アズレン 装備 周回。 【アズールレーン】おすすめ装備ランキング(星4装備対応)【アズレン】

【アズールレーン】ドロップ周回おすすめクエスト【アズレン】

アズレン 装備 周回

用意した装備箱は377個 種類 個数 T4合計 105 T3合計 272 今回用意した装備箱は、合計377個。 「確率」を導き出すには桁が不足しているので、あくまで参考としてご覧ください。 T4装備箱は計105個 種類 個数 クロキッドT4 30 ヴィスカーT4 28 蔵王T4 33 クラップT4 14 T4合計 105 黄金に輝くT4装備箱は、計105個。 目玉とも言える装備箱でしょう。 ショップでの購入や6-4周回、曜日クエに委託なんかで集めました。 T3装備箱は計272個 種類 個数 クロキッドT3 72 ヴィスカーT3 72 蔵王T3 71 クラップT3 57 T3合計 272 紫色のT3装備箱は、計272個。 紫装備もバカにはできません。 合成でもうちょっと増えるかと思いましたが、案外まとまった量は手に入りませんでした。 ショップでの購入は無し。 排出率もさることながら、ボフォース2門とヘルキャット3機は大勝利。 クロキッド箱T4はハズレでヘルダイバーが出るのも嬉しいですね。 クロキッドの紫装備って強いのがヘルダイバーくらいなので、正直うま味は薄い印象。 低い側に偏ると、ここまで出ないこともあるみたいです。 バラクーダT3が欲しかったものの、ルンバ砲出たんで爆死ってほどでもないか。 確率としては少し渋いですが、スキル回し用の零戦やベルファスト砲などが出たので結果としては上々。 8-4用の天山も4機確保できてお腹いっぱいです。 設備や410mm連装砲のT3など、実用的な装備が多めに出ていい感じ。 母数が少ないので期待していなかったのですが、出ちゃいました。 しかも2個。 対空砲アップデートで「105mmSKC連装高角砲T3」も強化されていることを考えると、昔ほど酷い箱でもないですよね、クラップ。 正直、ここで引き良くてもなぁといったところ。 とはいえ、「150mmTbtsKC/36連装砲T3」が多めに出たのは嬉しいですね。 試行回数が少ないため、あくまで参考記録ではありますが、無視できる個数でも無いでしょう。 よほど低い乱数を引かなければ、T3だろうがT4だろうが10連で1箱くらいは恐らく当たりが出るでしょう。 アズレンにおける対空攻撃は、編成された艦船すべての対空砲を参照するため、1門あるだけでも航空攻撃が苛烈なマップで大活躍します。 金背景の対空砲は全装備強力なので、その時点で問答無用の当たりと言えば当たり。 発艦頻度こそ低いものの、4門の機銃と2門の機関砲により敵の航空機を蹂躙します。 爆弾も500lbをしっかり2つ搭載しているため、艦船への与ダメージにも貢献するでしょう。 また、弾薬タイプの榴弾も非常に優秀。 炎上ダメージは、引き金となったダメージに比例して増加するため、単発威力の高い戦艦主砲においては無類の強さを発揮します。 その強力さは、他の対空砲すべてに上方修正をかけるほど。 他の対空砲が強力になり、一強時代は過ぎ去った印象もありますが、まだまだ十二分に強力な装備の一つです。 一門載せるだけで対空範囲が大きく広がるため、オート戦闘での対空攻撃が安定します。 その見た目から「ルンバ」などとも呼ばれていますね。 敵めがけて放たれる重桜魚雷を積んだ「流星T3」か、ステータスに優れて広範囲を攻撃できる「バラクーダT3」が攻撃機における最終装備です。 流星T3は通常海域でドロップしないうえ、装備箱からも排出されないため、大抵の空母はバラクーダの装備を目指すこととなるでしょう。 榴弾攻撃がメインとなる艦船「ベルファスト」との相性に優れるため、もっぱら「ベルファスト砲」「メイド砲」なんて呼ばれ方もしていますね。 