島袋 聖 南 しゃべ くり。 あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ

あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ

島袋 聖 南 しゃべ くり

2014年11月16日, 駒井利則 , あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ 2014年11月16日(日) 南柏教会主日礼拝説教(説教:駒井利則牧師) 聖 書:コヘレトの手紙12章1~14節 ヨハネによる福音書12章27~36節 説教題:「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ」 きょうの伝道礼拝では、キリスト者にはよく知られている旧約聖書・コヘレトの言葉12章1節のみ言葉、以前に使用していた口語訳聖書では「あなたの若い日に、あなたの造り主を覚えよ」、新共同訳では「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ」、このみ言葉を中心にして、コヘレトの手紙が語っているメッセージをご一緒に聞き取っていきたいと思います。 まず、書名についてですが、口語訳では「伝道の書」でしたが、新共同訳では、ヘブル語原典の書名の読み方をそのまま採用して「コヘレトの言葉」になりました。 コヘレトとは、集会の招集者、あるいは集会で語る者、集会の説教者という意味だろうと推測されます。 きょうは彼を「説教者」と呼ぶことにします。 コヘレト・説教者はイスラエルの民の指導者、長老の立場にある者として、礼拝に集まった会衆一同に、神から与ええられた知恵の言葉、信仰の言葉を語っています。 では、12章1節を読んでみましょう。 「青春の日々にこそ、お前の創造主に心を留めよ。 /苦しみの日々が来ないうちに。 /『年を重ねることに喜びはない』と/言う年齢にならないうちに。 」 説教者は会衆に向かって、「お前の創造主に心を留めよ」と命じています。 心を留めるとは、覚えること、記憶しておくこと、別の言い方をするならば、忘れないことです。 イスラエルの民は、申命記6章5節以下で命じられているように、主なる神の戒め・律法をいつも覚えておき、どんな時にでもこれを忘れないために、律法の一部を書いたものを小箱に入れ、それを手首や目と目の間の額に結び付け、衣の裾に縫い付け、あるいは家の入口の門や柱に縛り付けました。 手を動かして何かをするときに、目を動かして何かを見るときに、必ずその小箱が目に入る、道を歩いてどこかへ急ぐとき衣が擦れて小箱が足に当たる、家に出入りする毎日、そのたびごとに小箱が目に入る、それに気づく、そのようにしていつも神の律法・神のみ言葉を思い起こし、自分の行動や生き方、考え方が神のみ心に従っているかを常に吟味し、絶えず神のみ言葉に従って生きることを心がけました。 説教者もそのようなイスラエルの信仰の伝統を受け継いでいます。 わたしたちが日々の歩みの中で、自分の人生の中で、何かの決断をする時、道を選ぶとき、誰かと出会い別れるとき、あるいは、どうしていいか迷い悩むとき、そのすべてのときに、わたしはいつも神を覚えているかどうか、神のことを忘れていないかどうか、神のみ言葉に聞き従っているかどうか、そのことを思い起こしなさいと説教者は言うのです。 神なしの人生設計ではなく、神なしのきょう一日ではなく、神なしのわたしではなく、いつも、どこにでも、神がわたしと共にいます、そのことを覚えよ、忘れるな、と説教者は呼びかけるのです。 なぜそうすべきなのか、その理由は、神があなたの創造主だからだと説教者は言います。 この信仰もイスラエルの古くからの伝統的な信仰を受け継いでいます。 創世記1、2章に、神の天地創造と人間創造のことが書かれています。 神はみ言葉によって天地万物を無から創造され、人間が生きるに必要なすべての舞台を整えてから、最後に人間をすべての被造物の冠として創造されました。 神ご自身のかたちにかたどって、神に似た者として、人間を創造されました。 