れ っ かい の けし ん たま ドラ。 【パズドラ】赤オーディンたまドラの入手方法と使い道

素材の使い道

れ っ かい の けし ん たま ドラ

キングドラの歴史 第二世代 第一世代では系統だけだったタイプの新顔として登場。 、共に優秀で、その点を買われて受けとして重宝された。 2000年全国大会でも決勝トーナメント進出者11人中2人が使用している。 特に当時は、をタイプ一致で放てるカイリューが真剣勝負ではあまり役に立たなかったため、ドラゴンタイプの攻撃技は大会レベルでは警戒する必要がなかった。 そもそも当時のげきりんは威力が90とリスクに合わないレベルで低く、もしまでとは言わないまでもがあればまた違っていたかもしれない。 止められるのがタイプだけなのを差し引いても威力が微妙すぎて実用性が無かった。 ただしそれは裏を返せばキングドラにも言えることで、自身の少ない技のレパートリーを狭める結果となってしまった。 差別化になどのアクセントが欲しいが、特性の無かった当時は使い勝手が微妙。 バランスが良いとは聞こえが良いが、火力も耐久も物足りず、を積まれ押し切られることも多いことから当時かなりの使用率を誇るに対してはあまり強くなかった。 似たポジションには、先述で述べたが耐久力がキングドラより高いスイクンと、と小回りと豊富な補助技が売りのがおり、 どちらにも使用率は負けていた。 一応スイクンが覚えないが差別化点になっており、耐性面でもを4分の1で受けられるためからのごり押しにも強かった。 VC版が発売された頃になると、、ねむる、ねごと型が考察された。 スイクンと異なりが4分の1でありに非常に強いことから評価が見直され、さらにを繰り返しているだけでファイヤーを切れに追い込むことができるという事実が発覚。 同じくほのおが4分の1のやと比べると耐性が数段も優秀なので、ほのお受けとしては差別化ができる。 シナリオではジョウト地方最後のジムリーダーのが使用。 りゅうのいぶきで麻痺を狙ったり、はかいこうせんを放ったりしてくる上、弱点がドラゴンのみという耐性の高さから苦戦を強いられる。 第三世代 特性を獲得し、で運用されるようになった。 1つで火力と速度をアップさせることができたが、サブウエポンやの攻撃技に強力なものがなかったため、みずタイプの突破が難しかった。 ポケモンリーグ2005では決勝進出者9人中1人が使用していた。 シナリオでは、は使用者がいなかったが、ではの切り札になっている(ののポジション)ほか、ののうち一匹がキングドラに変更されている。 第二世代同様、高い耐性に苦労させられる。 第四世代 特性を獲得し、雨パ読みの相手の裏をかいて急所の3倍ダメージを与えることも可能になった。 でによってを習得したことでとのコンボも成立したが、教え技の恩恵を受けたことは他のドラゴンタイプのポケモンも同じであり、教え技が必須ではないがガブリアスがで覚えるげきりんでキングドラを返り討ちにできるというのも注意すべき点ではあった。 一方でではでを行える裏技があり、肝心のWi-Fiコネクションも多くのホビーショップで無料で利用できたので、自己産のキングドラを入手することが非常に楽であった。 2007公式リーグ全国大会決勝トーナメントでは小学生の部と中学生の部で各6人中1人ずつが使用していた。 第五世代 の隠れ特性が解禁されて以降は、雨パのエースとして環境に君臨した(トノグドラ)。 天候変化特性による天候変化合戦や素早さを上げる積み技なども考慮して、すいすいで素早さが上がるにもかかわらずに素早さを全振りするケースが目立っていた。 バシャーモのを念頭に置いて素早さに性格補正をかけるプレイヤーすらもいた。 ただ「みがしば竜舞グドラ」だと必然とワンウエポンになってしまうので汎用性はオーソドックスな型より下がる。 「みがしば」に拘らなくともみがわりは上から動くことがざらなキングドラにとっては対策として優秀であり、が評価されるのはいくらキングドラを始めとする相手が素早さを上げようとで上からを撒けるというのが大きい。 HP無振りの場合個体値がVだと実数値が150となりのが最大の10nとなってしまうため、10n-1を実現しつつ特攻と素早さに努力値を全振りしたい場合はHPの個体値が28か29の個体をする必要がある。 BW期の全国大会予選であるジャパンカップ2012オンライン大会(ダブルバトル)では使用率15位タイを記録(同率に)。 第六世代 あめふらしなど天候変化特性の弱体化、フェアリータイプの登場などによって弱体化。 しかしの仕様変更によってスナイパーとのコンボに注目するプレイヤーも現れ、急所によってダウンを無視してを連打するコンボも発見された。 