155mm以下の口径を持った金装備のうち、火力が45上昇するのは155mm三連装砲T3だけなので、戦艦の副砲としても活躍する汎用性の高さは特筆に価します。 1発ごとの威力が高く、集弾性にも優れるため、密着による超ダメージを狙いやすいです。 ただ、装填は並み程度であったり、偶数発放つことから正面への魚雷攻撃を行わなかったりと、オート戦闘では正直微妙なところ。 あくまで手動で真価を発揮する装備です。 ユニコーンやイラストリアスなど、航空攻撃をトリガーとした強力なスキルを持っている艦船で特に強力です。 その分戦闘機としての性能は小さくまとまっており、搭載した爆弾も威力の低い100lb爆弾である点には注意。 5発の魚雷それぞれが高い威力を持ち、装填速度も並程度。 広い範囲に攻撃できるうえ、密着時のダメージにも優れているため、手動でもオートでも力不足となることはないでしょう。 設備はそれぞれとがった性能をしており、同T帯において完全な上位互換が存在しません。 油圧カタパルトT2と空母燃料タンクT3など、同レアリティという点においては完全上位互換が存在するので注意。 おすすめ装備箱はクロキッドT4かヴィスカーT4 以上、装備箱のT3とT4をあわせて377個開けた記録でした。 ちなみに、装備箱の購入を考えているならば、• ハズレも美味しいクロキッド装備箱T4• 狙っている装備があるのなら、当然対応した装備箱を開けましょう。 個人的には、T3以下の装備箱は序盤以外で購入するべきではないと思います。 目安としては、序盤の難関「3-4」をクリアしたら紫箱卒業って感じかなぁ、と。

次の

【アズールレーン】おすすめ最強装備ランキング【アズレン】

アズレン 装備 周回

最新情報• アップデート関連情報• 新建造追加キャラ• イベント報酬キャラ• 新改造キャラ• 開催中のイベント情報• ランキング• 初心者向け• お役立ち• おすすめ編成• キャラ• レア度別• 艦種別• 前衛艦• 主力艦• 陣営別• 海域攻略情報• システム• アズールレーン アズレン のドロップ周回におすすめのクエストをまとめています。 キャラドロップ周回、装備 設計図 ドロップ周回に関してそれぞれ別々にご紹介しているので、周回時にぜひお役立てください。 関連リンク 目次• ドロップ周回おすすめクエスト はじめに 当ページではキャラ・装備設計図のドロップ周回でおすすめのクエストを掲載しています。 早見表で広くご紹介した上で、特におすすめのクエストをピックアップして詳細にご紹介しています。 当然ですが、メインで運用している艦種によって周回する優先度が変わってきますので、手持ち状況と相談しながら適宜判断いただけると幸いです。 全クエストのレアドロップキャラはこちらでチェック ドロップ周回のポイント 周回時の編成について クエスト攻略とドロップ周回を並行する場合は、 消費燃料を抑える工夫をするか、 キャラ育成と並行して行うことをおすすめします。 レベリングしながら周回を進め、ある程度育ってきたら徐々に編成メンバーを減らすなどで燃費を抑えるといった方法も良いでしょう。 低レア艦のみでの低燃費編成は、専用のキャラを育成した上で強力な装備を揃える必要があるため、序盤から簡単に行えるものではありません。 周回する過程で燃料が追いつかないなどの不便さを感じるようなら低燃費編成キャラの育成を視野に入れましょう。 詳しくは下記リンク先で詳細にご紹介していますので併せてチェックしておきましょう。 設計図周回について ハードモードはノーマルモードよりも設計図のドロップ率が高く設定されていますので周回の際には視野に入れると良いでしょう。 攻略を進めた後に引き返して設計図周回をするといった場合には指揮官レベルの経験値も並行して稼げますのでおすすめです。 