いわき fc ツイッター。 NPO法人いわきサッカー協会

NPO法人いわきサッカー協会

いわき fc ツイッター

そこに秘められたドラマを、あなたは、まだ知らない。 「革命」は思いもよらぬ場所から始まるもの。 3年前、福島県・いわき市に突如として現れた巨大な建物。 中にはスポーツウェアのショップにレストランまで。 その建物を抜けると現れるのは整備されたグラウンド。 アマチュアチームとしては異例の環境。 ここが、日本サッカーに革命を起こさんとする、いわきFCの本拠地。 昨シーズン彼らが戦ったのは、東北2部リーグ。 J1から数えると実質6部に相当する。 そこでは18勝無敗、驚異的な得失点差127という成績で、東北1部リーグへの昇格を決めた。 だからこそ、彼らが本気になるゲームは、格上のチームと対戦できる練習試合にある。 この日の相手、アルビレックス新潟は遥か上のランク、J2で戦う強豪。 勝負の行方に、練習試合としては異例ともいえる1300人の観客が集まった。 アップを終えた選手たちを見て、目を見張った。 上半身にまとった筋肉。 まるでラガーマンのように鍛えられた肉体。 この、サッカーの常識を覆すようなカラダに、いわきFCの強さの秘密がある。 試合が始まると、その肉体がより一層の輝きを見せる。 ボールを奪えばすぐに前を向き、相手の強烈なスライディングにも倒れない。 そして、トップスピードに乗れば、いともたやすく相手を抜き去る。 この日も格上相手に2ゴールを奪う圧勝劇だった。 強さの秘密はこんなデータにも表れている。 それは試合中に倒された数。 相手に倒された数、新潟が22に対し、いわきはおよそ半分の12。 90分間、止まらない。 倒れない。 ここに、いわきFCが起こさんとする革命の意味が凝縮されている。 圧倒的なフィジカルを生み出すいわきFCの練習は、ほぼ決まって室内から始まる。 練習の6割以上が筋力トレーニングで徹底的に体を苛め抜いていく。 中でも特に重視しているのが、片手や片足でのトレーニング。 片側に負荷をかけた状態が、バランスや身体コントロールの向上につながっていく。 みっちり体を苛め抜いた選手たちは、ここでようやく外に出る。 しかし、ボールを使った練習は30分だけ。 一本もシュートを打たない日もあるという。 さらに、この身体づくりには、もう一つ秘密がある。 いわきFCは選手それぞれの遺伝子を検査し、それに合わせた筋トレを行っている。 遺伝子のタイプは大きく分けて3つ。 パワーを出すのが得意な型と、持久力に力を発揮する型、そして、その中間のタイプだ。 パワー型は重い負荷で回数を少なく、逆に持久型は軽い負荷で回数を多くする。 こうすることで、最も効率的に能力をUPさせることができるという。 だから、チームに入ってわずか半年でこれだけ肉体が変化する。 科学に基づいたトレーニングが、選手の身体を大きく強く育て上げるのだ。 日本サッカーのフィジカルに革命を起こさんとする いわきFC。 このチームを作り上げたのが球団社長・ 大倉智。 かつて低迷していた 湘南ベルマーレ の代表を務めJ1昇格の立役者となった男だ。 大倉は元Jリーガー。 柏レイソルがJリーグに昇格した年にプロとしてのキャリアをスタートさせた。 しかしその後、Jリーグは衰退。 満員だった観客は少しずつ離れていった。 「頑張っているのに、なぜ?」大倉に大きな疑問が生まれた。 その後、3チームを渡り歩き、将来を意識しだした29歳の時、一枚の新聞記事が運命を変えた。 知識もコネも、何もないまま飛び込んだ スペイン。 そこで見たのがサッカーの原点だった。 スペインから戻った大倉は、 セレッソ大阪 の強化部長を経て、湘南ベルマーレの代表に就任。 彼が掲げた積極的なサッカーは「湘南スタイル」と呼ばれ、チームの代名詞となった。 しかし3年前、その地位を捨てていわきFCに身を移した。 周囲からは驚きをもって「都落ち」とも揶揄された。 だが、大倉は言う。 「ゼロからだからこそ意味がある」あのスペインで見たような感動を与えられるチームを大倉は今も追い求めている。 10月、いわきFCは大きな戦いに挑んでいた。 全国社会人サッカー選手権。 それぞれの地区に分かれた社会人リーグのNo. 1を決める戦い。 初戦を順調に勝ち上がった、いわきFC、2回戦の相手は、沖縄SV。 元日本代表・ 高原直泰 (たかはらなおひろ)が、選手兼任監督を務める強豪。 試合は辛くもPK戦でいわきFCの勝利。 一方、敗れた沖縄SV・高原、いわきFCの印象を問われると、気になることを口にした。 「フィジカルだけでは勝てない」高原の言葉は、すぐに現実のものとなった。 準決勝の相手、四国代表の松江シティはいわきFCとぶつかり合うことを避け、パスを回していく。 すると相手の戦術に自慢のフィジカルが影を潜め何もさせてもらえず敗戦。 いわきFCのフィジカル革命に立ちはだかった壁。 この現実を跳ね返し、次のステージに上がるためにチームが出した答えは・・・ 「魂の息吹くフットボールをより突き詰める」 相手がパスを回すなら、そのパスに追い付くくらい走ればいい。 さらなるフィジカルとスピードを求めて男たちは再び動き始めた。 大地に根を張り倒れない雑草軍団。 いわきFCのサッカー革命はまだまだ続く。