人間は、他の生き物よりも神に近い存在として、神と交わり、神を礼拝し、神のみ言葉を聞く者として、創造されました。 また、神は土の塵から人間を造り、これに命の息を鼻から吹き入れて、生きる者とされました。 わたしたち人間の存在、命のすべては造り主なる神のみ手の中にあります。 わたしたちは神から命の息を吹き入れていただいて、初めて本当の命に生きる者とされるのです。 中世の偉大な神学者アウグスチヌスはこう言いました。 「わたしたちは神に造られた者であるゆえに、わたしたちの魂が造り主なる神のもとに帰るまでは、真の平安を与えられることはない」と。 創造主なる神を離れては、人間は他の生き物と大して変わらない愚かな存在となってしまうほかありません。 神からの命の息を吹き入れられなければ、人間はやがて朽ちて土に帰る土くれに過ぎない存在であるほかありません。 これがイスラエルの民、また説教者の信仰です。 説教者は、今またわたしたちにもこの信仰を忘れるなと呼びかけるのです。 「神を覚えよ」という命令のもう一つの理由が、1節冒頭の「青春の日々にこそ」という言葉にあります。 この箇所は特に青春の日々が強調されているわけではありません。 口語訳聖書のように、「あなたの若い日に」と訳してよいと思います。 青春の時代に神を知らなければ、その機会を一生失ってしまうよという意味でないことは明らかです。 そうではなく、説教者がここで「青春の日々に」と言っているのは、若い世代に呼びかけているのはもちろんのこと、しかし若者だけにではなく、すべての世代に、むしろどちらかと言えば、人生の終わり近くを歩む者たちにこそ、「あなたの創造主なる神を覚えよ」と命じているのです。 このことは、この章の後半でより明らかになりますが、その前に11章9、10節に目を向けてみましょう。 「若者よ、お前の若さを喜ぶがよい。 /青年時代を楽しく過ごせ。 /心にかなう道を、目に映るところに従って行け。 /知っておくがよい/神はそれらすべてについて/お前を裁きの座に連れて行かれると。 /心から悩みを去り、肉体から苦しみを除け。 /若さも青春も空しい。 (9、10節) 説教者はここで、青春の輝きと青春のはかなさとを、一緒に語っています。 両者は対立するはずなのに、なぜ一緒にされるのでしょうか。 その疑問を解くカギは9節後半の神という言葉です。 「知っておくがよい。 神はそれらすべてについてお前をさばきの座に連れて行かれると」。 この神のことを計算に入れていない青春は空しいと彼は言うのです。 神の最後の裁きを考えないで青春を生きることは愚かであり、青春の輝きも楽しみもすべて空しいと言うのです。 説教者は、青春時代の輝きを確かに認めています。 若々しく、健康的でたくましい肉体、素早く決断し、実行する意志と能力、それは若者の特権です。 しかしそれは、彼が自分で獲得した能力なのではなく、すべては創造主なる神から与えられた賜物なのだということを忘れてはなりません。 その賜物を神に感謝し、神と隣人とのために尊く用いることが大切なのです。 しかし、もし彼の青春に神がおられないならば、そして神の最後の裁きを無視した青春であるならば、彼は神から与えられた青春という賜物を無駄に浪費し、自分の楽しみのためだけに悪用して創造主なる神をあなどり、神に背く罪を犯すことになります。 そこで説教者は、あなたの青春の日々に、あなたの創造主を覚えよと命じるのです。 青春時代にあなたに特別に神から与えられた数々の恵みの賜物を覚え、それを神に感謝し、神の栄光のために用いなさいと勧めるのです。 でも、この命令は若い世代に対してだけ語られているのではありません。 1節の後半がそのことを暗示しています。 「苦しみの日々が来ないうちに。 『年を重ねることに喜びはない』と言う年齢にならないうちに」。 「苦しみの日々」「年を重ねる」「喜びがない」、これは年老いること、老齢に伴う様々な不具合を意味しています。 また、これらの言葉は、11章9節の「若さ、喜ぶ、楽しく」と対比されます。 青春時代の輝きや楽しみは年齢を増すとともに失われていきます。 