お布施 封筒 書き方。 法事のお布施の金額の相場・封筒・のし袋と書き方・渡し方

お布施を入れる封筒の書き方・封筒の種類・入れ方・金額相場|終活ねっとのお坊さん

お布施 封筒 書き方

1、どんな袋を使えばいいか? 2、表書きや裏書きをどのように書けばいいか? 3、お坊さんへどのように渡せばいいか? という相談をよく受けます。 魂抜き・お性根抜き法要とは、「仏壇を整理処分したり、お墓を改葬・仕舞いしたりする際に、宿っている魂をお坊さんに抜いてもらう仏教儀式」のことを指します。 この法要は閉眼供養(へいがんくよう)ともいいます。 多くの人にとって、葬儀やお通夜などは参列する機会も多く、香典袋については書き方や渡し方の作法についてはある程度理解しています。 一方、魂・お性根抜きの法要は、ほとんどの人は「一生の内に一度あるかないか」という仏事になります。 そのため、この時お坊さんへ渡すお布施袋の書き方や渡し方については、あまりよく知らない人がほとんどです。 魂抜き・お性根抜き法要は弔事(お悔やみ事)ではないため、お布施は 「1、適した袋の選び方」「2、表・裏面の書き方」「3、渡し方」の最低限のマナーさえ知っていれば、心配することはありません。 今回は、「魂抜き・お性根抜きにおける、お布施袋の書き方と渡し方のマナー」について解説します。 1、お布施袋はどんなものを使えばいいのか? 1-1、お布施の本来の目的とは? お布施の一番の目的は、お坊さんへの感謝とお礼を伝えることです。 魂抜き・お性根抜きの読経・供養をしていただいたお礼の気持ちになります。 そのため、葬儀やお通夜などの弔事で遺族に渡す香典とは意味合いが違います。 お布施は遺族に対するお悔やみの金品ではありません。 したがって、原則的には水引のついた不祝儀袋を使わなくてもよいとされています。 ただ、現実には、地域・宗派の違いなどにより、お布施袋にもいろいろなタイプのものが使用されています。 お布施袋のタイプや中袋の有無などによって、若干書き方も違ってきます。 以下ではそのお布施袋の4つのタイプについてみていきます。 それぞれ地域や宗派によって使われ方が違います。 タイプ1:水引なしの無地に「御布施」と書かれたお布施袋 タイプ1のお布施袋は、水引が付いておらず「御布施」と印刷された市販の袋です。 または、無地の封筒に自分で「御布施」と墨で書いてもかまいません。 いずれも水引はなしです。 このタイプはどのような仏事でも使える万能お布施袋です。 もし迷ったら、魂抜き・お性根抜きでのお布施袋はタイプ1を選んでおけば問題ありません。 安価な単純封筒タイプのものと、少し高級感があって見栄えのする、折って使用する多当折りタイプ(中袋付き)のものがあります。 多当折りタイプの中にも、無地のものと装飾柄付きのものがあります。 また、多当折りタイプのお布施袋は、3万円~10万円以上を包む場合に適しています。 無地より装飾柄付きのほうが少し高級感があります。 こうしたタイプ1のお布施袋は、宗派を問わずあらゆる仏事で使えますので最も無難です。 ただ、地域によってはあるいは宗派によっては、水引のついた不祝儀袋を使う場合もあり、次に解説します。 タイプ2:黒白の水引がついた不祝儀袋 黒白の水引がついた不祝儀袋は、一般的には通夜・葬儀での香典や、その後の仏事での遺族への御仏前を包む際に用います。 また、地域によっては次の写真のように、お坊さんへのお布施を包む際に用いられることがあります。 したがって、魂抜き・お性根抜きの場合は、タイプ1のお布施袋が無難です。 心配なときは、あなたが檀家さんであれば、檀那寺のお坊さんに一度確認してみると安心です。 