次の

いわきFCパークの挑戦!アンダーアーマー全面支援の超豪華クラブハウス施設紹介!

いわき fc ツイッター

いわきFCは5日、チリ人FWバスケス・バイロンが、プリメーラ・ディビシオン(チリ1部)の複数クラブからのオファーに対する諸手続きのため、6日からチリへと渡航することを発表した。 同日、クラブ公式サイトを通じて伝えた。 バイロンは2000年5月16日生まれの現在19歳。 チリ出身でチリ国籍だが、小学校3年生の時に両親の仕事で来日し、2016年に強豪校の青森山田高校へと進学した。 昨年の第97回全国高校サッカー選手権大会では主力として活躍し、同校を2年ぶりの優勝に貢献した。 しかし、チリ国籍の同選手がJクラブに入団するには外国人枠の関係でハードルが高かったため、「海外進出、チリ代表」という自身の夢を叶える最初のステップとしていわきFCへと加入した。 バイロンは今季、東北社会人サッカーリーグ1部で10試合に出場し、5得点3アシストをマーク。 チームは無敗優勝を果たし、全国地域サッカーチャンピオンズリーグも優勝。 来季の日本フットボールリーグ(JFL)昇格を確実にした。 オファーを受けた背景を説明し、クラブへの感謝を綴った。 「自分の目標や夢の為に、自分で道を切り拓きます。 僕を理解してくれたいわきFCに感謝します。 チリに気を付けて行ってきます。

次の

いわきFCパーク 2018「秋のパークグルメ」がスタート!

