ドラえもん クレヨン しんちゃん 土曜日。 クレヨンしんちゃん× @小豆【踊ってみた】スペシャルコラボ

テレビ朝日:「ドラえもん」38年ぶり引っ越し 「クレヨンしんちゃん」と土曜夕方に

ドラえもん クレヨン しんちゃん 土曜日

人気アニメ『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』(ともにテレビ朝日系 金曜19時~)の放送枠変更が22日に正式発表され、 10月から土曜夕方に「アニメタイム」枠を新設することが明らかになりました。 テレビ朝日の発表によれば、 10月5日から『クレヨンしんちゃん』は16時30分~、『ドラえもん』は17時~の放送に変更するとし、放送枠変更の理由については、 「子どもたちがじっくりアニメを楽しめる時間帯」「今の時代の子どもたちのタイムスケジュールにマッチした『アニメタイム』が週末に誕生します」と説明しています。 テレビ朝日系で1979年4月からアニメ放送がスタートし、今年で放送40周年を迎える『ドラえもん』については、 新しいオープニングや新コーナーを設けるなどのリニューアルが予定されているとのことです。 一方の1992年4月からスタートし、今年で27周年を迎えた『クレヨンしんちゃん』は、野原家の愛犬・シロがスーパーヒーローになって世界を救うスピンオフアニメ『SUPER SHIRO』を、10月14日からネットテレビ『AbemaTV』や動画配信サービス『ビデオパス』で独占配信するなど、今後も様々な豪華コラボを行う予定といいます。 そして、放送枠変更にあたり9月には2週連続でお引越し記念スペシャルとして、 9月6日に『お引越し記念!ドラえもん誕生日スペシャル』(19時~20時54分)、同13日に『クレヨンしんちゃん せぷてんばー引っ越せばースペシャル』(19時~同54分)を放送すると発表しています。 この発表に対してネット上では、• 子供が遊びに出掛けて一番居ない時間ですよ。 ますますYouTubeに需要を奪われますね。 金曜日がよかったなー。 なんとなくドラえもん、しんちゃんを観ながら1週間が終わったーって感じだったのになー• ドラえもんとしんちゃんならゴールデンでも十分スポンサー付くと思うけどなぁ。 ターゲット絞りやすいし。 がっかりだわ• 綺麗事をいっているけど、結局は金曜の夜に子供向け番組をやるのが嫌で土曜の夕方に追いやるんでしょ? 地上波をリアルタイム視聴する意義が低下し続けているとはいえ、ゴールデンタイム=子供向け番組排除という流れはどうかと思う。 加えて、今の子供は可哀想とも思う。 とうとうゴールデンタイムからアニメが完全消滅か…これでゴールデンタイムはドラマと無駄に多すぎるバラエティー一色になったわけだ… 日テレのアニメ枠の土曜17時半~18時半こそ避けられたけど、いくら国民的アニメのドラえもんとクレヨンしんちゃんとはいえ、ゴールデンを追放されたことで確実に視聴者が減るのは間違いないね。 よく数十年間の歴史をいとも簡単に絶えさせることができるなぁ。 夕方4~5時は出かけている家庭があるんだから確実に視聴率は減りそう。 休日前の金曜日夜に見るから気が休まっていて良いのに。 自分が子供の頃は毎日ゴールデンにアニメやってたし、夕方には再放送もやってた。 今は間延びした2時間のバラエティや、昼間はダラダラした生放送ばっか。 今の作り手は子供時代にどんな番組見てきたか、もう一度見つめ直すべき。 などのコメントが寄せられています。 見逃し配信サービスやネットコンテンツの充実、録画機器の普及などによって、リアルタイムでテレビ番組を視聴する世帯が減少しているのは間違いなく、『ドラえもん』は1980年代に平均視聴率が20%超えをほぼ毎週記録していたものの、1990年代後半には15%前後、2000年代前半には12%前後、現在は6~7%台で推移しています。 一方の『クレヨンしんちゃん』についても1990年代には15~20%前後で推移していましたが、その後徐々に下がって現在は『ドラえもん』と同じ6~7%台で推移している状態です。 同時間帯に日本テレビ系で放送の『沸騰ワード10』、TBS系で放送の『爆報! THE フライデー』は11%前後で推移しながらトップ争いを繰り広げており、テレビ朝日は遅れを取っている状態が続いています。 そうしたことから、金曜のゴールデン帯(19~22時)に放送の『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』に加えて、生放送の音楽番組『ミュージックステーション』(金曜20時)なども放送時間を変更するとしており、10月からは19時台にバラエティ番組『ザワつく! 金曜日』、20時台に『マツコ&有吉 かりそめ天国』、21時台に『ミュージックステーション』という流れになると報じられています。 これが吉と出るか凶と出るかはまだ分かりませんが、この改編で金曜ゴールデン帯の視聴率が上昇したとしても、『クレヨンしんちゃん』と『ドラえもん』の視聴者からは今後も不満の声が上がり続けるとみられますし、新設される『アニメタイム』枠のリアルタイム視聴率は微妙な結果になりそうな気がしますね。 ID:MzA3NTEzMjcw 私が下新田に住んでいた頃は、静岡ローカル枠や旧BS2のアニメ枠はもちろん、午後、夕方の数字を確実にお伝えしてくれるタイプの市況番組枠やケーブルテレビのコミュニティチャンネルでの別タイプの文字ニュース番組がその時間を中心にいっぱい放送していて、私も、ほぼ毎日たくさん、視聴していました。 更に、ケーブル導入前には、夜の静岡ローカルニュース番組内で市況コーナーをアナウンサーが読み上げる形でお伝えしてくれいて、こちらも拝見させていただきました。 今の同じ時間枠は、主要局のワイドショー、地域情報番組、帯の韓流ドラマなどにとって変わられて私自身は、これらにに対応した番組の楽しみ方が今もできていません。

