カスケード ダウン。 Web パーツ プロパティのカスケード ドロップダウンを使用する

Web パーツ プロパティのカスケード ドロップダウンを使用する

カスケード ダウン

リスト項目を作り、名前を定義する リスト項目用にシートを追加し、リスト(1)とリスト(2)に表示させる選択肢を下図のような表にまとめて作成しました。 リスト(1)はドロップダウンリストで最初に選択する 「メニュー」のリスト項目になります。 リスト(1)の 「軽食」「デザート」「ドリンク」のセル範囲(B2:D2)を選択して「名前ボックス」にリスト名を入力します。 表から簡単に名前を定義できる 次の リスト(2)は、「メニュー」で選んだリスト項目ごとに表示させるドロップダウンリストの選択肢になります。 リスト(2)も、名前を定義しますが、これは一括で行えます。 表全体(B2:D5)を選択します。 「数式」タブの「定義された名前」グループにある「 選択範囲から作成」をクリック。 表示されたボックスの「 上端行」にチェックを入れて「OK」します。 この時点でリスト(1)とリスト(2)の名前が全て定義されました。 リスト(3)はそれぞれ別表を作る必要があります。 「軽食」配下のリスト項目 「デザート」配下のリスト項目 「ドリンク」配下のリスト項目 リスト(2)に並ぶ選択肢の名称とリスト(3)各表の「上端行」セルの名称は完全に一致させましょう。 後の操作は、前章「表から簡単に名前を定義できる」と同じです。 この操作の詳細は、以下の記事を参照して下さい。 INDIRECT関数で連動させる さて、ここからがこのページの重要ポイントです。 「B2」セルで「軽食・デザート・ドリンク」の3つの選択肢から一つを選んで入力した場合、「C2」セルでは「B2」セルで選ばれた文字列に紐付くリスト(2)をドロップダウンで表示させる設定をします。 「C2」セルを選択し、 先ほどの「B2」セルの時と同様に「データの入力規則」ダイアログボックスを開き、「設定」の「入力値の種類」を「リスト」にします。 セル参照はすぐに計算され、結果としてセルの内容が表示されます。 試しに、B2セルのリストで「軽食」を選び、C2セルのドロップダウンリストに「パスタ・サンドイッチ・グラタン」が表示されるか確認しておきましょう。 これも「C2セルの内容を参照してD2セルに反映させる」ということです。 B2セルのリストで「軽食」を、C2セルのリストで「サンドイッチ」を選んで、D2セルに「玉子・ツナ・ハム」が表示されるか確認しておきます。 データの入力規則をオートフィルでコピー 3つのセルに連動したドロップダウンリストがちゃんと表示されることを確認したら、入力した文字列は一旦削除しておきます。

次の

カスケードの意味とは?ビジネス(IT)用語?生物/医学/電気との関係は?

