初盆 お供え の し。 神道の初盆のお供え献花は何がいい?のしの表書きは?提灯はいるの?祭壇の飾り方

新盆・初盆とは?お供え・金額・服装などをQ&Aで解説 [初盆・お盆の過ごし方] All About

初盆 お供え の し

お盆は、故人様や先祖の霊が一年に一度自宅に帰ってくるといわれており、お供え物や提灯でお迎えして供養をする期間のことです。 その中でも、故人様が亡くなられてから初めて迎えるお盆を「初盆」と呼び、僧侶や親族・故人と親しかった人などを招いて特に手厚く供養するしきたりがあります。 地域によっては、「初盆 はつぼん・ういぼん 新盆 にいぼん・あらぼん・しんぼん などと呼ばれる事があります。 「初盆のお供え」は、初盆法要に招かれた側がご供養の気持ちを表して持参するお香典やお供え物のことです。 お供えの方法は3パターンあり、「御仏前 現金 をお渡しする」または、「御仏前をお包みする代わりに品物をお供えする」または、「お香典と品物の両方を用意する」のいずれかになります。 行われる地域によって異なりますので慣例にならうとよろしいかと思います。 お供え物は、法要日やお盆の期間に持参をするのが一般的で、出席できない場合は郵送をします。 初盆・初盆のお供えの時期は、ほぼ全国的には8月13日~16日のお盆の時期が一般的ですが、関東 東京・神奈川 や北海道・沖縄の一部の地域では今も旧暦のまま7月13日~16日に行われる場合もあります。 地域によって異なりますので事前に確認をしておきます。 直接訪問する場合には、必ず予め連絡を入れておきましょう。 」と一言添えて渡しします。 当日は喪服を着るのが一般的ですが、暑い時期なので地味な服装を着用する場合も多いようです。 なお、49日の忌明け法要の前にお盆を迎える場合、初盆は翌年に持ち越しになります。 お盆前に忌明け法要が済んでいるのであれば、その年に初盆を行うと考えて大丈夫です。 初盆の法要の案内状をいただいたけれど、遠方やスケジュールの関係でやむを得ず法要に出席できない場合は、法要の前日までにご自宅または会場に郵送するようにします。 タイミング的には、初盆法要の一週間前から前日までに届くように手配するのが一般的です。 ただし、ただでさえバタバタしているお盆の時期ですので、もし近しい間柄でしたら、送付のタイミングや場所などを事前にご遺族に相談しておいてもよろしいかと思います。 ご自宅ではなく法要会場に送る場合は、お花など品物によっては断られることもございますのでそちらも確認しておくとよいでしょう。 初盆の時期にお供えするお花・ お供え花・ご供花 は、白を基調とした淡い色の華でまとめたシンプルなご供花をお贈りすることが一般的です。 ただし、地域によっては黄色や紫など色とりどりのものをお供えする場合もありますので、その土地のお花屋さんに相談されてみるのがよろしいかと思います。 花束のタイプは、ご仏壇や墓前にお供えする際に分けて飾ることができます。 鉢植えタイプのアレンジメントフラワーはお仏壇にすぐに飾っていただくことができます。 代わりに「御提灯代」を包むこともあります。 初盆の時期は、地域によっては故人様と近しい親族から盆提灯を贈るならわしがございます。 故人の霊が迷わずに来ることができるようにとの目印となる提灯は、初盆では「白提灯」を用意するのが一般的です。 翌年からは絵柄入りや色つきの提灯になります。 「白提灯」は初盆に限ります。 また最近では、住宅によってはスペースの問題で提灯を飾らないこともあり、提灯の代わりに不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包むことも増えてきています。 」 とご連絡ください。 担当に代わります。 FAX: 042-701-3847 24時間受付中注文用紙は WEB:商品ページからご購入できます。 (詳しいお買い物の流れはをご参照ください。 ) MAIL:メールアドレス ・配送料: 個々にかかります。 ・代金引換手数料: 5,500円以上のご注文の場合は 手数料無料。 5,500円未満は330円。 ・銀行振込手数料:お客様負担にてお願いいたします。 ・消費税: 全て税込み表示です。 発送はご注文確認後、順次行っております。 (混雑時は少々お時間がかかる場合がございます。 インターネットご注文の場合 電話・FAXご注文の場合 未開封の商品に限り商品到着後7日間にご連絡ください。 お客様のご都合による返品の場合、返送料はお客様のご負担とさせていただいております。 万が一製品に不備がある場合は、良品との返品交換、または品物代金をご返金させていただきます。 ネットでのご注文は24時間受け付けております。 お電話でのご注文・お問合せは下記の時間帯にお願いします。 10:00~18:00(土・日・祝も営業中) 配達料金は地域によって異なります。 複数宛先の個別配送も お任せ下さい! 香典返しの個別配送も 1か所につき送り先100件まで お買い物画面で簡単にご指定いただけます。 その他にも、住所リストを直接送りたい方は ・エクセルのメール添付 ・FAX など、様々な方法で簡単にご注文いただけます。

