内田 樹。 内田樹が語る「兵法の危機対応術」。スポーツとの差、パンデミック対策。

内田樹

内田 樹

内田樹と同じジャンル(学者ほか 専門職 )の人気ツイッター 脳科学者、茂木健一郎さんのtwitter ツイッター です。 茂木健一郎(もぎけんいちろう):1962年10月20日生まれ 出身地:東京都 宇宙飛行士の野口聡一さんのtwitter ツイッター です。 野口聡一(のぐちそういち):1965年4月15日生まれ 出身地:神奈川県 研究者 、大学教員 、博士、メディアアーティストの落合陽一さんのtwitter ツイッター です。 父はジャーナリスト・小説家の落合信彦。 落合陽一(おちあいよういち):1987年9月16日生まれ 出身地:東京都 保育士のてぃ先生のtwitter ツイッター です。 料理愛好家、タレント、シャンソン歌手の平野レミ(ひらのれみ)さんのtwitter ツイッター です。 夫はイラストレーターの和田誠、息子はTRICERATOPSの和田唱。 出身地:東京都 占星術師の石井ゆかり(いしいゆかり)さんのtwitter ツイッター です。 フォーク曲げを得意とするマジシャン、DaiGo(ダイゴ)さんのtwitter ツイッター です。 :1986年11月22日生まれ 政策・メディア学者の池田信夫さんのtwitter ツイッター です。 池田信夫(いけだのぶお):1953年生まれ ソフトブレーン株式会社の創業者でマネージメント・アドバイザーの宋文洲さんのtwitter ツイッター です。 宋文洲(そうぶんしゅう):1963年生まれ 出身地:中国 You Tuberのテオと仁(じん)によるコンビ「スカイピース」のtwitter ツイッター です。 社会学者の古市憲寿さんのtwitter ツイッター です。 古市憲寿(ふるいちのりとし):1985年1月14日生まれ 出身地:東京都 宇宙飛行士の油井亀美也さんのtwitter ツイッター です。 油井亀美也(ゆいきみや):1970年生まれ 出身地:長野県 「ももいろクローバーZ」のマネージャー、川上アキラさんのtwitter ツイッター です。 川上アキラ(かわかみあきら):1974年9月10日生まれ 東京大学大学院情報学環教授でソニーコンピュータサイエンス研究所インタラクションラボラトリー室長の暦本純一さんのtwitter ツイッター です。 暦本純一(れきもとじゅんいち):1961年2月4日生まれ 出身地:東京都 原子物理学者の早野龍五さんのtwitter ツイッター です。 早野龍五(はやのりゅうご):1952年1月3日生まれ 出身地:岐阜県 アイスクリーム評論家のアイスマン福留さんのtwitter ツイッター です。 アイスマン福留(あいすまんふくとめ):1973年4月18日生まれ 出身地:東京都 登山家の栗城史多さんのtwitter ツイッター です。 栗城史多(くりきのぶかず):1982年6月9日生まれ 出身地:北海道 経済学者の高橋洋一さんのtwitter ツイッター です。 高橋洋一(たかはしよういち):1955年9月12日生まれ アルピニスト・登山家の野口健さんのtwitter ツイッター です。 野口健(のぐちけん):1973年8月21日生まれ 出身地:アメリカ・マサチューセッツ 慶應義塾大学教授でユーザインターフェース研究者の増井俊之さんのtwitter ツイッター です。 増井俊之(ますいとしゆき):1959年7月11日生まれ.