周回おすすめクエスト早見表 クエストごとにおすすめのキャラ、設計図をピックアップしています。 特に要チェックのキャラ、装備は赤枠で表示していますので参考にご利用ください。 例外的に、ドロップ限定艦については性能問わず掲載しています。 1-4 2-3 2-4 3-1 3-2 3-3 3-4 4-1 4-2 4-3 4-4 5-1 5-2 5-3 5-4 6-1 6-2 6-3 6-4 7-1 7-2 7-3 7-4 8-1 8-2 8-3 8-4 9-1 9-2 9-3 9-4 10-1 10-2 10-3 10-4 第1章のおすすめ周回クエスト 1-4 キャラクター レアドロップキャラ レナウン 序盤から入手可能な巡洋戦艦です。 性能としてはスタンダードな部類に入りますが、手持ちが揃わない序盤では十分重宝します。 とはいえ、建造入手も可能な上に、7-3でもドロップしますので、ここではレベリングの際に偶然落ちてくれたらラッキー程度に考えておきましょう。 装備 レアドロップ設計図 電気式揚弾機T3 火力と装填を底上げする設備として、6-3ドロップのの数が揃うまでは十分に実用範囲内です。 レア度が同じである自動装填機構T2 星3 よりも、火力の上昇値が大きいため、レベリングと並行して確保できると良いでしょう。 203mm三連装砲T3 序盤で入手できる榴弾重巡主砲です。 次に重巡主砲が手に入るタイミングが4-2のため、メインで重巡を運用する場合は確保しておくと良いでしょう。 356mm連装砲T3 序盤で入手できる榴弾戦艦主砲の一つです。 2-1でも戦艦主砲の356mm三連装砲T3が入手でき、こちらはより発射速度が早く扱いやすい装備言えるでしょう。 2-1以降は6章まで戦艦主砲の設計図ドロップがありませんので、1-4、2-1のどちらかで確保しておくことをおすすめします。 第2章のおすすめ周回クエスト 2-3 キャラクター レアドロップキャラ ネルソン 特殊弾幕の殲滅範囲が非常に広く強力な、ロイヤル陣営のSR戦艦です。 レベリングと並行してドロップしたら育成候補に十分に入るキャラと言えるでしょう。 装備 レアドロップ設計図 消火装置T3 耐久を底上げしつつ、炎上被害・発生率の軽減が可能な設備です。 敵が硬くなり、戦闘が長引くケースが増えてくる後半海域ほど重要度が高くなってきますので、確保しておくと十分な活躍が見込めます。 設計図5枚で作成可能な点も嬉しいポイント。 ただ、直近のクエストで必須レベルというわけではありませんので、攻略を進めた後に引き返して周回を行うという選択肢も有効です。 対空レーダーT3 対空値を大きく底上げできる設備です。 3章や5章など、相手の大規模な航空攻撃がやや緩和されますので、1つでも確保しておくと攻略が容易になります。 2-4 キャラクター レアドロップキャラ レキシントン 初課金報酬のサラトガの姉で、全く同じ性能となるキャラクターです。 一定時間ごとに確実に発動する支援攻撃が強力ですので序盤の主力艦隊の底上げにおすすめです。 ロドニー 主砲発射後、確率で発動する特殊弾幕が強力ですので、雑魚、ボスを問わず序盤のダメージソースとなってくれるでしょう。 どちらのキャラクターも建造で入手可能ではありますが、レベリングも兼ねて入手できると主力艦隊の底上げに繋がります。 第3章のおすすめ周回クエスト 3-2 キャラクター レアドロップキャラ チャールズ・オースバーン 図鑑報酬「ビーバーズ隊」の星17報酬の「ビーバーズエムブレム」を入手するために確保したいキャラです。 手動でもオートでも敵の攻撃を回避しやすくなる非常に有用な設備ですのでなるべくなら早めの入手をおすすめします。 チャールズ・オースバーンなしで「ビーバーズエムブレム」を入手するためには、かなりの時間を費やすためあまりおすすめできず、以降のドロップクエストは4-1、8-3のみ。 