フリー アイコン メーカー。 アバタージェネレーターまとめ 萌えキャラからカワイイ系まで16サイト

イケてる似顔絵メーカー

フリー アイコン メーカー

ブログやSNSのアイコンはあなたを読者さんに伝えるための方法 ブログやツイッター、FacebookみたいなSNSってみんな何かしらアバター(アイコン)を載せてるよね。 プロフィール画像とも言うやつ。 音楽好きなら楽器やアーティストさんの画像、漫画とかアニメならそのキャラのアイコン、あとはオリジナルのイラストなどなど。 ブログって最初アバターはない。 だから自分で用意する必要があるんだよね。 ツイッターやFacebookのようなSNSも最初アカウント作成したら卵のよくわからんアイコンが表示される。 なぜ卵なのかは不明。 あれか、生まれたてのアイコンだよ!ってことかな? でもこの状態であなたが気になる人をフォローしても、フォローされた側からすると 「なんだこいつ??」って思われる可能性大。 ブログだったら、プロフィールのところにアバターがあると印象が全然違う。 ブログやSNSは実際に発信する内容もそうだけど、写真とかでも「あ、この人かわいい!」とか「ギタリストさんなんやな」とかわかることってあるっしょ? で、それが自分と同じ趣味だったりすると「興味」が沸いたりする。 親近感っていうのかな。 だから、ブログならアバターはほしいし、SNSでもプロフィール画像は設定しておきたいところ。 プロフィール画像がないと・・・ 「ブログ始めたばっかなのかな?」「どんな人が記事書いてるんだろう??」って感じで、 読者さんにあなたのイメージが伝わりづらい。 つまり、 共感や興味を持たれる可能性が減るってことね。 実際北っちは今のアバターにしてから、かなりメールとかが増えた。 また、ただ増えたんじゃなくてバンドマンとかオタク趣味のタイプの人が多い。 そういう読者さんとネットで知り合いたかったからすごく嬉しかった。 アバターを既に利用しているならツイッターのアイコンも同じでOK。 オリジナルのアバターなんて作れないorzって場合はまず無料サービスを試してみよう 「でもアバターなんて書いてくれる人いないし・・・」 「自分で絵描くのとか絶対無理!!」 って思ったあなた。 だからこそ最初は無料のアイコン作成サイトを活用しよう。 北っちも昔は無料のアバター使ってたし。 ブログやSNSのアバター(アイコン)を無料で作成出来るサイトまとめ それでは無料で使えるツイッターアイコンサイトをまとめて8つ、バーっとご紹介! 256locsMaker なんと名前を入力するだけで 自動にアイコンを作ってくれるサイト。 ドット絵の可愛らしいアイコンならこれが一番お手軽かと。 ドット絵は可愛いし、好きな人は好きだよね。 箱ドットジェネレーター 可愛らしい四角キャラを自分で 簡単に作れちゃうサイト。 色も選べるしパーツも豊富。 画像のアイコンは北っちが作ってみたもの。 丸い顔アイコンジェネレーター 丸めでポップなアイコンを簡単に作れるサイト。 ランダムで作ることも出来るし、目のパーツが多いのが特徴。 フェイスアイコンメーカー 割りと実際の自分に似せやすいタイプの アイコンジェネレーター。 最初に正面パターンか、横顔パターンかを選ぶことが出来るよ。 それから好みの顔の感じを選びそこからカスタマイズ。 1から作るよりもやりやすいのでおすすめ。 ジョジョ顔メーカー 名前の通り、 ジョジョの奇妙な冒険風なアバターアイコンが作れるサイト。 ジョジョ好きなら一度試してみるのもあり。 