鬼滅の刃 かいがく 最後。 鬼滅の刃で我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)が因縁の相手となったのはなぜ?|鬼滅の刃.info

【鬼滅の刃】我妻善逸 VS兄弟子・獪岳 (かいがく)は何者なんだい?こいつアレだな

鬼滅の刃 かいがく 最後

いやー、めちゃくちゃ熱い展開が続いてますね。。 143話ラストで登場した善逸の宿敵、獪岳(かいがく)の登場に年甲斐もなく興奮し、過去の話を含め読み返しているうちに、ちょっと、このキャラの設定と盛り込まれた物語上のポジションがすごすぎないかと思い、ブログにまとめてみようかという気持ちになりました。 1 第一に善逸の宿敵としての獪岳 まず大前提として善逸の兄弟子であり、善逸の師匠の仇にあたる獪岳。 初登場は善逸の回想内で、4巻の34話。 これは、炭治郎たちが那田蜘蛛山での伍の塁と戦っている頃で、善逸との対決は、かなり初期から構想のあった展開であったことがうかがえます。 善逸に桃を投げつける獪岳。 人であるこの頃から憎たらしい。 鬼として立ちはだかる獪岳は、ヘタレキャラではあるものの、やるときはやるという愛され方をしてきた善逸とは対照的に、少ない出番ながら既に憎たらしさMAX。 困難から逃げ続けてきた善逸にこんな表情をさせる獪岳はこの時点で倒されるべき敵役として100点満点といえるでしょう。 134話において、以前から登場していた、琵琶を弾く鬼の鳴女が新たに上弦の肆の座についていたことは明らかにされていましたが、上弦の伍や陸の存在は伏せられていました。 上弦肆となった鳴女 上弦の 肆の鳴女と上弦の陸である獪岳の登場は、当然まだ見ぬ上弦の伍の存在を明示し、想像をかきてたてます。 さらに 肆・陸ともに過去に登場していたキャターであり、上弦の伍も、もしかしたらすでに物語に登場したキャラなのではないかとの期待と憶測はとどまることを知りません。 個人的には音柱、宇随の弟辺りが怪しいのではと思っているのですが… これも100点。 善逸に「適当な穴埋めで上弦の下っ端に入った」と全読者の疑念を代弁されても余裕で受け流します。 読者の気持ちを代弁。 これはできる男の顔。 それは違います。 鬼舞辻無残は、過去に自らの腹心であった下弦の鬼の実力不足に見切りをつけ、容赦なく下弦の鬼たちを自らの手で葬り去りました。 そんな鬼舞辻が適当な穴埋めで獪岳を上弦の鬼に据えるはずもありません。 さらに獪岳の「俺は常に正しく俺を評価する者につく」の言葉。 彼が残忍な鬼舞辻の評価を受け、鬼としての正当な実力を以て上弦の陸の地位を得ていることは疑いようがないでしょう。 新たな上弦の陸の獪岳が実力を示せば 肆の鳴女や正体不明の伍の脅威を証明できるというおまけつき。 獪岳が恐ろしさを見せれば見せるほど、これからの敵の恐ろしさもアップするという構造。 疑いようもなく100点満点です。 6巻52話より。 ここでの鬼舞辻の冷酷さが逆に獪岳の実力を証明している。 4 鬼になることを選択した獪岳と人として鬼と戦う鬼殺隊 は、肉体的に弱い人間がいかに超越的な存在である鬼に対峙するかの物語です。 人であることをやめ、鬼となった獪岳と善逸の戦いは、互いの因縁の決着というだけにとどまらず、脆弱な存在でありながら、想いや技術をつなぎ、鬼に立ち向かう鬼殺隊VS鬼という物語の本質を色濃く反映させているといえるでしょう。 また、鬼になることを選択した獪岳の存在によって、あくまで人として戦う鬼殺隊の気高さが際立つことなるという点も、彼の設定の秀逸さに数えて差し支えないと思われます。 はい100点。 弱い存在であることが幾度も作中で語られる 最後まで鬼となることを拒んだ煉獄 5 呼吸を使える鬼ってどうなの?の試金石となる獪岳 繰り返しになりますが、において、鬼は絶対的な強者であり、鬼殺隊は鬼に対抗するために、剣技を磨き、身体能力を向上させる呼吸の技術を受け継いできました。 では、その鬼が鬼殺隊の鬼への対抗手段である呼吸を使ったらどうなるのか?これはもう、とてつもない脅威になることは想像に難くありません。 雷の呼吸の使い手であった獪岳は、初手こそ善逸に後れを取ったものの、今後、雷の呼吸+鬼の身体能力で善逸を追い詰めていくことでしょう。 獪岳の登場前は、鬼舞辻を追い詰めた剣士に酷似する上弦の鬼の壱、黒死牟が最初に呼吸を使う鬼として登場すると予想した方も多かったと思います。 十中八九、 黒死牟は最強の呼吸法である、ヒノカミカグラを用いる最強の鬼として炭治郎の前に立ちはだかるでしょう。 謎の多い上弦の壱、黒死牟 獪岳の活躍が上弦の 肆・伍への期待を高めるのと同じく、彼が呼吸を使える鬼の恐ろしさを体現すればするほど、同様に呼吸の使い手であろう黒死牟の脅威が増すという構図です。 なんておいしいポジションにいるんだ獪岳は。 ここでも、もちろん100点。 6 最後に いかがでしたでしょうか。 善逸の回想以来の登場となり、満を持して鬼となって姿を現した獪岳がいかに物語上、意味を持つポジションに設定されるか整理できていたでしょうか。 伏線の回収、今後の展開を見据えた設定…ここまでの要素を盛り込んだキャターをさらっと登場させてくる吾峠先生の手腕には舌を巻く他ありません。 これ以外にも、彼は悲鳴嶼の回想に出てきた、寺の子供たちを鬼に売った人物に似ている等、まだまだ因縁は残されていそうです。 これからも目が離せない、ひとまず善逸と獪岳の勝負の行く末が気になりますね。 ゴーゴー善逸。 負けるな善逸。 獪岳なんてぶっ飛ばせ。 首に下げた勾玉の首飾りは獪岳か ahiru026.