タイプ3:黃白の水引がついた不祝儀袋 黃白の水引がついた不祝儀袋は主に関西地方で用いられます。 一周忌以降の仏事で、遺族に渡す御仏前を包む場合や、お坊さんに渡すお布施袋として用いられることが多いです。 関西以外では、あまり見られません。 したがって関西エリアで、魂抜き・お性根抜きのお布施を渡す際は、黄白の水引がついたお布施袋か、水引なしのお布施袋がよいでしょう。 宗派により違いがあり心配な人は、檀那寺のお坊さんや実際にお布施を渡す予定のお坊さんに一度確認してみるのが確実です。 お坊さんに聞けなかったり、どうしたらよいか迷ったりしたら、タイプ1の水引なしのお布施袋を選んでおけば無難です。 地域により、お坊さんに渡すお布施や戒名料を包む際にも用いられることがあります。 寺院の格式が高くお布施金額も相当料を要求される場合などは、このタイプ4の双銀の水引がついたお布施袋を使用する例が多いです。 金額がそれほど高額でない場合(5万円以下)は、先述のタイプ1~3を使用します。 魂抜き・お性根抜きの供養の場合は、タイプ1~3が無難です。 次に、お布施袋の書き方について解説します。 2、お布施袋の書き方、お金を入れる向き 2-1、お布施の表面の書き方 魂抜き・お性根抜きの供養に限らず、お布施袋の書き方はすべての仏事で共通しています。 まず、お布施袋の表書きですが、どのタイプのお布施袋でも共通して、漢字で上部に「御布施」と書きます。 または、市販の「御布施」と印刷されたお布施袋を使用します。 お布施以外に、交通費であるお車料や、宴席代であるお膳料を渡す場合は、それぞれ「御車料」「御膳料」と記してください。 ただ、魂抜き・お性根抜きの供養では、一般に法要後の宴席をすることはありませんので、御膳料は考えなくてもよいでしょう。 御車料についても、遠方から来るお坊さん以外は特に不要です。 それぞれの袋の下部には、「名字のみ(例:鈴木)」または「フルネーム(例:鈴木一郎)」と書きます。 中袋のない単純封筒タイプのお布施袋の場合は、裏面に、「住所、氏名、電話番号、金額」を書いておけば、よりていねいです。 お布施はお坊さんに対する労働対価ではありませんので、本来は金額を書く必要はないとされています。 しかし、寺院の記録や経理・税務上、「書いてあった方が都合がよい」とお坊さんから聞きます。 そのため、書いておいたほうがより親切です。 なお、省略する場合は、住所などは書かずに金額のみでもオッケーです。 こうしたタイプの場合は、外包みの裏面ではなく中袋に書きます。 中袋の一般的な書き方は、表面に金額、裏面に住所・氏名・電話番号などを書きます。 次の写真のようになります。 さらに数字の頭に「金~」、最後に「~圓也」を入れます。 そして、うす墨(薄い墨)ではなく濃墨(普通の真っ黒な墨)を使用します。 葬儀などお悔やみ事・弔事では、親族に渡すお香典はうす墨で書く習慣があります。 ただ、お坊さんに渡す、お悔やみ事でないお礼としてのお布施は、普通の真っ黒な墨で問題ありません。 葬儀など急な弔事では、墨をゆっくり磨る時間がなく、薄い墨のまま急いで書いて駆けつける、ということが薄墨の由来です。 したがって、お布施は、お坊さんに対してしっかり準備しましたということを示すために濃墨が良いとされています。 このときに使用する筆は、市販の筆ペンが便利です。 なお、筆ペンには濃墨用とうす墨用があるので間違えないようにしてください。 最近は、サインペンの感覚で書ける筆ペンもあります。 ちなみに、だんだんと薄墨の習慣はなくなっているようです。 