SP-Studio 海外の有名アニメ、 「サウスパーク」のキャラを自分で作れちゃうサイト。 髪型や服装まで結構選択肢があるのが嬉しい。 化け猫アイコンメーカー 人間ではなく、猫のアイコンが作れちゃうサイト。 耳、目、ひげなど変更出来るとこたくさん。 昔このアイコンを使ってました。 ネコ好きにはたまらない。 似顔絵メーカー ちょいデフォルメかけたような 漫画っぽいアイコンが作れるサイト。 服装のバリエーションが結構あって適当に組み合わせるだけでもそれなりにいい感じ。 Amebaピグ 利用者も多いアメーバ。 ピグはかなりカスタマイズが出来るので好みの服を着せたりも出来るのが楽しい。 まあ特殊な服とかは課金しないとダメだったりするけどね・・・。 髪型や口、色などを選んで作れる。 「おまかせ」をクリックすると一発でイラストが作成されるのであえてそれを試すのもあり。 北っちは絵の感じがあまりタイプではないので使わなかったなあ。 昔このブログで北っちが使ってたアバターはここで作ったもの。 それなりにいろいろいじれるんだけど、あまり見かけなくなった気がする。 ASCII-O-Matic これはどうなんだ・・・。 ちょっと操作してみたけどAAとか作らないからいまいち使い方がわかんない。 あと、これアバターとして使うのはちょっとなあ。 AA職人さんとかが作っているのをやってみたいって人向け。 FACE YOUR MANGA 漫画風のアバターが作れるサイト。 線が太い感じなので、人によっては好みじゃないかも。 ただ、細かいところまでいじれるのでそこは好印象。 英語表記だけどなんとなくいじってれば使える。 画像は北っちが遊んでたら出来た金髪、ヒゲの強面お兄さん。 アニメ調の全身アバターが作れるサイト。 かわいい。 画像は北っちが作りこんでみたよ。 髪色とかがRGBで調整するのでちょっと慣れがいるけど難しくはないかな。 保存はスクリーンショットでしてね。 ちゃんリオメーカー サンリオのアバター作成サイト。 かなりポップな感じになるねえ。 男女どちらのバージョンも作れるよ。 操作性はシンプルで使いやすい。 GET PEANUTIZED スヌーピーの原作、PEANUTSのキャラ風にアバターが作れる。 なんか作成画面がシムシティを思い出したなあ。 PEANUTS好きにおすすめ。 どれも簡単にアイコンが作れるので気軽に使ってみてね。 よりクオリティの高い、オリジナルアバターが欲しい場合は?? でもやっぱりこだわりたいって人は絵が書ける人にお願いするのがおすすめ。 北っちのおすすめはこの2つ。 pixiv イラストを書く人が集まるコミュニティといえばpixiv。 仕事でアバター作成をしている人もいるし、無料で書いてくれる人もいる。 でも、ちゃんとマナーを守ってお願いしてね。 ココナラ 500円からいろんなサービスを提供しているのがココナラ。 アバターの作成も結構あるので、気になる人を見つけて、お願いしてみるといいよ。 北っちもデザインとかフライヤーで何度かお願いしたことがあるんだけど、すっごく気に入ってものが出来て嬉しかった。 今でも利用してるサイト。 ツイッターで探す ツイッターでも絵を書いてる人はたくさんいる。 自分が好きなイラストを書いてる人がいたりしたら、フォローしてみよう。 人によってはアバターを書いてくれたりするよ。 ピクシブと連動して使ってる人も多い。 決して「おい、アバター書いてくれ!」みたいなDMやリプを送らないこと。 お願いする時は丁寧に。

