大阪 市立 大学 過去 問。 2019年度 大阪市立大学 英語 過去問分析とおすすめ参考書│アクシブblog予備校

【大阪市立大学の生物】対策&勉強法!傾向と難易度も(医学部/理/生活科)

大阪 市立 大学 過去 問

英語 入試傾向と受験対策・勉強法 大阪市立大学の一般入試の英語は、例年大問4題で構成されています。 各大問では、下記のような問題が出題されています。 ・長文読解:3題 -和訳、語句や文、内容の説明、段落や全体の内容理解、選択問題、空欄補充など ・和文英訳:1題 -日本語の提示された文章の和訳 <長文読解> 大阪市立大学の入試問題では、長文読解の割合が多数を占めるため、長文読解に苦手意識を持っている受験生は、特に力を入れて練習しておきましょう。 ただし、長文読解といっても500~700words程の文章で、難易度も大学入試標準レベルです。 問題量に比べて、試験時間はあまり余裕が無く、精読よりも速読に力を入れましょう。 学習の際は、一文一文の文法や文構造を正しく理解しながら読み、日本語に丁寧に訳す練習をすることが大切です。 そのために構文の理解力、語彙力をこつこつ上げていくことが高得点への近道です。 <和文英訳> 和文英訳は、日本語の読み替えが求められますが、内容は大学入試標準レベルなので高得点を狙えます。 英作文のトレーニング方法は、やみくもに英文を書くのではなく、英文を書くルールを学んだうえで英文のストックを増やしていくことです。 重要な構文を使った例文を暗記することで、書ける英文が着実に増えていきます。 そのため構文集、例文集などの英文を丸暗記していくと良いでしょう。 数学 入試傾向と受験対策・勉強法 大阪市立大学の一般前期入試の理系数学は、例年大問4題で構成され、全問記述式です。 また試験時間は150分のため比較的時間に余裕があり、難易度も大学入試標準レベルのものが多いです。 しかし他の受験生もしっかりと点を取ってくると予想されるので、焦らずにミスのない答案の作成を心がけましょう。 まずは典型問題を確実に解けるようにし、その後は入試標準レベルの問題集で演習を重ねましょう。 ただし、医学部医学科の場合は、高得点争いになるので、典型問題を確実に解けるようにしておくことに加え、毎年数問出題されるやや難易度の高い問題にも取り組めるような応用力も身につけておくことが肝要です。 さらに、大阪市立大学の数学は記述式であるため、答えだけでなく、自分自身がどのように考えたかという過程を採点者に分かりやすく記述できるようにしましょう。 特に式の羅列にならないように日本語で丁寧に書いていくことが重要です。 大阪市立大学の一般前期入試の文系数学は、例年大問4題で構成され、全問記述式です。 また試験時間は90分となっています。 様々な範囲から出題されるので、本番までに広く学んでおきましょう。 受験生が苦手にしがちな証明問題も出題されているので、日ごろからいかに数学に取り組んでるかが差に表れやすいです。 国語 入試傾向と受験対策・勉強法 大阪市立大学の一般入試の国語は、例年文学部が大問3題、他学部が2題で構成されています。 現代文2題、古典1題が出題されており試験時間は文学部が120分、他学部は90分です。 現代文は評論と随筆または小説という組み合わせが続いています。 随筆、小説ともに筆者の考えや登場人物の心情を、本文に即して的確に読解することが重要です。 評論は硬質な内容が多くなっていますが、論旨を的確に把握する練習を積みましょう。 設問形式は内容説明問題が中心なので、100字程度の解答をスムーズにまとめられるよう練習をすることが肝要です。 設問レベルとしては、大学入試標準レベルであるだけに、国語が得意な者と苦手な者の間で差が生まれやすくなっています。 古典は、 A 古文 B 漢文の2つに分かれており、実質的には大問2題分ともいえる量なので、文学部受験生は注意が必要です。 時間配分を意識して、過去問演習でペースを掴めるよう練習しておきましょう。 設問の難易度自体は現代文同様標準的なので、基本的な文法・単語をしっかり身につけ、読解の演習を積むことが肝要です。 物理 入試傾向と受験対策・勉強法 大阪市立大学の一般入試の物理は例年大問4題出題されます。 試験時間については、大阪市立大学の理系学部では理科を1科目受験するときは90分ですが、2科目受験する際は2科目合わせて150分の解答時間が設けられており、時間配分を自分で自由に設定できます。 出題範囲の傾向は、力学と電磁気の分野から1題出題されており、残りの1題は波動、熱力学のいずれかから出題されています。 各分野で様々な問題が出題されているので、穴のないように力をつけていきましょう。 