色白 芸人。 透き通るような肌は美女の証! 色白な芸能人ランキング

色白の芸能人40選・女性男性別~かわいい系美女やイケメン多数【2020最新版】

色白 芸人

総合司会・アシスタント [ ] 総合司会 [ ]• (1982. 4 - 2014. 随時変わっていた。 アシスタント [ ] 歴代のいいとも青年隊・少女隊・AD隊については「」の項を参照。 期間 総合司会 青年隊・少女隊・AD隊 1982. 4 1985. 29 1985. 1 1985. 27 1985. 30 1986. 28 1986. 31 1987. 2 1987. 5 1989. 31 1989. 3 1990. 28 1991. 7 1992. 27 1992. 30 1994. 30 1994. 3 1997. 28 1997. 31 2000. 31 2000. 3 2003. 28 2003. 31 2006. 31 2006. 3 2008. 28 2008. 31 2010. 2 2010. 5 2011. 30 2011. 3 2014. 31 歴代レギュラー陣 [ ] 歴代のレギュラー陣 出演時期 レギュラー氏名 出演曜日 1982. 10 2014. 03 1982. 10 1984. 03 1982. 10 1984. 03 月曜日 1982. 10 1985. 03 1982. 10 1984. 03 火曜日(不定期 ) 1982. 10 1984. 03 火曜日(不定期 ) 1982. 10 1984. 09 1982. 10 1983. 03 水曜日 1982. 10 1983. 03 水曜日 1982. 10 1983. 03 西川峰子(現:) 水曜日 1982. 10 1983. 09 (・・) 水曜日 1982. 10 1983. 09 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 09 ドン川上(現:) 木曜日 1982. 10 1984. 03 チョー長嶋(現:) 木曜日 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 03 1982. 10 1985. 10 1985. 10 1984. 03 井手ひろし(現:) 金曜日 1983. 04 1983. 09 水曜日(隔週) 1983. 04 1983. 09 水曜日(隔週) 1983. 04 1984. 03 (第1期) 水曜日 1983. 10 1984. 03 火曜日(隔週) 1983. 10 1984. 10 1985. 03 火曜日 1983. 10 1990. 03 水曜日 1983. 10 1987. 09 水曜日 1983. 10 1984. 03 水曜日 1984. 04 1984. 09 月曜日 1984. 04 1984. 09 月曜日(不定期) 1984. 04 1984. 09 月曜日(不定期) 1984. 04 1985. 03 月曜日 1984. 04 1984. 09 火曜日 1984. 04 1984. 09 火曜日 1984. 04 1984. 06 水曜日 1984. 04 1995. 09 金曜日 1984. 04 1984. 09 金曜日 1984. 04 1984. 09 金曜日 1984. 07 1984. 09 金曜日 1984. 10 1987. 09 月曜日 1984. 10 1985. 03 火曜日 1984. 10 1985. 03 火曜日 1984. 10 1985. 09 水曜日 1984. 10 1985. 09 水曜日 1984. 10 1987. 09 木曜日 1984. 10 1985. 03 () 木曜日 1984. 10 1985. 03 木曜日 1985. 04 1986. 03 月曜日 1985. 04 1989. 09 月曜日 1985. 04 1985. 07 たこ八郎 (第2期) 火曜日 1985. 04 1987. 03 木曜日 1985. 04 1985. 09 金曜日 1985. 07 1985. 09 火曜日 1985. 10 1993. 10 1986. 12 水曜日 1985. 10 2014. 04 1987. 03 月曜日 1986. 04 1987. 03 火曜日 1987. 04 1987. 09 (第1期) 火曜日 1987. 04 2014. 03 木曜日 1987. 10 1988. 09 月曜日 1987. 10 1988. 09 月曜日 1987. 10 1988. 09 火曜日 1987. 10 1988. 09 火曜日 1987. 10 1991. 10 1989. 03 木曜日 1987. 10 1988. 09 木曜日 1987. 10 1988. 03 (第1期) 金曜日 1987. 10 1988. 09 金曜日 1987. 12 1988. 10 水曜日 1988. 04 1988. 09 火曜日 1988. 04 1989. 04 1988. 09 木曜日 1988. 04 1988. 09 金曜日 1988. 04 1988. 09 金曜日 1988. 06 1988. 09 木曜日 1988. 10 1989. 09 月曜日 1988. 10 1990. 10 1992. 10 1989. 09 (第1期) 水曜日 1988. 10 1989. 09 水曜日 1988. 10 1989. 03 ・ 木曜日 1988. 10 1994. 04 1993. 10 1997. 10 1990. 09 吉沢秋絵(第2期) 月曜日 1989. 10 1990. 03 (第1期) 木曜日 1989. 10 1990. 09 木曜日 1989. 10 1990. 09 金曜日 1990. 04 1993. 04 1990. 09 水曜日 1990. 04 1990. 09 夏木ゆたか(第2期) 水曜日 1990. 04 1990. 09 金曜日 1990. 10 1991. 03 月曜日 1990. 10 1991. 10 1992. 10 1992. 09 金曜日 1990. 10 1992. 04 1992. 04 1996. 04 1991. 09 水曜日 1991. 07 1992. 09 金曜日 1992. 10 1993. 03 月曜日 1992. 10 1993. 09 金曜日 1992. 10 1993. 03 金曜日 1992. 10 1994. 10 1994. 10 1994. 10 1998. 03 () 水曜日 1993. 04 1993. 09 金曜日 1993. 04 1994. 03 (雅・健) 月曜日 1993. 04 1994. 04 2010. 07 1994. 03 月曜日 1993. 10 1994. 10 1994. 09 水曜日 1993. 10 1994. 03 () 木曜日 1993. 10 1994. 03 金曜日 1994. 04 1994. 09 トミーズ雅 月曜日 1994. 04 1995. 09 片岡鶴太郎(第2期) 火曜日 1994. 04 1994. 09 () 木曜日 1994. 04 1995. 04 2014. 04 2014. 05 1994. 09 金曜日 1994. 06 1995. 09 金曜日 1994. 08 1995. 10 1998. 10 1995. 09 月曜日 1994. 10 1995. 09 火曜日 1994. 10 1995. 09 木曜日 1994. 10 1995. 09 木曜日 1994. 10 1995. 09 木曜日 1994. 10 1995. 09 金曜日 1994. 10 1995. 09 金曜日 1994. 10 1995. 09 金曜日 1995. 10 1996. 03 () 火曜日 1995. 10 1996. 03 火曜日 1995. 10 1996. 03 森公美子(第2期) 火曜日 1995. 10 1996. 09 水曜日 1995. 10 1996. 10 1997. 03 (・) 金曜日 1995. 10 1997. 10 2002. 10 2008. 10 2014. 11 1996. 09 水曜日 1996. 04 1996. 09 火曜日 1996. 04 1996. 09 火曜日 1996. 04 1997. 04 1996. 09 金曜日 1996. 10 1998. 