マイヒーリングラブ キャスト。 マイヒーリングラブ~あした輝く私へ~(私の愛の治癒記) キャスト・登場人物紹介

【韓国ドラマ】マイヒーリングラブキャストや相関図★あらすじや感想なども詳しくご紹介★|韓国ドラマmania

マイヒーリングラブ キャスト

このページで楽しめる内容• とりあえず概要的なあらすじ。 1話~最終回まで、各話のあらすじ。 感想とネタバレ。 マイヒーリングラブ あらすじ概要 まずは概要って事で『マイヒーリングラブ』の大まかなあらすじです。 夫パク・ワンスンは年下イケメンでかわいい存在だが、結婚して8年もなるとただの頼りない存在。 法曹人を目指して頑張ってはいたが、今はもうそんな目標はどこに行ったか。 料理人になりたいという夢も中途半端。 昼は弟の事務所でお手伝い、空いた時間はフードトラックで楽しく仕事している。 かわいいポジションで結婚しちゃったので、夫は甘え上手。 しかし、これから年を取っていくと、そうも言ってられないわ。 パク家の期待の星は、なんといっても司法試験一発合格の弟パク・ジョンスン。 彼の弁護士事務所にチウ夫婦が雇ってもらっているので、かなり肩身は狭いが、何でも屋のチウは夫のワンスンよりも仕事ができ、他人を雇うよりも頼りになる。 ワンスン、ジョンスン兄弟の母キム・イボクは、何かと長男の嫁イム・チウをいじめる。 顔が気に入らない、苦労性なのが気に入らない、なんといっても一番気に入らないのはチウの出生だった。 チウは5歳の頃に養母であるイ・サムスクに引き取られた娘。 大切に育てられ、どこの家族にも引けを取らないはずだが、セレブを気取りたいイボクにとっては、捨て子のようなチウがどうしても気に入らず、パク家に不幸を持ち込んだ厄介者だと、事あるごとに嫁いびり。 持参金でも多かったら、もっと違ったのかしら。 現在パク家は4人暮らしだが、イボクには別居中の夫がいる。 正確に言うと、卒婚した仲。 いがみ合って生きていくよりは、別々に好きなことをして暮らしたほうがいいと、別居してからは、触らぬ神に祟りなしで、なんとか離婚せずにもちこたえていた。 次男の結婚までは別居してでも婚姻関係は続けていたほうがいいという感じですかね。 ヤクルト配達、喫茶店のパート、弟の事務所(正社員)、ガソリンスタンド、と1日中働くイム・チウ。 もちろん、これに嫁としての仕事、家事も加わってくる。 学生の頃から、バイト狂だった彼女は、睡眠を削って働くことに抵抗はない。 次は重機の免許を取り、バイトに有利なようにと頑張っていたが、簡単そうに見えてなかなか合格できなかった。 ある日、試験場で見たほれぼれとする運転。 タイヤの動き、ハンドルさばきの見事さ、チウはくぎ付けになる。 ショベルカーを操っていたのはチェ・ジンユ。 ハンスグループという屈指の財閥常務の彼は、ある夢があり、重機の免許を取ろうとしていた。 大型免許で操縦できるかと思っていました。 奥が深いんですね。 彼の家は3代続く財閥。 創業者のチョン・ヒョンシル会長は今も健在。 ジンユの継父チェ・ジェハクがグループ社長として実質会社を動かしていた。 このハンスグループには、悲しいできごとがあり、チョン会長の一人娘は33年前に亡くなっており、彼女が産んだ娘は現在行方不明となっている。 誘拐か捨てられたのか、犯人は近くにいるかもよ。 会長の娘と結婚し婿養子に入ったのがチェ・ジェハク社長。 その彼と再婚したホ・ソンジュの息子がジンユということで、彼にグループの血は流れていない。 財閥の常務でありながら、ジャンパー姿でショベルカーを操作する姿は土建屋さん? 彼の運転技術にくぎ付けとなったチウは、勝手に動画を撮り、失礼なことをしないでくれとジンユに声を掛けられる。 たぼ美から一言。 イム・チウは既婚者。 子どもに恵まれないだけで、夫婦としては、普通にうまくいってるほう。 なのに、イケメンチェ・ジンユとの関係は、なんだ、なんだ、なんだ? むむむ。 ロマンスが生まれていいのだろうか・・・。

次の

マイヒーリングラブキャスト・相関図は?出演登場人物を画像付きで紹介!

