子に次期キャプテンを託したい」と考えているのですね。 やはりキャプテンの交代となるとかなり難しいことのようです。 メンバーからも 「キャプテンが変わることでグループのカラーが変わるのはちょっと…」という声が上がっています。 しかし、遅かれ早かれキャプテンの交代の時期はいずれ訪れます。 できることなら桜井玲香さんにずっとキャプテンをやって欲しい気持ちもありながら、そうも言ってられません! 少し気が早いかもしれませんが、次期キャプテンになる子の候補を考えてみたいと思います。 候補者を選ぶ際には、以下のポイントに当てはまっているのかに重点を置きました。 長年務められるよう年齢は若めであること。 (10代ならなお良し)• キャプテンは選抜の聖域であり選抜入りは確定なので、ある程度の人気があること。 メディアでのトークができること。 (台本ありでも可)• ライブなどでMCができること。 センターになる可能性が低いので、そこを割り切って考えられること。 (キャプテンとセンターの両立は負担が大きいため) これらのポイントを踏まえて、次期キャプテンの候補となるメンバーを選び出してみました。 (加入してまだ間もないので、今回4期生は候補に入れていません。 まだ 20歳ということで比較的若手メンバーですし、3期生の中では まとめ役として定着しています。 『月刊エンタメ』7月号には乃木坂46さんの対談も。 次期キャプテンの最有力候補なのではないかと考えられます。 人気メンバーの一人であり、 20thシングルからは安定して選抜の福神入りしています。 ただし、山下美月さんの場合は 選抜のセンター候補として運営側が考えているかもしれないので、その面ではキャプテン就任の可能性は低くなります。 「梅澤美波さんキャプテンで、山下美月さんが副キャプテン」というパターンもあるのではないかと思います。 22thシングル 『帰り道は遠回りしたくなる』から 2作連続で選抜入りしている若手注目株です。 今すぐキャプテンに就任となると年齢的に若すぎる気がするので、伊藤理々杏さんがキャプテン就任となるとするなら2、3年後かもしれません。 安定した人気と若さ(2016年6月時点で21歳)、そして7年以上の経験というところで 「キャプテン就任もあるのでは?!」と思いました。 加入当初から 生粋の妹キャラなのでキャプテンをするようなタイプではないと考えがちですが、個人的には結構キャプテンに向いているのではないかと感じています。 ただ誰が就任するにしろ、変化に対して不満に思うファンの方は一定数存在するかと思われます。 それ自体が完全に悪いことだとは思いませんが、誰が次期キャプテンに就任しても 暖かい目で見守って支えていける環境をファンの中から作っていけたらと感じています。 キャプテンが交代することで、 「新しい乃木坂46に生まれ変わるのか」、それとも 「今までの乃木坂46の雰囲気を守っていくのか」、 次期キャプテン就任に誰がなるのか要注目です!.

次の

第46回日本磁気共鳴医学会大会

乃木坂46 次期センター

乃木坂46の新曲「Route 246 ルート・ツー・フォーティシックス 」が、2020年7月24日 金・祝 に配信リリース。 乃木坂46の新曲「Route 246」作曲に小室哲哉、10年振り秋元康とタッグ 乃木坂46の新曲「Route 246」は、5月に発表した「世界中の隣人よ」に次ぐ配信限定シングル作品。 本楽曲のセンターは、23rdシングル「Sing Out! 」以来となる齋藤飛鳥が務める。 また、今回作曲・編曲を担当したのは小室哲哉。 乃木坂46のプロデューサーであり、乃木坂46の全楽曲の歌詞を手掛ける秋元康とは古くから親交がある小室だが、楽曲制作において両者のタッグが実現するのは約10年振り。 また、AKB48グループ、坂道グループでの共作は初となる。 一度は引退した彼ですが、時々、会って食事をする度に、音楽への熱い想いは消えていないことを知りました。 いろいろな事情はあるのでしょうが、何とかもう一度、小室哲哉に音楽に携わる機会を持って欲しいと思いました。 「曲を書いてよ」そんな話を何度かするうちに、彼がようやく重い腰を上げました。 ブランクがあった分、なかなか、思うようなイメージのものが書けないようでした。 結局、7回も書き直しをしてもらったのですが、その作業すら楽しそうでした。 この人は本当に音楽がないと生きていけないのです。 音楽にのめり込むとまわりが見えなくなってしまう不器用な人です。 そのせいで多くの方に迷惑もかけたのでしょう。 でも、小室哲哉はそれを音楽でしか返すことができないのです。 乃木坂46に、書き下ろしてくれた「Route 246」を聴いてください。 彼の音楽への想いが伝わって来ると思います。 ここ数年ゼロからアートを学び、改めて概念、すなわちコンセプトを持った創造物の貴重さを感じています。 今回のコンセプトは友情でした。 友人の期待に応えたい一心で今作を作りました。 一貫した、らしさは表現されているのでは?と感じています。 この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです! 【詳細】 乃木坂46 配信限定シングル「Route 246」 リリース日:2020年7月24日 金・祝.

次の

次期センター候補 乃木坂46

乃木坂46 次期センター

平手友梨奈が脱退したことで次期センターの予想が過熱する欅坂46。 センターはパフォーマンス全体のイメージを決定付ける最も重要なポジションなだけに、選ばれたメンバーの人物像や振る舞いによっては今後のグループの路線すら決まる可能性がある。 そこで今回は、欅坂46の次期センターを予想してみたい。 「菅井友香」案 欅坂46のキャプテンであり、グループの代表曲のひとつ「不協和音」の代理センターを唯一務めたことのあるのが菅井友香だ。 言葉遣いから挨拶に至るまで、あらゆる所作に気品が漂う。 そんな彼女が舞台上では一変、鋭い表情で観客を魅了する。 初主演舞台『飛龍伝2020』では、全共闘40万を率いる女委員長・神林美智子役を見事に演じた。 上品さを持ちながら、力強いイメージも持っている……その振り幅が人びとを惹きつけるのだ。 キャプテンとセンターの両方を掛け持つのは重荷だが、この苦境を救えるのは彼女しかいない! 他5名のセンター案は より引用しました• ツイッターの反応 うんうん。 菅井友香、小林由依、森田ひかる……欅坂46、次期センターは誰に? メンバー6名をピックアップ(リアルサウンド) — Yahoo! カテゴリー• 5,277• 2,970• 2,052• 1,460• 1,019• 692• 4,522• 357• 739• 494• 612• 665• 574• 1,004• 498• 366• 700• 1,434• 550• 682• 652• 470• 1,716• 853• 341• 787• 1,110• 1,185• 100• 102• 109• 271• 156• 135• 221• 160• 355• 205• 314• 194• 593• 528• 411• 308• 265• 166• 195• 251• 164• 483• 188• 236• 180• 195• 160• 329• 209• リンク• [ アンテナサイト ]• [ まとめサイト ]•

次の