それでもレート戦X・Yリーグの統計を見るにキングドラを採用するなら依然として「トノグドラ」が一般的であり、持ち物はいのちのたまが採用率1位を記録するシーズンがざらであった。 因みにとの同時遺伝が可能となったため、ダブルバトルでは嫌らしさが増したとも言える。 サザンドラ、ガブリアス、ボーマンダといった環境上位のドラゴンがなければドラゴン枠としてまだまだ十分やっていけたハズであるということを示した。 第七世代 の登場などフェアリータイプの普及によって第六世代よりも弱体化。 また、がを獲得したことで、「トノドグラ」はより相性補完に優れたペリッパーとの「ペリラグ」に取って代わられた。 ただ、この大会のレギュレーション下における第二世代新規勢に関しては、上位に名前を見せたとを除けば、後は使用率ベスト30当落線上にあったキングドラ、、を除いて全て選外と壊滅的な採用実績であったため、その点ではキングドラは健闘したと言える。 SMリーグシーズン5からUSUM発売となったシーズン7あたりまでのダブルバトルでは、あめふらし要員としてペリッパー、ニョロトノ、すいすい要員としてメガラグラージ、ルンパッパ、キングドラ、雨パのミラーマッチとの対策になるナットレイを入れた、雨パ用のポケモンに特化した「限界雨」が流行。 実際、その間まで「限界雨」用のポケモンが全てキングドラとの同時エントリー率ベスト10に入っている。 雨パがダブルバトルで流行していたため、キングドラ単体で相手が発動した雨にただ乗りするケースも見られるようになった。 USUMリーグはでの面々に加えて、、までもがとして使用率ベスト30に顔を見せ、使用率ベスト30のうち約4分の1がフェアリーという環境である。 第八世代 ソード・シールドの追加コンテンツ『鎧の孤島』で解禁された。 めざめるパワーを始めとしたいくつかの技は使えなくなったものの、特殊技にはが、物理技には、、、などが加わっている。 ダイマックス可能になったことにより、を活かしたアタッカーとして活躍する見通しが立った。 すいすいダイマックスエースとしてはので簡単に沈む、と異なり、抜群を取られにくい せいぜいダイマックス前提の程度 のが特徴。 主力技が命中不安がちなキングドラにとって、が必中であるは恩恵が大きい。 上から を放って場持ちを良くする型も成立。 が蔓延するため如何にキングドラといえど素早さにおいて安心できないケースが想定されるようになり、おくびょう型にする必要性が増した。 幸いを習得したのでによる素早さのいたちごっこへの参加はできる。 ギャラドスと対面で撃ち合う事だけ考えるなら性格をおくびょうにしてを持たせるのがベター。 一般的な育成論 バランスのよい種族値で特に突出したものは無いが、&という複合タイプにより、弱点がまではドラゴンのみ、でもドラゴンとのみと相性的に恵まれている。 特性を活かしで採用されることが多い。 攻撃技は状態の恩恵を受けられる・をメインに、タイプ一致の・がよく採用される。 水とドラゴンタイプだけで大抵のポケモンに等倍以上のダメージを与えられるのも大きな魅力(この2タイプの技を受けられるのは、、、、、、、の実質8匹のみ)。 サブとしてはや、メインウェポンを両方受けられる前述のうち3匹の対策としてまたはタイプのなどが採用される。 第六世代以降ではタイプの対策にを入れておくのもよい。 また、ヌケニンを突破するために、や、などを入れておくと意外なところで役に立つこともある。 メインのみずタイプ以外で雨の恩恵を受けられる攻撃技が特殊技ばかりなので、雨パで揃えるに当たってタイプのバランスを取ろうとするとどうしても特殊寄りに偏ってしまうケースが多い。 そのため希少だが採用されることがある。 物理型のメインとしては、げきりんが採用される。 攻撃種族値も特攻種族値と同じである上、雨パに入れなくてもりゅうのまいで素早さを補えるのがこの型のメリットだが、げきりんの存在で多少小回りが利かず、覚える物理技も非常に少ないので前述2匹に余計に止められてしまいがちになる点はデメリットといえる。 補助技は・・がよく採用される。 すいすいを利用すればほとんどの相手に先手を取れるので、みがわりからので相手の技を封じ込める作戦もできる。 もう1つの特性の場合は、とまたはを組み合わせ急所確定にし、を連発すればかなり強い。 や用に別のわざを覚えさせると良い。 性格をおくびょうにし、最速で叩き込むだけでほとんどのタイプに強力な攻撃ができる上に、能力変化のデメリットも無くなる。 隠れ特性はほとんど採用されない。 ダブルバトルで爆発系の技を誘うのにたまに適用されるくらいか。 では対戦環境が変わり、フェアリータイプの登場や、新技を受けると4倍のダメージを受けるようになるなど、弱点が増えてしまった。

