中止だ中止。 大相撲夏場所、中止決断へ…7月名古屋場所は東京開催プラン浮上― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

「表現の不自由展・その後」 中止の波紋

中止だ中止

5月16日、WHOのテドロス事務局長と会談したIOCのバッハ会長 右。 健康促進を重んじる会長は無観客での五輪開催には否定的 緊急事態宣言解除を3日後に控えた5月22日、小池百合子都知事 67 は五輪代表選手の練習施設『ナショナルトレーニングセンター』に言及。 早期に再開したいと述べた。 だが、現実は甘くない。 五輪の準備作業を統括するIOC(国際オリンピック委員会)のコーツ調整委員長は5月21日付の豪紙『オーストラリアン』で「新型コロナウイルスの感染が収束しない限り、東京五輪の開催はありえない」と警告。 今年10月ごろに開催可否を判断する、とクギを刺した。 感染者170万人、死者10万人を出しているアメリカの見立てはさらに厳しい。 本誌は米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートを入手。 そこには、こんな一文があった。 「東京五輪は中止が決定している」 その根拠は以下の通りだ。 ちなみにこの企業は、今年、五輪延期が発表される数週間前にも同様のレポートを作成。 いち早く対策を練っていた。 米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』のクリストファー・ウォルシュ記者も「五輪中止」を否定しない。 「強行開催したとして、無観客に近い形になるでしょう。 そんな大会に莫大な資金を出すスポンサーがどれだけいるのか。 実際、新型コロナで多くの選手が企業のサポートを失っています。 練習環境に不平等が生じているのもフェアではない。 これらの理由で、複数のIOC関係者が『中止すべき』と主張しています」 長年、アメリカの代表選手や関係者の移動を担ってきたスポンサー企業のひとつ、ユナイテッド航空は1月~3月の決算で1800億円もの赤字を計上した。 「延期を受けて各スポンサー企業は再契約を迫られていますが、難航しています。 大減益のなか、ビジネスとしての旨味も宣伝効果も薄い東京五輪にカネを出す意味を測りかねているのです。 中止になってほしい、というのがホンネでしょう」(在米ジャーナリストの伊吹太歩氏) 「五輪ファースト」は日本だけなのだ。 コーツ調整委員長 左 はコロナの再流行をニラんで「10月に判断」と発言。 「収束している可能性は低く、中止は既定路線」(関係者) 『FRIDAY』2020年6月12日号より• 写真:WHO/ロイター/アフロ AFP/アフロ.