次の

「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」は土曜日に左遷 苦肉の“抱きつき作戦”

ドラえもん クレヨン しんちゃん 土曜日

大幅な番組改編に疑問や批判の声も上がっています(撮影:尾形文繁) この1週間、「金曜の家族だんらんを奪うな!」「国民的アニメを何だと思っているのか!」「『Mステ』の歴史を壊すな!」など怒りの声がネット上に飛び交っています。 多くの人々から問題視されているのは、が先日発表した秋の番組改編。 10月からアニメ「ドラえもん」が金曜19時から土曜17時に、「クレヨンしんちゃん」が金曜19時30分から土曜16時30分に、「ミュージックステーション」を金曜20時台から21時台に移動することが発表されました。 【2019年9月5日10時50分追記】初出時、上記番組の現行放送時間に一部誤りがありましたので修正しました。 「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」が放送されている金曜19時台には現在金曜21時台の「ザワつく!金曜日」、金曜20時台には現在水曜23時20分から放送している「マツコ&有吉 かりそめ天国」を移動。 金曜のゴールデンタイム(19〜22時)をすべて刷新する、まさに大改革です。 どんな番組改編にも一定の批判はつきものですが、今回は怒りの声が飛び交うという異様な状況。 テレビ朝日にはどんな狙いと誤算があるのでしょうか? ファミリー層のテレビ離れを加速か とりわけ強い不満の声を上げているのは、子どもを持つ親たち。 「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」が放送されている金曜夜は、子どもにとって唯一無二のゴールデンタイムであり、1週間のごほうびとも言える時間です。 今回の改編によって、親たちはそんな子どもたちに「1日待て」と言わなければいけませんし、これまでドラえもんやしんちゃんが登場していた時間帯に長嶋一茂さんや石原良純さんが毒舌を吐いていたら、びっくりしてしまうのではないでしょうか。 秋以降、金曜日に「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」を見せるとしたら、1週間前に録画しておいたものか、ネット配信されているものに変えざるをえません。 ファミリー層のテレビ離れを進めかねないものであり、子どもという近未来の顧客を大切にしない戦略です。 また、「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」の移動先となる土曜の夕方は、すでに日本テレビが17時30分から「MIX」、18時から「名探偵コナン」を放送している時間帯。 つまり、テレビ朝日は日本テレビの「MIX」「名探偵コナン」の直前に「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」を放送しようとしているのです。 2時間4つのアニメが続くことで喜ぶ子どもがいる反面、親としては「2時間ぶっ通しで見せたくない」と困ってしまう人も少なくないでしょう。 そもそも土曜夕方は、金曜夜と比べると、イベント、レジャー、習い事など外出の多い時間帯だけに、「親子そろって見るのが難しく、スケジュールの調整を求められる」というデメリットがあります。 テレビ朝日は2年前の改編でも、朝の情報番組「サンデーLIVE!! 」をスタートするために、スーパー戦隊シリーズと仮面ライダーシリーズの時間をそれぞれ20年ぶり、17年ぶりに移動。 ただ、これによってフジテレビのアニメ「ONE PIECE」などの放送時間とバッティングしてしまい、批判の声がTwitterを埋め尽くしたという過去がありました。 ファミリー層にとっては、「またテレビ朝日がやってくれたか」という印象を与えてしまっているのです。 「ドラえもん」は休日に入るスイッチ 「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」は全国ネットのゴールデンタイム唯一のアニメで、テレビ朝日だけの強みであり、テレビ業界にとっても最後の砦。 「ドラえもん」は1979年から40年間、「クレヨンしんちゃん」は1992年から27年間もの長期にわたって放送されている国民的アニメであり、子どもだけのものではありません。 大人にとっても「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」は長年親しんできた1週間のリズムをつかむ番組。 例えば、ザッピング中にチラッと映っただけで、休日に入ったことを実感するスイッチのようなところがあり、長年の感覚が変わってしまうことへの不満があるようです(ちなみに日曜18時台の「ちびまる子ちゃん」「サザエさん」は休日が終わるスイッチ)。 