韓国 は てき かみ か たか。 タカハマチャンネル|花まる学習会

【有本香の以読制毒】「韓国は敵なのか」と叫ぶ“知識人”の皆さんへ もはや朝日が笛吹けど国民踊らず、政権への影響はゼロ (1/2ページ)

韓国 は てき かみ か たか

韓国 かんこくの「 防弾少年団 ぼうだんしょうねんだん」は 世界 せかいで 人気 にんきの 男性 だんせいの アイドル グループです。 アメリカの 音楽 おんがくの ランキングで1 番 ばんになったこともあります。 この グループの 1人 ひとりが、 原爆 げんばくが 落 おとされたときにできた「きのこ 雲 ぐも」がかいてある Tシャツを 着 きていました。 このため、 グループは 先週 せんしゅう 出 でる 予定 よていだった 日本 にっぽんのテレビ 番組 ばんぐみに 出 でませんでした。 この グループの 会社 かいしゃは13 日 にち、インターネットに「 原爆 げんばくの 被害 ひがいに あった 人 ひとたちを 傷 きずつける 気持 きもちは 全然 ぜんぜんありませんでした。 心 こころから 謝 あやまります」と 書 かきました。 会社 かいしゃは、 グループがドイツの ナチスの マークがかいてある 帽子 ぼうしをかぶっていたことについても、ユダヤ 系 けいの 人 ひとの 団体 だんたいに 手紙 てがみを 送 おくって 謝 あやまったと 言 いっています。 アイドル• みんなのあこがれになっている 人 ひと。 人気者 にんきもの。 原子爆弾• 原子核分裂 げんしかくぶんれつによって 起 おこる、ものすごい 力 ちからと 高 たかい 熱 ねつを 利用 りようした 爆弾 ばくだん。 一度 いちどに 多 おおくの 人 ひとを 殺 ころす。 原爆 げんばく。 Tシャツ• 広 ひろげた 形 かたちが T ティーの 字 じに 似 にた、 丸首 まるくびのシャツ。 世 よの 中 なかの 人 ひとたちのよい 評判 ひょうばん。 グループ• 仲間 なかま。 集団 しゅうだん。 ランキング• 成績 せいせきなどの 順位 じゅんい。 等級 とうきゅう。 損害 そんがいを 受 うけること。 また、 受 うけた 害 がい。 ( 思 おもいがけないものごとに)たまたま 出 であう。 傷つける• ( 相手 あいてに)けがをさせる。 ( 物 ものに) 傷 きずをつける。 人 ひとのめいよや、 気持 きもちに 傷 きずをつける。 ナチス• 第一次世界大戦後 だいいちじせかいたいせんごにドイツでできた 政党 せいとう。 党首 とうしゅヒトラーの 独裁 どくさいのもと、 第二次世界大戦 だいにじせかいたいせんを 引 ひき 起 おこしたが、 連合国 れんごうこくに 負 まけた。 マーク• しるし。 記号 きごう。 また、しるしをつけること。 特 とくに 目 めをつけて 注意 ちゅういすること。 記録 きろくを 作 つくること。 つながり。 つながりになったもののひとまとまり。 血筋 ちすじ。 大勢 おおぜいの 人 ひとの 集 あつまり。 同 おなじ 目的 もくてきを 持 もった 人々 ひとびとの 集 あつまり。

次の

タカミムスビ

韓国 は てき かみ か たか

韓国が慌てふためいている。 政治家たちは無策なまま、口では依然強気なことを言っているが、韓国国民は、例によって日章旗を破ったり、日本の放送局を襲撃したりと大暴れ。 「日本製品不買」では足らず、ついに「NO安倍」のろうそくデモまで始めた。 大暴れのワケは、日本政府が、貿易上の優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外する閣議決定が目前に迫ったことにある(2日の予定)。 一方の日本側は、政府も国民も冷静そのものだ。 国民の9割が、今般の政府の「韓国除外」の方針を支持しているが、韓国の大騒ぎを見ても、韓国の旗を焼く者は出ない。 7月31日午後の時点で、世耕弘成経産相は記者の質問に対し、「引き続き粛々と手続きを進めていく」と述べ、除外の方針に変わりがない旨を強調している。 ここへ来て、マイク・ポンペオ米国務長官が「仲介案」を日韓外相に提示する意向と報じられたが、それとて、米国の「本気」の引き留めだとの見方は永田町にない。 仮に、「ホワイト国」除外の閣議決定を少し遅らせたところで、7月から実施している3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)の対韓輸出審査の厳正化はそのままである。 改めて復習すると、日本が、安全保障上の友好国で、かつ物資の厳正管理が可能な国と認め、「ホワイト国」としているのはわずか27カ国。 同盟国の米国のほかに、カナダ、EU諸国、豪州、ニュージーランドといった先進国が並ぶなか、アジアで唯一、「ホワイト国」としてきたのが韓国だ。 米軍基地があり、国民所得も教育水準もアジアで1、2を争うシンガポールでさえ、この優遇措置の対象国でない。 このこと1つをとっても、日本が、韓国をいかに特別な存在として大事にしてきたかが分かる。 しかし、その依怙贔屓(えこひいき)も、もはやこれまでだ。