青春時代には健康的な肉体や強い力や自由な意志を活用して多くの楽しみを経験することができましたが、年老いるとともにそれらの楽しみは失われていきます。 説教者はそのことを3節以下で様々な比喩を用いて語ります。 3節の「家を守る男も震え、力ある男も身を屈める」とは、手や足腰が弱り、歩行が困難になることを言っているように思われます。 「粉をひく女の数は減って」とは歯が抜け落ちて少なり、食物を噛み砕くことができなくなることでしょうか。 「窓から眺める目はかすむ」とはもちろん目のことでしょう。 4節の「門は閉ざされ」とは、耳が遠くなること、「歌の節は低くなる」とは、声が出なくなること、5節の「アーモンドの花は咲き」とは、かしらが白くなること、「いなごは重荷を負い」とは、体の自由が利かなくなり、重い体を横たえているだけになることを言っているようです。 このようにして、年老いるとともに、青春の時代の楽しみは一つひとつ失われ、かえって自分の命と体を維持していくための苦しみが増してくるようになります。 そして、「年を重ねることに喜びはない」と言わなければならない年齢になるのです。 しかし、「そのときが来ないうちに」と説教者は言います。 説教者はここで、人間のすべての喜びや楽しみが失われて行く中でも、永遠に変わらない喜びがあることに気づくべきだと言っているのです。 それが、わたしの創造者なる神を知ること、その神を覚えること、その神に仕えることなのです。 この喜びは、年と共に青春時代のすべての喜び、楽しみが消え失せて行く中にあっても、永遠に変わることない喜びとなるのです。 ですから、年を重ねた人たちこそが、その永遠の喜びの証し人なのです。 青春時代には、他の喜び、楽しみがたくさんあったかもしれません。 それが、神を知る喜びを妨げていたかもしれません。 しかし今、年老いて、他の喜び、楽しみが失われてしまってもなおも、わたしの創造主なる神を知り、この神を覚え、この神に仕えることがわたしの永遠の喜びであると信じ、告白すること、このことこそが年老いた人たち与えられている幸いな信仰です。 そして、年老いた人たちのこの信仰が、年若い人たちに本当の喜び、永遠の喜びとは何かを教えることになるのです。 伝道者は5節の終わりから、次のように続けます。。 「人は永遠の家に去り、泣き手は町を巡る。 /白銀の糸は断たれ、黄金の鉢は砕ける。 /泉のほとりに壺は割れ、井戸車は砕けて落ちる。 /塵は元の大地に帰り、霊は与え主である神に帰る。 何と空しいことか、とコヘレトは言う。 すべては空しいと。 」(5~8節) このようにして、人間はみな、年若い者も、年老いた者も、同様に死を迎えるのだと、説教者は言います。 そして死の前では、すべてが空しいと言うのです。 青春時代の輝きも楽しみも、多くの可能性や努力も、死とともにすべては無に帰してしまうのです。 説教者は、わたしたち人間は、だれもみな、冷静な目で、自らの死を見つめるべきだと言います。 しかも、わたしたちの創造主なる神のみ前で、わたしたちの命と死とをみ手のうちに握っておられる神との関係の中で、自分の死を見つめなさいと言うのです。 「あなたの創造者なる神を覚えよ」という命令は「あなたの死を覚えよ」という命令に結びつきます。 この二つの命令が結びついていてこそ、両方ともに意味あるみ言葉となり、わたしたちをまことの命に生かすみ言葉となります。 青春の時代にあって、他の多くのことに心を奪われ、神に心を向けることが困難であり、また自らの死を忘れることの多い若者たちには、「あなたの創造者なる神を覚えよ、あなたの死を覚えよ」とのみ言葉は、彼らを滅びから救う警告となり、また、年を重ねて他の楽しみが失われ、死の恐れが押し迫る高齢者には、「あなたの創造者なる神を覚えよ、あなたの死を覚えよ」とのみ言葉は、平安と希望のみ言葉となるでしょう。 わたしたちが神を覚える以上に、神がわたしたちを覚えておられ、わたしたちをみ心に止めていてくださるからです。 そして、わたしの死のときにも、わたしの創造主なる神として、わたしの救い主なる神として、わたしを天のみ国へと招き入れてくださるからです。 (祈り).