地域によっては濃い墨のお香典でも作法違反ではないとされているようです。。 葬儀でのお香典などでは、古いお札を使ったり、新札にわざわざ折り目を入れたりして使用します。 これは「不幸に対してあらかじめ新札を準備している」という失礼を避けるためです。 その一方で、魂抜き・お性根抜きの供養などのお布施はあらかじめ準備しておくものなので、新札を用意するようにします。 なお、袋にお金を入れる向きですが、お布施袋の表面に肖像画(=福沢諭吉さん)がくるように入れます。 お香典とは反対の向きになるので注意してください。 【お金・中袋・上包みの向き】 また、上包みの包み方は、もともとお布施袋を購入した時に折ってあった包み方をそのまま再現すればオッケーです。 通常は、裏面が上から重ねるようになる仏事用の包み方になっています。 お茶やお茶菓子などといっしょに出すと、感謝の気持ちがより伝わります。 そして、お布施を切手盆(きってぼん)という四角いお盆に載せて渡します。 正式には、切手盆と袱紗(ふくさ)を併用します。 袱紗とは、平たくいえば「ふろしき」のようなものです。 ただ、魂抜き・お性根抜きの法要では、袱紗のようにあまり形式張ったことをする必要はありません。 ただ、最低限の作法として、切手盆にお布施をのせて渡すことをおすすめします。 お布施袋をそのまま裸で手渡しするのは、マナー違反ですので避けてください。 以下では、魂抜き・お性根抜きの供養で、 自宅や法要会場などへお坊さんに来ていただいた場合の、切手盆のみを使ったお布施の渡し方について説明します。 一般には、この切手盆での渡し方を知っていれば、最低限お坊さんに対して失礼になることはないでしょう。 3-1、お布施を渡す時に使用する道具 お布施を載せる小さなお盆を、「切手盆(きってぼん)」と言います。 切手盆とは、ご祝儀やお布施などをお渡しするときに使う、冠婚葬祭用の小さなお盆のことをいいます。 祝儀盆や名刺盆などと呼ばれる場合もあります。 略式版とは言っても、かつては正式な広蓋(ひろぶた)を使用していた地域やご家系でも、最近では少し大げさすぎるということで、この切手盆を使用する場合が多くなってきました。 一般的な仏事を始め、魂抜き・お性根抜きの供養で、お布施をお渡しする場合は、この切手盆を使います。 3-2、切手盆を使ったお布施の渡し方 切手盆の使い方です。 自宅などで魂抜き・お性根抜きの供養をお願いした際、おおむね5万円程度以下のお布施をお坊さんにお渡しする際の、切手盆のみを使用した簡単なお布施の渡し方について説明します。 お布施の渡し方手順 手順1:お布施をお渡しする準備をします。 切手盆をまず自分の方へ向けて置きます。 絵柄や家紋がある場合は自分側へ、ない場合はどちら向きでもオーケーです。 この時、お布施の置き方は、自分が文字を読める向きに置きます。 (読経中にここまで準備しておいてもよいかと思います。 お礼の口上は 「本日はありがとうございました。 些少ですがどうぞお納めくださいませ。 」 などが無難です。 また、もしお車料やお膳料を同時に渡す場合は、切手盆の下から順にお膳料、お車料、お布施と重ねます。 これらの作法は、唯一絶対のものではなく、最低限の作法として考えてください。 現実には、各地域や宗旨宗派や寺院の慣習、また時代の移り変わりとともに変わります。 ただ、今回お伝えしたようなお布施袋に関する「1、適した袋の選び方」「2、表・裏面の書き方」「3、渡し方」など、最低限のマナーを知っておくことは大切です。 そして、やはり「心をこめて感謝の気持ちを伝える」ということを、忘れてはならないと思います。