次の

中止品一覧

中止だ中止

そのことを示す極秘情報を週刊フライデーが入手したというのだ。 週刊誌の記事でなんでも動く野党だ。 野党は今日発売の週刊フライデーの東京五輪中止決定というスクープ記事を引用して安倍首相にいますぐ退陣を迫るべきだ。 安倍退陣の理由はどこにでも見つけられる— 西村佳能 新党憲法9条 nishiy2006 一刻も早く安倍政権退陣を迫り、第2波、第3波に備えられるまともな政権へ刷新すべき。 五輪へかかる費用は国民の命を守るために使うべき。 五輪中止は決定済みと報じた週刊フライデーの衝撃 — まつ championmatsu これで安倍は夏頃退陣か… まあ何より。 五輪中止は決定済みと報じた週刊フライデーの衝撃 新党憲法9条 — pirorega pirorega 五輪中止は決定済みと報じた週刊フライデーの衝撃 2020-05-29 天木直人のブログ きょう5月29日発売の週刊フライデーが(6月12日号)が安倍政権の帰趨を占う衝撃的な記事を掲載した。 来年7月に延期された東京五輪が、実はすでに中止とすることで決定済みであるというのだ。 そのことを示す極秘情報を週刊フライデーが入手したというのだ。 すなわち、米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートの「東京五輪は中止が決定している」という一文が見つかったというのだ。 中止の理由は次の通りとなっているというのだ。 私がこのスクープ記事を知って直感的に思ったのは、実はこの情報は安倍政権も知っていて、もはや無理だと観念した上で、自らの任期を引き延ばすために強がりを言っているのではないかということだ。 今朝のNHKの早朝ニュースが報じていた。 安倍首相は完全な形での東京五輪実現のためにコロナ危機に打ち勝つという考えを示したと。 私は何かの聞き間違いかと思った。 何が何でも開催したいから無観客でもいいから開催したいと、安倍首相が方針転換をしたのかと思った。 ところが今でも完全な形の開催にこだわっているのだ。 本気でそう考えているのなら完全に判断力を失っている。 一刻も早く首相を辞めないと日本という国は危ない。 佐藤栄作長期政権の記録を超えるために8月末まで引退時期を先延ばしするための嘘だとしたら、保身のために国民を欺いているということだ。 これまた一刻も早く首相を辞めさせないと国民は馬鹿を見る。 コーツIOC調整委員長は、「今年10月ごろに可否を判断する」と5月21日付の豪州紙「オーストラリアン」に語った。 これに対し日本政府側はそんな話は聞いていないと否定している。 とんでもない日本政府の反応だ。 10月でも遅すぎるぐらいだ。 コロナをめぐる世界情勢はどんどん不透明になってきている。 東京五輪の中止決定は早ければ早いほうがいい。 東京五輪の中止決定を安倍首相の辞任の花道にして、コロナ後の世界に、日本は一日もはやく新体制で取り組むべきだ。 週刊誌の記事でなんでも動く野党だ。 野党は今日発売の週刊フライデーの東京五輪中止決定というスクープ記事を引用して安倍首相にいますぐ退陣を迫るべきだ。 今週が勝負ですね。 神サマー仏サマー、2020年夏の「あつーい」選挙だ、俺たちに勝たせておくれ!! もう、梅雨ノジメジメ感なんて吹っ飛ばそう!!! [18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理 34. : : [669] 五輪に関して安倍首相が何を言おうと、この嘘つきが嘘を言っているとしか思えない。 取り巻きもぎりぎりまで付き合う人達でいっぱいだ。 NHKは、鳥のオウムに過ぎず、何の意味もない。 どう見ても五輪は中止にならざるを得ない。 そうであっても金持ち日本はとにもかくにもある程度の残務処理資金を払わざるを得ないのではなかろうか。 むしろ、オリンピック中止を自ら決定し、次の課題に取り組むようにすることが、望ましいのではないか、そしてそのために安倍政権に引導を渡すことが求められよう。 新型コロナ対応も、安倍政権はオリンピックのために現実を誤魔化し後手後手を引いて大変な経済状況を招くこととなった。 失敗を重ねてはならないだろう。 : : [3900] 近代の五輪なんて一部の組織がおいしい思いするだけの利権まみれ。 「五輪利権」 選手村があるけれど「利権村」 プラス日本には、高野連と朝日新聞がタッグになり球児を利用して金儲けの夏の高校野球開催がある。 2020東京五輪なんて、組織委員会への賄賂の元、「福島の汚染水はアンダーコントロールされている」という嘘で開催国になっただけ。 凄い!日本とか全く関係ない。 現在進行中の福島の原発問題などそっちのけ。 避難者の救済もそっちのけ。 (危機に直面してダチョウのように砂漠に顔をっ混んだり、言葉を言い換えても現実は変わらない。 福一って、いまどのような状況なのだろうか) 7月の都知事選。 小池百合子の対抗馬。 宇都宮健児。 彼はオリンピック中止を表明して、浮いた費用をコロナ対策に充てるべきだという主張。 自身は、東京都民でないので投票権はありません、と7月の都知事選に向けて東京都に在住の皆さまどうでしょうか? 57.

