ソフトバンク スマホデビュー割。 「スマホデビュー割」とは/ネットなら超お得に契約する「裏ワザ」もある

スマホデビュー割

ソフトバンク スマホデビュー割

今、ソフトバンクのガラケーからスマホへの機種変更できる、「スマホデビュー割」というキャンペーンが2016年12月21日から開始されています。 年配の方でスマホに興味がある人、子供にそろそろスマホを持たせたいが月額料金が上がるのがネックだという人には、かなり有益なキャンペーンです。 年配や子供向けだけでなく、初めてスマホを持つ人のために、キャンペーン内容、適用条件、注意点についてまとめました。 まずはキャンペーン内容を見てみましょう。 ソフトバンクのケータイ、みまもりケータイまたはあんしんファミリーケータイを使っている人が、iPhone、スマートフォンに機種変更することで、毎月の通信料金から2,100円を割引するキャンペーンとなっています。 適用条件• スマ放題、スマ放題ライト、ホワイトプランいずれかにご加入のうえ、データ定額サービスまたはパケット定額サービス(フラット型)にご加入いただくこと• 機種変更の場合、現在ソフトバンクのケータイ、みまもりケータイまたはあんしんファミリーケータイをご利用されていること• のりかえ(MNP)の場合、お客さまの電話番号を表示できる他社のケータイ(従来型携帯電話/フィーチャーフォン)、PHSまたはキッズ向けケータイをご利用されていること• 新規加入の場合、ご利用されるお客さまの年齢が6歳以上18歳以下であること• iPhone、SoftBank スマートフォンをご契約いただくこと(USIM単体含む)• 専用2年契約/専用2年契約(フリープラン)にご加入いただくこと(ハートフレンドご加入の場合は除く) 特別価格機種をお求めの場合 新スーパーボーナスで以下対象機種を購入することが条件となっています。 DIGNO G• Xperia XZ• AQUOS ea• STAR WARS mobile• シンプルスマホ3 特別価格機種をご購入された場合、ご購入から24ヵ月以内に解約されると契約解除料が発生します。 また新スーパーボーナス12回割賦の場合には特別価格でのご提供はできません。 すでにスマートフォンを使っている人は対象外 … No shadow - a basic rule of photography ignored! ソフトバンクスマホ利用中の人は、残念ながら対象外となります。 現在、ソフトバンクを使っていて、スマホへ安く機種変更したいという人にはお得なキャンペーンです。 スマ放題ライト1GBプランなら2,800円 税抜き から始められます。 プランについてはホワイトプラン、スマ放題、2GBプランや5GBプランなどでも大丈夫です。 ほとんどネットを使わない人でも、ギガモンでたっぷり使いたい人でも、21,00円 税抜き の割引が適用されます。 端末購入時の注意事項 スマホデビュー割では、月月割が適用されないので注意が必要です。 例えば、iPhone 7に機種変更したい場合、機種代金は全額サポート無しで支払う必要があります。 もっともiPhone 7を使いたいのであれば、スマホデビュー割を適用しない普通の機種変更として登録をすれば、特に問題はありません。 月月割が適用にならない代わりに、DIGNO FとiPhone SEの2機種であれば、特別価格で購入が可能です。 DIGNO Fなら毎月80円で済みます。 iPhone SEでも16GBなら1,080円で済みます。 Byber 一例として、これから中学生になる子供にスマホデビュー割りで見積もりを出してみましょう。 iPhone SE(16GB)で、データ通信は1GBじゃ足りないから「5GB」にしたとします。 壊れた時の保証は欲しいという所で「あんしん保証パックプラス」を付けたとします。 デビュー割の基本料金2,800円に、必要な部分を足していきます。 「あれ?あまり安くない?」と思うかもしれません。 iPhone SE(16GB)ではなく、データ通信も1GBに抑えた場合はこちらになります。 DIGNO Fを選択し、あんしん保証パックのみをつけて見積もりを出してみます。 デビュー割の基本料金2,800円にDIGNO Fの分割支払金80円とあんしん保証パックの500円を足して消費税を加えると、月額3,644円となります。 保証込みでこの金額なら安いですよね。 ちなみに、もしも「ソフトバンク光」を契約中、もしくは契約するのであれば、iPhone SEの見積もりでも1,522円の割引が利くので、5,160円で利用が可能です。 なぜ、実際に見積もりを出すと高くなるのか、ポイントは機種代金とパケットプランです。 この2点を妥協できるのであれば、魅力的なプランとなります。 スマホデビュー割の活用方法 SIM Card. mikiyoshihito 「1GBじゃ意味がない、低スぺスマホじゃ意味がない、はい解散・・・」となるかもしれませんが、スマホデビュー割には裏ワザがあります。 裏ワザの1つがネット環境です。 自宅にWiFiがあれば、1GBプランや2GBプランでも十分に活用できます。 ソフトバンク光でおうち割が適用できるのであれば、さらに割引が利きます。 また、機種代金がネックなら、「USIM単体契約可能」という条件を活用して解決が可能です。 スマホデビュー割では、月月割が適用にならないため、機種変更する機種がDIGNO FかiPhone SEなどの「特別価格機種」に限定されると思われがちですが、中古ショップなどで購入したスマホでもキャンペーン適用が可能です。 家族や知人の使い古しのスマホでももちろん使えます。 もともとソフトバンクで購入した機種であれば、高額なSIMフリー端末である必要もありません。 例えば、2万円程度でiPhone 6の中古を購入し、自宅はソフトバンク光で、スマ放題ライトで1GBプランだったとします。 初回のみ端末代2万円を負担したとしても、月額料金は2,800円に消費税を入れて3,024円、おうち割で500円の割引が利くので、最安月額2,524円でiPhone 6が使えます。 このように、ソフトバンクでも賢く活用すれば「格安SIM(MVNO)」のような料金でスマホデビューが可能です。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