次の

STEPでわかるお寺に渡すお布施の入れ方・折り方・書き方のマナー

お布施 封筒 書き方

お布施とは お布施とは、従来「見返りを求めずに施されるもの」という意味ですが、現在では「読経して頂いた謝礼としてお坊さんに金銭をお渡しすること」を指すようになっています。 ご親族が亡くなられた後に行う葬儀のほか、初七日・四十九日・命日などの法事のたびにお布施をお渡しします。 法事は故人を供養する仏教ならではの行事ですが、神道やキリスト教でも命日にあたる日にゆかりの人々が集って祈りをささげる場合があり、神官や牧師・神父へ儀式に協力いただいた場合は、お布施に該当するお礼の金銭をお渡しします。 お布施の相場 法事でお渡しするお布施の相場は「お気持ち」という言葉で表現されてわかりにくい上、寺院の格がどのぐらい高いか、同じ寺院であってもどれぐらい関係が深いか、世帯収入がいくらか、などの条件で変わってきますので、できれば同じ寺院にお世話になっているご親族に相談されることをおすすめします。 なお、法事の一般的なお布施の金額の目安は次のとおりです。 ・祥月命日のお布施:5千円から1万円程度 ・初盆のお布施:3万円から5万円程度 ・2回目以降のお盆のお布施:5千円から1万円程度 ・その他:3万円から5万円程度 夫の7回忌と妻の3回忌を一緒に行うなど複数の法事を一度に行う場合は、合計の金額が目安となります。 また葬儀より後に法事のタイミングで戒名を授与してもらう場合は、戒名代として3万円前後多く包みます。 御車代と御膳料の相場 法事の際は、お布施のほかに御車代や御膳料を用意する場合が多くあります。 御車代は、お寺の本堂ではなく式場や自宅、お寺以外の墓地にお呼びした場合にお渡しします。 御車代の相場は5千円から1万円前後です。 法事のあとには通常お斎(お食事)をお出ししますが、ご住職がお斎に同席されない場合は「御膳料」を別途お渡しします。 御膳料の相場も5千円から1万円前後とされます。 地方にもよりますが、ご住職はお斎には同席されないことのほうが多いので、御膳料は事前に用意しておくことをおすすめします。 御車代と御膳料をそれぞれ別に1万円を用意する場合、両方を合わせて1万円としてお渡しする場合がありますが、金額をあわせる場合も別の封筒で用意します。 法事のお布施の封筒 表書き お布施は仏教の風習ですが、異なる宗教でも法事と類似の儀式がある場合は、宗教に応じた表書きを用います。 仏教:「御布施」「御礼」 神道:「御祭祀料」「御神饌料」 キリスト教:「献金」「御礼」 表書きの下には施主の名前を書きます。 裏書き 必須ではありませんが、封筒やのし袋の裏に住所・電話番号を縦書きで記入するとより丁寧です。 縦書きなので、住所や電話番号の数字は通常の漢数字を使い、「ゼロ」は「0」、「-」は「1」とします。 金額欄が印刷されていれば「金+金額」を大字(古い漢数字)で記入しますが、本来の意味からすれば金額は記入しないのがマナーです。 大字は次のように書きます。 伍の字を五、阡の字を千、圓の字を円としても失礼にはあたりません。 また金額の終わりの「也」は、円未満のお金が流通していた時代の表記方法ですので、つけてもつけなくても構いません。 薄墨か黒墨か お渡しする寺院などに不幸があったわけではないので、どの宗教でも薄墨ではなく普通の黒墨で書きます。 ボールペンや鉛筆類はマナー違反となりますので避け、筆もしくは筆ペンを使います。 法事のお布施の渡し方.

次の

御布施の封筒の表書き一覧水引の色は?

お布施 封筒 書き方

お布施をお渡しする主な例 法事の名称 お渡しするお布施の内容 通夜・葬儀 還骨勤行 初七日 ・枕経〜お通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。 ・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。 もし日にちを分けて初七日の法要を行なう場合には、お布施は別途お渡しします。 読経などの謝礼としてお渡しするお布施とは別のもの ですが、お寺にお渡しする際に戒名料も含めて「お布施」としてお渡しすることもあります。 2.葬儀のお布施(お通夜、葬式・葬儀のお布施) ・枕経〜通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行までをまとめてお布施を渡します。 ・最近では、初七日までの分をまとめて「枕経〜通夜〜葬儀・告別式〜還骨勤行〜初七日」という形でお渡しするケースも多くなっています。 もし日にちを分けて初七日の法要を行なう場合には、お布施は別途お渡しします。 ・最初にお寺に枕経を依頼する際、または通夜の前までに戒名を依頼しておくとお通夜と葬儀に用いる白木の位牌に戒名が書き込まれたものを祭壇に飾ることができます。 戒名料は名前のランクによって異なり、基本的にはお布施とは別ですが、戒名料も合わせて「お布施」としてお渡しすることもあります。 ここでは仏教についての一連の儀式とお布施について説明します。 内容とポイント 僧侶への謝礼 枕経 ・遺体の身支度を整え、安置し、枕飾りを整えたあと(葬儀社に依頼することができます)、 僧侶に枕経をあげてもらいます。 ・このまま布団に遺体を寝かせ遺族と近親者のみで一夜を過ごすことを仮お通夜と言いますが、現代では仮通夜のないケースが多くなっています。 もし通夜と別の日の場合には、「お車代」を渡します。 ・読経の間に故人の愛用品や故人への言葉を書いた手紙などを入れます(燃えるものに限ります)。 もし通夜と別の日の場合には、「お車代」を渡します。 もし通夜ぶるまいに僧侶が欠席する場合は「御膳料」もお渡しします。 通夜ぶるまい ・弔問客に飲食をふるまう「お通夜ぶるまい」にも僧侶をお招きします。 葬儀・告別式 につづく.

次の