次の

政治学者が内田樹「コロナ後の世界」にマジ切れしてるので聞いてくれ: 内田樹が煽る4つのデマ|アイ・アラン|note

内田 樹

スポーツと武道は危機対応術としてどう違うのかについてというお題を頂いた。 武道家の立場から、両者の違いについて一言書きたいと思う。 ただ、以下は私の個人的な知見であって、武道家の一般的見解ではない。 というのは、現代日本で「武道」と呼ばれているものは広義のスポーツに含まれているからである。 そうである限り、「スポーツと武道の違い」というのは「果物とリンゴの違い」と同じく、対比的には論ずることができない。 この二つを対比的に論じるためには「武道はスポーツではない」というところから話を始めないといけない。 そのための迂回をご容赦頂きたい。 敗戦後の1945年、GHQは「超国家主義および軍国主義の鼓吹に利用され、軍事訓練の一部として重んぜられた」との理由により、学校体育での剣道を禁止した。 翌'46年にはひろく社会体育における「武道」という名称の使用そのものが禁じられた。 そのとき、剣道家たちは、苦肉の策として、剣道をフェンシングに似せてスポーツ化した「しない競技」というものを発明した。 「過去の剣道の弊害を除去し、本格的なスポーツとして、競技規則、審判規則をつくり、民主的な運営を図」った新しい競技である。 「しない競技」は1960年代なかば、私が中学生だった時点ではまだ学習指導要領に記載されていた。 私は剣道部員だったので、教科書に載っている「しない競技」というどこにも存在しないスポーツのルールや技法を試験のために暗記しなければならないことをひどく不条理だと思った。 「しない競技」が体育の教科書からいつ消えたのか私は知らない。 たぶん誰も気がつかないうちにこっそりと抹消されたのだろう。 そして、この「こっそり」という副詞が今日における武道概念の曖昧さの起源になった。 武道とスポーツの境界は公的には消滅した。 剣道を学校体育に戻すに際して、文部省は「しない競技」はGHQの眼をくらますための一時の方便であったことを認め、剣道や柔道はスポーツではないと宣言し、加えてアメリカの文化的伝統に対する誤解と禁圧措置にはっきり抗議すべきだったと思う。 しかし、日本政府はそれをしなかった。 そして、武道とスポーツの境界は曖昧にされたまま半世紀が過ぎ、10年ほど前の武道必修化に際して、文科省は、武道は「我が国固有の文化であり、勝敗を競い合う楽しさや喜びを味わうことができる運動です」と宣言してしまった。 武道は「わが国固有の運動」ということになり、武道とスポーツの境界は公的に消滅した。 だから、「武道とスポーツの違い」を対比的に論じるためには日本政府の定めた「武道」規定を否定するところから話を始めないといけないのである。 ややこしい話である。 前置きは以上。