次の

初盆のお供え物って何?お供え物の選び方と相場

初盆 お供え の し

クリックして好きな場所へ移動• 何でも地獄の釜とは、地獄で罪人を煮る為の釜なのだそうです。 そして、その怖~い釜の蓋が開くのが お盆の8月16日で、 その日は開いた釜の中から罪人達が子孫の家へ 帰り、一時の帰省を楽しむ日とされ、 「 地獄の釜の蓋が開く」という言葉の意味は、 その日は鬼でさえお休みするから 人間も仕事はせずに休みをとりましょう という使われ方をするのです が、 これらの話は神道から来るものであって、 仏教の教えにはそぐわない話です。 神道では「霊」を肯定しますが、 仏教は「霊」を否定します。 浄土真宗はナスやキュウリで動物を作らない 出典: 本題のなす・きゅうりのお話ですが、 そもそも、この飾りは「精霊馬」と言って、 きゅうり=足の速い馬 なす=足の遅い牛 に見立てて割り箸を足にしてなすやきゅうりに差して作ります。 ご先祖がきゅうりの馬で早く我が家に帰れるように。 お盆が終わったら名残惜しくもなすの牛で お供えを積んでゆっくりあの世へ戻られるように。 という意味があるのだそうです。 しかし、先程も話したように そもそも 浄土真宗は特に「霊」は無いとする宗派 なので、当然ながら先祖の霊もありません。 だから、なすやきゅうりで精霊馬を作って飾ることをしません。 浄土真宗では亡くなった人は極楽浄土にいる じゃあ、浄土真宗ではご先祖様がいないの? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、 浄土真宗では、亡くなった方は 浄土(極楽浄土)という 阿弥陀如来(あみだにょらい)の世界に生まれられます。 浄土真宗では亡くなった方が あの世とこの世を行ったり来たりするのではなく、 極楽浄土という世界は この世まで含んだ世界なので、目には見えなくても、 いつも私たちの側で 仏縁を結ぶはたらきとなっていらっしゃいます。 スポンサーリンク 浄土真宗は迎え火・送り火もしません ここまでお話すると、浄土真宗には 当然 「迎え火や送り火」も必要ない のがお分かりいただけると思います。 迎え火は戻ってくる先祖の霊が迷わない為の目印で、 迎え火は先祖の霊を送りだす為に 「あの世へ戻る日ですよ」と知らせる役割もあるようです。 しかし、浄土真宗の教えには当てはまりません。 迎え火や送り火は 地域の伝統行事として根付いている ということの方が多いのではないでしょうか? 日本のお盆の恒例行事的な要素も強くあり、 宗派関係なく行う場合もあるようです。 ひまわりがあっても大丈夫ですが、 赤い花は七回忌以降のほうが無難です。 お花の用意が不安な方は、お近くの生花店に お盆用のお花をおまかせで作ってもらえるネット注文の方法もあります。 ( 盆提灯に仏教的根拠はありませんので自由な判断でいいと思います。 ) お寺でお盆の法要があるところは、 門徒がお寺に参ったり、 地域によっては、 お寺さん ご院家さん が門徒の家々をまわったりと、 お盆の過ごし方は色々あります。