03 水曜日(隔週) 1996. 10 1997. 03 水曜日(隔週) 1996. 10 1997. 03 水曜日(隔週) 1996. 10 1998. 09 (・・) 水曜日(隔週) 1996. 10 2000. 10 1997. 01 (・・・・) 木曜日 1996. 10 1997. 03 金曜日(毎月最終週) 1997. 01 1997. 03 火曜日 1997. 04 1997. 09 月曜日 1997. 04 1999. 03 水曜日 1997. 04 1998. 09 水曜日 1997. 04 1998. 04 1999. 04 1998. 03 (・) 木曜日(不定期) 1997. 04 1998. 03 (第1期) 木曜日 1997. 04 1998. 03 木曜日 1997. 04 2000. 09 金曜日 1997. 04 2006. 10 1999. 03 水曜日(月1回) 1997. 10 2001. 10 2002. 11 1999. 04 1999. 03 火曜日 1998. 04 1999. 04 2000. 03 水曜日(隔週) 1998. 04 2000. 04 2001. 04 2004. 10 2000. 10 2008. 10 1999. 09 キャイ〜ン(ウド鈴木・天野ひろゆき) (第2期) 木曜日 1998. 10 2000. 10 2000. 01 2000. 04 2000. 03 火曜日 1999. 04 2000. 03 火曜日(不定期) 1999. 04 2000. 03 火曜日 1999. 04 2000. 03 住友優子(第2期) 火曜日 1999. 04 1999. 04 2001. 09 木曜日(隔週) 1999. 07 2000. 03 金曜日 1999. 10 2001. 03 おさる 火曜日 1999. 10 2001. 10 2004. 10 2000. 09 (石井康太・中村豪) 火曜日(3週に1度) 1999. 10 2002. 10 2009. 04 2001. 09 火曜日 2000. 04 2002. 03 水曜日(隔週) 2000. 04 2001. 04 2001. 03 金曜日 2000. 04 2014. 03 () 水曜日 2000. 04 2014. 10 2011. 04 2002. 04 2002. 04 2004. 04 2005. 04 2007. 10 2003. 03 水曜日(隔週) 2001. 10 2003. 03 不定期 2001. 10 2004. 10 2004. 09 木曜日 2002. 04 2002. 09 月曜日 2002. 04 2011. 04 2011. 04 2002. 09 水曜日 2002. 04 2003. 04 2004. 10 2003. 03 月曜日 2002. 10 2005. 04 2003. 09 火曜日(隔週) 2003. 04 2011. 10 2004. 09 水曜日(隔週) 2003. 10 2005. 10 2006. 10 2008. 04 2006. 04 2014. 04 2014. 10 2005. 09 水曜日 2004. 10 2006. 03 (・・) 火曜日(隔週) 2004. 10 2008. 04 2006. 03 月曜日 2005. 04 2007. 04 2010. 09 木曜日 2005. 10 2007. 09 火曜日 2005. 10 2007. 04 2006. 09 月曜日 2006. 04 2007. 09 木曜日 2006. 10 2011. 10 2014. 04 2008. 09 月曜日 2007. 04 2009. 10 2007. 12 火曜日 2007. 10 2010. 10 2014. 10 2014. 04 2009. 04 2011. 03 (・) 木曜日 2008. 04 2014. 10 2010. 10 2010. 10 2011. 03 () 水曜日 2008. 10 2009. 11 水曜日(月1回) 2008. 11 2010. 03 有吉弘行 水曜日(月1回) 2009. 10 2011. 03 火曜日 2009. 10 2011. 10 2012. 03 (・) 月曜日 2009. 10 2014. 10 2011. 09 木曜日 2010. 10 2012. 10 2012. 04 2011. 09 金曜日 2011. 04 2014. 03 (・) 木曜日 2011. 10 2014. 03 月曜日 2011. 10 2014. 10 2014. 03 () 木曜日 2012. 04 2013. 03 月曜日 2012. 04 2013. 03 水曜日(隔週) 2012. 04 2014. 04 2014. 03 火曜日 2012. 04 2014. 04 2014. 03 2012. 10 2013. 03 木曜日 2012. 10 2014. 03 月曜日 2012. 10 2014. 03 () 火曜日 2012. 10 2014. 03 水曜日 2012. 10 2014. 03 金曜日 2013. 04 2014. 04 2014. 04 2014. 01 2014. 03 (・) 曜日不定 2014. 02 2014. 03 岡村隆史(ナインティナイン) 曜日不定 放送終了時のレギュラー陣 [ ] 太字は各の。 の各曜日レギュラー陣紹介に準拠して記載。 番組最末期(度下半期、2013年10月 - 2014年3月)のレギュラー出演者を記載。 月曜日 [ ]• (当時)(1994. 4 - 2014. ()(2004. 04 - 2014. ()(2008. 4 - 2014. (2011. 10 - 2014. ( )(2011. 10 - 2014. (2012. 10 - 2014. 10 - 2014. (当時)(1994. 4 - 2014. (さまぁ〜ず)(2004. 04 - 2014. (・)(2012. 4 - 2014. (2012. 4 - 2014. 03)• ()(2012. 10 - 2014. 4 - 2014. 3) 水曜日 [ ]• ()(2000. 4 - 2014. (、)(2007. 10 - 2014. (2007. 10 - 2014. (2012. 10 - 2014. (酒井健太・平子祐希)(2013. 4 - 2014. (井口浩之・河本太)(2013. 4 - 2014. (・・)(2013. 4 - 2014. 10 - 2014. (1987. 4 - 2014. ()(2011. 10 - 2014. (2009. 10 - 2014. (・)(2011. 4 - 2014. 4 - 2014. (1985. 10 - 2014. (当時SMAP)(1995. 10 - 2014. (爆笑問題)(2000. 4 - 2014. (2006. 10 - 2014. (2012. 10 - 2014. (2012. 4 -2014. 10 - 2014. 3) スペシャルレギュラー(曜日不定) [ ]• (・)(2014. 1 - 2014. ()(2014. 2 - 2014. 3) Holidayレギュラー [ ]• (2012. 30 - 2014. 21)。 増刊号 [ ]• ()(2012. 11 - 2014. 4 - 2014. ()〈2012. 16 - 2014. 」:月曜日ほか、コーナー名「」のテレフォンゲストを毎回占う「テレフォン占い師」でもある〉• (・)〈2013. 11 - 2014. 24 コーナー「ワケあり人間カジノ どっちベガス」「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日〉• 〈2013. 5 - 2014. 24 コーナー「正直言う太郎」、「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日〉• (「」編集長)〈2014. 17 - 3. 29 コーナー「国語辞典をアップデート 目指せ! 言葉の達人」:金曜日)• ()〈2014. 10 - 3. 全曜日へのレギュラー出演の経験がある。 また、2009年4月末から5月末にかけての1ヶ月は不祥事により休養していたが、5月29日の放送で復帰した。 コンビとしての最長出演記録(12年)。 