新しい天皇誕生日。 今年の天皇誕生日はいつ?歴代天皇の誕生日は祝日になるの?|@DIME アットダイム

新しい天皇誕生日は2月23日。12月23日はどうなる?

新しい天皇誕生日

2020年2月のカレンダー まずは、 2020年2月のカレンダーから確認してみたいと思います。 こちらです。 2月23日は、第4週目の日曜日です。 その日は日曜日なのでもともと休みですが、 翌日の2月24日(月)が振替休日を示す赤色になっていますね! もし天皇誕生日が今まで通りであれば、22・23と普通の土日だったのですが、2020年は2月23日が天皇誕生日で祝日となるので、振替休日も含めてここが3連休になります。 ちなみに、平成時代の天皇陛下である 明仁上皇の誕生日は12月23日ですので、2018年までこの日が天皇誕生日の祝日となっていました。 天皇誕生日の祝日の定義 次は、天皇誕生日の祝日の定義をお伝えします。 こちらです。 スポンサーリンク 歴代の天皇誕生日 ここからは、歴代の天皇誕生日を見ていきたいと思います。 こちらです。 年号 天皇陛下 誕生日 現在の祝日 明治 明治天皇 11月3日 文化の日 大正 大正天皇 8月31日 なし 昭和 昭和天皇 4月29日 昭和の日 平成 明仁上皇 12月23日 なし 令和 今上天皇 2月23日 天皇誕生日 2020年より このうち、 天皇誕生日とは名前を変えて、今でも祝日として残っているのは、4月29日の昭和の日と、11月3日の文化の日です。 大正天皇の誕生日である8月31日や、明仁上皇の誕生日である12月23日は今のところ祝日ではなく、平日となっています。 全ての天皇誕生日が、その後もずっと祝日である訳ではないのですね。

次の

新天皇陛下は誰なのか?誕生日は?皇太子さまを改めておさらい

新しい天皇誕生日

12月23日は祝日ではなくなる? 過去の天皇誕生日の例を見てみると、• 菅官房長官の会見では、正式にまだ平日に戻すと決めたわけではないらしく、幅広い議論が必要で、国民の動向を見ながら判断するとのこと。 新天皇誕生日はいつから? 2019年は、皇太子さまの即位が5月1日と誕生日の2月23日を過ぎた段階での即位になるので、天皇誕生日がなくなってしまいます。 2019年5月1日を祝日にした場合に10連休になります。 なぜかというと、ここで祝日法の中の、「2つの祝日に挟まれた平日を休日とする法律」があるためです。 国民の祝賀ムードを盛り上げたい• 10連休の間に、元号のシステムを変えれば混乱が少ない• 10連休で国民の消費喚起ができる と、いうことのようです。 会社員からするとうれしいし、経営者からすると困るしという10連休ですね!まあ、会社員も業務が立て込んで10連休の反動がかなり大変だと思いますが…。 まとめ 2019年は新天皇が誕生し新しい元号に変わり、2020年には東京オリンピックがあり、何か日本がこの2年間で激変する予感しかしません。 良い方向に変わると良いのですが、どうなるのでしょうか。 平成はどちらかというと日本が衰退していった時代だったと思うので、 新しい時代は日本がもっと明るく希望が持てる社会になっていると良いですね!.

次の

新元号(新年号)で天皇誕生日の祝日は変わる?5月1日は祝日休日どっち

新しい天皇誕生日

スポンサーリンク 皇太子殿下の御誕生日とご年齢は? 皇太子殿下の誕生日は、1960年(昭和35年)2月23日生まれです。 現在、58歳です。 (2019年年2月22日まで) 来年の2月23日に59歳になられます。 天皇誕生日の祝日はいつ変更される? 来年2019年5月1日に、皇太子殿下は即位され、新しい日本の天皇になられます。 よって、新しい天皇誕生日は再来年、2020年の2月23日から変更されることになります。 すなわち、2019年の2月23日は特に祝日にはなりません。 また、今後、現在の天皇誕生日、12月23日が祝日になるかどうかに関しては、現在の情報は出ておりません。 ただし、過去の慣例に従うと、12月23日が祝日になる可能性はあると思われます。 まとめ 天皇陛下、皇太子殿下の御誕生日、現在の御年齢、そして今後の天皇誕生日の変更情報をまとめました。 現在の皇太子の御誕生日の2月23日は再来年2020年から天皇誕生日として祝日になります。 <関連情報>.

次の