特に力学は各分野の土台となるので早めに取り掛かりましょう。 また近年各大学で原子分野が出題されているので、こちらも解けるようになっておいた方がいいでしょう。 難易度は基礎~標準レベルの問題が多いため、教科書を中心にして学習に取り組み、公式の導入などがしっかりできるようになっておきましょう。 化学 入試傾向と受験対策・勉強法 大阪市立大学の一般入試の化学は例年大問3題出題されます。 試験時間については、大阪市立大学の理系学部では理科を1科目受験するときは90分ですが、2科目受験する際は2科目合わせて150分の解答時間が設けられており、時間配分を自分で自由に設定できます。 出題範囲の傾向は、理論+無機:有機=2:1の割合で出題されており、分野としては、化学平衡や有機化合物の構造決定が頻出です。 問題は知識よりも考察力や計算力を問われるものが多いです。 物理に比べると基礎的な問題は少ないですが、それでも教科書をもとにしっかり学習していれば高得点が取れる内容となっています。 そのため一通り教科書に取り組んだ後に、重要問題集等に取り組むと良いです。 生物 入試傾向と受験対策・勉強法 大阪市立大学の一般入試の生物は例年大問4題出題されます。 試験時間については、大阪市立大学の理系学部では理科を1科目受験するときは90分ですが、2科目受験する際は2科目合わせて150分の解答時間が設けられており、時間配分を自分で自由に設定できます。 出題範囲の傾向は、タンパク質の機能、動物の発生、植物の環境応答、DNA、生態系など、幅広い分野から出題されます。 そのため苦手分野をつくらないことが大切です。 解答形式は字数指定のない論述問題が中心で、空所補充や正誤判断、用語、図・グラフ作成、図・写真選択など、さまざまな形式がみられます。 難易度は大学入試標準レベルの問題が中心なので、時間のかかる記述問題で正確に速く解き進めることができるようになりましょう。 さらに最終的には、過去問等で演習を積みましょう。 大阪市立大学合格のための受験対策カリキュラム・学習計画を提供します 大阪市立大学合格を目指す受験生のあなたへ。 ただがむしゃらに勉強をしても大阪市立大学に合格することはできません。 大阪市立大学合格のためには、今の学力から大阪市立大学に合格するために必要な学習、教科・入試科目ごとの入試傾向と対策を踏まえた学習をする必要があります。 実は多くの受験生が現状の自分の学力レベルを把握できておらず、自分の学力レベルより高いレベルから受験勉強を始める傾向にあります。 参考書や解説集、演習問題の選び方でもそうです。 また、受験勉強では時間が命。 限られた時間を有効に利用するためには正しい勉強方法で勉強を進めることが重要です。 じゅけラボの受験対策では、まず学力テストであなたの現状の学力レベルを把握してレベルに合った学習内容からスタートして大阪市立大学に合格するために必要な学習内容と学習計画でカリキュラムを作成し、入試科目別に正しい勉強法を提供します。 また、じゅけラボのカリキュラムは、塾や予備校に通っている生徒でも塾や予備校の勉強の邪魔をすることなく取り組むことが可能です。 また、入試科目ごとに正しい勉強方法が具体的に示してあるので、塾なしで家で勉強する場合にも最適です。 「大阪市立大学に受かる気がしない」とやる気をなくしている受験生へ 模試の結果が悪かった、E判定だったことで「大阪市立大学に受かる気がしない」とやる気をなくしてしまっている受験生のあなた、あきらめるのはまだ早いです。 じゅけラボでは、現状の学力から大阪市立大学に合格するための最短のカリキュラムを提供します。 また、「高3の8月から勉強を始める場合」「高3の9月から勉強を始める場合」など、始めた時期によってカリキュラムのスピードや量を調整することも可能です。 科目別の受験対策を始めるのが遅くても大阪市立大学に合格できる? 大阪市立大学を目指す受験生から、「夏休みや8月、9月から勉強に本気で取り組んだら大阪市立大学に合格できますか? 「10月、11月、12月の模試で大阪市立大学がE判定だけど間に合いますか?」という相談を受けることがあります。 勉強を始める時期が10月以降になると、現状の偏差値や学力からあまりにもかけ離れた大学を志望する場合は難しい場合もありますが、対応が可能な場合もございますので、まずはご相談ください。 仮に受験直前の10月、11月、12月でE判定が出ても、大阪市立大学に合格するために必要な学習カリキュラムを最短のスケジュールで作成し、大阪市立大学合格に向けて全力でサポートします。 大阪市立大学を受験するあなた、合格を目指すなら今すぐ行動です!.