次の

沖縄県に多い苗字(名字)

島袋 聖 南 しゃべ くり

玉ねぎはみじん切りにし、バターを熱したフライパンで炒めます。 食パンは細かくちぎり、牛乳を加えて湿らせます。 ボウルに合いびき肉、1、2、卵、ナツメグ、塩、こしょうを入れてよく混ぜます。 さっと水洗いしたミックスベジタブルを加えます。 2等分にした肉だねでゆで卵をはさむようにして包み、かまぼこ型に整えます。 じゃがいもはひと口大に切って茹で、粉吹き芋にして塩こしょうで味付けします。 にんじんは皮をむいて輪切りにし、バターで炒めます。 8に水、酒、砂糖、塩を加え、煮含めます。 ブロッコリーは好みのかたさに茹でます。 ケチャップ、ウスターソース、レモン汁、辛子を混ぜてソースを作ります。 皿にミートローフ、じゃがいも、にんじん、ブロッコリーを盛り付けます。 11のソースをかけたら完成です。 【材料】• 合いびき肉:500g• 生パン粉:1カップ• 牛乳:大さじ3• A卵:1個• A塩:小さじ1• Aこしょう:少々• Aナツメグ:少々• うずらの卵(茹で):適量• 小麦粉:適量• モッツァレラチーズ:適量• サラダ油:適量• ベーコン:適量 【作り方】• 玉ねぎはみじん切りにして耐熱容器に入れ、サラダ油を混ぜ合わせます。 ラップをせずに500Wの電子レンジで6分加熱します。 ボウルに生パン粉、牛乳を入れて混ぜ合わせます。 3に合いびき肉、2、 Aの材料を加え、白っぽくなるまでよくこねます。 クッキングシートの上でベーコンを編み込みます。 5に4を半量のせ、その上に小麦粉を付けたうずらの卵を一列に並べます。 卵の両サイドに細く切ったモッツァレラチーズを並べます。 卵とチーズが隠れるように残りの4をのせます。 両サイドのベーコンで包み込み、上からアルミホイルをかぶせて蓋をします。 【材料】• 卵:1個• A合いびき肉:300g• Aナツメグ:少々• A黒こしょう:少々• A塩:少々• A粉チーズ:大さじ2• A玉ねぎ:1個• アスパラ:3~4本• パイシート:2枚• ミニトマト:6個 【作り方】• 玉ねぎはみじん切り、にんじんはスティック状に切ります。 大きめのボウルに卵1個、 Aの材料を入れ、よく混ぜます。 型のサイズに切ったクッキングシートにパイ生地を乗せ、シートごと型に敷きます。 3に肉だねを1cmほど詰め、にんじん、アスパラを埋め込みます。 何度か同じ作業を繰り返し、最後にパイ生地で蓋をします。 卵1個を溶き、5の表面にハケで塗ります。 【材料】• A合いびき肉:200g• Aパン粉:大さじ3• A薄力粉:適量• A牛乳:大さじ1• A塩こしょう:適量• ロングベーコン:6枚• ゆで卵:1個• オリーブオイル:大さじ1• Bケチャップ:大さじ2• Bウスターソース:大さじ1• Bバター:10g 【作り方】• 玉ねぎはみじん切りにします。 ゆで卵は縦半分に切り、薄力粉をまぶします。 耐熱容器に玉ねぎ、オリーブオイルを入れて混ぜます。 