3-2の序盤で確保できると、「ビーバーズエムブレム」の恩恵をより長く受けることが可能です。 とはいえ小型建造でも入手可能ですので、後述するヘルダイバーの設計図を集める過程で入手できたらラッキーくらいに考えておきましょう。 装備 レアドロップ設計図 SB2CヘルダイバーT3 全爆撃機でトップクラスの威力を見込め、必要設計図も10枚と量産しやすくおすすめの爆撃機です。 4章では艦載機のT3設計図のドロップがない上に、5章以降にドロップするおすすめの艦載機が大体金装備となりますので、空母を頻繁に運用する場合は、ここで確保しておくと長く使い続けることが可能です。 127mm単装砲T3 127mm単装砲も作れると駆逐艦の主砲として役立ちます。 駆逐艦の主砲では数少ない榴弾だという点も有用で、3-2到達時に装備できると駆逐艦の余ダメージが跳ね上がります。 駆逐艦以外の副砲としても活用できますが、集弾性がやや悪いという性質上、どちらかというと前衛向きだと言えるでしょう。 5章でさらに優秀なものが入手できますが、金装備のため長期戦は必須。 榴弾駆逐主砲は用途が多くあって困ることはありませんので、ヘルダイバーのついでに確保しておくことをおすすめします。 3-3 装備 レアドロップ設計図 76mm砲T3 非常に短い装填時間が特徴の艦砲で、夕立、エルドリッジ他、 全弾発射スキルや主砲発射がトリガーとなるスキルを持つ駆逐艦と相性が抜群です。 対象となる駆逐艦を攻略や演習で頻繁に運用している場合は、ぜひ確保しておきましょう。 610mm三連装魚雷 特に手動時に高い恩恵が期待できる魚雷です。 序盤で入手がしやすい上に、全弾命中時の威力が6-4ドロップの610mm四連装魚雷T3と同じなため、76mm砲と一緒に確保しておくと駆逐艦の性能がさらなる向上が見込めます。 3-4 キャラクター レアドロップキャラ 赤城・加賀 初回の航空攻撃が最大で半分の速度で打てるようになるスキル「先手必勝」が、演習でも周回でも非常に有用です。 赤城と加賀を一緒に編成することで両者の航空性能が大きく上昇するスキルもあるため、粘るのであればどちらも入手したいところ。 しかし、建造入手が不可能な上にドロップ率も非常に低く、半端な周回数ではドロップしませんので、粘るのであれば相応の周回数を覚悟しましょう。 序盤の大きな山場となるレアドロップキャラだと言えます。 装備 レアドロップ設計図 応急修理装置T3 全ての艦種が装備可能な非常に優秀な設備です。 耐久の底上げに加えて持続的に回復まで行ってくれますので、何個持っていても全く損をすることがありません。 赤城加賀と並行してこちらもぜひ確保することをおすすめします。 F4Uコルセア・零戦21型T3 3-3ドロップの「SB2Cヘルダイバー」と同様の理由で、空母を頻繁に運用する場合は最低でもどれか一つは確保しておくと良いでしょう。 第4章のおすすめ周回クエスト 4-1 装備 レアドロップ設計図 バルジT3 魚雷ダメージを軽減してくれる設備です。 魚雷攻撃が激化する7章以降や、オート操作時、演習時に非常に有用です。 こちらも応急修理装置同様、何個持っていても全く損をすることがありません。 攻略途中で立ち止まって周回するほど副産物に旨味はありませんので、ハードモードでの改造図集めやレベリングなどと並行して集めると良いでしょう。 駆逐艦には装備できないため、駆逐艦を運用していて魚雷攻撃が辛い場合は、応急修理装置T3や消火装置T3で対応しましょう。 203mm連装砲T3 重巡の榴弾主砲です。 砲弾が直線上に飛んでいくため全弾ヒットがさせやすく、対単体へのダメージソースとして有用です。 4-3・4-4でドロップする203mmSKC連装砲T2 徹甲弾 も合わせて確保しておくと繋ぎとして重宝するでしょう。 