【同上】• 【同上】• アレクサンダ・メモン【同上】• ゲオーク・マテス【同上】• 【1984. 4 - 1985. 3、コーナー名:『60歳からの英会話』】(月曜日)• 【1984. 26 - 8. 30、コーナー名:『夏休みスペシャル スッポンのど自慢』】(木曜日)• ()【1990. 10 - 1991. 3、コーナー名:「タモリ・ウッチャンナンチャンのそれ絶対やっちゃダメ! 」】(火曜日)• 【1991. 8 - 1991. 12、コーナー名:「くどい顔バトルロイヤル」】(月曜日)• 爆笑問題(田中裕二・太田光)(レギュラー出演前に明石家さんま司会のコーナーに出演。 ふかわりょう(レギュラー出演前に月1回のレギュラーゲストで出演。 (メンバー、振付師)(レギュラー出演以前にダンスコーナーに出演。 ()【2001 - 2003、コーナー名:「いいとも真相心理 真実の扉」】(金曜日)• 【2005. 30 - 2006. 29、コーナー名:「いいともヒアリングテスト Listen to me? 」】(水曜日)• ()【2004 - 2007、コーナー名:「目指せ! 達筆王! 」】(木曜日)• 4 - 9、コーナー名:『プラチナランチショー アルタの花道』】(水曜日)• (講談師)【2008. 4、コーナー名:『名作紹介所 タイトルで中身を表せ! 』】(金曜日)• 大森フェイ(英語インストラクター)【2008. 4 - 5、コーナー名:『パソコン変換 翻訳したらこ〜なった』】(金曜日)• 【2008. 24 - 8. 28、コーナー名:『もうすぐ北京! 漢字で書いチャイナ! 【2009. 10 - 8. 17、コーナー名:『人生これでまるわかり 手相ってそうなの? 』】(月曜日)• ()【2010. 4 - 9、コーナー名:『言葉のワザで一本勝負! ことわざアレンジ辞典』】(金曜日)• 【2010. 31 - 2010. 19、コーナー名:『ウチのショップの王子様 ショップリ』】(月曜日)• 【2010. 5 - 2011. 【2011. 22 - 3. 29、コーナー名:『笑うと負けよあっぷっぷーのコーナー』】(火曜日)• ()【2008. 8 - 2011. ()【2010. 10 - 2011、不定期。 コーナー名『戦場カメラマン渡部陽一のアルタ最前線! 』()】• (・医学)【2011. 6 - 、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (医学博士)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (学)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• ()【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• ()【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (研究家)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (アニマリスト・あらゆるのスペシャリスト)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• ()【2011. 8 - 6. 17、コーナー名:『クイズ! お久しぶりマラソン』(金曜日)実況担当】• ()【2011. ()【2011. 8 - 7. 15、コーナー名『完全予約制!? ホメホメビュー』(金曜日)ナレーション担当】• ()【2011. 14 - 7. 28、コーナー名『木曜格言王』(木曜日)解説担当】• (声優)【2011. 2 - 9. 30、コーナー名『女性のハートをつかめてる!? キュンキュン選挙』(金曜日)ナレーション担当】• (珍獣博士)【2011. 5 - 、コーナー名『世界珍獣 お名前ハンター』(水曜日)】• ()【2011. 26 - 、コーナー名『他では聞けない芸能ニュース 友達5000人 入江のイリスポ! 』(水曜日)】• 高木ゑみ(・)【2011. 5 - 、コーナー名『見た目で勝負! なんちゃってセレブ料理』(月曜日)】• ()【2012. 16 - 3. 」:月曜日】• 大給近憲(「」)【2012. 8 - 3. 28、コーナー名「生活をかわいくアレンジ いいとも! Mart編集部」:水曜日】• 【2012. 5 - 26、コーナー名「木曜主婦グチ劇場 夫はわかってくれない! 」:木曜日】• 【2012. 16 - 9. 14、コーナー名「メンタリストDaiGoに心を操れるな」:金曜日】• 【2012. 16 - 9. 14、コーナー名「行列のまったくできない人生相談所」:金曜日】• 【2012. 16 - 9. 14、コーナー名「行列のまったくできない人生相談所」:金曜日】• ()【2012. 18 - 9. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• (王)【2012. 18 - 9. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• (リサーチャー)【2012. 18 - 9. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• ()【2012. 10 - 2012. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• 、【2012. 13 - 2013. 28、コーナー名「ぼっちゃん対抗! たぶんお宝グランプリ」:木曜日】• 武田澄子()【2013. 17 - 2013. 4、コーナー名「合格するかは親次第! お受験チャレンジ! 」:木曜日】• ()【2013. 18 - 7. 5、コーナー名「 見て美味しい! とびだせ! 3Dキャラごはんコンテスト」:金曜日】• (スピリチュアルカウンセラーで現役)【2013. 25 - 2. 8、コーナー名「スピリチュアル女子大生オーラ鑑定! 」:金曜日】• (・)【2013. 11 - 2014. 24 コーナー「ワケあり人間カジノ どっちベガス」「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日】• (東進ハイスクール・東進衛星予備校講師)【2013. 26 - 6. 28、コーナー名「脳をくすぐる 英語禁止カラオケ 脳カラ」「英語で言えたらカッコEnglish」 :金曜日】• (・)【2013. 16 - 、コーナー名「 見えすぎちゃうスピリチュア芸人パシンペロンのコーナー」 :木曜日】• 【2013. 5 - 2014. 24 コーナー「正直言う太郎」、「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日】• (「」編集長)【2014. 17 - 3. 29 コーナー「国語辞典をアップデート 目指せ! 言葉の達人」:金曜日】• ()【2014. 10 - 3. 」:月曜日】 ほか多数 番組から誕生したユニット [ ] これまでに当番組レギュラー出演者からが誕生している。 以下はその例。 【・・)】• 【・】• 志茂田チョウ倶楽部【・(・・)】• モッコリーズ【・・】 末、ROLLYのコーナーから誕生。 デビューライブをした後、即解散という速さだった。 DPD(デブカジ・パフォーマンス・ドール)【・・()】 、3人からなるユニットとして毎週に出演。 MY Littleババア【・】 、毎週に出演していた2名からなるユニット。 との「ババア」を捩ったとされる。 one hundred(ワンハンドレッツ)【・()・()】 結成。 2004年と2011年と2015年の『』に総合司会として復活をしている。 Aカッパーズ【・・(フジテレビ)】 結成。 3人のの大きさがAカップだったことから由来している。 その年の『』で一夜限りのライブを行った。 その楽曲のタイトル名は「Aカップメドレー」。 作詞・作曲は森田一義(タモリ)が本名名義で担当をした。 チポリン【坂下千里子】 限定アイドルとして歌手デビュー、同日引退。 ビニールハウス【・】 結成。 おかまキャラのストロベリー(山口)、アスパラガス(クリス)の2人組。 も参加予定だったが、都合により参加せず。 同日解散。 