マイヒーリングラブ キャスト

このページで楽しめる内容• とりあえず概要的なあらすじ。 1話~最終回まで、各話のあらすじ。 感想とネタバレ。 マイヒーリングラブ あらすじ概要 まずは概要って事で『マイヒーリングラブ』の大まかなあらすじです。 夫パク・ワンスンは年下イケメンでかわいい存在だが、結婚して8年もなるとただの頼りない存在。 法曹人を目指して頑張ってはいたが、今はもうそんな目標はどこに行ったか。 料理人になりたいという夢も中途半端。 昼は弟の事務所でお手伝い、空いた時間はフードトラックで楽しく仕事している。 かわいいポジションで結婚しちゃったので、夫は甘え上手。 しかし、これから年を取っていくと、そうも言ってられないわ。 パク家の期待の星は、なんといっても司法試験一発合格の弟パク・ジョンスン。 彼の弁護士事務所にチウ夫婦が雇ってもらっているので、かなり肩身は狭いが、何でも屋のチウは夫のワンスンよりも仕事ができ、他人を雇うよりも頼りになる。 ワンスン、ジョンスン兄弟の母キム・イボクは、何かと長男の嫁イム・チウをいじめる。 顔が気に入らない、苦労性なのが気に入らない、なんといっても一番気に入らないのはチウの出生だった。 チウは5歳の頃に養母であるイ・サムスクに引き取られた娘。 大切に育てられ、どこの家族にも引けを取らないはずだが、セレブを気取りたいイボクにとっては、捨て子のようなチウがどうしても気に入らず、パク家に不幸を持ち込んだ厄介者だと、事あるごとに嫁いびり。 持参金でも多かったら、もっと違ったのかしら。 現在パク家は4人暮らしだが、イボクには別居中の夫がいる。 正確に言うと、卒婚した仲。 いがみ合って生きていくよりは、別々に好きなことをして暮らしたほうがいいと、別居してからは、触らぬ神に祟りなしで、なんとか離婚せずにもちこたえていた。 次男の結婚までは別居してでも婚姻関係は続けていたほうがいいという感じですかね。 ヤクルト配達、喫茶店のパート、弟の事務所(正社員)、ガソリンスタンド、と1日中働くイム・チウ。 もちろん、これに嫁としての仕事、家事も加わってくる。 学生の頃から、バイト狂だった彼女は、睡眠を削って働くことに抵抗はない。 次は重機の免許を取り、バイトに有利なようにと頑張っていたが、簡単そうに見えてなかなか合格できなかった。 ある日、試験場で見たほれぼれとする運転。 タイヤの動き、ハンドルさばきの見事さ、チウはくぎ付けになる。 ショベルカーを操っていたのはチェ・ジンユ。 ハンスグループという屈指の財閥常務の彼は、ある夢があり、重機の免許を取ろうとしていた。 大型免許で操縦できるかと思っていました。 奥が深いんですね。 彼の家は3代続く財閥。 創業者のチョン・ヒョンシル会長は今も健在。 ジンユの継父チェ・ジェハクがグループ社長として実質会社を動かしていた。 このハンスグループには、悲しいできごとがあり、チョン会長の一人娘は33年前に亡くなっており、彼女が産んだ娘は現在行方不明となっている。 誘拐か捨てられたのか、犯人は近くにいるかもよ。 会長の娘と結婚し婿養子に入ったのがチェ・ジェハク社長。 その彼と再婚したホ・ソンジュの息子がジンユということで、彼にグループの血は流れていない。 財閥の常務でありながら、ジャンパー姿でショベルカーを操作する姿は土建屋さん? 彼の運転技術にくぎ付けとなったチウは、勝手に動画を撮り、失礼なことをしないでくれとジンユに声を掛けられる。 たぼ美から一言。 イム・チウは既婚者。 子どもに恵まれないだけで、夫婦としては、普通にうまくいってるほう。 なのに、イケメンチェ・ジンユとの関係は、なんだ、なんだ、なんだ? むむむ。 ロマンスが生まれていいのだろうか・・・。