152mm三連装砲T3 貴重な榴弾の軽巡主砲ですが、むしろ 戦艦の副砲としての運用がおすすめです。 6発を扇状に発射する性質上主力艦隊との相性が良く、海域での自爆ボートの迎撃に非常に有用です。 第5章以降のおすすめ周回クエスト 5章以降は難度も上がり、低燃費での周回にも限度が出てきます。 おすすめできるキャラクターもSSR、装備設計図は大体が金 星5 装備。 ほぼエンドコンテンツと言っても良い要素な上にだいたいが金箱からドロップしますので、攻略を中断してまで周回するのはほどほどにした方が無難です。 基本的にはキャラクターのレベリングを行う際に、欲しい設計図がドロップする海域を利用するといった方法がおすすめです。 第5章 番号 項目 ポイント 5-1 【種別:榴弾駆逐艦主砲】 【装備箱:クロキッド】 火力重視の逐艦主砲の決定版。 巡洋艦、戦艦副砲としても非常に有用。 同海域でドロップするT2も十分に実用範囲内。 5-2 【種別:戦闘機】 【装備箱:クロキッド】 威力、航空補正、機銃、爆弾ほぼ全てが高水準で戦闘機の決定版。 最大の難点はドロップ率。 など一部の攻速を求める艦にはも有用。 5-3 【種別:爆撃機】 【装備箱:クロキッド】 DPSに関して3-2ドロップのが抜けているものの、 機体の耐久、航空補正はこちらに分がある。 加えて爆弾ダメージにムラがなく火力が安定する点も魅力。 副産物の空母燃料タンクも非常に美味しいが、の存在から、5章の中では周回優先度は低めか。 5-4 【種別:対空砲】 【装備箱:クロキッド】 発射速度・DPSが優秀な対空砲。 金対空砲の中では単発の威力が低めだが、非常に短い発射速度と長めの射程によりどの艦に装備させても優秀なバランスの優れた性能。 【種別:対空砲】 【装備箱:ヴィスカー】 非常に高いDPSを持つ対空砲。 7-1ドロップの同種T3はさらに上位性能となるが、T2でも十分すぎる活躍が見込める。 【種別:攻撃機】 【装備箱:蔵王】 全弾ヒットを狙いやすい攻撃機。 激しく動く敵はやや苦手。 待ち伏せ艦隊の発生率、回避率ともに上昇させることが可能。 1艦隊に1つは装備させたいところ。 6-2 【種別:榴弾軽巡主砲】 【装備箱:蔵王】 通称ベルファスト砲。 軽巡はこの艦砲と4-2ドロップのの使い分けがおすすめ。 【種別:榴弾戦艦主砲】 【装備箱:クロキッド】 全ての要素において高い水準でバランスが取れている。 6-3 【種別:空母】 ドロップでの入手は現状この海域のみ。 航空攻撃時に敵の移動速度を下げる効果を持ち、重桜型攻撃機と相性が良い。 【種別:榴弾戦艦主砲】 【装備箱:クロキッド】 全ての要素において高い水準でバランスが取れている。 【種別:設備】 【装備箱:共通】 空母系を除いて、装填と火力の大きな上昇が見込める。 攻撃強化の設備として非常に有用。 【種別:榴弾戦艦主砲】 【装備箱:蔵王】 総合的な性能ではT3に分があるものの、装填が非常に早いため主砲発射がトリガーとなる艦に有用。 6-4 【種別:ドロップ限定艦】 スキル発動時にトップクラスの雷装と装填値を誇る駆逐艦。 【種別:魚雷】 【装備箱:蔵王】 最大DPSとなるが図鑑 主人公 報酬or全ての箱or7-4ドロップで入手できるため、周回はほどほどに。 【種別:榴弾駆逐艦主砲】 【装備箱:蔵王】 3-2ドロップのよりも攻撃速度が劣るものの、弾が高密度なため前衛巡洋艦の自爆ボード対策としても優秀。 第7章 番号 項目 ポイント 7-1 【種別:対空砲】 【装備箱:ヴィスカー】 最高威力、DPSが優秀な対空砲。 高対空艦に載せることで艦載機の撃墜により貢献できる。 装備箱もあるため周回はほどほどに。 