マスク メルカリ。 手作りハンドメイドマスクはメルカリに出品していいの?問い合わせた人いる?回答は?

メルカリでマスク2倍の価格で出品して落札されたんですが差出人住所...

マスク メルカリ

メルカリでは新型コロナウイルスの影響拡大で、マスクが高額転売されているのが問題となっていました。 その後、高額転売と思われるマスク商品はメルカリ事務局にて一斉削除されましたが、2020年3月10日に 「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されたことで、メルカリでは更なる動きがありました。 それは使い捨てマスクの出品だけでなく、 ハンドメイドの手作りマスク・ガーゼマスク・布マスクを含む全てのマスク商品が出品禁止になるということです。 そのメルカリのマスク出品禁止の内容や、国が配布する布マスク(アベノマスク)は出品してもいい?などについて、詳しくご紹介します。 メルカリでハンドメイドマスクも出品禁止!手作りも削除対象の理由とは? メルカリでは、新型コロナウイルスの影響でマスクの高額転売が相次ぎ問題となっていました。 その内容については、下でまとめていますのでまずはこちらからご確認ください。 いつもご利用いただきありがとうございます。 マスクの出品すべてが、必ずしも違法行為につながるわけではありませんが、メルカリでは、意図せず違法行為につながる可能性等を考慮し、お客さまに安心・安全にサービスをご利用いただけるよう、 「衛生マスク(個人が自作したものを含む)」「衛生マスクとその他の商品を抱き合わせた出品」を一律禁止し、削除対象とさせていただくことにいたしました。 皆さまと共に安心・安全なマーケットプレイスを運営していくため、メルカリは利用ルールの見直しやマナーの呼びかけを随時行って参ります。 引き続きのご理解とご協力をいただけますと幸いです。 引き続きメルカリをよろしくお願いいたします。 引用: つまりまとめるとこのようなことになります。 ですが、なぜハンドメイドマスクまで禁止となるでしょうか? それは、上のメルカリの発表にも記載のある通り 「意図せず違法行為につながる可能性等を考慮した」上での決定なのでしょう。 ハンドメイドマスクであっても今「マスク」自体が品薄であり、多くの人が求めている商品です。 これを手作りだけはOKにすれば、 違法な商品がメルカリで出品されてしまうのは容易に想像ができます。 (例えば、ハンドメイドと書いておいて使い捨てマスクを高額で出品をする・ハンドメイドマスクと使い捨てマスクをセットにして出品をするなど) 「使い捨てマスクはだめ、だけどハンドメイドのマスクはOK」としてしまうと、グレーゾーンの商品が出てきてしまうためそれが法律違反に値する可能性があります。 また、「マスク転売禁止が国で決まったのにメルカリではまだハンドメイドやガーゼマスクだけは販売されている」などとなれば、それはメルカリ自体が国から注意を受けたり、メルカリの存続も危ぶまれます。 そのため、メルカリではマスク商品全般を一律で出品禁止としたのでしょう。 国が配布するアベノマスクの出品もダメ? 今回の新型コロナウイルスの影響を受けて、国が布マスクを1世帯に2枚配布することを決めましたが、この 「アベノマスク」ももちろんメルカリに出品することはできません。 このアベノマスク(布マスク)出品についても、2020年4月14日にメルカリ事務局よりこのような発表がされています。 マスクとのセット商品(抱き合わせ商品)も出品禁止 上のメルカリの発表の内容にも書いてある通り、マスクの抱き合わせ商品の出品も禁止となります。 抱き合わせ商品とは、例えばこのような商品のことです。 ・花粉症対策グッズの中にマスクを1枚セットにして販売をする ・「この商品を購入してくれた方にはマスクをプレゼントします」などと商品ページ内に書く マスク以外の商品にマスクをセットにして出品をしたり、マスクをおまけでつけるなどの出品行為は、結局メルカリでマスクを出品・販売しているのと同じことです。 この抱き合わせ商品も削除対象となるため 、絶対にやめましょう。 ただしインナーマスク・マスクカバーの出品はOK メルカリではマスク全般の出品が禁止となりましたが、マスクの内側に当てる「インナーマスク」やマスクの外側につける「マスクカバー」の出品が大量にされています。 これは現在品薄状態の「マスク」には当たらないため、 メルカリでは出品・購入が認められています。 そのメルカリのインナーマスクやマスクカバー商品については、下の記事で詳しくご紹介していますのでこちらも参考に! メルカリでマスクが買えないならどこで売ってるの? メルカリでマスク全般が出品禁止となった今、「じゃあどこでマスクを買えばいいの!?」と思う人も多いでしょう。 近隣のドラッグストアやスーパーにはマスクが並んでいないことが多く、確実にマスクを入手するためにはどうすればいいか悩む人も多いはずです。 ですが、現在 楽天市場・ヤフーショッピング・アマゾンなどでは、転売ヤーではなく一般のお店がマスクを仕入れて販売を行っています。 メルカリとは違って個人でなく店舗(法人)からの購入ができるので、安心です。 価格は通常よりもやや高めで一部は予約販売となっていますが、一応買えるようにはなっています。 手持ちのマスクの在庫が切れそうな方は、早めに予約購入をすることをおすすめします。

