新宿 伊勢丹 コロナ。 新型コロナウイルスへの対応・店舗営業条件に関するお知らせ

新型コロナウイルスへの対応・店舗営業条件に関するお知らせ

新宿 伊勢丹 コロナ

新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒を呼び掛ける東京アラートが発動してから一夜明けた3日、夜の街クラスターへの警戒が広がった。 特に新宿・歌舞伎町での陽性者が目立ち、第1波の前兆と傾向が重なる。 この日の都の感染者は12人。 27日からの累計126人のうち夜の街関連は35人で約3割を占めた。 若者が20人以上参加して行われた誕生日パーティーでもクラスターが発生している。 ホストクラブやキャバクラなど接待を伴う飲食店に対して、都は休業要請を崩していない。 だが、歌舞伎町商店街振興組合によると、歌舞伎町ではそもそも風俗営業の許可を取っていない闇営業の店も多く「正直者がバカを見る。 そういう街だ」と吐き捨てる。 実態を知る関係者は「国や都の要請に応じない上、そういう店に限って対策もほとんどしていない」とため息をつく。 中には「コロナなんて気のせいだ」と感染防止の意識が欠如したホストクラブ経営者もいたという。 また、対策をしている店でも、女性客から「マスクを外してほしい」と要求されて、対策が甘くなるケースもある。 派遣型風俗店からも感染者が出ているとの情報も浮上。 「性的サービスは元々3密空間で濃厚接触だし、マスクを外して行われることが大半。 感染リスクは極めて高い」と指摘した。 マスク着用の徹底やチェンジなしなどウィズコロナ社会のガイドラインを策定した日本水商売協会の甲賀香織代表理事は「歌舞伎町は一生懸命対策している店とほとんど何もやっていない店の温度差が激しい。 優良店を区別できるようにしていきたい」と話した。 3月後半には歌舞伎町で感染者が急増し、4月上旬には連日200人前後が確認されるなどピークを迎えた。 3月26日にはプロ野球・阪神の藤浪晋太郎投手(26)ら3選手が女性を交えた会食での感染を公表しており、偶然にも3日には巨人が坂本勇人内野手(31)ら2選手の陽性を公表。 第2波が懸念される中、人気プロ野球選手の感染公表は世間に向けて改めて注意喚起する結果になった。

次の

新宿エリアの各百貨店、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休業&営業時間変更を実施

新宿 伊勢丹 コロナ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛経済で、大打撃を受けた百貨店業界。 首都圏の基幹店に資源を集中、業績の立て直しを進めてきた老舗百貨店の三越伊勢丹ホールディングス(HD)では、デジタル戦略の加速と同時に、コロナ収束後のリアル店舗はコト消費を楽しむ「時間消費型」を目指す。 「三密」を避ける新しい生活様式が求められる中、アフターコロナの百貨店は何を目指すのか。 「店舗は単なる物販では(客が)集められなくなっている。 自らが足を運ぶことによって楽しいと感じる時間消費型が急ピッチで進むと考えている」 緊急事態宣言が発令中の5月11日。 令和2年3月期決算の発表を電話会見で行った三越伊勢丹HDの杉江俊彦社長は、新型コロナ収束後の店舗の役割について、こう述べた。 三越伊勢丹HDは4年前から地方店の閉鎖を本格化させ、事業の選択と集中を進める構造改革を断行。 2年3月期の最終損益の黒字を目指したが結果は赤字となり、3年3月期の業績見通しの公表は見送った。 昨年度から3カ年の中期経営計画では、新型コロナの影響を受けてデジタル戦略を加速。 電子商取引(EC)については、取り扱い商品の種類を現状の1.5倍増となる15万種類へ引き上げるなど、EC単体の強化を急ぐ。 デジタル戦略を加速させた分、改装などの店舗計画は一部凍結する。 そうした中での杉江氏の発言は、百貨店業界全体の問題意識の現れといえる。

次の

ベイユヴェール 新宿 伊勢丹店 (beillevaire)

新宿 伊勢丹 コロナ

新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛経済で、大打撃を受けた百貨店業界。 首都圏の基幹店に資源を集中、業績の立て直しを進めてきた老舗百貨店の三越伊勢丹ホールディングス(HD)では、デジタル戦略の加速と同時に、コロナ収束後のリアル店舗はコト消費を楽しむ「時間消費型」を目指す。 「三密」を避ける新しい生活様式が求められる中、アフターコロナの百貨店は何を目指すのか。 「店舗は単なる物販では(客が)集められなくなっている。 自らが足を運ぶことによって楽しいと感じる時間消費型が急ピッチで進むと考えている」 緊急事態宣言が発令中の5月11日。 令和2年3月期決算の発表を電話会見で行った三越伊勢丹HDの杉江俊彦社長は、新型コロナ収束後の店舗の役割について、こう述べた。 三越伊勢丹HDは4年前から地方店の閉鎖を本格化させ、事業の選択と集中を進める構造改革を断行。 2年3月期の最終損益の黒字を目指したが結果は赤字となり、3年3月期の業績見通しの公表は見送った。 昨年度から3カ年の中期経営計画では、新型コロナの影響を受けてデジタル戦略を加速。 電子商取引(EC)については、取り扱い商品の種類を現状の1.5倍増となる15万種類へ引き上げるなど、EC単体の強化を急ぐ。 デジタル戦略を加速させた分、改装などの店舗計画は一部凍結する。 そうした中での杉江氏の発言は、百貨店業界全体の問題意識の現れといえる。

次の