7-2 【種別:対空砲】 【装備箱:ヴィスカー】 4-4ドロップのと同様、最長の射程を持つ対空砲。 主力艦隊を始めとした対空、装填が心もとないキャラの対空砲として有用。 装備箱もあるため周回はほどほどに。 7-3 【種別:徹甲弾重巡主砲】 【装備箱:クラップ】 唯一の星5徹甲弾重巡主砲。 火力補正値が非常に高い。 ほぼ重巡主砲の決定版。 【種別:榴弾重巡主砲】 【装備箱:クロキッド】 拡散型のためオートでヒットさせやすく、自爆ボートの処理にも有効。 とは使い分け。 7-4 【種別:魚雷】 【装備箱:共通】 最大発射数、DPSを備えた魚雷。 図鑑 主人公 報酬や箱からも入手できるため周回はほどほどに。 第9章 番号 項目 ポイント 9-3 【種別:戦闘機】 【装備箱:蔵王】 攻撃速度はトップレベルの戦闘機。 装備させるならなど航空攻撃がトリガーとなるキャラが望ましいが、火力面での貢献は期待薄。 9-4 【種別:通常弾駆逐艦主砲】 【装備箱:蔵王】 攻撃速度が早い通常弾の駆逐艦主砲。 攻撃速度のみならに分があるため、全弾発射の頻度・威力・対空補正を両立したい場合に有用。 第10章 番号 項目 ポイント 10-2 【種別:ドロップ限定艦】 燃費が良く、艦砲による火力に特化した副砲型軽巡。 10-4 【種別:ドロップ限定艦】 駆逐と軽巡の雷撃と装填にバフがかかる非常に強力なスキルを持つ軽巡。 アズールレーン関連リンク ランキング おすすめランキング一覧 レア度別キャラ一覧 艦種別キャラ一覧 前衛艦 主力艦 陣営別キャラ一覧 装備別一覧 初心者向け情報 お役立ち情報.

次の

【アズールレーン】ローン返済!編成と周回場所を公開!

アズレン 装備 周回

ハードは毎日周回するべき ハードモードは、挑戦できるのであれば、燃料を使ってでも毎日消化するべきです。 日課についての記事でも紹介したとおり、艦船を大幅に強化する「改造システム」に必要な改造図は、ほぼほぼハードモードからの入手となります。 むしろ、1度に全ては取得できません。 敵中枢艦隊撃破• 護衛艦隊撃破 必要数はマップにより変動• 全敵艦を撃破 となっています。 敵中枢艦隊撃破 「敵中枢艦隊撃破」は、ボス艦隊を撃破すれば達成となります。 中枢などという中途半端にややこしい単語を使っていますが、つまるところ「最も重要な艦隊を撃破」ということですね。 「運動-をやられる」 護衛艦隊撃破 「護衛艦隊撃破」は、マップ毎に指定された数の敵艦隊を撃破すると達成できます。 撃破数は全出撃の累計なので、何度かクリアすれば自然と達成されるでしょう。 全敵艦を撃破 「全敵艦を撃破」は、1度の出撃で全ての敵艦を撃破すると達成となります。 ボスや雑魚艦隊を含めた、全ての艦隊を処理する必要があるため、最も地力が必要とされるミッションです。 攻略方法としては、• 複数艦隊で挑む• 補給艦を編成する• 弾薬0でも問題なくなるまで育てる の3択。 とにかく弾薬さえ確保できれば、ボスを倒せる艦隊の障害とはならないでしょう。 スポンサードリンク 挑戦は出撃画面左下「ハード」から 開放した後は、出撃画面左下にある「ノーマル」や「ハード」をタップすると難易度が切り替わります。 現在の難易度ではなく、その難易度に切り替えるボタンなので、現在の難易度は• 「ノーマル」と表示されていればハード• 「ハード」と表示されていればノーマル です。 海域が赤くなり、回数制限も表示されるので、その辺で判断しましょう。 冷静に考えると不親切な仕様。 ノーマルと同じマップを周回 ハードモードを消化する際は、ノーマルでも周回する価値のあるマップへ挑戦しましょう。 そもそも、ハードモードのメリットといえば、改造図がドロップすること。 逆に言えば、それ以外のドロップは通常海域と同様です。 となれば、やはり周回するべきはドロップが豪華な、「普段周回しているマップ」がおすすめ。 