次の

獪岳の立ち位置と果たす役割がすごかった【鬼滅の刃144話】

鬼滅の刃 かいがく 最後

鬼滅の刃:我妻善逸(ぜんいつ)の兄弟子の名前は獪岳(かいがく) 善逸(ぜんいつ)の兄弟子の名前は獪岳(かいがく)。 同じ師匠の元、雷の呼吸を学んでいました。 のに対し、獪岳は壱ノ型だけが使えません。 そして「先生の時間の無駄」だと言って善逸に諦めさせようとさせます。 とにかく師匠が善逸を可愛がるのが面白くなかった獪岳は善逸のことを邪魔者扱いしていたのでした。 師匠自身はそのような贔屓はしておらず、このことは獪岳の思い込みです。 善逸もひたむきに努力している獪岳のことを尊敬していました。 獪岳だけが自分の思い込みにより、どんどん自分を追い込んでしまっていたのかもしれません。 もしこの時、獪岳と善逸と師匠で3人とも腹を割って納得するまで話し合っていたのであれば、もしかしたら結末は違ったものになっていたのかもしれません。 我妻善逸と鬼になった獪岳(かいがく)の再会、そして戦い そんな2人はまさかの形で再会を果たします。 それは兄弟子である 獪岳が鬼になっていたという事実が判明。 それも無惨の配下である となっていました。 我妻善逸の兄弟子である獪岳はなぜ鬼になったのか そこで気になるのは、 なぜ獪岳が鬼になったのかという事。 常に強さを求め続けていた獪岳は、 生きていればいつかは勝てるという考えを持っていました。 獪岳はある日、鬼と遭遇して死にそうになった時、命乞いをして自身が鬼になる事で生き続けることを選んだのです。 強さを求めるあまりにしてしまったこの選択。 しかし、鬼にならなければ死んでしまっていたはずの獪岳。 獪岳は鬼殺隊にいたのにもかかわらず、まだ自分がいつ死んでも悔いのない生き方をできていなかったのでしょう。 獪岳が鬼になったことにより、師匠は弟子が鬼殺隊の裏切り者となってしまったために、責任を取る形で切腹するのでした。 善逸と獪岳(かいがく)の戦いの行方 お互いがまだ師匠のもとで修行していた頃から、何かと善逸を妬み、色々と文句などを言っていた獪岳。 戦いではお互い雷の呼吸を使いながら繰り広げられます。 善逸にとっては、師匠を亡くした原因となった相手です。 いくら兄弟子とはいえ、この因縁に決着をつけるには、獪岳を倒すしかありませんでした。 獪岳はまだ鬼になってから日が浅く、血鬼術を自分のものにする事ができていません。 鬼滅の刃のここ好きポイント、壱ノ型しか使えない善逸と壱ノ型だけ使えない獪岳の対比のシーン ブチ切れで青筋浮かべて笑いながら煽る善逸ほんと好き — キルミーを信じろ KMBisGood そんな 獪岳を善逸は自分で編み出した漆(しち)ノ型・火雷神によってを倒します。 この型を見て、師匠が贔屓をして教えたのだと最後まで勘違いをする獪岳。 2人が肩を並べて、師匠の望んでいた通り、一緒に後継者となり戦うことはできなかったのでしょうか…。 違う未来もあったのではないかと考えるととても悲しい出来事です。 この兄弟弟子である2人の戦いは、心、そして技などの強さが勝った、善逸の勝利で幕が閉じるのでした。