次の

政治学者が内田樹「コロナ後の世界」にマジ切れしてるので聞いてくれ: 内田樹が煽る4つのデマ|アイ・アラン|note

内田 樹

経歴 [ ] に生まれ育つ。 父方の祖母のいとこに、作戦課長、としての側近だったがいる。 にを卒業。 、に入学。 高校2年で成績が学年最下位になり、のち品行不良を理由に処分を受けた。 家出してでをするが、生活できなくなり、数ヶ月後に親に謝罪し家に戻った。 10月、に合格。 、入試中止の年にを受験し不合格。 を経て、4月、文科III類に。 1975年3月、仏文科を卒業。 指導教官は。 12月、合気道道場に入門しに師事する。 教主輔のの曾孫弟子に当たる。 1月、と共に翻訳会社「アーバン・トランスレーション」を設立。 1977年4月、修士課程(専攻)に入学。 入学後も会社経営を続けた。 修士論文は、指導教官は。 4月、東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程に進学。 ブランショと影響関係のある哲学者として、の名を初めて知る。 たまたま手にとった『困難な自由』の最初のテクスト「倫理と精神」を読んで衝撃を受け、「この人についてゆこう」と決心する。 4月、東京都立大学人文科学研究科博士課程を中退。 東京都立大学(フランス文学専攻)となる。 9月、の訳書『困難な自由』をから刊行。 9月、に面会。 に離婚 、娘のと父子家庭になる。 、総合文化学科となる。 2月、のに入門、とを習い始める。 3月、初めての単著となる『ためらいの倫理学』()を刊行。 、囃子方の と再婚。 同年11月、『日本辺境論』()を刊行。 7月にのもとで市長特別顧問を務める。 3月、神戸女学院大学教授を退職。 同大学。 同大学の合気道部を継続して務める。 同年4月、第3回を受賞。 同年11月、に兼の「凱風館」が完成 、館長を務める。 4月、人文学部に就任。 主張 [ ] 政治的な立場 [ ] とによるであるに対して、 という強い表現を使って反対の立場を表明している。 日本共産党の機関紙『』ので、日本「に期待することは、の教えのもっとも本質的なところ、すなわち『ものごとを根底的にとらえる』という意味でラディカルな政党であってほしいということです」と述べている。 2017年5月号「日本人にとって天皇とは何か」中でを奉じる旨明言した。 2019年3月27日、公式Twitterにて「新元号に現政権に阿る解釈を許す文字が含まれていた場合には、僕は以後二度と元号を使いませんし、『元号』という語そのものを使わないことにします」とツイートした。 同年4月2日、自らの公式ブログにて「元号は、天皇制に深くかかわる国民文化的な装置」と述べ、「令和」という元号については安倍政権のコアな支持層である日本会議の支持層である国粋主義者へのイデオロギー的配慮で国風にこだわったものであると評した。 憲法観と自衛隊について [ ] の改訂には反対であるが、自身の観とについての考え方は「いわゆる『』のそれとはだいぶ違っている」という。 憲法九条と自衛隊を「双子的制度」と呼び、この2つは「のイニシアティヴのもとに戦後日本社会が狡知をこらして作り上げた『歴史上もっとも巧妙な政治的妥協』の一つである」、「憲法九条と自衛隊が『リアル』に拮抗している限り、日本は世界でも例外的に『安全な』国でいられると私は信じている」と述べている。 共著に『』()がある。 『』2007年1月号で、と対談した際、矢作の「に現でははを撃つこともできない、こういった「あいまいさ」はと同様で危険だ」という意見に対し、「日本人は原理原則が行動原理ではないので、憲法もあいまいなままでよい」と主張した。 教育問題における立場 [ ] 教育行政について、やはに関わるべきではないとする立場をとっている。 という制度が、非常に惰性の強い制度であって、急激な変更はなじまないと考えている。 つまり、政治家が替わるごとに教育に急激な変化が起こるのは、決して良いものではないという考えである。 たとえば、大阪市長特別顧問に就任した際のにおいて、平松市長に対してこう述べている。 「私が市長にお願いしたいことが一つあります。 一つだけです。 それはのは教育行政に関与して欲しくないということです」。 公立中学校での武道の必修化について 公立でのの必修化については反対の立場である。 「市民的成熟」と国民国家の関係について [ ] 内田は、は擬制であり本質的に恣意的な構築物であると考えているが、国民国家がきちんと機能するためには、「それがあたかも自然物であるかのように、天来のもの、神授のものであるかのように、ふるまってみせる必要」があり、それができることが的成熟の1つの条件であると思っているという。 