次の

【パズドラ】赤オーディンたまドラの入手方法と使い道

れ っ かい の けし ん たま ドラ

基本は通常の列界と大きく変わらない 列界の化身をベースにしているので当然ですが、出現モンスターはほとんど変わっていません。 全員が裏仕様なので一筋縄ではいきませんが、 用意しておきたいものは基本的に同じです。 ただしボスフロアが1階層追加されたり、ダメージ無効貫通が必要なフロアが増えたりと難易度は大きく上昇しています。 あらかじめ敵の行動を把握してから挑みましょう。 操作時間固定リーダーで挑むのがおすすめ 裏列界の化身では先制で操作時間を減少してくる敵が多く存在します。 そのためあらかじめ操作時間固定リーダーで挑むことで、操作時間延長スキルを用意せずにすみます。 アテンや潜在たまドラ対策も可能で、根性持ちの敵に対しても効果的です。 15ターンのスキル遅延、覚醒無効、雲、操作不可に加え、20ターンの超暗闇目覚めをしてきます。 回復エンハンススキルもあるといい 回復エンハンススキルもあるとかなり便利です。 先制で回復力を激減にしてきたりする敵が多く出現するので、対策しておくとかなり有利に立ち回れます。 特に後半で耐久したいなら持っておくと安心です。 言うまでもなく、根性対策は必ずしましょう。 ダメージ無効を貼ってくる敵が増加 裏列界の化身はダメージ無効持ちのキャラが増え、列界の化身に比べて対策がより困難になっています。 スキルで対策するなら軽めのやを編成するのがおすすめです。 覚醒で対応するならそれなりに変換スキルを積んでおきましょう。 覚醒無効回復スキルが重要 列界の化身でも必須でしたが、裏列界ではより覚醒無効回復スキルが重要になります。 エンハンススキルを2枚用意したい 裏列界では20Fにモンポ龍が追加され、19,20Fといずれも味方の攻撃力を半減、激減してきます。 エンハンススキルで上書きして突破が無難ですが、連続して攻撃力を減少させて来るのでエンハンススキルを2枚用意しておくのがおすすめです。 対策すべきモンスターの攻略ポイント アテン:高防御対策をして突破 アテンは新ギミックの10%根性を持ったキャラです。 HPが10%ラインに到達すると根性を発動してきます。 倒し方としては大まかに2種類あるので下記を参考にしてください。 そのため5属性且つガードブレイク持ちのキャラを編成して倒しましょう。 確実に倒すのであればこちらを選択するのがおすすめです。 不動明王:毒に注意して攻略 不動明王は盤面に毒があると約14万のダメージを与えてきます。 さらに先制で5ターン99%軽減をしてくるので耐久が強いられます。 そのため毒を対策して耐久しましょう。 99%軽減の上から突破も可能ですが、基本的に耐久は可能なので耐久後突破しましょう。 潜在たまドラ:基本的にアテンと同じ対策 潜在たまドラは高防御でさらに99ターン99%ダメージ軽減をしてます。 高火力で押し切ろうとしてもびくともしない硬さを持ちます。 