ソフトバンクのスマホスタート割が終了。後継は「スマホデビュープラン」

ソフトバンク スマホデビュー割

新規契約の場合は、契約者が6歳~18歳未満のときに適用されます。 ただしスマホデビュー割が適用されると月月割が適用されないため、注意が必要です。 そこで、ソフトバンクではスマホデビュー割を適用させたときに「DIGNO G」や「Xperia XZs」「iPhone8」など、一部の機種に「特別割引」が適用されます。 特別割引が適用される機種を購入すれば、通信費の節約につながることがわかりました。 この記事では、ソフトバンクスマホデビュー割で節約できるのか詳しくまとめます。 もくじ• ソフトバンクスマホデビュー割の概要 ソフトバンクのスマホデビュー割とは、はじめてソフトバンクのiPhone、スマホを契約するときに、毎月の通信料金から2,653円 税込)割引するキャンペーンです。 さらに、ソフトバンクのスマホデビュー割を適用させると「DIGNO G」「シンプルスマホ3」「AQUOS Xx3 mini」「iPhone SE 32GB 」「Xperia XZs」「AQUOS R」「iPhone8 64GB 」「iPhone8 256GB 」「iPhone8Plus 64GB 」「iPhone8Plus 256GB 」を特別価格で購入できます。 ソフトバンクのスマホデビュー割では、対象の機種を特別価格で購入できる代わりに、「月月割」が適用されません。 ソフトバンクの月月割を適用させるには「データ定額ミニ 2GB 3780円税込 」の契約が必須となりますが、スマホデビュー割の場合、「データ定額ミニ 1GB 3,132円税込)」を契約すれば、スマホデビュー割や特別割引が適用されるため、料金を抑えるには有利となります。 ソフトバンクスマホデビュー割の料金 ソフトバンクのスマホデビュー割を最低料金で運用するには「スマ放題ライト」「データ定額ミニ 1GB」で契約します。 ソフトバンクスマホデビュー割では、対象機種を分割または一括で購入することができます。 それぞれの料金内訳は以下のようになります。 金額はすべて税込です。 分割購入の場合 DIGNO G Xperia XZs iPhone8 64GB 通話定額ライト基本料 1836 1836 1836 ウェブ使用料 324 324 324 データ定額ミニ 1GB 3132 3132 3132 機種代金 特別割引 -280 -1930 -1430 スマホデビュー割 -2614 -2614 -2614 ガラケー下取り -200 -200 -200 おうち割 -500 -500 -500 合計 1698 48 548 例えば「Xperia XZs」の場合、分割購入であれば、初期費用0円で毎月の支払は2,978円 税込)となります。 一括購入の場合、機種代金70,320円を初期費用として支払い、毎月の支払額は48円となります。 のりかえの場合、店舗によってはのりかえ特典として3万円以上のキャッシュバックが期待できます。 「Xperia XZs」を一括購入する場合は機種代金からキャッシュバック分の3万円を差し引いたとすると 40,320円を一括で購入し、月額料金が48円となります。 上記の月額料金は24か月間で、25か月目以降は特別割引とガラケー下取の割引がなくなりますが、スマホデビュー割(-2,614円)は継続します。 25か月目以降のおうち割を含めた最低維持費は2,178円 税込 となります。 ソフトバンクスマホデビュー割を適用させるにはパケット定額サービスの加入が必須となります。 最も維持費の安いプランは「スマ放題ライト 1,836円 」と、「データ定額ミニ1GB 3,132円 」の組み合わせとなります。 通話定額ライトは通話時間が5分を超えると有料通話となります。 通話時間が長めの人は1,080円追加して「スマ放題 2,916円 」の契約をおすすめします。 ソフトバンクスマホデビュー割は「のりかえ下取りプログラム」と併用で来ます。 現在使用中のガラケーを下取りに出すと、「のりかえ下取りプログラム」が適用され月額200円の割引を受けられます。 固定回線で「Softbank光」や「Softbank Air」「Yahoo ADSL」を契約していれば「おうち割」が適用されます。 データ定額ミニ 1GB であれば、スマホデビュー割とは別に毎月500円割引されます。 ソフトバンクスマホデビュー割で購入したスマホの料金明細 私は2017年7月にソフトバンクのスマホデビュー割を利用してXperia XZを一括購入しました。 2018年1月分の料金明細をお見せします。 当時の割引金額は今と条件が異なりますが、大きな違いはありません。 