次の

ブログやSNSのアバターを無料で作成出来るサイトまとめ|趣味ぶろ!

フリー アイコン メーカー

もくじ• その前に、アイコンとして使ってはいけないもの やはり出てきてしまう著作権の問題。 権利者とのトラブルを避けるために下記の写真素材やイラストは使用を避けたほうが無難でしょう。 芸能人やタレントの写真など マイナーな人物から世界的に有名な芸能人やタレントの写真をそのままTwitterなどで使用すると、最悪の場合は著作権の違反、または肖像権を侵害してしまう恐れがあります。 アニメやマンガのキャラを未加工でそのまま使用 Twitterでは気に入ったマンガやアニメのキャラクターをついついアイコンとして使用したくなりますが、これらも著作権を侵害する可能性を秘めています。 さらに厄介なことに、たとえ二次創作物であっても、原作者が許可しない限りは著作権に引っかかる恐れがあるため、本人が許可しているものを中心に使うと安全です。 企業やブランド関連のロゴおよび商品 一般的にブランドのロゴや商品のほとんどはコピーライトが付いているため、それらをアイコンとして使用してしまうと、著作権侵害で訴えられるだけでなく、あたかに該当ブランドや企業と関わりがあるように思われしまいます。 その他、2次利用が禁止されている作品 Pixivなどの投稿サイトでも作者が著作権フリーとしている素材を閲覧することができますが、「2次利用禁止」とされている作品の場合は、無断での使用を避けましょう。 逆にどんなものを使っていいの? 自分で作ったオリジナル創作物 逆に自分自身で考えて作り上げたオリジナルの創作物であれば、著作権は自分にあるため、安心してそのイラストをアイコンとして利用することが可能です。 ネット上で無料配布されているフリー素材 インターネット上では、TwitterやインスタグラムといったSNSサービスのプロフィールアイコン用に無料配布しているフリー素材が数多く存在し、これらは使っても問題がありません。 フリー素材を扱っているサイト一覧 アニメ系アイコン• ゆるキャラ系• アイコンが作成できるアプリ ZEPETO 『ZEPETO(ゼペット)』は、インスタグラム・Twitterを中心に大ブレイクした、顔認証技術を駆使した3Dキャラ作成アプリです。