そのため上記のアテンと同じようにガードブレイクor固定ダメージ持ちのキャラで対策しましょう。 潜在たまドラは通常攻撃で大ダメージを放ってくるため、耐久も困難です。 火力でゴリ押しではなく対策して突破しましょう。 序盤は約4万の攻撃とドロップロック、盤面変換が主な行動になります。 19Fまで到達出来るパーティであれば耐久は苦では無いので手持ちのスキルターンなどを見ながら殴り合うのがおすすめです。 行動パターンが大きく変わるわけではありませんが、攻撃力が2倍になったりスキル遅延が飛んで来るからです。 引き続き耐久は可能ですが回復枯渇や軽減の貼り忘れに注意しましょう。 盤面を荒らされるだけでなく、回復が間に合わないような状況に陥るので、毒無効リーダーで挑むor目覚めを上書きして対策するようにしましょう。 毒耐性が100%であれば耐久しつつの攻略が可能なので、スキル溜めをしつつ吸収無効スキル、出来れば攻撃半減用にエンハンスを用意して一気に片を付けましょう。 これら2個のギミックを抱えて耐久するのは至難の技なので、必ず対策を施すようにしましょう。 前述の先制を対策していれば耐久が可能なので、エンハンススキルを溜めて一気に突破することをおすすめします。 そのためワンパンをすることは出来ません。 1度50%まで削ってから倒す必要があります。 落ちコンなし+7コンボ以下吸収とやや厄介ですが、これさえクリアできれば特に怖くありません。 50%以下時の攻撃力2倍に注意しつつ突破しましょう。 なかなか難しいですが、できれば19、20Fと連続でスキルを打てるようにしましょう。 耐久してため直すことも可能ですが、生半可なパーティでは到底耐久は不可能です。 そのためワンパンをすることは出来ません。 1度50%まで削ってから倒す必要があります。 なかなか難しいですが、できれば19、20Fと連続でスキルを打てるようにしましょう。 耐久してため直すことも可能ですが、生半可なパーティでは到底耐久は不可能です。 先制で2色を吸収してくる上、その後の行動でも幾度となく2色を吸収してきます。 そのため属性吸収スキルを用意して打ってから突破を図りましょう。 なお、50%根性持ちのため出来れば、 2ターン以上継続の属性吸収スキルがおすすめです。 複雑な位置に生成してくるため、パズルに大きな支障をきたします。 ギミックに強く、特に詰まらずにサクサク攻略出来ます。 裏仕様になったキャラが出現するので難易度が上がっています。 新潜在たまドラが入手可能 裏列界の化身の実装とともに新たに5種類の潜在たまドラが追加されました。 現状これらの潜在を集めるには裏列界の攻略が必須になります。 潜在たまドラ 効果 6色(5色+回復)の同時攻撃で属性吸収を無効化して攻撃する 6色(5色+回復)の同時攻撃でダメージ無効を貫通して攻撃する 毒、猛毒ドロップが落ちやすくなる攻撃を無効化する お邪魔ドロップが落ちやすくなる攻撃を無効化する 自分自身へのリーダー交代攻撃を無効化する クリア報酬(ドロップ) カテゴリ ドロップするもの たまドラ.