月額料金は安いのですが、機種代金は一括購入です。 契約時に乗り換え割引が適用され、40,000円程度で一括購入しました。 ソフトバンクスマホデビュー割の対象機種 2018年3月からスマホデビュー割の対象機種が拡充され、お得になりました。 スマホデビュー割の対象機種は以下の通りです。 価格はすべて税込みです。 Appleが好きなら「iPhone8」シリーズもいいですが、人気があるためあまり値下がりは期待できません。 「DIGNO G」「AQUOS Xx3 mini」も、料金を抑えたい人にはおすすめです。 Xperia XZs 「Xperia XZs」は2017年5月に発売された、ソニーモバイルコミュニケーションのハイスペックスマホです。 「Xperia XZs」を分割払いで購入したときの実質負担額は毎月1,000円 税込 の24回払いで、支払総額は24,000円 税込 となります。 「Xperia XZs」は、5. 国内メーカーの特有の機能として、防水防塵、おサイフケータイ、フルセグテレビ、カードがあります。 Antutu6. 0ベンチマークテストは、13~14万点となります。 インターネット閲覧やゲームは快適にできます。 これほどの高性能機種にもかかわらず、「DIGNO G」や「AQUOS Xx3 mini」と実質負担額が同じなので、すぐに売り切れるのではないでしょうか。 iPhone8 64GB アップル製品が好きならば「iPhone8 64GB 」を選択しましょう 「iPhone8 64GB 」の機種の実質負担額は毎月2,500円 税込 の24回払いです。 機種代金の支払総額は60,000円 税込 となります。 iPhone8 64GB は、2017年9月に発売された、アップルiPhoneシリーズの最新機種です。 アップルストアでiPhone8 64GB を購入する場合、85,104円 税込 、256GBモデルが103,464円 税込 となります。 ソフトバンクのスマホデビュー割を適用させ、ショップのキャッシュバックを考慮するとアップルストアよりも確実に安くなります。 前の2機種より割高となりますが、iPhoneが好きならば多少高くてもこの機種を選択するでしょう。 なお、月額プラス500円 税込 で5. 5インチ大画面のiPhone8Plusを購入できます。 どうしても大画面がほしい人は、iPhone8Plusを選んだほうが後悔しないでしょう。 DIGNO G 「DIGNO G」は2017年7月に発売された、安さが売りの機種です。 機種の実質負担額は毎月1,000円 税込 の24回払いです。 機種代金の支払総額は24,000円 税込 です。 利用料金を含む月額料金は2,939円と、最も安く維持できます。 「DIGNO G」は京セラ製で、防水防塵を特徴としたスマホです。 おサイフケータイやワンセグ機能はなく、国内メーカースマホとしては割り切った仕様になっています。 しかし、中国メーカーの格安スマホにはない「防塵、防水、耐衝撃」を特徴としており、安心して使用できます。 「DIGNO G」は、2017年6月まで販売されていた「DIGNO F」の後継機種にあたります。 「DIGNO F」は、ストレージ容量の少なさが致命的で、とてもおすすめできなかったのですが、新機種の「DIGNO G」は、コスパの高い機種として最もおすすめできる機種となりました。 Antutuベンチマークテストは、と同等の3. 5万点前後となります。 重いゲームはきびしいですが、ネットやメールでの使用にストレスを感じることはないでしょう。 AQUOS Xx3 mini 「AQUOS Xx3 mini」は2017年2月に発売された、軽量コンパクトを売りにしたミドルスペックスマホです。 「AQUOS Xx3 mini」の機種の実質負担額は毎月1,000円 税込 の24回払いで、支払総額は24,000円 税込 となります。 「AQUOS Xx3 mini」は、4. 国内メーカーの特有の機能として、防水防塵、おサイフケータイ、ワンセグテレビ、microSDカードがあります。 Antutuベンチマークテストは、4. 5万点前後となります。 インターネット閲覧や簡単なゲームは快適にできます。 ソフトバンクのスマホデビュー割は解約または機種変更まで有効 ソフトバンクのスマホデビュー割は、解約または機種変更まで、無期限で有効です。 各種キャンペーンの割引は1年間や2年間の期限付きの場合が多いのですが、スマホデビュー割は無期限で2,614円 税込 が割引されます。 機種代金の分割払いが終わる2年間が過ぎると、最安の維持費は2,678円(税込)となります。 