やに対しても「適切にふるまう」ことができるのが成熟した国民国家成員の条件であるとしている。 「国民国家とは何か」について各人がにおいて思量することこそが国民国家成員にとっては不可避のであり、それは自分の代わりに他人に考えてもらうことではないし、他人に命令されることでもないと内田は考えているという。 そして、「国民国家は擬制であり、私事である」ということをわきまえた上で、なおかつ国民国家以外の選択肢がないときに、「これをどのように気分のよいものにすべきか、とまずは手元足元の工夫から始める人」のことを内田は「成熟した市民」と呼んでおり、内田によればそれが「標準的な『市民的成熟』の階梯」であるという。 「この健全な市民への成熟の行程」への妨げになるがゆえに、内田は国旗国歌に対する業務命令や法的強制に原則的につねに反対してきたのだという。 学力低下論 [ ] 同学齢集団内の競争というシステムが、「他人のパフォーマンスを下げる」という相対優位の戦略を取らせると主張している。 また、日本の子どもたちが学習意欲を失ったのは、「勉強すれば、金になる」という誘導のロジックが学校教育を覆い尽くし、親・教師・メディア・政治家もそのロジックを主張したためであると述べている。 地球温暖化問題について [ ] との間の因果関係はまだ的には証明されていない、と2007年に述べている。 とを交互に経験するは現在は「間氷期」にあり、いずれは氷期が訪れて動植物が激減すると内田は考えているため、「温暖化には類的な立場からはそれほど怯えることもないのではないか」と考えているという。 「ナイアガラー」として [ ] 3月に場で「楽しい夜更かし」を聴いたのが、の音楽を最初に経験した機会であったという。 以後37年間、内田は忠実な「ナイアガラー」として過ごしたと2013年に述べている。 内田は「ナイアガラー」の語義を次のように説明している。 「『ナイアガラー』というのは、大瀧詠一さんが実践してきた音楽活動(には限定されないもろもろの活動)をフォローすることを人生の一大欣快事とする人々の総称です。 」「ナイアガラーは『日本の』であるから、どこで知り合っても『私、ナイアガラーなんです』とすればたちまち百年来の知己となることができる。 これは他のミュージシャンにはあまりないことである。 」 2005年8月19日に大瀧と初めて会う。 2007年から2013年までの間、「ラジオデイズ」のオーディオ・コンテンツとして大瀧との座談会を平川克美らと共に計6回行い、大瀧の自宅兼スタジオであるに招かれるなど親交を深めていった。 言語教育論 [ ] 「読解力というのは目の前にある文章に一意的な解釈を下すことを自制する、解釈を手控えて、一時的に『宙吊りにできる』能力のことではないか」と主張しており、「『読解力を上げるためにはこれがいい!』というようなこと言い出した瞬間に、他ならぬそのような発想そのものが日本人の知的成熟を深く損うことになる」としている。 2018年の時点では現状を「今の日本社会は、自分自身の知的な枠組みをどうやって乗り越えていくのか、という実践的課題の重要性に対する意識があまりに低い。 低いどころか、そういう言葉づかいで教育を論ずる人そのものがほとんどいない。 むしろ、どうやって子どもたちを閉じ込めている知的な枠組みを強化するか、どうやって子どもたちを入れている『檻』を強化するかということばかり論じている」と批判している。 精神科医が軽々しく診断を下さないようにしているのと同じように、急いでシンプルな解を求めないことこそが重要であると主張している。 また、内田がそのように考えるに至ったのは、の著書を翻訳している内に心の成熟が必要であると気付き、自身も心が成熟する内に意味が分からなくても洋書を読めるし、何を書きたいのかわからないままにでも書けるようになったと話している。 その一方で今の20代とは仲がいいと続けた。 ブログ [ ] 「内田樹の研究室」というを運営している。 『』は、の内浦亨が内田のサイトのテキストを発見したことから刊行された。 「書くことの目的が生計を立てるではなく、一人でも多くの人に自分の考えや感じ方を共有してもらうこと」との考えから、ネット上で公開した自身のテクストについては「放棄」の考えを示しており、他人がによって収入を得ることも容認すると2009年に述べている。 一方、講演については謝礼が必要(ノーギャラは仕事のクオリティを認めていない)としている。 