いわき fc ツイッター

そこに秘められたドラマを、あなたは、まだ知らない。 「革命」は思いもよらぬ場所から始まるもの。 3年前、福島県・いわき市に突如として現れた巨大な建物。 中にはスポーツウェアのショップにレストランまで。 その建物を抜けると現れるのは整備されたグラウンド。 アマチュアチームとしては異例の環境。 ここが、日本サッカーに革命を起こさんとする、いわきFCの本拠地。 昨シーズン彼らが戦ったのは、東北2部リーグ。 J1から数えると実質6部に相当する。 そこでは18勝無敗、驚異的な得失点差127という成績で、東北1部リーグへの昇格を決めた。 だからこそ、彼らが本気になるゲームは、格上のチームと対戦できる練習試合にある。 この日の相手、アルビレックス新潟は遥か上のランク、J2で戦う強豪。 勝負の行方に、練習試合としては異例ともいえる1300人の観客が集まった。 アップを終えた選手たちを見て、目を見張った。 上半身にまとった筋肉。 まるでラガーマンのように鍛えられた肉体。 この、サッカーの常識を覆すようなカラダに、いわきFCの強さの秘密がある。 試合が始まると、その肉体がより一層の輝きを見せる。 ボールを奪えばすぐに前を向き、相手の強烈なスライディングにも倒れない。 そして、トップスピードに乗れば、いともたやすく相手を抜き去る。 この日も格上相手に2ゴールを奪う圧勝劇だった。 強さの秘密はこんなデータにも表れている。 それは試合中に倒された数。 相手に倒された数、新潟が22に対し、いわきはおよそ半分の12。 90分間、止まらない。 倒れない。 ここに、いわきFCが起こさんとする革命の意味が凝縮されている。 圧倒的なフィジカルを生み出すいわきFCの練習は、ほぼ決まって室内から始まる。 練習の6割以上が筋力トレーニングで徹底的に体を苛め抜いていく。 中でも特に重視しているのが、片手や片足でのトレーニング。 片側に負荷をかけた状態が、バランスや身体コントロールの向上につながっていく。 みっちり体を苛め抜いた選手たちは、ここでようやく外に出る。 しかし、ボールを使った練習は30分だけ。 一本もシュートを打たない日もあるという。 さらに、この身体づくりには、もう一つ秘密がある。 いわきFCは選手それぞれの遺伝子を検査し、それに合わせた筋トレを行っている。 遺伝子のタイプは大きく分けて3つ。 パワーを出すのが得意な型と、持久力に力を発揮する型、そして、その中間のタイプだ。 パワー型は重い負荷で回数を少なく、逆に持久型は軽い負荷で回数を多くする。 こうすることで、最も効率的に能力をUPさせることができるという。 だから、チームに入ってわずか半年でこれだけ肉体が変化する。 科学に基づいたトレーニングが、選手の身体を大きく強く育て上げるのだ。 日本サッカーのフィジカルに革命を起こさんとする いわきFC。 このチームを作り上げたのが球団社長・ 大倉智。 かつて低迷していた 湘南ベルマーレ の代表を務めJ1昇格の立役者となった男だ。 大倉は元Jリーガー。 柏レイソルがJリーグに昇格した年にプロとしてのキャリアをスタートさせた。 しかしその後、Jリーグは衰退。 満員だった観客は少しずつ離れていった。 「頑張っているのに、なぜ?」大倉に大きな疑問が生まれた。 その後、3チームを渡り歩き、将来を意識しだした29歳の時、一枚の新聞記事が運命を変えた。 知識もコネも、何もないまま飛び込んだ スペイン。 そこで見たのがサッカーの原点だった。 スペインから戻った大倉は、 セレッソ大阪 の強化部長を経て、湘南ベルマーレの代表に就任。 彼が掲げた積極的なサッカーは「湘南スタイル」と呼ばれ、チームの代名詞となった。 しかし3年前、その地位を捨てていわきFCに身を移した。 周囲からは驚きをもって「都落ち」とも揶揄された。 だが、大倉は言う。 「ゼロからだからこそ意味がある」あのスペインで見たような感動を与えられるチームを大倉は今も追い求めている。 10月、いわきFCは大きな戦いに挑んでいた。 全国社会人サッカー選手権。 それぞれの地区に分かれた社会人リーグのNo. 1を決める戦い。 初戦を順調に勝ち上がった、いわきFC、2回戦の相手は、沖縄SV。 元日本代表・ 高原直泰 (たかはらなおひろ)が、選手兼任監督を務める強豪。 試合は辛くもPK戦でいわきFCの勝利。 一方、敗れた沖縄SV・高原、いわきFCの印象を問われると、気になることを口にした。 「フィジカルだけでは勝てない」高原の言葉は、すぐに現実のものとなった。 準決勝の相手、四国代表の松江シティはいわきFCとぶつかり合うことを避け、パスを回していく。 すると相手の戦術に自慢のフィジカルが影を潜め何もさせてもらえず敗戦。 いわきFCのフィジカル革命に立ちはだかった壁。 この現実を跳ね返し、次のステージに上がるためにチームが出した答えは・・・ 「魂の息吹くフットボールをより突き詰める」 相手がパスを回すなら、そのパスに追い付くくらい走ればいい。 さらなるフィジカルとスピードを求めて男たちは再び動き始めた。 大地に根を張り倒れない雑草軍団。 いわきFCのサッカー革命はまだまだ続く。

次の