ポケモン剣盾 育成論 徹底攻略。 【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン剣盾 育成論 徹底攻略

タイプ:はがね・ひこう 種族値:65-80-140-40-70-70 特性:するどいめ・がんじょう・くだけるよろい(夢) 考察 どちらもタイプが同じで、 弱点が少なく半減できるタイプが多いため優秀なタイプと言えます。 種族値はアーマーガアの方が合計種族値が多いうえ、HPが高いので耐久力があるように見えます。 しかし、 素早さはエアームドの方が若干速いです。 特性に関してはアーマーガアの「ミラーアーマー」は皆さんご存じの通り、ダイマックス環境との相性がいいです。 エアームドは、守りの「がんじょう」と攻めの「くだけるよろい」と、 型が180度変わるような特性を持っていて、読み間違えると結構厳しい戦いを強いられそうです。 最大物理耐久指数: 36292(HB特化) 最大特殊耐久指数:20984(HD特化) 最大総合耐久指数:51994 共に物理に特化した場合に総合耐久指数が最大となります。 こうしてみると、アーマーガアの方が総合的に耐久が高いので使い勝手は良さそうです。 しかし、物理耐久に関していえばエアームドの方が少しだけ高いです。 では、 エアームドの方が物理受けとして使うには優秀なのかというと、それは違います。 確かにエアームドの方が数値は高いですが、アーマーガアとあまり差がありません。 つまり、 耐久指数だけで見れば、 アーマーガアの方が優秀 と言えるでしょう。 覚える技の比較 では、エアームドに存在価値はないのか。 その真相を探るべく次はそれぞれの覚える技を比較してみましょう。 共通で覚える技• ほえる• ふきとばし• ステルスロック• がんせきふうじ• つるぎのまい• のろい• 「ステルスロック」があるだけで価値がありますし、 さらに「ふきとばし」などの強制交代技を使えるので、相手に積みを許さないうえステロとの相性も最高です。 また、 「つるぎのまい」でアタッカー運用もできます。 剣盾では、「ダイジェット」が非常に強力なので、それをタイプ一致で打てるエアームドはアタッカーにもぴったりです。 まとめ ここまで、アーマーガアとエアームドを比較してきました。 種族値だけで見るとアーマーガアの方が優秀そうに見えます。 しかし、覚える技を見てみると、 エアームドはアーマーガアにはできない戦い方ができそうです。 その点でみれば、 アーマーガアとエアームドは十分差別化できていると言っていいと思います。 個人的にはエアームドは、起点作成の重鎮であるカバルドンに強いので、かなり使われそうです。 では、今回はこの辺で。 鎧の孤島でお会いしましょう!.

次の

【ポケモン剣盾】カマスジョーの育成論と弱点・対策まとめ【すいすい物理アタッカー型】

ポケモン剣盾 育成論 徹底攻略

2019年11月15日にポケモンシリーズ第8世代の完全新作『ポケットモンスターソード・シールド』がNintendo Switchで発売。 今作の冒険の舞台はイギリスがモデルのガラル地方。 田園風景、近代的な都市、雄大な草原、険しい雪山などが存在する。 ガラル地方にはポケモンジムとジムリーダーが登場。 主人公はガラル地方を冒険しながらジムめぐりをしてチャンピオンを目指す。 最初の3匹のポケモンは、くさタイプの「サルノリ」、ほのおタイプの「ヒバニー」、みずタイプの「メッソン」。 パッケージを飾る伝説ポケモンはソード版の「ザシアン」とシールド版の「ザマゼンタ」。 その他にも多くの新ポケモンが登場し、新たなリージョンフォーム「ガラルのすがた」として再登場するポケモンもいる。 バトルの新要素としてポケモンが巨大化する現象「ダイマックス」が登場。 能力が強化され、強力な「ダイマックスはわざ」を使える。 4人のトレーナーと協力して野生のダイマックスポケモンと戦う「マックスレイドバトル」が登場。

次の

【ポケモン剣盾】カマスジョーの育成論と弱点・対策まとめ【すいすい物理アタッカー型】

ポケモン剣盾 育成論 徹底攻略

5倍 0. 25倍 なし 無効 なし 解説 自分の特攻・特防・素早さを一度に上昇させる「ちょうのまい」を使用でき、夢特性の「こおりのりんぷん」によって特殊攻撃を無条件で半減できるので、特殊アタッカー相手には素で積む事も可能な積みアタッカーです。 攻撃も技も威力命中共に安定したものが揃っていますが、鋼タイプで止まりやすい技範囲であるという特徴もあるため、パーティの構築によって扱いやすさがや爆発力が大きく左右されるポケモンです。 特殊防御に特化し、特殊受けとして使用する事もできます。 素の特攻が高い事もあり攻撃性能が大きく上昇する他、特性の「こおりのりんぷん」の特殊技半減と併せて特殊アタッカーには無類の強さを誇ります。 ほとんどの場合確定となる技です。 「ちょうのまい」を使用した後であれば大きなダメージを見込めます。 素の特攻が高いので、積まずに使用してもダメージに期待が出来ます。 天気が「あられ」だと必ず命中する。 天候があられ状態の場合は必中となるので、先にダイアイスとして使用し、あられを降らせてから使用すると非常に強力な技として扱えます。 相手がわざ「みがわり」を使っていても攻撃が当たる 解説 同じくタイプ一致の命中威力安定したメイウエポン候補です。 範囲は「れいとうビーム」と大きく変わらないので選択となりそうです。 「ふぶき」を採用する場合は、命中安定のメインウエポンとしての採用が見込めます。 くさ 特殊 威力 75 命中 100 PP 10 効果 相手に与えたダメージの半分の量だけ回復する 解説 「ちょうのまい」を使用した後であれば回復ソースとしても使用出来るサブウエポン候補です。 氷技、虫技と併せても範囲が大きく広がるわけではないのでどのように使用したいかで採用の可否が決まる技です。 威力も高くなく命中不安ですが追加効果が優秀で、ワンチャンスを握り続ける事が出来ます。 特攻、素早さに努力値を大きく割けるようになるのでアタッカーとしての性能も上がります。 効果 持たせると「こうかばつぐん」になる、ほのおタイプ技のダメージを半減する 解説 炎技を抜群で受けた際に半減できる木の実です。 耐久に努力値を割くと4倍の特殊炎技も安定して耐えられるようになります。 効果 持たせると攻撃するたびにHPが減るが、技の威力が1. 3倍になる 解説 積んだ後の突破力を更に増加させます。 場合によっては不利タイプも強引に突破できる程の火力になるので、他のポケモンでサポートをするのであれば有用な持ち物候補です。 ご指摘ありがとうございました。

次の