』 小学館 2013年 09月 41 『一神教と国家 イスラーム、キリスト教、ユダヤ教』 集英社新書 2014年 02月 42 『街場の五輪論』 朝日新聞出版 2014年 02月 朝日文庫 43 『街場の憂国会議』 ほか7名 晶文社 2014年 05月 44 『日本霊性論』 NHK出版新書 2014年 08月 45 『 』 2014年12月 46 『日本戦後史論』 徳間書店 2015年 02月 47 『慨世の遠吠え』 2015年 03月 48 『日本の反知性主義』 ほか7名 晶文社 2015年 03月 49 『ぼくたち日本の味方です』 高橋源一郎 文藝春秋 2015年11月 50 『「意地悪」化する日本』 2015年12月 51 『生存教室 ディストピアを生き抜くために』 光岡英稔 集英社 2016年 01月 52 『僕たちの居場所論』 平川克美 名越康文 2016年 05月 53 『教えて! 』 他2名 2014年 07月 6 『』 松浦莞二 宮本明子 朝日新聞出版 2019年 3月 「小津安二郎と兵隊」を寄稿 翻訳 [ ]• 改訳版、国文社、2008年、• 『タルムード四講話』(国文社 1987年)• 『フランス・イデオロギー』(国文社 1989年)• 『』(国文社 1992年)• サロモン・マルカ『レヴィナスを読む』(国文社 1996年)• 『観念に到来する神について』(国文社 1997年)• アロン,A. ネエール,V. マルカ( 1998年)• コリン・デイヴィス『レヴィナス序説』(国文社 2000年)• 『』(イー・エー・ユー株式会社)• 『冬のソナタをめぐって2006 記憶・時間・父性』(イー・エー・ユー株式会社)• 「内田樹」 USTREAMアーカイブ [ ]• 「内田樹・平川克美の、たぶん月刊『はなし半分』」 ラジオデイズ(2011. 17配信)• 「内田樹・中沢新一・平川克美『いま、日本に何が起きているのか』 ラジオデイズ(2011. 5配信) 後に『大津波と原発』内田樹,,平川克美(朝日新聞出版 2011年)として出版された。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 父親は19歳で家を出てに入社。 、の会員になった。 内田るんは2002年よりライブイベントを企画しており、その模様を「」に綴っている。 コラムニストのによると、現代を理解するテキストとして、の大学では、著『』とともに『日本辺境論』が親しまれているという。 内田は、はじめから中国やの読者に読まれることを前提として、本書を書いたと述べている。 同書は2010年2月に第3回を受賞し、1年弱の間に30万部を突破した。 設計者のが「建築家一年生の初仕事」として刊行している()。 今日は、維新の会が提案した案の理論的な難点を指摘していきたいと思っていますが、最大の問題点は、この条例案は「学校教育というのは非常に惰性の強いシステムであって、頻繁な変更になじまない」という現場の人間にとっての常識を理解していないということです。 「楽しい夜更し」は1975年5月発売のアルバム『』に収録された楽曲。 このとき行われた対談は『文藝別冊 KAWADE夢ムック 大瀧詠一』(河出書房新社、2005年11月)に収録された。 出典 [ ]• 『』、2014年10月、89頁。 、 2020年4月24日閲覧。 、 2020年4月21日閲覧。 (2013年7月9日時点の)• 内田樹. 2018年10月26日閲覧。 、 2020年4月19日閲覧。 (2016年5月13日時点の)• (『週刊ポスト』2012年3月2日号、小学館)• 内田樹 2013年5月20日. ミシマ社. 2018年1月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年11月21日夕刊「ぐぐっと能楽」• (2011年11月29日時点の) 大阪市公式ホームページ• 内田樹. 2016年7月25日閲覧。 日曜版. 2014年3月16日. 2015年7月14日閲覧。 しんぶん赤旗. 2013年5月31日. 2015年7月14日閲覧。 月刊日本• 、 2019年4月3日閲覧。 blog. tatsuru. com 2019年4月2日. 2019年4月2日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年4月2日. 2019年4月2日閲覧。 内田樹. 2018年10月26日閲覧。 「親と子の居場所はどこにあるのか」 『潮』2013年2月号、潮出版社、84頁。 内田樹. 2016年7月25日閲覧。 内田樹. 2016年7月26日閲覧。 内田樹. 2016年7月26日閲覧。 内田樹『』、角川書店、2006年4月、202頁。 株式会社ラジオカフェ. 2016年7月26日閲覧。 日本語. 日経トレンディネット. 2018年7月12日閲覧。 内田樹. 2016年7月31日閲覧。 2018年10月26日閲覧。 [ ]• [ ] 外部リンク [ ]• - (2014年7月6日アーカイブ分)• levinassien -•

次の