次の

にじさんじゲーマーズアイコンメーカー

フリー アイコン メーカー

ブログやSNSのアイコンはあなたを読者さんに伝えるための方法 ブログやツイッター、FacebookみたいなSNSってみんな何かしらアバター(アイコン)を載せてるよね。 プロフィール画像とも言うやつ。 音楽好きなら楽器やアーティストさんの画像、漫画とかアニメならそのキャラのアイコン、あとはオリジナルのイラストなどなど。 ブログって最初アバターはない。 だから自分で用意する必要があるんだよね。 ツイッターやFacebookのようなSNSも最初アカウント作成したら卵のよくわからんアイコンが表示される。 なぜ卵なのかは不明。 あれか、生まれたてのアイコンだよ!ってことかな? でもこの状態であなたが気になる人をフォローしても、フォローされた側からすると 「なんだこいつ??」って思われる可能性大。 ブログだったら、プロフィールのところにアバターがあると印象が全然違う。 ブログやSNSは実際に発信する内容もそうだけど、写真とかでも「あ、この人かわいい!」とか「ギタリストさんなんやな」とかわかることってあるっしょ? で、それが自分と同じ趣味だったりすると「興味」が沸いたりする。 親近感っていうのかな。 だから、ブログならアバターはほしいし、SNSでもプロフィール画像は設定しておきたいところ。 プロフィール画像がないと・・・ 「ブログ始めたばっかなのかな?」「どんな人が記事書いてるんだろう??」って感じで、 読者さんにあなたのイメージが伝わりづらい。 つまり、 共感や興味を持たれる可能性が減るってことね。 実際北っちは今のアバターにしてから、かなりメールとかが増えた。 また、ただ増えたんじゃなくてバンドマンとかオタク趣味のタイプの人が多い。 そういう読者さんとネットで知り合いたかったからすごく嬉しかった。 アバターを既に利用しているならツイッターのアイコンも同じでOK。 オリジナルのアバターなんて作れないorzって場合はまず無料サービスを試してみよう 「でもアバターなんて書いてくれる人いないし・・・」 「自分で絵描くのとか絶対無理!!」 って思ったあなた。 だからこそ最初は無料のアイコン作成サイトを活用しよう。 北っちも昔は無料のアバター使ってたし。 ブログやSNSのアバター(アイコン)を無料で作成出来るサイトまとめ それでは無料で使えるツイッターアイコンサイトをまとめて8つ、バーっとご紹介! 256locsMaker なんと名前を入力するだけで 自動にアイコンを作ってくれるサイト。 ドット絵の可愛らしいアイコンならこれが一番お手軽かと。 ドット絵は可愛いし、好きな人は好きだよね。 箱ドットジェネレーター 可愛らしい四角キャラを自分で 簡単に作れちゃうサイト。 色も選べるしパーツも豊富。 画像のアイコンは北っちが作ってみたもの。 丸い顔アイコンジェネレーター 丸めでポップなアイコンを簡単に作れるサイト。 ランダムで作ることも出来るし、目のパーツが多いのが特徴。 フェイスアイコンメーカー 割りと実際の自分に似せやすいタイプの アイコンジェネレーター。 最初に正面パターンか、横顔パターンかを選ぶことが出来るよ。 それから好みの顔の感じを選びそこからカスタマイズ。 1から作るよりもやりやすいのでおすすめ。 ジョジョ顔メーカー 名前の通り、 ジョジョの奇妙な冒険風なアバターアイコンが作れるサイト。 ジョジョ好きなら一度試してみるのもあり。 SP-Studio 海外の有名アニメ、 「サウスパーク」のキャラを自分で作れちゃうサイト。 髪型や服装まで結構選択肢があるのが嬉しい。 化け猫アイコンメーカー 人間ではなく、猫のアイコンが作れちゃうサイト。 耳、目、ひげなど変更出来るとこたくさん。 昔このアイコンを使ってました。 ネコ好きにはたまらない。 似顔絵メーカー ちょいデフォルメかけたような 漫画っぽいアイコンが作れるサイト。 服装のバリエーションが結構あって適当に組み合わせるだけでもそれなりにいい感じ。 Amebaピグ 利用者も多いアメーバ。 ピグはかなりカスタマイズが出来るので好みの服を着せたりも出来るのが楽しい。 まあ特殊な服とかは課金しないとダメだったりするけどね・・・。 髪型や口、色などを選んで作れる。 「おまかせ」をクリックすると一発でイラストが作成されるのであえてそれを試すのもあり。 北っちは絵の感じがあまりタイプではないので使わなかったなあ。 昔このブログで北っちが使ってたアバターはここで作ったもの。 それなりにいろいろいじれるんだけど、あまり見かけなくなった気がする。 ASCII-O-Matic これはどうなんだ・・・。 ちょっと操作してみたけどAAとか作らないからいまいち使い方がわかんない。 あと、これアバターとして使うのはちょっとなあ。 AA職人さんとかが作っているのをやってみたいって人向け。 FACE YOUR MANGA 漫画風のアバターが作れるサイト。 線が太い感じなので、人によっては好みじゃないかも。 ただ、細かいところまでいじれるのでそこは好印象。 英語表記だけどなんとなくいじってれば使える。 画像は北っちが遊んでたら出来た金髪、ヒゲの強面お兄さん。 アニメ調の全身アバターが作れるサイト。 かわいい。 画像は北っちが作りこんでみたよ。 髪色とかがRGBで調整するのでちょっと慣れがいるけど難しくはないかな。 保存はスクリーンショットでしてね。 ちゃんリオメーカー サンリオのアバター作成サイト。 かなりポップな感じになるねえ。 男女どちらのバージョンも作れるよ。 操作性はシンプルで使いやすい。 GET PEANUTIZED スヌーピーの原作、PEANUTSのキャラ風にアバターが作れる。 なんか作成画面がシムシティを思い出したなあ。 PEANUTS好きにおすすめ。 どれも簡単にアイコンが作れるので気軽に使ってみてね。 よりクオリティの高い、オリジナルアバターが欲しい場合は?? でもやっぱりこだわりたいって人は絵が書ける人にお願いするのがおすすめ。 北っちのおすすめはこの2つ。 pixiv イラストを書く人が集まるコミュニティといえばpixiv。 仕事でアバター作成をしている人もいるし、無料で書いてくれる人もいる。 でも、ちゃんとマナーを守ってお願いしてね。 ココナラ 500円からいろんなサービスを提供しているのがココナラ。 アバターの作成も結構あるので、気になる人を見つけて、お願いしてみるといいよ。 北っちもデザインとかフライヤーで何度かお願いしたことがあるんだけど、すっごく気に入ってものが出来て嬉しかった。 今でも利用してるサイト。 ツイッターで探す ツイッターでも絵を書いてる人はたくさんいる。 自分が好きなイラストを書いてる人がいたりしたら、フォローしてみよう。 人によってはアバターを書いてくれたりするよ。 ピクシブと連動して使ってる人も多い。 決して「おい、アバター書いてくれ!」みたいなDMやリプを送らないこと。 お願いする時は丁寧に。

次の