次の

新盆(初盆)に必要な準備は? 時期やお供え、当日の流れを確認しよう

初盆 お供え の し

新盆をお迎えの方へ 故人が亡くなられてから初めて家に戻られるお盆である「初盆」。 初盆は通常のお盆と異なり、ご遺族の方だけでなく、ご親族や故人と親交のあつかった友人や知人を招いて法要を執り行うことが一般的とされています。 「初盆法要」と言われ、全員で法要に出席し、その後会食を頂きます。 その初盆法要では、出席に伴いお供物を持参もしくは郵送することがあります。 その際のお供えについて、お供え物として相応しい物、お供え物の水引や表書きについて詳しくご紹介していきます。 初盆法要は、通常の盆法要と異なり多くの方がお見えになります。 ぜひ、失礼のないようにしたいものです。 初盆のお供えとは? 初盆の時期にお供えする「お供え物」には二つの意味があります。 一つは初盆の間に仏前にお供えする物のこと、 もう一つは香典の代わりもしくは香典と一緒に訪問者が持参する品物のことになります。 どちらも「お供え物」と言いますが、片方はご遺族側、もう片方は訪問者側にとってのお供え物となり、お供えする物が違ってきます。 今回、こちらでは訪問者としてのお供え物についてご紹介しますので、初盆法要を迎えられ、供養をしたい方のお宅を訪問される際の参考にしてください。 お供え物の 「水引・表書き」 一般的に、初盆法要に出席するもしくは欠席するどちらの場合でも、お供え物を持参することが多くあります。 その際のお供え物の表にかけるのしの水引と表書きについて、こちらで説明しします。 お供え物は故人に対して持参するものですが、受け渡しはご遺族の方となります。 受け取る方に対して失礼のないようにすることは、とても大切なことになります。 初盆のお供えの水引 水引は「結び切り」のものを使います。 色は、一般的に黒白の水引となりますが、関西の一部の地域では黄白の水引となりますので、事前に確認をしておきましょう。 初盆のお供えの表書き お供え物の表書きは、「御供」もしくは「お供物」と書きます。 なお、現金を包む場合は「御供物料」と書きましょう。 ここで気をつけることは、必ず濃い墨で書くということです。 葬儀の場合は故人の死を悼み、悲しみの涙で墨が薄くなることで薄墨となります。 しかし、初盆は故人が家に戻ってこられるため悲しいことではありません。 そのため、濃墨で問題ありません。 初盆のお供えの時期 初盆のお供えの時期は、初盆の期間である7月13日〜16日もしくは8月13日〜16日となります。 初盆とは、故人が家に戻られている期間のことを言い、 この期間以外の日は初盆とは呼びません。 初盆用のお供え物として初盆が始まる前に届いた供物、もしくは初盆の期間中に頂いた供物が初盆用の供物となります。 初盆が終わってから持参した供物は、通常のお供物となりますので気をつけましょう。 初盆供養に招待されていて、事情によって欠席せざるを得なく、後日に持参する場合も通常のお供物となりますが、その場合は、初盆供養に出席できなかったことをお詫びする一言を述べてご遺族の方にお渡しすると良いでしょう。 初盆に適したお供え物 初盆供養に招待され訪問する際、故人との関係にもよりますが、香典の代わりもしくは香典と一緒に、お供え物として品物を持参することがあります。 品物を持参することも供養の一つとなるため、故人に向けて持参します。 持参する物としては、法要が執り行われた後、ご遺族の方で分けやすかったり、使われたりする消費できるものが好まれます。 一般的に、お線香やロウソク、日持ちのするお菓子、清涼飲料水などが多く選ばれています。 なお、親族の場合は提灯を送る慣習がある地域や家もありますので、事前に確認をしておきましょう。 