ALT神7(アルタカミセブン)【水曜レギュラー陣】 、当時レギュラーの(、当時)の考案で「毎週水曜日にしか会えない」として結成された。 メンバーは、と指原、()、(・)、(・)の水曜日レギュラーによる7人(タモリと指原が2トップ)。 また、メンバー全員が指原考案のアイドルキャッチフレーズを披露した。 ペアーズ【千原ジュニア(千原兄弟)・田中裕二(爆笑問題)】 、当時水曜日レギュラーの指原莉乃の考案で「毎週水曜日にしか会えないアイドル」として結成された。 メンバーは、千原ジュニア(千原兄弟)、田中裕二(爆笑問題)の水曜日レギュラーによる2人。 ONEP【イサムちゃん・ユタカちゃん・HIDEKiSM・ナターシャ・足立祐季(あんずちゃん)】 、のコーナー「」から誕生した、イサムちゃんをリーダーとする「オネメン」5名からなるユニット。 当初4人編成の「オネメン四天王」として結成されたが、足立祐季が加入し「オネメン5」に改名するも翌週「ONEP」に再改名された。 ナターシャが欠席した2013年6月17日は、田中裕二(爆笑問題)が「タナーシャ」として参加。 ほか多数 テレフォンアナウンサー [ ]• から導入されたは、フジテレビ・が務めていた。 いいとも! アナウンサーとは言わない。 初代テレフォンアナウンサーは()が(入社)、(1987年)が(入社)、(1987年)が(1984年入社)、(1987年)が(入社)、(1987年)が (1987年入社)であった。 テレフォンアナウンサーが導入されて定着してから20年以上経過したこともあり、番組末期の時点はベテランメンバーとなった。 後期頃から毎年に、その年のに入社したアナウンサーがお披露目され、それぞれが自己紹介することが慣習となっていた(ただし、タモリはこれをあまり好んではいない)。 担当アナウンサーが他番組の収録ならびに休暇などがあるときは他曜日および『増刊号』のアナウンサーが登場する例もあり、稀にフジテレビ以外の系列局のアナウンサーが代役として参加することもあった。 テレフォンアナウンサーは通常、『』でのお友達紹介の電話業務、番組関連の告知、「いいとも! 」をネットするテレビ局の開局 があったときは開局の告知、コーナーの景品紹介などが主であった。 なお、10月以降は、その他に『』終了後の番組開始前に(15秒間)に出演していた(日替わり制導入により現在はレギュラー出演者などが出演)。 中期頃から毎年に、恒例の「ウィーク」が設定され、テレフォンアナウンサーが1週間着用で出演していた。 また、各曜日放送後、女子アナウンサーに限り浴衣の撮影が行われていた。 までは男子アナウンサーも浴衣を着用していたが、男子アナの浴衣姿についてはタモリが興味を示していない。 これにより、放送分では木曜日担当のは浴衣を着用せず、に水泳帽のみ着用で出演した。 放送分では、月曜日レギュラー(当時)ののが担当のと共に浴衣姿で登場した。 頃から、20代・30代のアナウンサーによる担当がほとんどになった。 それまでは若年層から中高年までのアナウンサーが担当だった。 からの放送まで、これまでの曜日担当シフト制から日替わり担当制が採用されていた。 これにより、曜日担当シフト制末期の担当アナ以外にも、新たにテレフォンアナを担当するアナウンサーが登場することもあり、また過去にテレフォンアナを担当したアナウンサーが再登板する場合もあった。 テレフォンアナウンサーが他の各コーナーに参加することもあった(その日のレギュラー出演者、ゲストの人数などで対応)。 特に末期は各コーナーを含め番組の進行役になる事も多かった。 さらに過去には外国語が話せるアナウンサーがゲストで来た海外スターの通訳を担うケースもあった。 期間は不明だが、1988年以降、1990年代前半まではFNSの日翌週の7月中旬から8月いっぱいまでは新人アナウンサーと従来からの担当アナが2人で(つまり先輩・後輩で)テレフォンアナを担当していた。 歴代テレフォンアナウンサー [ ] 以下性別・入社年度順のリスト(増刊号アナウンサーも含む)。 一覧内には元フジテレビアナウンサー(退職、異動、引退した者)も含まれる。 10 - 2001. 10 - 1998. 10 - 1990. 10 - 2002. 10 - 1993. 9 不明 1990. 10 - 1991. 10 - 2004. 9 - 2000. 10 - 1996. 10 - 1999. 4 - 2004. 10 - 2008. 4 - 2009. 4 - 2012. 10 - 2011. 10 - 2013. 4 - 2014. 10 - 1988. 10 - 1991. 9、2011. 4 - 2011. 10 - 1995. 10 - 1990. 9 不明 1989. 4 - 1991. 3 木曜日 1988. 7 - 1990. 9 月曜日 1989. 7 - 1991. 10 - 1997. 9 不明 1991. 4 - 1993. 9 月曜日 1994. 10 - 1997. 3 火曜日 1992. 10 - 1993. 7 - 2001. 10 - 1996. 10 - 1996. 3 月曜日 1998. 4 - 1999. 3 水曜日 1995. 10 - 1996. 4 - 1998. 10 不明 1995. 10 - 降板時期不明 金曜日 1996. 10 - 1999. 4 - 2000. 3 - 1999. 9 水曜日 1999. 10 - 2003. 10 - 2001. 3 金曜日 2002. 9 - 2006. 10 - 2005. 10 - 2002. 10 - 2004. 4 - 2002. 10 - 2005. 10 - 2006. 2 - 2007. 4 - 2014. 10 - 2011. 10 - 2009. 4 - 2011. 10 - 2011. 4 - 2011. 10 - 2012. 10 - 2013. 10 - 2014. 10 - 2014. 4 - 2014. 4 - 2014. 3 火曜日 2013. 10 - 2014. 3 金曜日 増刊号アナウンサー [ ]• (1987. 10 - 1995. 9)(最初の半年は金曜日と兼任)• (1995. 10 - 2001. (2004. 10 - 2006. (2006. 10 - 2011. (2011. 4 - 2012. (2012. 4 - 2013. (2013. 4 - 2014. () 1989. 18、開業を記念して、イムズホールから生放送を行った際に出演した。 () 1997. 29、関西テレビ本社の移転・新築祝いとして特別出演、『』(関西テレビと共同制作)のが行われる旨を告知した。 各曜日アナウンサーの変遷 [ ] 1987年10月から1996年10月までは詳細が不明なため、ここでは割愛する。 各曜日アナウンサーの変遷 期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 増刊号 1996. 10 1997. 3 1997. 4 1997. 9 川端健嗣 木佐彩子 富永美樹 山中秀樹 1997. 10 1998. 3 川端健嗣 1998. 4 1998. 9 富永美樹 山中秀樹 1998. 10 1999. 4 1999. 4 1999. 9 桜井堅一朗 佐野瑞樹 1999. 10 2000. 9 佐野瑞樹 山中秀樹 2000. 10 2001. 3 2001. 4 2001. 6 政井マヤ 深澤里奈 山中秀樹 2001. 7 2001. 9 (持ち回り) 2001. 10 2002. 9 大坪千夏 2002. 10 2003. 3 内田恭子 2003. 4 2003. 9 内田恭子 深澤里奈 梅津弥英子 2003. 10 2004. 3 2004. 4 2004. 9 2004. 10 2005. 3 梅津弥英子 戸部洋子 中野美奈子 2005. 4 2005. 9 戸部洋子 相川梨絵 中村仁美 2005. 10 2006. 3 相川梨絵 2006. 4 2006. 9 斉藤舞子 2006. 10 2007. 3 斉藤舞子 2007. 4 2007. 10 平井理央 2007. 10 2008. 10 宮瀬茉祐子 平井理央 2008. 10 2009. 3 2009. 4 2009. 9 松尾翠 加藤綾子 2009. 10 2010. 10 椿原慶子 松尾翠 2010.

次の

駆け抜けて軽トラの(芸人)の事務所や年齢は?芸歴や結成のきっかけをチェック!