次の

【『マイヒーリングラブ』各話のあらすじ】韓国ドラマ徹底レビュー

マイヒーリングラブ キャスト

マイヒーリングラブ~あした輝くわたしへ~あらすじ 大恋愛をしたのちに結婚したダメ夫ワンスンの代わりにアルバイトに励むチウ さらに嫁いびりをしてくるだめ夫のお母さん。 その生活から脱却すべく、夢のマイホーム建設に向けて掘削機の試験を受けに行く。 そこで出会ったのが、男性ジンユ ジンユは、試験をうまく乗り越えられるようにアドバイスをくれ無事成功する 新居購入をするというそんな時に、だめ夫のワンスンが衝突事故を起こしてしまう。 その事故を起こした相手が、ジンユだった。 地主から高額な修理費を支払うよう迫られていたチウの事情を知ったジンユは、機転を利かせてうまく手助けをしてくれる。 さらにその夜に、偶然ガソリンスタンドで再会したチウとジンユ。 その時に大学のころに想いを寄せていたお化けだと気づき・・・ 二人の距離はどんどん近づいていく中でわかる二人の過去に隠された秘密とは一体・・! 相関図 マイヒーリングラブ~ キャスト <役名>イム・チウ(俳優名)ソ・ユジン マイホーム購入を目指してアルバイトを何個も掛け持ちをする主婦• 二度はない• 緑豆の花• ホテルデルーナ• 皇后の品格• ケリョン仙女伝• リッチマン• 推理の女王2• 私の男の秘密• 君の恋愛実験• 復讐のカルテット• ピョン・ヒョクの恋• あなたが眠っている間に• 恋するパッケージツアー• 被告人• キム課長とソ理事• 恋するシャイニングスター• 演奏者たち~Page Turner~• ショッピング王ルイ• 私の婿の女• 離婚弁護士は恋愛中• あなただけが私の愛• Back• 私はチャン・ボリ!• スリーデイズ~愛と正義~• 鄭道伝 チョン・ドジョン• 帝王の娘スベクヒャン• 火の女神ジョンイ• 相続者たち• オ・ジャリョンが行く• 天地人 チョンジイン• 私の心が聞こえる?• マイ・プリンセス• パスタ• ベートーベン・ウイルス など イム・ジュチョル(俳優名)イ・ドギョム チウの義弟で、ハンスグループ保安職員• 優雅な母娘• 波よ波よ• 素晴らしき、私の人生• その女の海• 師任堂 サイムダン 、色の日記• 吹けよ、ミプン• 愛の香り~憎しみの果てに~• 記憶~愛する人へ~• 秋のカノン• オー・マイ・ビーナス• ラスト-LAST-• 2度目の二十歳• 家族を守れ• 清潭洞スキャンダル• バラ色の恋人たち• 愛は歌に乗って• 結婚の女神• 金よ出てこいコンコン• おバカちゃん注意報• ウンヒの涙• 夢みるサムセン• いとしのソヨン• キムチ~不朽の名作~• 星も月もあなたへ• 屋根部屋のプリンス• ブレイン• 千回のキス• ロマンスタウン• 我が家の女たち• 私の期限は49日• かぼちゃの花の純情• グロリア• お隣さんは元ダンナ• 恋人づくり• 華麗なる遺産• 千秋太后• 家に帰る道• スターの恋人• 山向こうの南村には• その女が恐ろしい• 空くらい地くらい• 人生よ、ありがとう• 神様、お願い• 美しいあなた• ラブホリック• 二度目のプロポーズ• 愛情の条件• 百万本のバラ• 光宗大王 クァンジョンテワン• ただいま恋愛中• ホ・ギュン~朝鮮王朝を揺るがした男• インビテーション• 幸せは我々の胸に• 愛するまで• 王妃チャン・ノクス~宮廷の陰謀~• 独裁者への道.

次の