3にふんわりとラップをかけて600Wの電子レンジで2分加熱します。 ボウルに Aの材料を入れて粘りが出るまで混ぜます。 ラップにベーコンを並べ、半量の5をのせてゆで卵を上に置きます。 残りの5をのせて手前から巻き、形を整えます。 7をアルミホイルで包み、両端をねじります。 フライパンを中火で熱して6を入れ、全面を2分ずつ焼きます。 水大さじ2(分量外)を入れて蓋をし、弱火で10分蒸し焼きにします。 裏返してもう5分焼きます。 ボウルにBの材料を入れてふんわりとラップをかけます。 600Wのレンジで40秒加熱して混ぜます。 11を食べやすい大きさに切り、ソースをかけたら完成です。 【材料】• ベーコン:4枚• A鶏ひき肉(もも):200g• Aパン粉:大さじ4• A卵:大さじ2• A醤油:小さじ2• Aみりん:小さじ4• A生姜チューブ:少々• うずらの卵(茹で):6個 【作り方】• 耐熱タッパーにベーコンを2枚ずつ敷きます。 ボウルに Aの材料を入れて混ぜ合わせます。 肉だねを4等分にし、半量を1のタッパーに敷き詰めます。 うずらの卵を3個ずつ入れて残りの肉だねをのせ、ベーコンで蓋をします。 フライパンに3cmほどの高さまで水を入れ、布巾を敷いて火にかけます。 沸騰したら布巾の上に4をのせ、フライパンの蓋をして約12分蒸します。 粗熱を取り、食べやすい大きさに切ったら完成です。 【材料】• 鶏ひき肉:250g• 卵:1個• ヤングコーン:2本• いんげん:16本• 大葉:2枚• A片栗粉:大さじ1• A味噌:大さじ1• A醤油:大さじ1• A生姜汁:小さじ1 【作り方】• 玉ねぎをポリ袋に入れ、空気を含んだ状態で口を結びます。 600Wの電子レンジで1分加熱し、冷まします。 2に鶏ひき肉、卵、 Aの材料を加えて袋の上からよく揉み込みます。 ポリ袋の底の片端をはさみでカットし、耐熱容器(容量500cc)に3の半量を詰めます。 ヤングコーンを大葉で包みます。 切った時の断面が花の形になるように周囲を8本のいんげんで囲みます。 同様にもう1つ作り、4に並べます。 上に残りの3を詰めて表面を平らにします。 ふんわりとラップをかけて600Wのレンジで8分加熱します。 冷まして食べやすい大きさに切り、器に盛り付けたら完成です。 【材料】• 合いびき肉:300g• A卵:1個• じゃがいも:1個• オリーブオイル:大さじ1 【作り方】• じゃがいもは皮つきのままひと口大に、にんじんは1cm角の棒状に切ります。 ブロッコリーは小房にわけ、茎はにんじんと揃えて切ります。 1、2を合わせ、オリーブオイルをまぶします。 ボウルに合いびき肉と Aの材料を入れ、粘りが出るまで混ぜ合わせます。 オーブントースターのトレーにアルミ箔を敷き、サラダ油(分量外)を塗ります。 6の周囲に3を並べます。 オーブントースターで10分焼き、野菜を裏返して更に10分焼きます。 器に盛り付けたら完成です。

次の

ミートローフ人気レシピ!オーブンでもフライパンでも簡単本格プロの味!