色白 芸人

総合司会・アシスタント [ ] 総合司会 [ ]• (1982. 4 - 2014. 随時変わっていた。 アシスタント [ ] 歴代のいいとも青年隊・少女隊・AD隊については「」の項を参照。 期間 総合司会 青年隊・少女隊・AD隊 1982. 4 1985. 29 1985. 1 1985. 27 1985. 30 1986. 28 1986. 31 1987. 2 1987. 5 1989. 31 1989. 3 1990. 28 1991. 7 1992. 27 1992. 30 1994. 30 1994. 3 1997. 28 1997. 31 2000. 31 2000. 3 2003. 28 2003. 31 2006. 31 2006. 3 2008. 28 2008. 31 2010. 2 2010. 5 2011. 30 2011. 3 2014. 31 歴代レギュラー陣 [ ] 歴代のレギュラー陣 出演時期 レギュラー氏名 出演曜日 1982. 10 2014. 03 1982. 10 1984. 03 1982. 10 1984. 03 月曜日 1982. 10 1985. 03 1982. 10 1984. 03 火曜日(不定期 ) 1982. 10 1984. 03 火曜日(不定期 ) 1982. 10 1984. 09 1982. 10 1983. 03 水曜日 1982. 10 1983. 03 水曜日 1982. 10 1983. 03 西川峰子(現:) 水曜日 1982. 10 1983. 09 (・・) 水曜日 1982. 10 1983. 09 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 09 ドン川上(現:) 木曜日 1982. 10 1984. 03 チョー長嶋(現:) 木曜日 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 09 木曜日 1982. 10 1984. 03 1982. 10 1985. 10 1985. 10 1984. 03 井手ひろし(現:) 金曜日 1983. 04 1983. 09 水曜日(隔週) 1983. 04 1983. 09 水曜日(隔週) 1983. 04 1984. 03 (第1期) 水曜日 1983. 10 1984. 03 火曜日(隔週) 1983. 10 1984. 10 1985. 03 火曜日 1983. 10 1990. 03 水曜日 1983. 10 1987. 09 水曜日 1983. 10 1984. 03 水曜日 1984. 04 1984. 09 月曜日 1984. 04 1984. 09 月曜日(不定期) 1984. 04 1984. 09 月曜日(不定期) 1984. 04 1985. 03 月曜日 1984. 04 1984. 09 火曜日 1984. 04 1984. 09 火曜日 1984. 04 1984. 06 水曜日 1984. 04 1995. 09 金曜日 1984. 04 1984. 09 金曜日 1984. 04 1984. 09 金曜日 1984. 07 1984. 09 金曜日 1984. 10 1987. 09 月曜日 1984. 10 1985. 03 火曜日 1984. 10 1985. 03 火曜日 1984. 10 1985. 09 水曜日 1984. 10 1985. 09 水曜日 1984. 10 1987. 09 木曜日 1984. 10 1985. 03 () 木曜日 1984. 10 1985. 03 木曜日 1985. 04 1986. 03 月曜日 1985. 04 1989. 09 月曜日 1985. 04 1985. 07 たこ八郎 (第2期) 火曜日 1985. 04 1987. 03 木曜日 1985. 04 1985. 09 金曜日 1985. 07 1985. 09 火曜日 1985. 10 1993. 10 1986. 12 水曜日 1985. 10 2014. 04 1987. 03 月曜日 1986. 04 1987. 03 火曜日 1987. 04 1987. 09 (第1期) 火曜日 1987. 04 2014. 03 木曜日 1987. 10 1988. 09 月曜日 1987. 10 1988. 09 月曜日 1987. 10 1988. 09 火曜日 1987. 10 1988. 09 火曜日 1987. 10 1991. 10 1989. 03 木曜日 1987. 10 1988. 09 木曜日 1987. 10 1988. 03 (第1期) 金曜日 1987. 10 1988. 09 金曜日 1987. 12 1988. 10 水曜日 1988. 04 1988. 09 火曜日 1988. 04 1989. 04 1988. 09 木曜日 1988. 04 1988. 09 金曜日 1988. 04 1988. 09 金曜日 1988. 06 1988. 09 木曜日 1988. 10 1989. 09 月曜日 1988. 10 1990. 10 1992. 10 1989. 09 (第1期) 水曜日 1988. 10 1989. 09 水曜日 1988. 10 1989. 03 ・ 木曜日 1988. 10 1994. 04 1993. 10 1997. 10 1990. 09 吉沢秋絵(第2期) 月曜日 1989. 10 1990. 03 (第1期) 木曜日 1989. 10 1990. 09 木曜日 1989. 10 1990. 09 金曜日 1990. 04 1993. 04 1990. 09 水曜日 1990. 04 1990. 09 夏木ゆたか(第2期) 水曜日 1990. 04 1990. 09 金曜日 1990. 10 1991. 03 月曜日 1990. 10 1991. 10 1992. 10 1992. 09 金曜日 1990. 10 1992. 04 1992. 04 1996. 04 1991. 09 水曜日 1991. 07 1992. 09 金曜日 1992. 10 1993. 03 月曜日 1992. 10 1993. 09 金曜日 1992. 10 1993. 03 金曜日 1992. 10 1994. 10 1994. 10 1994. 10 1998. 03 () 水曜日 1993. 04 1993. 09 金曜日 1993. 04 1994. 03 (雅・健) 月曜日 1993. 04 1994. 04 2010. 07 1994. 03 月曜日 1993. 10 1994. 10 1994. 09 水曜日 1993. 10 1994. 03 () 木曜日 1993. 10 1994. 03 金曜日 1994. 04 1994. 09 トミーズ雅 月曜日 1994. 04 1995. 09 片岡鶴太郎(第2期) 火曜日 1994. 04 1994. 09 () 木曜日 1994. 04 1995. 04 2014. 04 2014. 05 1994. 09 金曜日 1994. 06 1995. 09 金曜日 1994. 08 1995. 10 1998. 10 1995. 09 月曜日 1994. 10 1995. 09 火曜日 1994. 10 1995. 09 木曜日 1994. 10 1995. 09 木曜日 1994. 10 1995. 09 木曜日 1994. 10 1995. 09 金曜日 1994. 10 1995. 09 金曜日 1994. 10 1995. 09 金曜日 1995. 10 1996. 03 () 火曜日 1995. 10 1996. 03 火曜日 1995. 10 1996. 03 森公美子(第2期) 火曜日 1995. 10 1996. 09 水曜日 1995. 10 1996. 10 1997. 03 (・) 金曜日 1995. 10 1997. 10 2002. 10 2008. 10 2014. 11 1996. 09 水曜日 1996. 04 1996. 09 火曜日 1996. 04 1996. 09 火曜日 1996. 04 1997. 04 1996. 09 金曜日 1996. 10 1998. 03 水曜日(隔週) 1996. 10 1997. 03 水曜日(隔週) 1996. 10 1997. 03 水曜日(隔週) 1996. 10 1998. 09 (・・) 水曜日(隔週) 1996. 10 2000. 10 1997. 01 (・・・・) 木曜日 1996. 10 1997. 03 金曜日(毎月最終週) 1997. 01 1997. 03 火曜日 1997. 04 1997. 09 月曜日 1997. 04 1999. 03 水曜日 1997. 04 1998. 09 水曜日 1997. 04 1998. 04 1999. 04 1998. 03 (・) 木曜日(不定期) 1997. 04 1998. 03 (第1期) 木曜日 1997. 04 1998. 03 木曜日 1997. 04 2000. 09 金曜日 1997. 04 2006. 10 1999. 03 水曜日(月1回) 1997. 10 2001. 10 2002. 11 1999. 04 1999. 03 火曜日 1998. 