次の

ドムドムのマスクをメルカリやアマゾン通販で購入!販売店の最新情報も

マスク メルカリ

関連記事• いきなり!ステーキが急ブレーキしている。 出店計画を見直すとともに、44店舗の閉店を決定。 売り上げも大きく落ち込んでいる。 その裏で注目を集めているのが「やっぱりステーキ」という店だ。 名前こそ似ているが、単なる「パクり」で片付けるのは早計か?• 新型コロナウイルスの感染が拡大しており、各企業は柔軟な対策が求められている。 東京ディズニーランド、ディズニーシーではキャラクターと来園者のふれあい方法を一部変更。 エン・ジャパンでは、採用面接をWebに切り替えるなどしている。 マスク禁止で話題になったイオンは……• 日本で活動する企業の報酬状況が発表。 日系企業と外資系企業合わせて679社が参加した。 調査結果では課長職や部長職の平均年収も明らかになった。 日系企業と外資系企業の報酬格差も合わせて発表し、特に役職者以上で顕著な開きがあった。 インフルエンザが流行する季節になった。 その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。 学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。 一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。 そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。 また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。 なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。 楽天市場の送料一部無料化問題が波紋を広げている。 3月18日に開始することを予定しているが、出店者の反発はおさまらない。 強気の三木谷社長だが、説得力には欠けるのが現状だ。 Amazon追従に何よりも必要な「出店者の理解」は得られるのか。

次の

ホッチキス替え芯(1万円)──マスク高額転売禁止をすり抜ける悪質“替え玉出品”が続出

マスク メルカリ

いつもご利用いただきありがとうございます。 昨今、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクの需要が急激に高まり、日本前項でマスクが品薄状態になっております。 それに伴い、メルカリ上でもマスクの出品数・購入数が増加しております。 マスクは禁止出品物には該当しませんが、利用者の皆さまにおかれましては、社会通念上適切な範囲での出品・購入にご協力をお願いいたします。 また、お客さまの取引の状況によっては、事務局から入手経路を確認させていただく場合や、商品の削除・利用制限等を行わせていただく場合もございます。 お客さまにメルカリを安心・安全にご利用いただくため、ご理解とご協力をお願いできますと幸いです。 今後ともメルカリをよろしくお願いいたします。 しかしメルカリではこのお願い文書が出た以降も、 100円均一で売っているマスクを10倍の値段で出品するなどの出品が後を絶たないようです。 マスクの高額出品に対する通報が続出? そんな高額出品に対し、 メルカリユーザーからメルカリ事務局への報告 通報 が相次いでいるようです。 メルカリでは、メルカリのルールおよび利用規約に違反している可能性のある商品について、 事務局へ報告する機能があります。 mercari. マスク出品が違法行為というわけではないですし、 マスクの高額出品に関しては、 禁止や規制ではなく、「お願い」というスタンスのメルカリ。 果たしてマスクの高額出品に対する通報で、 出品停止の措置がされるのかどうかは不明確です。 マスク高額転売でコメント欄が炎上! メルカリでマスクを高額で出品する出品者への批判が相次いでいます。 100円均一で売っているマスク10個を10,000円以上の値段で出品している出品者のコメント欄では、 コメントするメルカリユーザー間で炎上している様子もありました。 批判の理由は、 需要の高まりに乗じてマスクを買い占め、 フリマなどで高額で転売をする 「転売ヤー」の行為への怒りのようです。 転売目的の転売ヤーがマスクを買い占めることにより、 真にマスクを必要としている人が適切な値段でマスクが買えないどころか、 手に入れることすらできない状況になりかねないからです。 人気で品薄な商品にプレミアがついて値段が上がるのは当然のことではありますが、 日用品であるマスクが定価の10倍で出品されるというのは、 たしかにやりすぎ感はあるような気はします。 一方で、メルカリで出品する場合には、 最低出品価格が設けられていたり、 手数料や送料負担などもあるため、 100円の商品が500円で売られる程度であれば、 出品にかかる経費や手間を考えると、あり得ない値段ではないかもしれません。 コメント欄の中には、 メルカリに対する批判の声もありました。 メルカリは出品者の売上金の10%を手数料として受け取るため、 高額で売れればその分メルカリの売り上げも上がるので、 マスクの高額出品を積極的に取り締まらないのではないか? という憶測のようです。 本来は、メルカリなどのフリマサイトは、ネットを通じて、 あるモノを必要のないと思っている人から、 価値があると思っている人へ渡すことができる、 すばらしい仕組みのはずです。 新型コロナウイルスの感染拡大で混乱する今の状況だからこそ、 このようなフリマサイトを活用して、 本当にマスクを必要としている人が、 適正な価格でマスクを手に入れられるようになってほしいですね。 アルコール消毒ウイルス感染の予防には効果があるそうです。

次の