島袋 聖 南 しゃべ くり

略歴 [ ]• 卒業後 、にを卒業。 としてに入団。 当時の芸名は 隼あみり(はやぶさ あみり)だった。 花組公演『花は散る散る/』 で初舞台を踏む。 宝塚入団時の成績は首席。 、に配属される。 ダンスの得意な男役として活躍。 付 で、『』を最後に宝塚を退団。 に留学しダンスや舞台芸術を学ぶ。 、のミュージカル『冬のシンガポール』で振付家・謝珠栄としてデビューする。 同時期、のダンス講師としても活躍。 また主宰の劇団の全作品を振り付けしている。 、TSダンスファンデーションを設立。 同時にオリジナル作品の発表を始める。 、『夏・遠い願いを抱いて〜夢を信じて〜』で初演出。 、TSダンスファンデーションを解散。 、TSミュージカルファンデーションを設立。 舞台制作に専念する事となる。 、『』のミュージカル部分の振付を手がける。 演出家としても活躍。 宝塚歌劇(特に作品)の演出・振付なども手がける。 父は在日()の元リーダーであり 、自らのルーツを元にした作品も発表している。 ・で生まれた父親の謝坤蘭は16歳で日本へ留学し、、経済研究所を経て、銀行や葬儀会社を立ち上げ、関西華僑界の成功者だった。 2016年、多摩美術大学教授、梅花女子大学客員教授並びに芸術監督に就任。 2018年には多摩美術大学客員教授に就任。 後進の育成にも尽力している。 脚本・演出・振付作品 [ ] 宝塚歌劇 [ ] 「眩曜の谷~舞い降りた新星~」 演出・振付作品 [ ] 宝塚歌劇 [ ]• (脚本 : )• (同上)• (同上)• (同上)• MAHOROBA -遥か彼方-• 東宝 [ ]• (1983年)• (1996年) TSオリジナルミュージカル [ ]• 「YESTERDAY IS … HERE」 (1994年) 脚本:正塚晴彦• 「YESTERDAY IS … HERE」再演 (1995年)• 「忘れモノ 探しモノ」 (1997年) 脚本:佐藤万里、出演:大森博、平澤智、、他• 「忘れモノ 探しモノ」再演 (1999年) 出演:大森博、平澤智、田中利花、他• 「天翔ける風に」 (2001年) 原作:、出演:、、、、平澤智、他• 「Dawn 〜ドーン・夜明け〜」 (2001年) 出演:、平澤智、、他• 「フォーチュン クッキー」 (2002年) 出演:、、、、他• 「天翔ける風に」再演 2003年) 出演:香寿たつき、、、、他• 「砂の戦士たち」 (2003年) 原案:謝珠栄、出演:、、、平澤智、、、他• 「タン・ビエットの唄」 (2004年) 脚本:大谷美智浩、出演:、、畠中洋、他• 「タック」 (2005年) 出演:坂元健児、、、駒田一、他• 「」 (2005年) 脚本:大谷美智浩、出演:鈴木綜馬、畠中洋、今拓哉、坂元健児、、、他• 「Miss Saikon ミス再婚」 (2006年) 脚本:永元絵里子、出演:香寿たつき、、平澤智、、、• 「AKURO 」 (2006年) 脚本:大谷美智浩、 出演:坂元健児、吉野圭吾、駒田一、今拓哉、平澤智、、他• 「タン・ビエットの唄」再演 (2008年) 出演:、土居裕子、畠中洋、吉野圭吾、他• 「Calli〜炎の女」 (2008年) 脚本:小手伸也、出演:、雨宮良、今拓哉、、他• 「AKURO 悪路」再演 (2008年) 出演:坂元健児、吉野圭吾、、駒田一、今拓哉、平澤智、他• 「天翔ける風に」再々演 (2009年) 出演:香寿たつき、山崎銀之丞、戸井勝海、今拓哉、他• 「GARANTIDO」(2009年) 脚本:大谷美智浩、 出演:坂元健児、吉野圭吾、岸祐二、畠中洋、、、他• 「タン・ビエットの唄」再々演 (2010年) 出演:安寿ミラ、土居裕子、畠中洋、吉野圭吾、他• 「Diana 月の女神」 (2010年) 脚本:篠原久美子、出演:姿月あさと、湖月わたる、今拓哉、平澤智、、他• 「眠れぬ雪獅子」 (2011年) 脚本:大谷美智浩、出演:、伊礼彼方、、、、他• 