大手キャリアのスマホ料金としては安いです。 格安SIMの通信会社でも、5分かけ放題と高速通信容量1GBの契約で月額2,500~3,000円かかります。 ソフトバンクのスマホデビュー割は格安SIMと同等の金額で維持できます。 ソフトバンクのスマホデビュー割は、3年目以降もお得に使い続けることができます。 機種代金の一括払いも可能 ソフトバンクのスマホデビュー割は、対象機種を一括払いで購入できます。 分割購入の場合、審査に通らないことがあります。 分割購入できない場合は、一括で購入することができます。 スマホデビュー割対象機種を一括で購入する場合は契約時に機種代金を全額支払ってから毎月の利用料金から、機種代金の特別割引を利用料金から割引されますので、毎月の利用料金がかなり安くなります。 ソフトバンクスマホデビュー割では、分割払いも一括払いも、2年間の支払い総額は同じになりますので、どちらを選んでも損はありません。 分割払いの場合は契約時の書類が増え、ソフトバンクの審査がきびしくなるため、収入の少ない人には一括払いをおすすめします。 ちなみに私は分割購入の審査を通過できませんでした。 パケット通信容量が足りない時 ソフトバンクのパケット定額サービスは高いので、最も安い「データ定額ミニ1GB 3,132円 」の契約をおすすめします。 しかし、ソフトバンクのデータ定額は5GB以上のプランでなければデータの翌月くりこしなどが適用でないなど、不利な面もあります。 どうしても通信容量が足りなければ下記のようにデータ容量を変更することができます。 データ容量が大きくなるほど、「おうち割」の割引が大きくなるため、実際の支払額は下の表より少なくなります。 対象料金サービス 利用料金 おうち割(2年間 データ定額 30GB 8640 -2000 データ定額 20GB 6480 -1522 データ定額 5GB 5400 -1522 データ定額ミニ 2GB 3780 -500 データ定額ミニ 1GB 3132 -500 ソフトバンクスマホデビュー割の適用条件 ソフトバンクのスマホデビュー割を適用させるにはいくつかの条件を満たす必要があります。 具体的な適用条件は以下の通りです。 スマ放題、スマ放題ライト、ホワイトプランいずれかに加入のうえ、データ定額サービスまたはパケット定額サービス(フラット型)に加入• 機種変更の場合、現在ソフトバンクのケータイ、みまもりケータイを利用している• のりかえ(MNP)の場合、他社のケータイまたはキッズ向けケータイをご利用している• 新規加入の場合、利用者の年齢が6歳以上18歳以下であること• iPhone、SoftBank スマートフォンを契約すること ソフトバンクスマホデビュー割の適用条件の中でデータ定額サービスの加入が条件の一つとなっています。 データ定額サービスは最低でも「データ定額ミニ1GB 3,132円 」の費用が発生します。 ウェブ使用料 324円)も必須です。 ソフトバンクのスマホデビュー割は機種変更またはのりかえ MNP の場合、従前の機種がケータイ(ガラケー)を利用していることが条件の一つとなっています。 しかし、以前私が、インターネット代理店でソフトバンクスマホデビュー割を適用して対象機種を購入したときは、のりかえ前にケータイを使用していたことを申告しただけで、確認はされませんでした。 ソフトバンクショップが、のりかえ前に使用していた端末を確認することは難しいようです。 ソフトバンクスマホデビュー割はお得か? ソフトバンクのスマホデビュー割は、非常にお得なキャンペーンとなります。 特に下記に当てはまる人はお得です。 ドコモ、auのケータイ ガラケー を使っている• キャリアメールを使いたい• Xperia XZやiPhone8がほしい ソフトバンクのケータイ ガラケー の月額料金は「スマ放題ライト(1,296円)」「ウェブ使用料 324円)」に[データ定額S(0円~4,536円)」が発生します。 すると月額使用料は1,620円~6,156円となります。 ケータイ ガラケー でパケット通信を100MBくらい行うと上限の4,536円を請求されます。 ソフトバンクのガラケーでサイト閲覧などすると、すぐにパケット定額料金の上限金額を請求されます。 通話専用であれば、ガラケーのほうが安いでしょう。 しかしガラケーでパケット通信をする可能性があるならば、迷わずスマホデビューすべきです。 ソフトバンクのスマホデビュー割で対象機種を購入すると、格安でスマホを維持できます。 また、 契約時に高額なキャッシュバックが期待できるので確実にお得です。 キャッシュバックいくらならお得か 他社からのりかえ MNP でスマホデビュー割を適用させれば、キャッシュバックがあります。 