個人的には、やっぱり3-4。 スポンサードリンク 改造図の種類やレア度には注意 ハードモードを周回する際、ドロップする改造図の種類やレアリティには注意しましょう。 「今すぐ改造したい艦船」がいるのであれば、その改造にあわせた改造図を狙えるマップへ行くべきです。 駆逐改造図は、駆逐艦。 巡洋改造図は、巡洋艦。 当然ながら、種類の違う艦船へ代用することはできないため、しっかりと目当ての改造図を狙いましょう。 また、低レアリティの改造図で高レアリティの代用とならないはもちろんのこと、逆にT3改造図でT1改造図の代用とすることもできません。 ドロップ一覧に表示される改造図は最高レアリティであり、T3の落ちるマップであれば全種類ドロップはします。 が、低レアリティの改造図が不足していない場合は、あえて1章「トラ!トラ!トラ!」などのハード海域を周回するのも有効でしょう。 例えば3-4のハードは、艦隊レベルが「52~53」。 転じて、5-4のノーマルは、艦隊レベルが「56~57」。 ボス艦隊の種類によって効果的な能力値は変わるため、一概に同等の難易度とは言えませんが、戦力の目安は同じくらいです。 スポンサードリンク 出撃に様々な艦船が必要 ちなみに、ハードモードの注意点として「艦隊を編成する仕様がノーマルとは異なる」点が挙げられます。 ハードモードに挑戦する際は、艦隊における一部の艦種が制限されており、前衛及び主力の1枠目を埋めないことには出撃すらできません。 オートで強力だから、と重巡洋艦ばかり育てて、駆逐艦の育成を疎かにすると、結果として効率が悪くなってしまうのです。 普段の育成時から「育てやすい艦船は戦闘で育成し、駆逐艦などは委託で育てる」など、工夫して立ち回るとまんべんなく強化できるでしょう。 公式Twitterでも提示されていましたが、あくまで「前衛及び主力で指定されている艦種を1種類」さえ埋めてしまえば出撃は可能です。 また、「第一艦隊だけ」「第二艦隊だけ」というように、1艦隊だけでの出撃も可能です。 こちらの件に関しては、コメントでご指摘いただきました。 ありがとうございました! 旗艦は最初に編成した主力艦 出撃時の隊列は、艦隊に編成した順番で決められます。 この仕様を利用すれば、海域で入れ替えをせずとも自由枠の艦船を旗艦にできるため、指定された艦船を無理に育成する必要はありません。 出撃にはステータス条件も また、ハードモードには、ステータスによる出撃条件も定められています。 とはいえ、難易度を難しくするためのステータス条件ではなく、出撃の敷居を上げるタイプのステータス条件。 例えば3-4のハードでは、• 平均レベル40以上• 対空合計250以上• 航空合計300以上 といった具合です。 「平均レベル」が存在しているため、レベル1艦をとりあえず入れておくような育成の敷居は高くなっています。 弾除けとして、低レベル飛龍入れたり、なんてのも同様。 イベントにもハードモードが存在 ちなみに、ノーマル海域だけでなく、イベント海域にもハードモードは存在しています。 【イベントについて】 次回イベントは10月末に開催する予定です。 イベントでは、「ノーマルモード」と高難易度の「ハードモード」が両方追加されます。 イベントポイントの溜まり具合に雲泥の差がある、とのことです。 全種類1隻ずつは育てておこう 以上、ハードモード消化周回のコツ、そして開放条件などの概要まとめでした。 とりあえず、ハードへ挑戦する気があるならば、全ての艦種を1隻ずつは育てておきましょう。 先ほど記載したとおり、第一艦隊か第二艦隊、どちらかさえ編成すれば出撃できるため、最低限「出撃できない」事態は防げます。 また、「第一艦隊だけ」「第二艦隊だけ」というように、1艦隊だけでの出撃も可能です。

次の