ドクター x。 ドクターX〜外科医・大門未知子〜

米倉涼子、極秘退社に『ドクターX』続編待ちのテレ朝が激怒か

ドクター x

ドクターXのナレーションは誰? ドクターXのナレーションをしているのは、 『田口トモロヲ』さんです。 田口トモロヲさんは、 俳優やナレーター、ミュージシャンとして活動されています。 1957年11月30日生まれの61歳です。 見えない目撃者で木村役の田口トモロヲさん。 主演から渋い脇役まで幅広いけど経歴が諸々スゴすぎる 笑 そして綾野剛さん多部未華子ちゃんの映画 「ピース オブ ケイク」を監督したのも田口さん。 キスシーンが生々しかった。 — buchi buchi06979589 田口トモロヲさんを一番有名にしたのは、やはり ナレーションです。 一番有名にした作品は、NHKの 「プロジェクトX~挑戦者たち~」です。 どちらも落ち着いた声で番組を盛り上げてくれています。 前回の「シーズン5」でみてみましょう。 2017年、崩れかけた白い巨塔は再びその権力を取り戻し、命のやり取りをする医療は本来あるべき姿を見失った。 そんな中、どこの大学医局にも属さないフリーランス、すなわち一匹狼のドクターが現れた。 例えばこの女、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと、叩き上げのスキルだけが彼女の武器だ。 外科医大門未知子、またの名を「ドクターX」 : ドクターXより 最初のセリフは、医療を取り巻く現状をナレーションで伝えていますね。 そして、「例えば」からお決まりのナレーションでドクターXの始まりを盛り上げていきます。 この部分はどの回も同じです。 ドクターX見逃したら何が一番お得なの? 調べてみたところ、全シリーズ見放題は、「Amazonプライムビデオ(会員)」と「auビデオパス」です。 シリーズ6をやっているのはauビデオパスのみです。

次の

ドクターX【2017年第5期】大門未知子のあらすじとネタバレ。最終回の結末は?

ドクター x

「私、米倉涼子は1992年より、27年間お世話になりましたオスカープロモーションとの所属契約を、2020年3月31日をもって終了することをご報告いたします」 人気女優・米倉涼子の電撃退社が発表され、世間にも大きな衝撃が走っている。 オスカープロモーションといえば今年に入り、忽那汐里、岡田結実、ヨンアなど人気タレントの退社報道があったばかり。 「 退社の話は今年に入ってから進められ、幹部クラスでも知らない人がいたほど、トップシークレットだったそうです」(テレビ局関係者) 交際中のアルゼンチン人ダンサーとの結婚を、事務所に反対されたことが原因だと一部メディアが報じていたが、どうやらそれは違うらしい。 「 前回の結婚は事後報告に近い形で事務所に報告があったほど。 「 実は10月からテレ朝で米倉さん主演のドラマが内定しているんですよ。 退社報道のあった日にオスカーの幹部数人が事情説明のため来社し、今後について話し合いをしたそうです。 米倉さんは責任感が強いので1度やると決めたドラマのキャンセルは考えづらいですが、話がなくなる可能性もゼロではありません」(テレビ朝日関係者) 特定のイメージをつけたくない米倉は『ドクターX』の出演を拒んでいるようだが、テレ朝は続編を望んでいる。 今年は『リーガルV』が濃厚になっているのですが、退社したとなると、来年『ドクターX』に出演してくれる可能性は低い。 話が違う! とテレ朝が憤慨してもおかしくありません」(前出・芸能プロ関係者) 気になる米倉の今後だが、しばらくはどこにも所属せず、フリーで活動するようだ。 「 現段階では担当していたスタッフは誰もついていかないと聞いています。 しかし、すべてをひとりでやっていくのは大変でしょうからね。 彼女の元担当スタッフには、すでに退社している人もいるそうなので後日、合流するのでは……と、もっぱらの噂です」(同・芸能プロ関係者) ブロードウェイミュージカル『シカゴ』の出演経験もあるだけに、海外進出の可能性も考えられるが……。 「『シカゴ』の公演は心身ともにかなりの負担がかかるので、すぐに海外展開は考えにくいですね。

次の

ドクターxの見る順番!全シリーズの見方

ドクター x

米倉涼子 今クール(10~12月期)の連続テレビドラマ『 ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第1話が10月13日に放送され、平均視聴率20. 4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)をマークし好発進となった。 まず気になるのは、主人公・大門未知子( 米倉涼子)のような特定の病院に属さないフリーランスの外科医の金銭事情である。 第1話内では、大門に1回の手術の報酬として1000万円が支払われるが、やはりフリーの外科医が受け取る報酬は高額なのだろうか。 「1000万円というのは、基本的にはあり得ません。 日本は基本的に国民皆保険であり、手術の値段は『誰が・どこで・誰を』手術しても同じなので、保険診療をしている以上、金額は決まっています。 たとえば、がんは入院治療費すべて込みで約100~500万円なので、そこから1000万円を一人の医師に払うことは起こり得ません。 ちなみに米国では、売れっ子の心臓外科医や脳外科医などの一部が、年俸1億円を超えたことで話題になっています。 しかし、あくまで年俸であり、1回の手術で1000万円の報酬はあり得ないと思います」(現役医師・A氏) このほかにも、同ドラマの内容をめぐっては、現場の医師から多くの疑問の声も聞かれる。 そこで今回は第1話内の具体的なシーンについて、現役医師たちに感想を聞いてみた。 絶対にあり得ない話 まず、ドラマ冒頭、米国ニューヨークで大門が街中で偶然、激しい腹痛に見舞われた妊婦と遭遇し、大門がそのまま近くの病院へ患者を運び、自身で緊急手術をするシーンが流れる。 このように、医師が突然、まったく見知らぬ病院で緊急手術するような可能性はあるのだろうか。 「日本人の医師が日本で取得した医師免許を持っているだけでは、米国内で医療行為を行うことはできません。 たとえ大門が米国の医師免許を持っていたとしても、雇用契約のない病院で医療行為を行うことは、平時ではあり得ません。 ちなみに日本の法律では、外科手技は傷害罪の構成要件(罪となる最初の段階)は満たしますが、医師であるということで違法性が阻却されます。 つまり大門が医師免許を持っていなければ、手術を行った病院の責任になってしまいます。 また、患者が大門を知っていて『大門に、ぜひ手術をお願いしたい』となれば、そこで診療契約が成立したとも考えられますが、病院側が了解しないでしょう」(現役医師・B氏).

次の