次の

鬼滅の刃は最終回が近い?漫画いつ終わる?第二部or完結するか最終章までの伏線と今後の展開を考察予想│オトメexpert

鬼滅の刃 かいがく 最後

と言うかもう鬼になる前から性根が腐ってたとしか -- 名無しさん 2019-10-07 21:19:26• 愈史郎の言ってた事、黒死牟にも当てはまるような気がする…弟が凄すぎたのもあるけど。 -- 名無し 2019-10-15 20:35:52• こいつの技って攻撃範囲が広いけど、何カ所も同時に攻撃する技って、人間相手には有効だろうが、首を切断する以外の攻撃がダメージにならない鬼相手にはほとんど意味がない気がする(再生能力が高くない雑魚鬼には意味があるかもしれんが)。 高速で近付いて首をぶった切る技に特化してる善逸の方が鬼狩りの才能があったといわれても仕方ないかもしれない -- 名無しさん 2019-10-15 21:00:03• 高速の踏み込みから一撃必殺クラスの一撃ぶっぱなす基礎を養って、他の型でも高機動・高威力 -- 名無しさん 2019-10-19 05:20:36• 忍者みたいに日輪刀を背に取り付けるスタイル取ってたけどあれじゃ雷の呼吸が持ち味とする高速抜刀を生かせないような… -- 名無しさん 2019-10-19 06:43:23• それが鬼になって完全に未練を捨てたのかと。 鬼の身体能力と習ったはずの理論を組み合わせれば疑似壱ノ型ぐらいはできそうなのにそれをしなかったあたり、壱ノ型なんてなくても自分は強いって感じのコンプレックスが無意識にしろあったのでは? -- 名無しさん 2019-10-22 19:32:38• 善逸の呼び方からするに、獪岳が人だったころからの名前なのかな? 猗窩座と狛治、黒死牟と継国厳勝みたいな「鬼の名」とは別に「人の名」があるわけではないというか -- 名無しさん 2019-11-05 17:32:03• 本編見る限りありえなかったと思うけど 獪岳が壱の型以外の技で敵を牽制している隙に善逸が高速抜刀でトドメ刺すって攻撃連携絶対格好いいと思うから本編で見たかったわ -- 名無しさん 2019-11-09 21:00:35• ・・・雷の一の呼吸が使えないから雷の剣士として不完全?・・・気にするな猾岳・・・そもそも呼吸は・・・我が弟の日の呼吸以外からして・・・不完全で無意味・・・ -- 名無しさん 2019-11-09 22:50:03• メンタルが鬼殺隊よりも鬼向きすぎてダメだった -- 名無しさん 2019-11-15 22:26:14• マジで寺の子だったのか 悲鳴嶼さん知ってたのか、知ってて敢えて触れなかったのか 獪岳の方はどうだったんだろ -- 名無しさん 2019-11-18 15:02:10• ログ化を提案します -- 名無しさん 2020-01-07 11:48:05• 一の型が出来ないのは自分が左利きと気付いてないせいとかの考察をどこかで見たな -- 名無しさん 2020-01-24 00:22:42• 読者と作者が嘲笑してサンドバッグにするためだけに生まれたキャラだなと思いました(小並感 -- 名無しさん 2020-04-05 07:29:00• 儂はなんだかんだ「鬼の理不尽な強さ」を存分に見せてくれる強敵だからなぁ……無惨様?もはや笑いごとじゃすまない -- 名無しさん 2020-04-10 13:48:53• この話の後からこれまで以上に善逸が頼りになるキャラになった希ガス -- 名無しさん 2020-04-13 13:39:49• 善逸をあれだけ憎んだ彼が二次創作じゃ善逸のオマケみたいな扱い受けてるのが皮肉というか -- 名無しさん 2020-04-26 17:44:32• 悲鳴嶼さんの件といいじいちゃんと善逸の件といい人間関係ですれ違い続きの人生が悲しいわコイツ -- 名無しさん 2020-05-19 12:35:53• 皮肉にも、こいつのやらかしで爺ちゃんが切腹した事で善逸は必死に修業し意識を失わなくても真の実力が発揮できるようになったんだよな -- 名無しさん 2020-05-24 18:21:20• 作中に出てくる雷の型が1つか2つだけなのはマズイから作られた、と身も蓋もない考察 -- 名無しさん 2020-06-14 12:41:36• ちょっとフレイザード思い出した(年齢重ねてたらヤバかったというあたり) -- 名無しさん 2020-06-16 19:29:44• まぁ血鬼術が未熟って言っても、実際、「純粋な剣技」では善逸が上回り実力勝ちした訳だからなぁ(まぁ見下していた為の油断とか多少の傷なら再生できる警戒心の無さとかも敗因かも知れないけど) -- 名無しさん 2020-07-03 05:24:35• 逆に言ったら、血鬼術が未熟な状態でも(穴埋めとは言え)上弦に加えられたんだからスゲェヤツではある。 -- 名無しさん 2020-07-04 08:41:54• 「実は一の型も使えるけど、弟弟子の善逸の方が完成度が上だった為、単純比較されるのが嫌で封印してた説」だって元となる基本が出来なくて応用は出来るなんて変だもん。 -- 名無しさん 2020-07-04 09:00:21• だって相手が反応できない高速で狙った所を斬るって考えて見れば最強の型じゃない? -- 名無しさん 2020-07-04 09:05:18• どこまでも人間らしくて復讐者じゃなかったってだけだと思う。 むしろ好きな方だけと善逸は師匠の時間は取るくせに昼は真面目に練習しようとせず師匠から逃げまわってるもん。 ノイローゼになるで -- 名無しさん 2020-07-07 14:37:55 名前: コメント:.

次の