また、見方を変えると、今回の改編は視聴者にとってのロスだけではありません。 テレビ朝日にとっても、長年かけて作り上げた「金曜19時台は『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、20時台は『ミュージックステーション』を見る」という視聴習慣を失うものであり、再構築を求められることになります。 ネットの発達によって、「見たいときに見たいものを見る」オンデマンドが当たり前になりました。 だからこそ「〇曜日の〇時はこれを見る」という視聴習慣をどう作り、どう継続させていくかは、テレビ最大の課題であり、弱点とも言えるところです。 ところが、アニメと音楽の代わりに放送するのが、毒舌をベースにしたトークバラエティだったため、視聴者層はほとんど重なりません。 はたしてテレビ朝日の社員たちは「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ミュージックステーション」の視聴者に胸を張って、「10月以降は『ザワつく!金曜日』『マツコ&有吉 かりそめ天国』を見てください」と言えるのでしょうか。 まるで、「これまでの視聴者層を切り捨てて、別の視聴者層を拾おう」という姿勢に、視聴者のみならず、業界内からも疑問の声が上がっているのです。 ゴールデンタイムは深夜番組の墓場 「ザワつく!金曜日」「マツコ&有吉 かりそめ天国」のようなトークバラエティは、他の番組よりも制作の手間がかかりにくく、視聴率に対するコスパがいいため、「バラエティ全体の3分の1を占める」と言われるテレビ局にとって都合のいいコンテンツ。 また、何かと話題になりやすい毒舌が売りのトーク番組を2つ並べたのは、「同じ視聴者に続けて見てもらおう」という視聴率対策にほかなりません。 さらに、「21時台だった『ザワつく!金曜日』を19時台に見てもらおう」という移動も視聴者から見たら強引ではあるものの、より批判の声が強いのは「マツコ&有吉 かりそめ天国」の深夜23時台から20時台への移動。 「2人の毒が薄くなる」「扱えなくなるネタが多い」など内容を不安視する声が大半を占めています。 不安視する声が多い理由は、テレビ朝日に「深夜のバラエティをゴールデンに移動させ、内容をマイナーチェンジしたうえに、けっきょく打ち切りにしてきた」という過去があるから。 実際、深夜で人気を集めた「愛のエプロン」「銭形金太郎」「くりぃむナントカ」「クイズ雑学王」「シルシルミシル」「中居正広のミになる図書館」「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」などが、ゴールデン向きの内容にマイナーチェンジしたことに不満の声が上がり、終了の際には「深夜から移動させないでほしかった」とテレビ朝日に怒りをぶつける人が少なくありませんでした。 民放テレビ局が営利を考えるのは当然のことですが、だからと言って人気商売であり、公共の電波を利用している以上、番組を支持する人々より視聴率獲得を優先させていいわけではないでしょう。 視聴者がテレビ朝日に対するネガティブなイメージを持つことになった歴史を今秋、繰り返しているところに、いまだ「テレビはトップのメディア」「無料放送だからこれくらいはいいだろう」という上から目線を感じてしまうのです。 「視聴者ファーストではなく、視聴率ファースト」というテレビ朝日の姿勢は、今秋の改編だけではありません。 8月に放送された「日曜プライム」(日曜21時〜)のラインナップは、「点と線」「刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史」「十万分の一の偶然」という過去に放送されたドラマの再編集版でした。 それぞれビートたけしさん、渡辺謙さん、田村正和さんという大物が主演を務めただけあって、いずれも視聴率15%以上を獲得した作品だけに、「今回も制作費がほとんどかからないうえに、高視聴率を獲れるだろう」という狙いが透けて見えます。 さらに、8月の「日曜プライム」で唯一の新作ドラマだった25日放送予定の「深層捜査スペシャル」は、急きょ「世界バドミントン2019 スイス・バーゼル 決勝」に差し替え。 これは同大会で複数の日本人選手が決勝に勝ち残ったことを受けての変更であり、すなわち「これならリアルタイムで見てもらえるだろう」という視聴率獲得に向けた緊急対応でした。 しかし、バドミントンの中継はすべて生放送で見られるわけではないうえに、BSから地上波に変わったことでCMが目立つなど、ファンにとっては必ずしも歓迎すべきものではなかったのです。 結果的に、男子シングルスの桃田賢斗選手、女子ダブルスの永原和可那・松本麻佑ペアが優勝したにもかかわらずネット上には、「決勝に行ったから急きょ放送するなんてあざとすぎる」「放映権を獲ったなら、責任を持って地上波で放送すべき」「2時間ドラマを楽しみにしていたのに」などのテレビ朝日への批判が見られました。 