次の

大阪市立大学の小論文|詳しい傾向と対策

大阪 市立 大学 過去 問

大阪市立大学の生物の傾向と難易度 前期試験、後期試験ともに、 大問4問で構成されています。 試験時間は、前期試験は生物を含む理科 2科目で120分、後期試験は生物 1科目で90分です。 大問の配点はいずれも 25点で、それぞれがさらに小さな小問を含む 小問5~7題から成っています。 大問は、酵素(細胞とタンパク質)、生体膜(代謝)、動物の発生(生殖・発生)、DNAと遺伝(分子生物・遺伝)、植物ホルモン(植物生理)、個体群と生態系(生態)、など、 幅広い分野からまんべんなく出題されています。 1つの大問の中であっても、 主たる分野以外の分野の知識・理解を必要とする小問が複数含まれていることが特徴です。 問題の難易度は、「 標準からやや難」です。 大問に含まれる各小問は、約半分が 短答式、残り半分が 長文記述式の問題になっています。 選択肢から記号を選んで答える問題はほとんどなく、短答式であっても徹底して 「書かせる」出題になっています。 大阪市立大学の生物の出題の特徴 大きな特徴の1つ目は、 1つの大問の中であっても、主たる分野以外の広い分野の知識・理解を必要とする小問が複数含まれていることです。 」と述べられていますが、小問の問いを読むと、分野横断的な知識が要求されている問題もあることがわかります。 大きな特徴の2つ目は、 実験内容が説明され、それに基づいた問いに答えさせる問題が毎回出題されることです。 そして、最も大きな特徴は、各大問に設定されている記述式の問題の解答欄にマス目がない、つまり字数制限がないことです。 字数が予想できないため、どこまで書かねばならないのか、頭を悩ます受験生が多くなると思われます。 従って、普段から スピードを意識して問題を解く練習をすると良いでしょう。 また、1つの大問の中に、分野横断的な小問が複数含まれているのが大阪市立大学の生物の特徴です。 ですから、たとえ難易度の高そうな設問文であっても、各小問に必ず目を通しすようにしましょう。 中には、小問を読んだだけで答えられる問題も含まれています。 答えられる問題を極力取りこぼさないようにしましょう。 前述したように、解答欄にはマス目がないだけでなく、罫線も引かれていません。 そのため、慌てていると 誤字脱字に気が付きにくいだけでなく、 採点者にとって非常に読みにくい答案になってしまいます。 また、消しゴムを使った際に、余計なところまで消してしまい、その結果減点されてしまうというミスが予想されます。 従って、過去問の答案用紙をプリントアウトして、 実際にその解答欄に書き込んでみる実戦的な練習が非常に有効です。 さらに、書き終えたら必ず読み直し、うっかり消し込んでしまったところがないか、きちんと確認しましょう。 」といった形式で出題されます。 字数制限はありませんが、長ければよいというものでもありません。 長文を書くのに時間を取られると、他の問題に割く時間が減ってしまいます。 長文とは言っても、 80~100字程度までになるよう、まとめると良いでしょう。 また、理由を問われている場合には、文末を「~ため。 」「~だから。 」とすることを忘れないようにしましょう。 過去問を手に入れたらB4程度の大きさにコピーし、 本番とほぼ同じ大きさの解答欄に書き込む練習を重ねましょう。 個別入試では問題冊子の分量にも圧倒されがちです。 手間を惜しまず、問題のページも同様に拡大して冊子の形にし、 実戦的な練習を行うことで合格を勝ち取ってください。