キャッシュバックの金額は時期や店舗によって異なります。 ソフトバンクのスマホデビュー割のキャッシュバック金額は、基本的にインターネット等で公開できません。 店に問い合わせる必要があります。 私の考えでは、ソフトバンクのスマホデビュー割で契約したときの キャッシュバックが3万円以上あればお得です。 根拠として「ワイモバイル」で「iPhone 6S 32GB 」の「スマホプランS」と比較します。 「ワンキュッパ割」を適用させたとき、1年目は月額3,758円 税込 、2年目は月額4,838円 税込 です。 2年間の支払総額は103,152円 税込)です。 ソフトバンクのスマホデビュー割で「iPhone 8 64GB 」を分割購入すると、下取りなし、おうち割なしで月額5,178円となり、2年間の支払総額は124,272円 税込)です。 のスマホプランSとソフトバンクのスマホデビュー割の2年間の支払総額は同一条件で約2万円異なります。 ソフトバンクのスマホデビュー割で「iPhone 8 64GB 」を契約してキャッシュバックを3万円もらうと、ワイモバイルの類似機種で契約するより1万円もお得なのです。 また2年経過後の維持費はソフトバンクのスマホデビュー割がワイモバイルより毎月500円ほど安くなりますので、2年以上同一機種を継続するのときもソフトバンクスマホデビュー割がお得です。 なお、一括購入の場合は、「キャッシュバック金額=機種代金からの割引」となります。 例えば、DIGNO Gの本体価格は30,720円です。 キャッシュバックが3万円の場合、一括購入金額は720円と等価となります。 キャッシュバックを増額させるには ソフトバンクのスマホデビュー割を乗り換え MNP 契約すると、キャッシュバックがあります。 キャッシュバックを増額させるには他社と競合させると効果的です。 最寄りのソフトバンクショップとインターネット販売代理店を複数比較するとよいでしょう。 インターネット販売代理店は や 、 が有名です。 インターネット販売代理店は店舗コストなどの削減によりキャッシュバックに特化したオンラインショップです。 大きなキャッシュバックが期待できます。 インターネット販売代理店のキャッシュバック確認方法 インターネット販売代理店でソフトバンクスマホデビュー割の見積もりをしたいときは お申し込み相談のページから必要事項を入力します。 お申込み相談には、「氏名」「住所」「電話番号」の個人情報が必要です。 お申込み相談時に、現在の契約状況、下取りの有無、ほしい機種、契約時期、オプションの有無、その他聞きたいこと(料金内訳、キャッシュバック金額、契約の流れ)などをまとめておくとスムーズです。 下記のような文例でキャッシュバック金額を問い合わせてみるとよいでしょう。 現在auのガラケーを契約しています。 〇月からMNPでXperia XZsを契約したいです。 スマ放題ライト、データ定額1GB、ガラケー下取り有り、その他オプション契約は不要です。 月額料金内訳、キャッシュバック金額を教えてください。 ソフトバンクスマホデビュー割の申し込み相談を送信するとメールか電話で連絡があります。 連絡先にメールアドレスを入力していれば、メールで見積もりが送られてきます。 販売店から電話等で説明を聞いて、納得したら電話で契約を完了させます。 開通前であればキャンセルできますので、契約後に不満を感じたら、すぐにキャンセルの連絡をしてください。 なお、ソフトバンクスマホデビュー割のキャッシュバックはのりかえ MNP のみが対象になります。 新規契約や機種変更ではキャッシュバックはありません。 ソフトバンクスマホデビュー割まとめ ソフトバンクのスマホデビュー割はガラケーからスマホへ機種変更または乗り換えするときに割引を受けられるキャンペーンです。 ソフトバンクのスマホデビュー割、ガラケーのりかえ下取り、おうち割を適用させ、「Xperia XZs」を一括購入すると、毎月の維持費は48円になります。 他社のスマホデビュー割と比較すると、「割引額が大きい」「適用期間の制限がない」「他社からのりかえでも適用される」という特徴があり、使いやすいです 他社からのりかえの場合、ソフトバンクのスマホデビュー割はキャッシュバックを考慮すると、格安SIMよりもトータルの維持費が安くなります。 キャッシュバックが3万円以上であればお得です。 や 、 は店舗コストなどの徹底的なコスト削減によりキャッシュバックに特化したオンラインショップです。 ソフトバンクスマホデビュー割をきっかけにスマホデビューを検討してみてはいかがでしょうか.