お供え物を選ばれる際に気をつけるポイントとしては、お祝い品として使われりょう品物を選ばないことです。 例えば、鰹節や昆布になります。 購入される際、お店の方に初盆のお供えである旨を伝えることで、選び間違いを避けることができますので、目的を伝えてから購入することをおすすめします。 【合わせて読みたい】 おすすめのお供え物 ご遺族で分けて頂ける物• お菓子(日持ちのするクッキーやお煎餅、落雁• 果物 -飲料 -缶詰の詰め合わせ 仏壇にお供えする消耗品• お線香• ロウソク その他• 供花 一般的に香りの強い花、トゲのある花、傷みやすく日持ちのしない花を避けることをお勧めします。 しかし、故人が生前にとても好きだった花をお供えしてあげたいと思われることもあるかと思います。 また、最近では、故人が好きだったお花をお供えすることは珍しいことではありません。 しかし、多くの方々が集まる場所となりますので、 どうしても故人が好きだった花で一般的には不適切と言われている花をお供えしたい場合は、事前にご遺族の方に相談されることをお勧めします。 初盆のお供え物の金額の相場 初盆のお供え物の金額の相場は、一般的に5,000円〜10,000円となります。 お供え品として、お線香やロウソク、お菓子などを持参しますが、 最近は「供物料」として現金を包むのが一般的になってきています。 親族で盆提灯の代わりに「お提灯代」として現金を包むこともあります。 初盆・新盆のお供え物の飾り方 お供え物を飾るときには、マナーとして仏様がすぐに食べられる状態でお供えします。 故人にとって、折角お供えして頂いても、包装紙がついたままであったり、菓子箱に入ったままだったりしたら、中身が何か分からない上に頂くこともできませんので、注意が必要です。 こちらでポイントをまとめていますので、参考にしてください。 お菓子の場合 お菓子の場合は、包装紙を取り、お菓子箱から中身を数個小皿に入れて、すぐに食べられるようにします。 プリンは羊羹など、箱から取り出した後は個包装のままでお供えして問題ありません。 果物の場合 みかんはそのままお飾りして良いですが、リンゴやなしは皮を剥いて仏様がすぐに食べられるようにしておきます。 ぶどうは、水洗いをした後に小鉢や小皿に盛ってお供えしましょう。 麺類 そうめんなどの乾麺の場合は、必ず茹でておつゆを付けてもしくはおつゆの中に茹でた麺を入れてお供えします。 なお、食べるときに必要なお箸を添えることを忘れないようにしましょう。 お供え物を送る場合 初盆法要の案内状を頂いていて出席できない場合は、案内状に記載されている日時と会場にお供え物を送るよう、事前に手配をされると良いでしょう。 その場合、事前にお供え物を送っても良いかご遺族の方に確認をしてから手配をするようにしましょう。 また、手配をする場合は、遅くとも前日までには届くように手配をすることをお勧めします。 なお、初盆法要後に送る場合は、遅れたことへのお詫びを一言添えて送ると良いでしょう。 まとめ 初盆のお供えについてご紹介してきましたが、初盆は法要を含め、地域性や家のしきたりが大きく影響します。 案内状を頂いた場合は、案内状に記載されていることを確認し、もしお供え物を辞退する等の記載があった場合は、無理にお持ちすることは避けましょう。 もし、どうしてもお供え物をしたい場合は、初盆法要の時ではなく、後日改めて供物をお持ちするようにしてはいかがでしょうか。 故人が亡くなられてから初めて迎える里帰りの期間となりますので、皆さんで揃って故人をお迎えすることが、故人にとっても、ご遺族にとっても嬉しいことになります。 関連記事 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の