04 1999. 04 2000. 03 水曜日(隔週) 1998. 04 2000. 04 2001. 04 2004. 10 2000. 10 2008. 10 1999. 09 キャイ〜ン(ウド鈴木・天野ひろゆき) (第2期) 木曜日 1998. 10 2000. 10 2000. 01 2000. 04 2000. 03 火曜日 1999. 04 2000. 03 火曜日(不定期) 1999. 04 2000. 03 火曜日 1999. 04 2000. 03 住友優子(第2期) 火曜日 1999. 04 1999. 04 2001. 09 木曜日(隔週) 1999. 07 2000. 03 金曜日 1999. 10 2001. 03 おさる 火曜日 1999. 10 2001. 10 2004. 10 2000. 09 (石井康太・中村豪) 火曜日(3週に1度) 1999. 10 2002. 10 2009. 04 2001. 09 火曜日 2000. 04 2002. 03 水曜日(隔週) 2000. 04 2001. 04 2001. 03 金曜日 2000. 04 2014. 03 () 水曜日 2000. 04 2014. 10 2011. 04 2002. 04 2002. 04 2004. 04 2005. 04 2007. 10 2003. 03 水曜日(隔週) 2001. 10 2003. 03 不定期 2001. 10 2004. 10 2004. 09 木曜日 2002. 04 2002. 09 月曜日 2002. 04 2011. 04 2011. 04 2002. 09 水曜日 2002. 04 2003. 04 2004. 10 2003. 03 月曜日 2002. 10 2005. 04 2003. 09 火曜日(隔週) 2003. 04 2011. 10 2004. 09 水曜日(隔週) 2003. 10 2005. 10 2006. 10 2008. 04 2006. 04 2014. 04 2014. 10 2005. 09 水曜日 2004. 10 2006. 03 (・・) 火曜日(隔週) 2004. 10 2008. 04 2006. 03 月曜日 2005. 04 2007. 04 2010. 09 木曜日 2005. 10 2007. 09 火曜日 2005. 10 2007. 04 2006. 09 月曜日 2006. 04 2007. 09 木曜日 2006. 10 2011. 10 2014. 04 2008. 09 月曜日 2007. 04 2009. 10 2007. 12 火曜日 2007. 10 2010. 10 2014. 10 2014. 04 2009. 04 2011. 03 (・) 木曜日 2008. 04 2014. 10 2010. 10 2010. 10 2011. 03 () 水曜日 2008. 10 2009. 11 水曜日(月1回) 2008. 11 2010. 03 有吉弘行 水曜日(月1回) 2009. 10 2011. 03 火曜日 2009. 10 2011. 10 2012. 03 (・) 月曜日 2009. 10 2014. 10 2011. 09 木曜日 2010. 10 2012. 10 2012. 04 2011. 09 金曜日 2011. 04 2014. 03 (・) 木曜日 2011. 10 2014. 03 月曜日 2011. 10 2014. 10 2014. 03 () 木曜日 2012. 04 2013. 03 月曜日 2012. 04 2013. 03 水曜日(隔週) 2012. 04 2014. 04 2014. 03 火曜日 2012. 04 2014. 04 2014. 03 2012. 10 2013. 03 木曜日 2012. 10 2014. 03 月曜日 2012. 10 2014. 03 () 火曜日 2012. 10 2014. 03 水曜日 2012. 10 2014. 03 金曜日 2013. 04 2014. 04 2014. 04 2014. 01 2014. 03 (・) 曜日不定 2014. 02 2014. 03 岡村隆史(ナインティナイン) 曜日不定 放送終了時のレギュラー陣 [ ] 太字は各の。 の各曜日レギュラー陣紹介に準拠して記載。 番組最末期(度下半期、2013年10月 - 2014年3月)のレギュラー出演者を記載。 月曜日 [ ]• (当時)(1994. 4 - 2014. ()(2004. 04 - 2014. ()(2008. 4 - 2014. (2011. 10 - 2014. ( )(2011. 10 - 2014. (2012. 10 - 2014. 10 - 2014. (当時)(1994. 4 - 2014. (さまぁ〜ず)(2004. 04 - 2014. (・)(2012. 4 - 2014. (2012. 4 - 2014. 03)• ()(2012. 10 - 2014. 4 - 2014. 3) 水曜日 [ ]• ()(2000. 4 - 2014. (、)(2007. 10 - 2014. (2007. 10 - 2014. (2012. 10 - 2014. (酒井健太・平子祐希)(2013. 4 - 2014. (井口浩之・河本太)(2013. 4 - 2014. (・・)(2013. 4 - 2014. 10 - 2014. (1987. 4 - 2014. ()(2011. 10 - 2014. (2009. 10 - 2014. (・)(2011. 4 - 2014. 4 - 2014. (1985. 10 - 2014. (当時SMAP)(1995. 10 - 2014. (爆笑問題)(2000. 4 - 2014. (2006. 10 - 2014. (2012. 10 - 2014. (2012. 4 -2014. 10 - 2014. 3) スペシャルレギュラー(曜日不定) [ ]• (・)(2014. 1 - 2014. ()(2014. 2 - 2014. 3) Holidayレギュラー [ ]• (2012. 30 - 2014. 21)。 増刊号 [ ]• ()(2012. 11 - 2014. 4 - 2014. ()〈2012. 16 - 2014. 」:月曜日ほか、コーナー名「」のテレフォンゲストを毎回占う「テレフォン占い師」でもある〉• (・)〈2013. 11 - 2014. 24 コーナー「ワケあり人間カジノ どっちベガス」「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日〉• 〈2013. 5 - 2014. 24 コーナー「正直言う太郎」、「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日〉• (「」編集長)〈2014. 17 - 3. 29 コーナー「国語辞典をアップデート 目指せ! 言葉の達人」:金曜日)• ()〈2014. 10 - 3. 全曜日へのレギュラー出演の経験がある。 また、2009年4月末から5月末にかけての1ヶ月は不祥事により休養していたが、5月29日の放送で復帰した。 コンビとしての最長出演記録(12年)。 【同上】• 【同上】• アレクサンダ・メモン【同上】• ゲオーク・マテス【同上】• 【1984. 4 - 1985. 3、コーナー名:『60歳からの英会話』】(月曜日)• 【1984. 26 - 8. 30、コーナー名:『夏休みスペシャル スッポンのど自慢』】(木曜日)• ()【1990. 10 - 1991. 3、コーナー名:「タモリ・ウッチャンナンチャンのそれ絶対やっちゃダメ! 」】(火曜日)• 【1991. 8 - 1991. 12、コーナー名:「くどい顔バトルロイヤル」】(月曜日)• 爆笑問題(田中裕二・太田光)(レギュラー出演前に明石家さんま司会のコーナーに出演。 ふかわりょう(レギュラー出演前に月1回のレギュラーゲストで出演。 (メンバー、振付師)(レギュラー出演以前にダンスコーナーに出演。 ()【2001 - 2003、コーナー名:「いいとも真相心理 真実の扉」】(金曜日)• 【2005. 30 - 2006. 29、コーナー名:「いいともヒアリングテスト Listen to me? 」】(水曜日)• ()【2004 - 2007、コーナー名:「目指せ! 達筆王! 」】(木曜日)• 4 - 9、コーナー名:『プラチナランチショー アルタの花道』】(水曜日)• (講談師)【2008. 4、コーナー名:『名作紹介所 タイトルで中身を表せ! 』】(金曜日)• 大森フェイ(英語インストラクター)【2008. 4 - 5、コーナー名:『パソコン変換 翻訳したらこ〜なった』】(金曜日)• 【2008. 24 - 8. 28、コーナー名:『もうすぐ北京! 漢字で書いチャイナ! 【2009. 10 - 8. 17、コーナー名:『人生これでまるわかり 手相ってそうなの? 』】(月曜日)• ()【2010. 4 - 9、コーナー名:『言葉のワザで一本勝負! ことわざアレンジ辞典』】(金曜日)• 【2010. 31 - 2010. 19、コーナー名:『ウチのショップの王子様 ショップリ』】(月曜日)• 【2010. 5 - 2011. 