次の

ソフトバンク「スマホデビュープラン」の条件と料金内訳。PayPayデビューキャンペーンも開催!

ソフトバンク スマホデビュー割

スマホデビュープランとは? 「通話基本プラン」「ウェブ使用量」「データ定額スマホデビュー」を組み合わせたものをスマホデビュープランと呼びます。 「データ定額スマホデビュー」は本プラン向けに登場した新データ定額サービス。 データ容量は1GB。 トータルで月額980円から、2年目以降は1980円から利用できます。 6月12日受付開始、終了日は未定となっています(2019年5月8日時点)。 適用条件 対象の契約は、3Gか4Gのケータイから4Gスマホに変更(MNPや機種変更)することが条件となっています。 基本料金の最安は「準定額オプション」に加入して「スマホデビュー専用割引」を適用させる組み合わせです。 1度の通話時間の長い方については、「定額オプション」への加入も必要です。 具体的な目安として、準定額オプションと定額オプションの差額は1000円ですので、1ヶ月間に5分以上の通話が約25分以上ある場合は「定額オプション」の方がお得になります。 1年目は1年おトク割が適用できるので980円~利用できますが、2年目以降は割引が終了するので1980円~になります。 1年おトク割は「データ定額スマホデビュー」に加入することで適用されます。 合計で6000円相当になる。 条件は、 2019年9月30日までに通話基本プラン、スマホデビュープランに加入すること。 9月30日までに上の表のプランに加入すればOK。 10月1日以降にソフトバンクの契約と同一番号のPayPayアカウントに合計6回付与されます。 受取り方法は後日、ソフトバンクのホームページにて案内するとのこと。 公式: 最後に 現在3G機種を利用している方は、しっかりチェックしておくことをおすすめします。 というのも、ソフトバンクは3Gがいつ終了するか発表されていませんが、数年以内には終了すると思われます。 auはすでに3Gサービスを2022年3月末日をもって終了すると発表しています。 なお、2019年11月末日には、一部3Gガラケー・スマホの3Gサービスの一部機能(GPSやワンセグなど)が使えなくなると発表されています。 スマホデビュープランは、そういった3G機種のユーザーもお得に利用できるプランです。 PayPayデビューキャンペーンも9月30日までに申し込めば適用できますので検討されてみてはいかがでしょうか。

次の