次の

【パズドラ】裏列界(うられっかい)の化身の攻略と周回

れ っ かい の けし ん たま ドラ

変身後にスキル封印を持つキャラはそもそも変身スキルが使えなくなる可能性がある。 変身前の状態で封印耐性が100%になっているかよく確認しよう。 中の人A どうしても封印耐性を用意できない!という場合は、封印バッジを使うのもおすすめだ。 覚醒バッジも含めて、一つのパーティとして完成させよう。 リーダーチェンジ編成は非推奨 ではロックス対策として推奨されてきたリーダーチェンジ編成だが、列界の化身ではB14で リーダーチェンジ時のみ20万の先制ダメージを受ける。 先制ダメージ対策をしてまでリダチェン編成で挑む必要はない。 吸収無効と無効貫通は必須 【覚えておきたいポイント】• 盤面に毒は絶対残さない (毒があると14万ダメージ)• 毒さえなければ大して強くない B7突入前に毒目覚めを解除する 盤面に毒があると即死ダメージなので、毒目覚めを受けてる場合は B7に突入する前に解除しておきたい。 B4の覚醒ペルセポネやB6の覚醒フレイヤなどが毒目覚めを使用するので、解除することを必ず頭に入れておこう。 中の人A 毒目覚めは耐久して解除してもいいですし、目覚めスキルで上書きしても良いです。 どちらにせよ毒目覚め中は、 盤面の毒が1〜2個にならないように気をつけておきたいです。 盤面に残っている場合は1ターン目に消す 盤面に毒ドロップが残っている場合は、 1ターン目に必ず全部消そう。 毒さえ残さなければ怖くない 盤面に毒がなければ、"回復力激減"と"35,000ダメージ"を与えてくるのみ。 99%軽減が切れるまで耐久してから突破しよう。 モンポ龍(ボス)の倒し方 転生シヴァドラゴン戦 必ず覚醒無効解除をする オデドラは先制で覚醒無効と回復ドロップを消せなくしてくる。 ワンパンするなら覚醒無効解除だけで良いが、数ターン耐久するならどちらも解除が必須。 もし対策していない場合、オデドラを引いたら負けだと思っても良いレベルだ。 5ターン目までに倒し切りたい オデドラは5ターン後に99ターンの覚醒無効を使用する。 対策できるパーティやキャラは非常に限られる。 基本的な立ち回りとしては、5ターン目までに倒し切るのが良い。 エンハンス+無効貫通でワンパン オデドラは根性を持っていないため、消せないドロップは解除できなくても無効貫通で火力を出せればワンパンできる。 エンハンスを併用して確実に倒しきろう。 固定ダメージ追い打ちでアテンと潜在たまドラの処理がしやすい。 と合わせるのが運用しやすい。 自身のエンハンススキルが攻撃力減少で有用。 ファスカと組み合わせた運用がおすすめ。 自身のダメージ吸収無効スキルが有用。 遊戯との組み合わせがおすすめ。 通常盤面でも十分攻略できるキャラ。 フレンドはが良い。 B10の濃姫が味方になる。 フレンドをにする場合は濃姫対策を。 自身のスキルで格段にギミック対策がしやすくなる。 遊戯、アリス、ディーナと組み合わせるのがおすすめ。 スキルと覚醒が噛み合いすぎている。 操作時間8秒固定が超強い。 2コンボ加算がめちゃくちゃ優秀。 4色だけで固定追い打ちが発動。 コンボ強化4個持ちの超アタッカー。 倍率20倍の高火力キャラ。 5ターンでダメージ無効貫通スキルを使える。 攻略リーダーの選び方 高難易度ダンジョンなので現環境最強のパーティで挑もう。 高防御のアテンやたまドラ対策ができる 100万固定追い打ちの遊戯やアルジェ、ガードブレイクを発動しやすいミッキーフレンズやダイヤが特におすすめだ。 列界の化身は周回するべき?.

次の