「」再演 (2011年) 出演:、、小西遼生、、、山崎銀之丞、他、• 「-千古光芒の民」 (2012年) 脚本:斎藤栄作、出演:、吉野圭吾、坂元健児、伊礼彼方、他• 「天翔ける風に」 (2013年) 出演:朝海ひかる、、、、伊東弘美、、吉野圭吾、他• 「の誓い」 (2014年) 脚本:木内宏昌、出演:東山義久、、良知真次、藤岡正明、他• 「familia 〜4月25日誕生の日〜」 (2014年) 脚本:斎藤栄作、出演:、岸祐二、、坂元健児、福井貴一、他• 「GARANTIDO」再演 (2015年) 脚本:大谷美智浩、出演:柳下大、、、他 博多座 [ ] 「黒い瞳」 その他 [ ]• ブロードウェイミュージカル「シーソー」• ブロードウェイミュージカル「リトル・ミー」• ブロードウェイミュージカル「レイディ・イン・ザ・ダーク」• ブロードウェイミュージカル「ヴィクターヴィクトリア」• ミュージカル「姫ちゃんのリボン」• 大地真央グランドショー「Many moons ago I・II」• 大竹しのぶコンサート「BUBU」• 「冷蔵庫の上の人生」• 「平清盛生誕900年記念公演 ONESTEP2018清盛の夢」 振付作品 [ ] 宝塚歌劇 [ ]• ブラフ• フラワードラムソング• ジェネシス• プレステージュ• ラスト・ダンス• ザ・ショーストッパー• タカラヅカ・グローリー• ネオ・ダンディズム!II• 宝塚幻想曲 劇団四季 [ ]• 王子と踊り子• アンデルセン• ハンス• ハンスアンデルセン• 35ステップス• 王様の秘密 こまつ座 [ ]• 花よりタンゴ• きらめく星座• たいこどんどん• 日本人のへそ• 人間合格• 兄おとうと ジャパンアクションクラブ [ ]• 映画 ()• (・・)• 映画 ()• () 東宝 [ ]• 風と共に去りぬ• カルメン• サウンドオブミュージック• から騒ぎ• マイフェアレディ• ローマの休日• 十二夜• 野田秀樹の真夏の夜の夢 松竹歌劇 [ ]• in SKD• 銀河鉄道999 透明宮への旅 夢の遊眠社・NODA MAP [ ]• 少年狩り• 走れメロス• センダ城の虜• 小指の思い出• 回転人魚• 瓶詰のナポレオン• 怪盗乱魔• 野獣降臨(のけものきたりて)• 彗星の使者• 贋作・罪と罰• TABOO• ローリングストーン 東京キッドブラザース [ ]• 冬のシンガポール• 失われた藍の色• 街のメロス• 一つの同じドア• 十月は黄泉の国• 十二月の夢• 哀しみのキッチン• 二月のサーカス• SHIRO• 冒険ブルックリンまで• 青春のアンデルセン その他 [ ]• 音楽座『マドモアゼル・モーツァルト』• 『ティンゲル タンゲル』(演出:串田和美)• オンシアター自由劇場『もっと泣いてよフラッパー』• 日本製粉株式会社『ニップンのアマニCM』 受賞歴 [ ]• 1988年:月刊ミュージカル・アーチスト部門 第5位(『』、『』の振付)• 1993年:第43回大衆芸能部門受賞(『あにき』演出・振付)• 1995年:第30回受賞 『YESTERDAY IS … HERE』演出・振付)• 2008年:第10回ミュージカル月間 優秀賞受賞(『タン・ビエットの唄』演出・振付)• 2008年:第43回個人賞受賞(『タン・ビエットの唄』『Calli』『AKURO』演出・振付)• 2008年:第16回最優秀スタッフ賞受賞(『AKURO』の振付)• 2013年:第34回松尾芸能賞優秀賞受賞 出典・注釈 [ ] 出典 [ ]• 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p. 546• - 台湾新聞BLOG(2012年3月22日)• - チケットぴあ• 『タイワニーズ』野嶋剛、小学館、2018、p204 注釈 [ ] [] 外部リンク [ ]• - 謝珠栄を中心にオリジナルミュージカルを製作している.

次の