次の

バルク書 第五章

韓国 は てき かみ か たか

あおもり• あかお• あじむまちいたば• あじむまちいまい• あじむまちうけのくち• あじむまちうちがわの• あじむまちうつとくばる• あじむまちおおみお• あじむまちおしきだ• あじむまちおだて• あじむまちかつお• あじむまちかみいち• あじむまちかみうちがわの• あじむまちかやごもり• あじむまちかわさき• あじむまちかわそこ• あじむまちきのも• あじむまちくいだ• あじむまちくちのつぼ• あじむまちくま• あじむまちごろうまる• あじむまちさかいのつぼ• あじむまちささがひら• あじむまちさだ• あじむまちしもうちがわの• あじむまちしもげ• あじむまちしょう• あじむまちしょうかくじ• あじむまちしんがい• あじむまちそうず• あじむまちそべ• あじむまちたたみいし• あじむまちたのくち• あじむまちだい• あじむまちだいぶつ• あじむまちつじ• あじむまちつねまつ• あじむまちつまがけ• あじむまちとうのお• あじむまちとかた• あじむまちとりごえ• あじむまちなかやま• あじむまちならもと• あじむまちにいばる• あじむまちにしのと• あじむまちのやま• あじむまちはる• あじむまちはんだ• あじむまちひがしえら• あじむまちひがししいや• あじむまちひらがくら• あじむまちひらやま• あじむまちひろたに• あじむまちひろつれ• あじむまちふきの• あじむまちふないた• あじむまちふるいち• あじむまちふるかわ• あじむまちほとぎ• あじむまちぼうがはた• あじむまちまつもと• あじむまちみずくるま• あじむまちみなみはた• あじむまちもと• あじむまちもり• あじむまちやざき• あじむまちやづ• あじむまちやはた• あじむまちやまぞう• あじむまちやまのくち• あじむまちりゅうおう• あじむまちろくろうまる• あじむまちわかばやし• あそう• あらき• いしだ• いでみつ• いまなり• いまに• いわさき• いわほしんでん• いんないまちおおしげみ• いんないまちおおそい• いんないまちおおつぼ• いんないまちおか• いんないまちおき• いんないまちおぎさこ• いんないまちおさか• いんないまちおちかくら• いんないまちおのがわち• いんないまちかげひら• いんないまちかみあまり• いんないまちかみえら• いんないまちかみのうじ• いんないまちかみふなぎ• いんないまちきたやま• いんないまちくしの• いんないまちくばち• いんないまちくりやま• いんないまちこいね• いんないまちこうした• いんないまちこびら• いんないまちごみょう• いんないまちさいとう• いんないまちしもあまり• いんないまちしもえら• いんないまちしもふなぎ• いんないまちしんどう• いんないまちじょうべっとう• いんないまちそい• いんないまちたかなみ• いんないまちたきさだ• いんないまちたどころ• いんないまちたびら• いんないまちだい• いんないまちだいもん• いんないまちつきのまた• いんないまちつちいわや• いんないまちにししいや• いんないまちぬくみ• いんないまちのじ• いんないまちはばれ• いんないまちはるぐち• いんないまちひのたけ• いんないまちひらばる• いんないまちひろせ• いんないまちふつかいち• いんないまちみくつ• いんないまちみやはる• いんないまちやましろ• いんないまちわだ• うえだ• えぐま• えすか• おおつか• おおねがわ• おきすまち• おとめしんでん• おながい.

次の