次の

大阪市立大学に高3からの勉強+塾なしで受かった理由【合格体験談】

大阪 市立 大学 過去 問

大阪市立大学の国語 傾向と対策 本大学は文学部とそれ以外の学部で試験時間と大問構成が異なり、文学部は大問3問構成で大問3に古文漢文の問題があります。 それ以外の学部は上記から大問3を除いたものとなっており試験時間は90分となります。 大問1つごとに40分程度かけられるため余裕があるように見えますが問題はいずれも字数制限なしの記述問題が主要な問題となっており、実際は配分が難しいです。 センター試験とは全く異なる問題を解くことになるのだというイメージはもっておかなければ初めて過去問を解く時に驚いてしまいます。 大学の出題傾向が特徴的なため過去問研究が一番効率的な勉強法となります。 3年の夏休みの間などの早めの期間に一度過去問に触れておくと今後の勉強方針が定まりますので、一度解いてみると良いでしょう。 問題ごとの分析 大問1 市川政憲「ひとつのメッセージ あるいは、震災後の「近さ」と隔たりについて」 例年通り大問1は随想問題でした。 評論文よりも分かりにくい表現が増えるため筆者の主張がわかりにくくなりがちな問題です。 問題文はそこまで長くはないですがやはり独特な表現が多く、つまりどういうことをいっているのかの理解に苦戦してる学生が多いことでしょう。 しかし、もちろん大学側が「どういうことか」という問で問題にしやすい箇所でもあります。 文章を精読することでそういった表現がわかりやすく言い換えられていないか何度も確認してみると良いでしょう。 また、一般に随想は同じことを表現を変えて何度も繰り返した文章となっています。 そういった性質を踏まえて、文章全体で読み込むことが正しい解答への近道となります。 大問2 宗教学から見た生死学 漢字と言葉の意味についての知識問題以外は先程の大問と同様の問題構成ととなっております。 毎年本大問は評論の文章が用意されます。 内容はそこまで難解な文章ではなく、大問1よりも解きやすいでしょう。 国語が苦手な受験生は、基本的にテーマが決まっており解答しやすいこの大問から対処していくと良いでしょう。 やはり本大学も評論文はテーマ文の域を逃れず、キーワード集などによる対処が主になってきます。 大学入試で採用されがちなおおよそのテーマは抑えておき、初見の文章でも文構成を予想できるようにすれば本大学の問題には対処することが可能なレベルとなります。 大問3 古文 漢文 文学部志望の受験者限定の問題となっております。 古文は、保元物語からの出題です。 平安時代末期の保元の乱でやぶれた源為義が、戦った相手である源義朝に助けを求める話です。 主語と述語を明らかにしながら丁寧に読み進めていくとそこまで詰まることもなく理解できたのではないでしょうか。 センター試験を解くことができるレベルであれば難なく解ける問題でしょう。 しかし、問題数が多いので最初に問題数を確認し、1問に付きだいたいどれくらい時間を割けるかは事前に確認しておくと良いでしょう。 漢文は貞観政要からの出題です。 人材登用を望む唐の太宗が、なかなか登用しない臣下の心構えを改めさせる話です。 本問題も基本的な知識があれば完答ができる問題だったので、問題を間違えた人はなぜそれを間違えたのかをよく確認しましょう。 また、最後の問題は全体の内容理解についての問題なので先に確認しておくと設問ごとに問題を解いてまた読み直すような二度手間が起こりません。 