ペイペイ くじ引き。 ヤフオクのお得なキャンペーン 「帰ってきた毎日くじ」

ヤフオクのお得なキャンペーン 「帰ってきた毎日くじ」

ペイペイ くじ引き

ペイペイで10万円当たる方法 キャンペーン名称:Yahoo! あらかじめご了承ください。 キャンペーン概要:Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウント未連携の方限定! Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントを連携するとPayPay残高最大10万円相当が当たります。 JAPAN IDにつき、期間中1回までです。 JAPANアプリにて連携の場合、本キャンペーン参加時のYahoo! JAPAN IDにてログインの上、PayPayのご利用登録を行うことで連携が可能です。 ご利用登録方法については、こちらをご確認ください。 JAPAN IDとの連携方法をご確認ください。 JAPAN IDとPayPayアカウントを連携されている場合、くじを引けたとしても当選景品の進呈対象とはなりませんのでご了承ください。 ペイペイくじの賞品と当選数 賞品・当選数 1等:Yahoo! JAPAN ID連携でもらえるPayPay残高10万円相当 1名様 2等:Yahoo! JAPAN ID連携でもらえるPayPay残高1万円相当 5名様 3等:Yahoo! JAPAN ID連携でもらえるPayPay残高1,000円相当 5,000名様 4等:Yahoo! JAPAN ID連携でもらえるPayPay残高100円相当 上記以外全員 ペイペイ10万円くじの感想まとめ 1名だけなんで、10万円当てるのはかなり厳しいです・・・ ただ、このくじはハズレがありません。 最低でも100円は当たるようになっています。 100円をもらいに行く感覚でくじ引きにいきましょう。 次の記事 関連する記事• ポケモンを捕まえた数がついに138匹となりました。 ポケモンGOに飽きて去っていく友達も多い中、地道にコツコツ続けてます […][…]• ついに、あの「ゆうちょ銀行」がスマホ決済サービスを開始します。 その名も「ゆうちょPay」 ペイペイや楽天ペイにどれだけ […][…]• ポケモンGOに「相棒ポケモン」機能が追加されたので相棒を選んでみました。 目次 1. 相棒ポケモン機能とは […][…]• ついにKindle(ニューモデル)を買っちゃいました。 漫画も小説も紙媒体で読みたいタイプだったんですが、収納場所に困る […][…]• LINEモバイルの特別オファー特典が届いて、LINEポイントを10000ポイントもらいました。 1ポイントあたり1円相当 […][…].

次の

【期間限定】ペイペイが最大10万円当たるくじ引きはハズレ無し! │ 藤太郎のBLOG

ペイペイ くじ引き

1、即返金してくれた 該当の商品のみをバーコードで読みとり、 レジから現金を出して返金という結果に。 10秒くらいで返品&返金してくれました。 現金手渡しなので、PayPayの残高は減ったままです。 これでいいのか?と思いましたが、いいのだろう。 現金購入と同じやり方での返品&返金処理なので、 もしかしたら店員が間違っている可能性もあります。 しかし、間違いだったとしても店員次第ということになる。 2、現金化としては最高レベル もしこれが当たり前であれば、最高の現金化です。 やる気になれば上限である3万円儲けることが可能です。 人間、このくらいやる人は普通にいる。 ただ、この返品&返金方法は間違いだと思います。 ちゃんとPayPayの決済を取り消し処理しないといけないはず。 基本的にはできないものと考えたい。 nanacoやEdyの返品は、現金の返金です。 したがって、チャージで得たポイント分が儲けとなる。 セブンイレブンで買えるQUOカードも、返品は現金です。 1万円で10180円分使えるので、180円の儲け。 これよりも、金券屋で安く買えば500円くらいは儲かるだろう。 ここがキャッシュレスのデメリットです。 悪いことを考えると、いくらでも悪いことができる。 店員と共謀すれば、荒稼ぎできてしまう。 まぁ、こんな悪いことをするよりも、 やるなら転売した方が儲かるので、止めておこう。 そうなると痛いので、悪いことはダメ絶対。 最後に くじ引きは返品不要だから悪用する人もいる 500円購入すると、くじ1枚というキャンペーンは定期的にあります。 これは商品を返品しても、くじを返品する必要はない。 ということで、くじだけ貰うせこい泥棒がいるものです。 情けないので止めよう…。

次の

PayPay(ペイペイ)で購入した商品を返品してみた結果(返金対応)

ペイペイ くじ引き

ペイペイのキャッシュバックキャンペーンですが、早くも12月の中旬には終了してしまいました。 キャッシュバック欲しさに ペイペイに登録をしてお買い物をされた方も多いのではないかと思います。 さて、このようなキャッシュバックキャンペーンやポイント還元キャンペーンをやる際に問題になるのが、の景品規制です。 「景品規制の趣旨」 ざっくりいうと、景品規制とは、あまりに高額な商品やポイント還元などをやり過ぎてはいけませんよ!というルールです。 その理由は二つあります。 だから、高額な景品は出してはいけませんよ!ということです。 結果、お金を持っている会社が勝ち、それよりも本当は優れたサービスを提供している会社が勝てなくなってしまいます。 つまり、業界の自体が止まってしまうということです。 体力の少ない企業だからこそ、サービスの内容や品質、そしてアにこだわって、大きな企業と戦えるようにしておかないと、業界全体の革新が進まなくなってしまいますよね。 「景品規制の概要」 上記の趣旨から、景品規制は以下のような構造になっています。 たとえば、ユーザー登録してくれたら、ポイントを2倍あげるというキャンペーンなどです。 逆に、ゴミ掃除のボランティアに参加してくれた謝礼として、をあげたとしても、それは顧客誘引の手段とはいえないですよね。 たとえば、ポイントをもらうためには、必ずこの店舗でモノを買わないといけない場合です。 逆に、その店舗でモノを買わなくてもプレゼントがもらえる場合は、取引に付随しているとは言えない可能性が高いです。 たとえば、非売品のグッズのように市場で値段がついていないものでも、メルカリなどのフリマサービスに出品すれば売れるような場合、経済上の利益に当たることになります。 逆に、フリマサービスに出品しても、価がつかないような場合は、それを経済上の利益とは言うのは難しいことになります。 一般懸賞にあたる場合の景品の上限は以下のとおりです。 この場合、一般懸賞と違って、プレゼントを用意するコストを複数社で負担しているのが特徴です。 共同懸賞にあたる場合の景品の上限は以下のとおりです。 5,000円以上の買い物をしても全員がプレゼントをもらえるわけではない場合は、上記の懸賞に分類されます。 総付景品にあたる場合の景品の上限は以下のとおりです。 オープン懸賞とは、取引の成立や一定の取引を誘引させるマイルストンプ(来店)が、プレゼントを配布する条件になっていないということです。 この場合、オープン懸賞で提供されるプレゼントは、そもそも「景品」ではないという整理になります。 ですので、オープン懸賞で配布できるプレゼントに金額の制限はありません。 もっと詳細を知りたいという方は、以下ののページにさまざまな資料があり、そちらをご覧ください。 「ペイペイの場合はどのように考えるのか」 さて、ではペイペイの場合はどのようなロジックで、100億円ものお金をキャンペーンに投じることができたのかということを整理していきたいと思います。 この点については、次回の記事「ペイペイ20%キャッシュバックCPの景表法上の整理その2」で書きたいと思います。 2018年も今日で終わりますね。 今年やり残したこと、来年やりたいこと、いろいろな思いがよぎるところではありますが、一歩でも前に進んでいければと思います。 sanpomm.

次の