次の

中止品一覧

中止だ中止

そのことを示す極秘情報を週刊フライデーが入手したというのだ。 週刊誌の記事でなんでも動く野党だ。 野党は今日発売の週刊フライデーの東京五輪中止決定というスクープ記事を引用して安倍首相にいますぐ退陣を迫るべきだ。 安倍退陣の理由はどこにでも見つけられる— 西村佳能 新党憲法9条 nishiy2006 一刻も早く安倍政権退陣を迫り、第2波、第3波に備えられるまともな政権へ刷新すべき。 五輪へかかる費用は国民の命を守るために使うべき。 五輪中止は決定済みと報じた週刊フライデーの衝撃 — まつ championmatsu これで安倍は夏頃退陣か… まあ何より。 五輪中止は決定済みと報じた週刊フライデーの衝撃 新党憲法9条 — pirorega pirorega 五輪中止は決定済みと報じた週刊フライデーの衝撃 2020-05-29 天木直人のブログ きょう5月29日発売の週刊フライデーが(6月12日号)が安倍政権の帰趨を占う衝撃的な記事を掲載した。 来年7月に延期された東京五輪が、実はすでに中止とすることで決定済みであるというのだ。 そのことを示す極秘情報を週刊フライデーが入手したというのだ。 すなわち、米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートの「東京五輪は中止が決定している」という一文が見つかったというのだ。 中止の理由は次の通りとなっているというのだ。 私がこのスクープ記事を知って直感的に思ったのは、実はこの情報は安倍政権も知っていて、もはや無理だと観念した上で、自らの任期を引き延ばすために強がりを言っているのではないかということだ。 今朝のNHKの早朝ニュースが報じていた。 安倍首相は完全な形での東京五輪実現のためにコロナ危機に打ち勝つという考えを示したと。 私は何かの聞き間違いかと思った。 何が何でも開催したいから無観客でもいいから開催したいと、安倍首相が方針転換をしたのかと思った。 ところが今でも完全な形の開催にこだわっているのだ。 本気でそう考えているのなら完全に判断力を失っている。 一刻も早く首相を辞めないと日本という国は危ない。 佐藤栄作長期政権の記録を超えるために8月末まで引退時期を先延ばしするための嘘だとしたら、保身のために国民を欺いているということだ。 これまた一刻も早く首相を辞めさせないと国民は馬鹿を見る。 コーツIOC調整委員長は、「今年10月ごろに可否を判断する」と5月21日付の豪州紙「オーストラリアン」に語った。 これに対し日本政府側はそんな話は聞いていないと否定している。 とんでもない日本政府の反応だ。 10月でも遅すぎるぐらいだ。 コロナをめぐる世界情勢はどんどん不透明になってきている。 東京五輪の中止決定は早ければ早いほうがいい。 東京五輪の中止決定を安倍首相の辞任の花道にして、コロナ後の世界に、日本は一日もはやく新体制で取り組むべきだ。 週刊誌の記事でなんでも動く野党だ。 野党は今日発売の週刊フライデーの東京五輪中止決定というスクープ記事を引用して安倍首相にいますぐ退陣を迫るべきだ。 今週が勝負ですね。 神サマー仏サマー、2020年夏の「あつーい」選挙だ、俺たちに勝たせておくれ!! もう、梅雨ノジメジメ感なんて吹っ飛ばそう!!! [18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理 34. : : [669] 五輪に関して安倍首相が何を言おうと、この嘘つきが嘘を言っているとしか思えない。 取り巻きもぎりぎりまで付き合う人達でいっぱいだ。 NHKは、鳥のオウムに過ぎず、何の意味もない。 どう見ても五輪は中止にならざるを得ない。 そうであっても金持ち日本はとにもかくにもある程度の残務処理資金を払わざるを得ないのではなかろうか。 むしろ、オリンピック中止を自ら決定し、次の課題に取り組むようにすることが、望ましいのではないか、そしてそのために安倍政権に引導を渡すことが求められよう。 新型コロナ対応も、安倍政権はオリンピックのために現実を誤魔化し後手後手を引いて大変な経済状況を招くこととなった。 失敗を重ねてはならないだろう。 : : [3900] 近代の五輪なんて一部の組織がおいしい思いするだけの利権まみれ。 「五輪利権」 選手村があるけれど「利権村」 プラス日本には、高野連と朝日新聞がタッグになり球児を利用して金儲けの夏の高校野球開催がある。 2020東京五輪なんて、組織委員会への賄賂の元、「福島の汚染水はアンダーコントロールされている」という嘘で開催国になっただけ。 凄い!日本とか全く関係ない。 現在進行中の福島の原発問題などそっちのけ。 避難者の救済もそっちのけ。 (危機に直面してダチョウのように砂漠に顔をっ混んだり、言葉を言い換えても現実は変わらない。 福一って、いまどのような状況なのだろうか) 7月の都知事選。 小池百合子の対抗馬。 宇都宮健児。 彼はオリンピック中止を表明して、浮いた費用をコロナ対策に充てるべきだという主張。 自身は、東京都民でないので投票権はありません、と7月の都知事選に向けて東京都に在住の皆さまどうでしょうか? 57.

次の