やはり先に問題文を読んでおくことが効率的な解答方法でしょう。 大阪市立大学 国語 対策 参考書紹介 <語彙> 現代文キーワード読解 現代文の評論に頻出の単語が簡潔にまとめられており、初見の単語でも理解しやすいような構想になっています。 また、紹介された単語が使われた文章が次頁に書かれてあり、文章においてどのように使われるかということを明確に確認しやすいキーワード集です。 修学者の学力を問わず読んだその瞬間から効果が期待できる優れた参考書です。 ぜひ何度も繰り返し読み込みましょう。 小論文はどのように読むのか、評論や小説はどのように読むのかなどを事細かく丁寧に、更にわかりやすく記されている参考書です。 この一冊を行えば他に参考書はいらないでしょう。 基本的に他の参考書に載っている内容はこの参考書に載っているからです。 しかしその頼もしいまでの情報量からも分かる通り、圧倒的に内容量がディープです。 この問題集で国語の勉強は全てだと思ってモチベーションを保ち、途中で諦めることなく勉強を続けていきましょう。 古文 呼んでみて覚える古文単語 この参考書に載っている単語は派生語などを含めて覚えておきましょう。 そうすれば文章を時間を書けることなく解くことが出来ます。 本大学は問題数が多く、時間との戦いとなります。 単語を覚えておけばそれだけ有利に試験を進められるでしょう。 漢文 センター試験過去問 問題の難易度はセンター試験と同様のレベルです。 現代文とは異なりセンター試験対策を通じて二次対策に直結する科目なのでこちらで問題演習を積んでいくと良いでしょう。 出題された知識問題はすべて覚えるようにしておくと効率が良いです。 <傾向の対策> 過去問 傾向と対策においても記述したとおり、本大学は出題傾向がはっきりしていて大学の特徴が顕著です。 字数制限がないので何をかけばいいのかがわからないといったこともあると思いますが解答スペースから逆算して大体の必要な文章量を把握しておきましょう。 本愛学は記述量が多めの大学です。 大体20前後で一つの解答要素となっているので解答欄から要素の大体の個数を抑えておくと解きやすくなります。 ですから過去問はノートに書くときでも事前に解答欄の枠組みを記入しておくと勉強がはかどります。 この大学の問題を解くことで過去問を消費せずに擬似的に過去問対策をすることができます。 過去問以外にすることがない、過去問を早期のうちに消費しすぎるともったいないと考えている受験者たちはおすすめです。 まとめ 国語はやはり文系の二次試験であるという印象を受けました。 特に現代文は難易度がセンター試験よりも遥かに高く、問題数も多いため速読力もつけていかなければなりません。 これらは一朝一夕の勉強で身につくことはありません。 日頃から本や新聞を読むなど活字に触れ、語彙を身につけ主張を理解する能力を育てていく必要があります。 アクシブアカデミーについて アクシブblog予備校では受験に役立つ情報を随時更新しています。 また、アクシブblog予備校を運営するアクシブアカデミーは東京大学が位置する本郷三丁目に本部を持ち、大学の受験情報や参考書の分析などを行い、塾生・受験生の皆さんのお力になれるよう日々尽力しています。 アクシブアカデミーに興味のある方はぜひからお問い合わせください。 関連する記事•

次の