【2011. 22 - 3. 29、コーナー名:『笑うと負けよあっぷっぷーのコーナー』】(火曜日)• ()【2008. 8 - 2011. ()【2010. 10 - 2011、不定期。 コーナー名『戦場カメラマン渡部陽一のアルタ最前線! 』()】• (・医学)【2011. 6 - 、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (医学博士)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (学)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• ()【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• ()【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (研究家)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• (アニマリスト・あらゆるのスペシャリスト)【2011. 6 - 7. 27、コーナー名『目指せ連続正解クイズ! わかってない』(水曜日)解説担当】• ()【2011. 8 - 6. 17、コーナー名:『クイズ! お久しぶりマラソン』(金曜日)実況担当】• ()【2011. ()【2011. 8 - 7. 15、コーナー名『完全予約制!? ホメホメビュー』(金曜日)ナレーション担当】• ()【2011. 14 - 7. 28、コーナー名『木曜格言王』(木曜日)解説担当】• (声優)【2011. 2 - 9. 30、コーナー名『女性のハートをつかめてる!? キュンキュン選挙』(金曜日)ナレーション担当】• (珍獣博士)【2011. 5 - 、コーナー名『世界珍獣 お名前ハンター』(水曜日)】• ()【2011. 26 - 、コーナー名『他では聞けない芸能ニュース 友達5000人 入江のイリスポ! 』(水曜日)】• 高木ゑみ(・)【2011. 5 - 、コーナー名『見た目で勝負! なんちゃってセレブ料理』(月曜日)】• ()【2012. 16 - 3. 」:月曜日】• 大給近憲(「」)【2012. 8 - 3. 28、コーナー名「生活をかわいくアレンジ いいとも! Mart編集部」:水曜日】• 【2012. 5 - 26、コーナー名「木曜主婦グチ劇場 夫はわかってくれない! 」:木曜日】• 【2012. 16 - 9. 14、コーナー名「メンタリストDaiGoに心を操れるな」:金曜日】• 【2012. 16 - 9. 14、コーナー名「行列のまったくできない人生相談所」:金曜日】• 【2012. 16 - 9. 14、コーナー名「行列のまったくできない人生相談所」:金曜日】• ()【2012. 18 - 9. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• (王)【2012. 18 - 9. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• (リサーチャー)【2012. 18 - 9. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• ()【2012. 10 - 2012. 24、コーナー名「言われてみれば確かに気になる! いちゃ問題! 」:月曜日】• 、【2012. 13 - 2013. 28、コーナー名「ぼっちゃん対抗! たぶんお宝グランプリ」:木曜日】• 武田澄子()【2013. 17 - 2013. 4、コーナー名「合格するかは親次第! お受験チャレンジ! 」:木曜日】• ()【2013. 18 - 7. 5、コーナー名「 見て美味しい! とびだせ! 3Dキャラごはんコンテスト」:金曜日】• (スピリチュアルカウンセラーで現役)【2013. 25 - 2. 8、コーナー名「スピリチュアル女子大生オーラ鑑定! 」:金曜日】• (・)【2013. 11 - 2014. 24 コーナー「ワケあり人間カジノ どっちベガス」「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日】• (東進ハイスクール・東進衛星予備校講師)【2013. 26 - 6. 28、コーナー名「脳をくすぐる 英語禁止カラオケ 脳カラ」「英語で言えたらカッコEnglish」 :金曜日】• (・)【2013. 16 - 、コーナー名「 見えすぎちゃうスピリチュア芸人パシンペロンのコーナー」 :木曜日】• 【2013. 5 - 2014. 24 コーナー「正直言う太郎」、「林先生の名作授業 20文字で要約王」他:月曜日】• (「」編集長)【2014. 17 - 3. 29 コーナー「国語辞典をアップデート 目指せ! 言葉の達人」:金曜日】• ()【2014. 10 - 3. 」:月曜日】 ほか多数 番組から誕生したユニット [ ] これまでに当番組レギュラー出演者からが誕生している。 以下はその例。 【・・)】• 【・】• 志茂田チョウ倶楽部【・(・・)】• モッコリーズ【・・】 末、ROLLYのコーナーから誕生。 デビューライブをした後、即解散という速さだった。 DPD(デブカジ・パフォーマンス・ドール)【・・()】 、3人からなるユニットとして毎週に出演。 MY Littleババア【・】 、毎週に出演していた2名からなるユニット。 との「ババア」を捩ったとされる。 one hundred(ワンハンドレッツ)【・()・()】 結成。 2004年と2011年と2015年の『』に総合司会として復活をしている。 Aカッパーズ【・・(フジテレビ)】 結成。 3人のの大きさがAカップだったことから由来している。 その年の『』で一夜限りのライブを行った。 その楽曲のタイトル名は「Aカップメドレー」。 作詞・作曲は森田一義(タモリ)が本名名義で担当をした。 チポリン【坂下千里子】 限定アイドルとして歌手デビュー、同日引退。 ビニールハウス【・】 結成。 おかまキャラのストロベリー(山口)、アスパラガス(クリス)の2人組。 も参加予定だったが、都合により参加せず。 同日解散。 ALT神7(アルタカミセブン)【水曜レギュラー陣】 、当時レギュラーの(、当時)の考案で「毎週水曜日にしか会えない」として結成された。 メンバーは、と指原、()、(・)、(・)の水曜日レギュラーによる7人(タモリと指原が2トップ)。 また、メンバー全員が指原考案のアイドルキャッチフレーズを披露した。 ペアーズ【千原ジュニア(千原兄弟)・田中裕二(爆笑問題)】 、当時水曜日レギュラーの指原莉乃の考案で「毎週水曜日にしか会えないアイドル」として結成された。 メンバーは、千原ジュニア(千原兄弟)、田中裕二(爆笑問題)の水曜日レギュラーによる2人。 ONEP【イサムちゃん・ユタカちゃん・HIDEKiSM・ナターシャ・足立祐季(あんずちゃん)】 、のコーナー「」から誕生した、イサムちゃんをリーダーとする「オネメン」5名からなるユニット。 当初4人編成の「オネメン四天王」として結成されたが、足立祐季が加入し「オネメン5」に改名するも翌週「ONEP」に再改名された。 ナターシャが欠席した2013年6月17日は、田中裕二(爆笑問題)が「タナーシャ」として参加。 ほか多数 テレフォンアナウンサー [ ]• から導入されたは、フジテレビ・が務めていた。 いいとも! アナウンサーとは言わない。 初代テレフォンアナウンサーは()が(入社)、(1987年)が(入社)、(1987年)が(1984年入社)、(1987年)が(入社)、(1987年)が (1987年入社)であった。 テレフォンアナウンサーが導入されて定着してから20年以上経過したこともあり、番組末期の時点はベテランメンバーとなった。 後期頃から毎年に、その年のに入社したアナウンサーがお披露目され、それぞれが自己紹介することが慣習となっていた(ただし、タモリはこれをあまり好んではいない)。 担当アナウンサーが他番組の収録ならびに休暇などがあるときは他曜日および『増刊号』のアナウンサーが登場する例もあり、稀にフジテレビ以外の系列局のアナウンサーが代役として参加することもあった。 テレフォンアナウンサーは通常、『』でのお友達紹介の電話業務、番組関連の告知、「いいとも! 」をネットするテレビ局の開局 があったときは開局の告知、コーナーの景品紹介などが主であった。 なお、10月以降は、その他に『』終了後の番組開始前に(15秒間)に出演していた(日替わり制導入により現在はレギュラー出演者などが出演)。 中期頃から毎年に、恒例の「ウィーク」が設定され、テレフォンアナウンサーが1週間着用で出演していた。 また、各曜日放送後、女子アナウンサーに限り浴衣の撮影が行われていた。 までは男子アナウンサーも浴衣を着用していたが、男子アナの浴衣姿についてはタモリが興味を示していない。 これにより、放送分では木曜日担当のは浴衣を着用せず、に水泳帽のみ着用で出演した。 放送分では、月曜日レギュラー(当時)ののが担当のと共に浴衣姿で登場した。 頃から、20代・30代のアナウンサーによる担当がほとんどになった。 それまでは若年層から中高年までのアナウンサーが担当だった。 