なぜテレビ朝日は、「長年放送してきた『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』『ミュージックステーション』を移動させる」「名作ドラマの再放送を立て続けに放送する」「急きょバドミントン中継に差し替える」などの批判の声が上がるであろう策を採ってまで、視聴率を獲得しようとしているのでしょうか。 テレビ朝日が「明日なき戦い」に挑む理由 その答えは、ライバルの日本テレビに勝って年間視聴率三冠を達成したいから。 年間視聴率三冠とは、全日(6〜24時)、ゴールデン(19〜22時)、プライム(19〜23時)の3つでトップを獲ることであり、テレビ朝日はまだ獲得したことがありません。 いわば局の悲願であり、5年連続視聴率三冠の日本テレビを上回るために、これまでアンタッチャブルな存在だった「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「ミュージックステーション」を移動させるという思い切った改編を行うのでしょう。 しかし、テレビ朝日は視聴率が好調であるにもかかわらず、2019年3月期(2018年度)の連結決算で民放5局唯一の減収減益でした。 これは中高年層の視聴者が多いことで自社商品を売りたいスポンサー受けが悪く、視聴率にふさわしい広告収入が得られなかったから。 私自身がテレビ朝日の社員、某広告代理店の営業マン、某大手企業の宣伝担当から直接聞いたことであり、間違いないでしょう。 テレビ朝日は、朝の「モーニングショー」「じゅん散歩」から、昼の「ワイド!スクランブル」「徹子の部屋」、夜の「報道ステーション」「ポツンと一軒家」、ドラマの「相棒」「科捜研の女」(再放送を含む)まで、中高年層がターゲットの番組を量産してきました。 テレビ朝日が中高年層を狙い撃ちしてきたのは、録画視聴やネット視聴ではなく、視聴率につながりやすいリアルタイム視聴をしてくれるからにほかなりません。 事実、テレビ朝日は日本テレビとトップ争いをするほどの視聴率を獲得していますが、中高年以下の年齢層を後回しにしたことで、クライアントと視聴者の両方から評価を得られていないのです。 その意味で、広告収入につながりやすく、長期の顧客になりやすいファミリー層や若年層を軽視するような今秋の改編は、「今年の結果を得るための短期的な策」と言われても仕方ないでしょう。 他局で情報番組を手掛けるプロデューサーに「今回の改編をどう思うか?」と尋ねたら、「テレビ朝日もここまで来たか」「明日なき戦いに突入したように見える」と言っていました。 日本テレビを筆頭に他局は、現在各メディアが報じている世帯あたりの視聴率ではなく、世代別で見た若年層の視聴率を重視する方針に変えはじめています。 もし今秋の改編が成功してテレビ朝日が視聴率三冠を獲得したとしても、手放しで喜べるのは一部の上層部だけで、大半の関係者は不安に襲われるでしょう。 テレビマンの危機感と苦笑いの意味 一方、テレビ朝日の追い上げを受ける日本テレビは、ドラマ「あなたの番です」がたびたびツイッターの世界トレンドにランクインしているように、若年層をターゲットに含めた番組制作を進めて一定の成功を収めていますが、しばしば視聴率を得るための演出が行きすぎてしまうケースが散見されます。 例えば、先週末に放送された「24時間テレビ」では、「4人目の駅伝ランナーを放送中に発表」「番組終了までにゴールできず『行列のできる法律相談所』に視聴者を引っ張る」など視聴率狙いの内容に「あざとい」という声が飛び交っていました。 程度の差はあれど、「視聴者ファーストではなく、視聴率ファースト」という点では、テレビ朝日だけではなく、他局もほとんど同じなのです。 テレビは、「好きなときに、好きな場所で、好きなものを、好きな分だけ見る」というユーザビリティでネット動画コンテンツに劣るだけに、それを補うためには視聴者ファーストでの番組作りが必須。 もともと視聴者にとって視聴率は無関係のデータだけに、これに固執し続けていると、人々との温度差は広がってしまうでしょう。 先日、テレビ朝日のある社員と会ったとき、視聴率トップ争いについて話を聞くと、「それだけではダメだと思うけど、今年はやり切るしかない」と苦笑まじりに答えてくれました。 さらに、日本テレビのある社員に同じことを聞いたら、同じような苦笑いで「トップにはなりたいけど、それだけではいけない」と言っていました。 トップ2社が「視聴者ファーストではなく、視聴率ファースト」に陥ってしまうところにテレビ業界の厳しい現状を感じてしまいますが、救いは現場の社員たちが危機感を抱いていること。 民放各局が持つ映像制作の技術とノウハウは、依然として他の追随を許さないレベルだけに、視聴率をベースにしたビジネスモデルから脱却し、視聴者ファーストの姿勢を前面に出すことさえできれば、再び黄金期を迎えることも夢ではないでしょう。 外部サイト.