カスケード ダウン

ドロップダウンリストを1つ目の項目から2つ目にリンクさせる? ドロップダウンリストは入力の手間やミスを減らせる有用な機能です。 ただ、リストの項目の増減による対象範囲の指定なので今回は自動でリストの範囲が項目数によって変化する方法を見ていきます。 なお、今回の最大の利点は 項目を増やしたら自動的にリストの項目も可変していくことです。 リストが増えない場合は、INDIRECT関数のほうが簡単に作れます。 OFFSET関数を入れる前に 実際に入力規則にOFFSET関数で設定していく どんな時に使える? 基本的なドロップダウンリストの使い方や、OFFSET関数に関してはこちらをご覧ください。 今回も使用したファイルを貼っておきますのでご活用ください。 OFFSET関数を入れる前に ドロップダウンリストにするにはデータの入力規則からリストを選び、元の値 リスト範囲 を選択しますが、今回はその元の値にOFFSET関数を使います。 注意しなければならないのは、セルに関数を入れていく場合には「関数の挿入」ボタンを押したり関数を入れ始めれば関数式のヒントが表示されますが、ダイアログボックスに入力する時には関数のヒントが出てきません。 これを引数 引数 といいます。 先に リスト元になる表を作っておきます。 もちろんこれ以上のサイズにすることも可能です。 シート名は『元データ』とでもしておきましょう。 手順1、都道府県名に対して名前の定義をしておく 都道府県名を横書きまたは縦書きで並べたら、名前の定義で都道府県のリスト範囲を名前付けしておきます。 名前の定義に関してはこちらの手順5でも解説しています。 注意するのは 名前の参照範囲です。 ずばり以下のようにしてください。 1行目でセル情報 都道府県名 が入ったセルの個数分が範囲になるという意味ですね。 COUNTA関数に関してはこちらをどうぞ。 参照範囲の名前は『 都道府県』とわかりやすくしておきましょう。 手順2、別シートを用意しておく 先程作成した都道府県と市区町村が入ったシートとは別に、実際にドロップダウンリストを使うシートで以下のように枠を用意しておきましょう。 A2、A3セルに都道府県名が入っていく形になっています。 これは名前の定義によってリスト参照範囲が都道府県と名前を付けた範囲全体に指定されるからです。 A3セル以降に増やす場合はもちろんオートフィルが可能です。 これで都道府県の部分は完了しました。 難しいのはここからです。 今回のリストになる元データを再確認してみます。 市区の数が都道府県によって変わります。 ここでOFFSET関数の数式を思い出してください。 なので1行追加して高さ 市区町村の数 を表示させてしまう事にします。 追加した行で市区町村の数をカウントします。 ちなみにCOUNTA A:A は循環参照になってしまうため使用できません。 循環参照 今回のCOUNTAの場合は以下のように循環参照になります。 もちろん終わりの範囲は必要に合わせて変更できます。 あとは市区町村を実際にデータの入力規則でいれていく段階です。 そして、B2セルにデータの入力規則を設定していきます。 の都道府県が入っている行、 完全一致 -1セル分,INDEX 元データ! 私は頭の中で整理できない時は以下のように書き出しています。 さて、入力規則が完了しました。 実際にA2セルの都道府県の部分を変えて、リストが対象の都道府県毎に変化しているのか確認してみましょう。 完璧です。 きちんと絶対参照・相対参照していればもちろんオートフィルでリストをA3・B3、A4・B4…と増やしていくことも可能です。 どんな時に使える? 冒頭でも言いましたが、リスト範囲を変更しないならINDIRECT関数と名前の定義で作るほうが簡単です。 しかし INDIRECT関数には弱点もあります。 INDIRECT関数の弱点 1、名前の定義で 範囲が関数で変更になる場合は対応できない 2、空欄もリストに入ってしまう為、 リストに不必要な空欄が 表 示されてしまう 弱点1について すごく言葉だけで説明するのが難しいですが、以下のようになっています。 INDIRECT関数は該当するセル名の範囲データを取り出せますが、範囲が可変の状態では反応しません。 いろいろやったりググったりしましたが情報が出てこないで大変でした 弱点2について これは好みの問題ですが、リストのメリットの1つである「入力ミスをなくす」に反しているように感じます。 要は不要なものは、たとえ空欄であってもリストに載るべきではないです。 その点では 今回のOFFSET関数を使うやり方ならば、都道府県や市区町村が増えるとしても都道府県なら1行目、市区町村なら該当する列にただ値を入れるだけで自動的にリストが変化するので、最初の手間だけで済むのがメリットです。 今回は都道府県と市区町村でしたが、都道府県の軸を市区町村に変更して、市区町村の軸を店舗情報などにするなど変更すれば様々な使い方が出てくるので使いこなしていきましょう。