からの放送まで、これまでの曜日担当シフト制から日替わり担当制が採用されていた。 これにより、曜日担当シフト制末期の担当アナ以外にも、新たにテレフォンアナを担当するアナウンサーが登場することもあり、また過去にテレフォンアナを担当したアナウンサーが再登板する場合もあった。 テレフォンアナウンサーが他の各コーナーに参加することもあった(その日のレギュラー出演者、ゲストの人数などで対応)。 特に末期は各コーナーを含め番組の進行役になる事も多かった。 さらに過去には外国語が話せるアナウンサーがゲストで来た海外スターの通訳を担うケースもあった。 期間は不明だが、1988年以降、1990年代前半まではFNSの日翌週の7月中旬から8月いっぱいまでは新人アナウンサーと従来からの担当アナが2人で(つまり先輩・後輩で)テレフォンアナを担当していた。 歴代テレフォンアナウンサー [ ] 以下性別・入社年度順のリスト(増刊号アナウンサーも含む)。 一覧内には元フジテレビアナウンサー(退職、異動、引退した者)も含まれる。 10 - 2001. 10 - 1998. 10 - 1990. 10 - 2002. 10 - 1993. 9 不明 1990. 10 - 1991. 10 - 2004. 9 - 2000. 10 - 1996. 10 - 1999. 4 - 2004. 10 - 2008. 4 - 2009. 4 - 2012. 10 - 2011. 10 - 2013. 4 - 2014. 10 - 1988. 10 - 1991. 9、2011. 4 - 2011. 10 - 1995. 10 - 1990. 9 不明 1989. 4 - 1991. 3 木曜日 1988. 7 - 1990. 9 月曜日 1989. 7 - 1991. 10 - 1997. 9 不明 1991. 4 - 1993. 9 月曜日 1994. 10 - 1997. 3 火曜日 1992. 10 - 1993. 7 - 2001. 10 - 1996. 10 - 1996. 3 月曜日 1998. 4 - 1999. 3 水曜日 1995. 10 - 1996. 4 - 1998. 10 不明 1995. 10 - 降板時期不明 金曜日 1996. 10 - 1999. 4 - 2000. 3 - 1999. 9 水曜日 1999. 10 - 2003. 10 - 2001. 3 金曜日 2002. 9 - 2006. 10 - 2005. 10 - 2002. 10 - 2004. 4 - 2002. 10 - 2005. 10 - 2006. 2 - 2007. 4 - 2014. 10 - 2011. 10 - 2009. 4 - 2011. 10 - 2011. 4 - 2011. 10 - 2012. 10 - 2013. 10 - 2014. 10 - 2014. 4 - 2014. 4 - 2014. 3 火曜日 2013. 10 - 2014. 3 金曜日 増刊号アナウンサー [ ]• (1987. 10 - 1995. 9)(最初の半年は金曜日と兼任)• (1995. 10 - 2001. (2004. 10 - 2006. (2006. 10 - 2011. (2011. 4 - 2012. (2012. 4 - 2013. (2013. 4 - 2014. () 1989. 18、開業を記念して、イムズホールから生放送を行った際に出演した。 () 1997. 29、関西テレビ本社の移転・新築祝いとして特別出演、『』(関西テレビと共同制作)のが行われる旨を告知した。 各曜日アナウンサーの変遷 [ ] 1987年10月から1996年10月までは詳細が不明なため、ここでは割愛する。 各曜日アナウンサーの変遷 期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 増刊号 1996. 10 1997. 3 1997. 4 1997. 9 川端健嗣 木佐彩子 富永美樹 山中秀樹 1997. 10 1998. 3 川端健嗣 1998. 4 1998. 9 富永美樹 山中秀樹 1998. 10 1999. 4 1999. 4 1999. 9 桜井堅一朗 佐野瑞樹 1999. 10 2000. 9 佐野瑞樹 山中秀樹 2000. 10 2001. 3 2001. 4 2001. 6 政井マヤ 深澤里奈 山中秀樹 2001. 7 2001. 9 (持ち回り) 2001. 10 2002. 9 大坪千夏 2002. 10 2003. 3 内田恭子 2003. 4 2003. 9 内田恭子 深澤里奈 梅津弥英子 2003. 10 2004. 3 2004. 4 2004. 9 2004. 10 2005. 3 梅津弥英子 戸部洋子 中野美奈子 2005. 4 2005. 9 戸部洋子 相川梨絵 中村仁美 2005. 10 2006. 3 相川梨絵 2006. 4 2006. 9 斉藤舞子 2006. 10 2007. 3 斉藤舞子 2007. 4 2007. 10 平井理央 2007. 10 2008. 10 宮瀬茉祐子 平井理央 2008. 10 2009. 3 2009. 4 2009. 9 松尾翠 加藤綾子 2009. 10 2010. 10 椿原慶子 松尾翠 2010.

次の

みかん (ものまねタレント)

色白 芸人

メインページ• カテゴリーで検索• 美容整形・顔の整形• 身体の整形・ダイエット・ボディメイキング• 肌治療・美容皮膚科• 男性・毛髪治療• 婦人科治療• 臭いの治療• その他の治療• ドクター・クリニック• 芸能人・エンターテイメント• メイク・ファッション• 多少顔かたちに欠点があっても色白であればそれをカバーできる、という意味を持つ「色の白いは七難隠す」ということわざがあります。 女性はメイクや髪型などでだいぶ雰囲気が変わりますが、色白という点においては小細工出できる限度はしれていて、基本的なケアやもともと持っている肌質が大切です。 今回は、欠点さえも見えなくさせるような色白芸能人をランキングにしてご紹介です。 第1位 新垣結衣 新垣結衣さんは、純愛ものからコメディものまで数多くの作品に出演する人気女優です。 KOSE『雪肌精』のCM出演などもあり、色白芸能人としてのイメージも強いですね。 肌が白いのはもちろん、もともと欠点という欠点が見当たりませんので最強色白美人と言えるでしょう。 第2位 白石麻衣 白石麻衣さんはアイドルグループ乃木坂46メンバーで、女性誌の専属モデルなども務めています。 彼女を初めて見た時は、その色白さに驚いた方も多いのではないでしょうか。 白石麻衣さん自身も「白い肌がチャームポイント」と自負していますので、みんなが納得する魅力ポイントです。 まぶしいと感じられるほどの佐々木希さんの色白肌には、憧れてしまいます。 第4位 小雪 小雪さんは松山ケンイチさんの奥様で、現在3児の母です。 本名は松山小雪さんですので名前は芸名のまま、そしてその名の通りに、雪のような色白肌の持ち主です。 第5位 嗣永桃子 ももちの愛称で親しまれるアイドル・嗣永桃子さん。 そのくすみのない色白は、肌がやけたことがないのかと疑いたくなるような白さです。 親しみやすいキャラクターで人気でしたが、ハロー! プロジェクト及び芸能界からの引退を発表しています。 第6位 綾瀬はるか 綾瀬はるかさんは、少々天然なキャラクターでおなじみの国民的女優です。 化粧品CMのイメージもあり美肌であることはもちろんですが、その肌の輝きには思わず見とれてしまいます。 美肌が多い芸能界でも、トップクラスの肌質を持つ芸能人だと思います。 第7位 天海祐希 天海祐希さんは、上司にしたい芸能人ランキングで上位にくることが多い、宝塚歌劇団出身の美人女優です。 元男役ということもあり、かっこいいという形容がよく似合う天海祐希さんですが、その肌はとても色白です。 また2000年前後から女優として大活躍している天海祐希さんですが、アラフィフになった現在もデビュー当時とあまり変わりないのは、その色白美肌が大きく影響しているのではないでしょうか。 from DVLのメンバーで、「天使すぎるアイドル」としておなじみです。 そんな彼女は、やや色素が薄めの色白美人。 その肌は、まさに「天使すぎる」にふさわしい白さではないでしょうか。 第9位 鳥居みゆき A post shared by toriimiyukitorii on Nov 24, 2016 at 7:11am PST 独特なキャラクターで人気の芸人・鳥居みゆきさんは、実は美人なことで知られていますが、色白でもあります。 ハッキリとした目鼻立ち、とびきりの色白、インパクトのあるメイク……どれをとっても突き抜けています。 第10位 はいだしょうこ はいだしょうこさんは宝塚歌劇団出身の女優・タレントで、元歌のお姉さんという珍しい経歴も持ちます。 透き通りそうな色白肌に少し独特な声がかわいく、品の良さを感じられる芸能人です。 まとめ 皆さん、ずっと見ていたくなるような美しい色白肌の持ち主ばかりでした。 女性の魅力はいろんな要素がありますが、色白も間違いなくその中の一つに含まれると考えて良いのではないでしょうか。 シミ、くすみ、毛穴の開き等の改善に。 レーザー治療でホワイトニング効果を。 頬骨上+鼻。 カーボンを塗り、レーザーを照射。 美白効果のある薬剤を肌の奥まで浸透させる.

次の