次の

【アニメ】「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」土曜夕方にお引越し

ドラえもん クレヨン しんちゃん 土曜日

金曜改革も大失敗!? ツイッターで「アニメ 左遷」と検索してみると、相当数のツイートが表示される。 近年、少子高齢化を背景に多くのアニメ番組がゴールデンタイムから消え、歎き悲しむ声が少なくないということだ。 *** 特に今年はテレビ朝日が、誰もが国民的アニメと認める「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」の放送時間を変更したことが大きな話題になった。 9月6日までは「ドラえもん」は金曜の午後7時、「クレヨンしんちゃん」は午後7時半から放送されていた。 この時間帯がゴールデンタイムにあたることは言うまでもない。 ところが10月5日から、前者は土曜の午後5時、そして後者は、より早い午後4時半からの放送となった。 テレ朝は、金曜夜のゴールデンタイムで視聴率が低迷している「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」を左遷。 視聴者の年齢層を上げ、アニメ2番組の後に「ミュージックステーション」が始まるミスマッチを解消。 悲願の「視聴率三冠王」、「打倒日本テレビ」を実現させようと、金曜改革の大なたを振るったのだ。 だが、テレ朝の目論見は、今のところは失敗に終わっているようだ。 ライバル民放キー局で番組制作に携わるスタッフが解説する。 「前提として、テレ朝の日テレ超えは決して夢物語ではありません。 『ナニコレ珍百景』(日・18:30)、『ポツンと一軒家』(同・19:58)、『相棒』(水・21:00)、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(木・21:00)と高視聴率番組が多く、朝の『モーニングショー』(平日・8:00)や、午後の『相棒』の再放送も手堅く数字を稼いでいます。 ところが続く「かりそめ天国」は深夜番組の良さが失われて8%台に低下し、「ミュージックステーション」が5%台に甘んじている。 例えば11月8日に放送された「Mステ」の視聴率は5・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だった。 「それでも3番組をテコ入れしたり、最悪の場合は新番組をスタートさせたりすれば、とりあえず何とかなるものです。 何しろ10年前は金曜夜で20%台を稼いでいた2番組が、土曜の夕方になってからは3%とか2%という数字も出ているわけですからね」(同・制作スタッフ).

次の