フェル ナビ オン パップ 経過 措置。 医療関係者の皆さまへ

医療関係者の皆さまへ

フェル ナビ オン パップ 経過 措置

糖尿病• 循環器系・代謝系• 不眠症• 呼吸器・アレルギー疾患• 骨粗鬆症• 感染症• うつ病• 悪性腫瘍• ウィメンズヘルス• ワクチン• 男性型脱毛症• 医薬品情報• お知らせ• 使用期限検索• Medical Education• Onlineセミナー• 動画ライブラリ• 診療・研究サポート• 学会関連情報• 医療環境•

次の

ランサップ 400・800、ランピオンパック販売中止と代替品

フェル ナビ オン パップ 経過 措置

糖尿病• 循環器系・代謝系• 不眠症• 呼吸器・アレルギー疾患• 骨粗鬆症• 感染症• うつ病• 悪性腫瘍• ウィメンズヘルス• ワクチン• 男性型脱毛症• 医薬品情報• お知らせ• 使用期限検索• Medical Education• Onlineセミナー• 動画ライブラリ• 診療・研究サポート• 学会関連情報• 医療環境•

次の

医療関係者の皆さまへ

フェル ナビ オン パップ 経過 措置

本剤又は他のフェルビナク製剤に対して過敏症の既往歴のある患者。 アスピリン喘息 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発 又はその既往歴のある患者[喘息発作を誘発する恐れがある]。 慎重投与 気管支喘息のある患者[喘息発作を誘発する恐れがある]。 重要な基本的注意• 消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意する。 皮膚の感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染を伴う炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤又は抗真菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に使用する。 慢性疾患 変形性関節症等 に対し本剤を用いる場合には薬物療法以外の療法も考慮する また、患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意する。 妊婦・産婦・授乳婦等への使用 妊婦又は妊娠している可能性のある女性に対しては治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊娠中の使用に関する安全性は確立していない]。 小児等への使用 小児等に対する安全性は確立していない 使用経験が少ない。 適用上の注意 使用部位:• 損傷皮膚及び粘膜に使用しない。 湿疹又は発疹の部位に使用しない。 取扱い上の注意 安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験 室温、3年間 の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、フェルビナクパップ70mg「ユートク」は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。 保管上の注意 遮光した気密容器 開封後は、チャックを閉じて保存する。

次の