次の

【Excel】ドロップダウンリストを使いこなす②【OFFSETで可変】

カスケード ダウン

マーケターはもちろん何かしらの業務に携わっている方は、ビジネスにおいて「戦略が重要」という言葉をしばしば耳にすることでしょう。 巷には、戦略に関する情報や書籍も多数あります。 経営者でない限り企業戦略を考えることはないと思いますが、マネージャー層であれば、経営戦略に沿ったマーケティング戦略や営業戦略などを考え、担当者レベルであれば各戦略に沿った業務を遂行することになります。 よって、「戦略」について理解することは、すべての人にとって重要といえるでしょう。 しかし、戦略の立案や実行が難しいのも事実です。 戦略に関するフレームワークや事例など、理論上は理解できても実践するのはまた別の次元のようです。 戦略に関してのノウハウやセミナーが多いのも、その現れといえるでしょう。 そこで今回は、自社の戦略を理解したうえで業務を進められるよう、まず現場担当者が知っておきたい基本「戦略と戦術」をテーマに、その違いや関係について考えてみたいと思います。 (なお、本文中の例は、わかりやすくするために単純化したものです。 あらかじめご了承ください) 戦略と戦術:定義の違い 「戦略」とは、一言でいえば「企業がいかにビジネスで成功するか」の計画であり、そのために全体の方向性やリソース配分を決めることです。 一方で「戦術」とは、戦略を実現するための具体的な手段です。 戦略は長期的な視野における指針であるのに対し、戦術はより短期的で具体的な方法や行動を意味します。 例えば、戦略が「〇〇業界で売上トップを目指す」という場合、そのための戦術は「年内に都内の店舗数を1. 5倍にする」というような具体的な計画になります。 「差別化戦略」や「コスト(リーダシップ)戦略」というように、戦略にはいろいろなフレームワークや方法論があり、それらを学ぶことはとても勉強になります。 しかし、まず覚えておきたいと思うのは、マイケル・ポーターの言葉である「戦略の本質とは何をしないかを決めること」です (注1)。 企業のリソースには限りがあるので、他社より優位に立てる方向へ自社のリソースを投下する必要があり、そのために必要とされるのが戦略です。 戦略と戦術:重要なのはどちら? 戦略がない、または戦略があってもきちんと共有されていない場合、業務レベルで起こり得ることとして、 ・ 短期的な視点で業務を遂行してしまう ・ 社員の思考や行動の方向性がばらばら ・ 各業務に関係性がない(最悪の場合、矛盾やコンフリクトを生じる) などが考えられます。 しかし一方で、戦略がなくとも成功している(ようにみえる)状況もあります。 では、戦略と戦術ではどちらが重要なのでしょうか。 戦略がいまひとつでも、戦術が良ければ成功し得るのでしょうか。 以下は、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)を立て直したことで有名な森岡毅氏の著書『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』 (注2)に記載されている戦略と戦術に関するマトリックスです。 ベストセラーの書籍であり、さまざまな記事やセミナーで紹介されているので、ご存知の方も多いと思います。 「戦略と戦術がどちらも良い(A)」場合や「戦略は良いが戦術や悪い(B)」場合は、ともに戦略が良いので成功する可能性が高くなります。 問題は戦略が悪い場合です。 「戦略が悪くても戦術が良い(D)」方が、片方は良いのだから「戦略と戦術が共に悪い(C)」よりはマシなのではと感じられますが、実は「戦略が悪いのに戦術が良い(D)」というのは最も好ましくないケースであると同書では述べられています。 なぜなら、戦術が良いと失敗に気づくのが遅く、リカバリーに時間がかかる(または間に合わなくなる)からです。 長期的には好ましくない状況でも、施策自体が成功しているとあまり気にならない、というのは確かに起こり得ると考えられます。 単純な例ですが、仮に「洗練されたデザインと機能性を兼ね備えた製品」を強みとする企業が、コスト削減のためにデザインや機能が中レベルの低価格製品を販売したとします。 その場合、一時的には売れ行きが上がり、成功したように見えるでしょう。 しかし、長期的に見れば、類似製品をより低価格で売る競合が現れる可能性もあり、何よりも「洗練されたデザインと機能性を兼ね備えた製品」という自社のブランドイメージが崩れてしまいます。 結果として、製品を支持してくれていた顧客や自社のブランドに誇りをもっていた社員が離れていく・・・となれば、戦略としては失敗だったとなります。 施策自体が良いと成功に見えてしまう、それが戦略の成功を難しくする要因の一つなのかもしれません。 戦略と戦術の関係性がわかる:「戦略カスケード・ダウン」とは 戦略の定義や戦術との違いについて、意味や理論を理解することはさほど難しいことではありません。 しかし実際の業務では、何が戦略で何が戦術なのか、議論をしているうちに混乱することがしばしばあります。 それに対しての大きなヒントが「戦略のカスケード・ダウン」です。 これも前述した同書で紹介されている考え方です。 戦略のカスケード・ダウンとは、「戦略が組織上層から末端まで下層展開されていくこと」 (注3)です。 以下の図のように、上位レベルの戦術は、イコール下位レベルの目的となり、戦略や戦術へと展開されていくという考え方です。 冒頭の例では、戦略が「〇〇業界で売上トップを目指す」だった場合、戦術は「年内に都内の店舗数を1. 5倍にする」と述べました。 その場合、「年内に都内の店舗数を1. 5倍にする」は下位レベルの目的となり、それを実現するための戦略が「フランチャイズを開始する」など、より具体的な方法になります。 このように、各階層の戦略と戦術が連動しているのが「戦略カスケード・ダウン」です。 以上のように、同じ事柄でも話す人の立場によって、「目的」やそれを達するための「戦略」、戦略を実現するための「戦術」のいずれにもなり得ます。 それが実際の業務で、戦略と戦術が混乱する要因の一つではないかと考えらえます。 言い換えると、戦略の話をする場合は、どのレベルの話をしているのかを明確にすることが重要なのではと思います。 いかがでしたでしょうか。 戦略と戦術の違いや関係性を理解することは、日ごろの業務を俯瞰で見ることにも役立ちます。 フレームワークや戦略の成功・失敗事例を学ぶときにも、より理解が深まるでしょう。 今回紹介した森岡氏の書籍も非常にお勧めですので、興味のある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。 wikiquote.

次の