チェンジ アップ 投げ 方。 高速チェンジアップの投げ方・握り方

チェンジアップの投げ方・握り方

チェンジ アップ 投げ 方

高速チェンジアップとは 最近は日本でも投げる投手が増えてきたチェンジアップ。 メジャーリーグでは肘に負担がかかるフォークはデスピッチと呼ばれ、チェンジアップを代わりに投げる投手は多く、一番最初に覚える変化球とも言われています。 チェンジアップは握りには鷲掴みにして投げる投手、フォークのような握りから抜いて投げる投手、親指と人差し指でOKサインをつくりいわゆるサークルチェンジとして投げる投手と多岐にわたります。 今回紹介するこの高速チェンジアップは、強い腕の振りから速い球を予想しているにもかかわらず、なかなかボールが来ないためタイミングが崩される従来のチェンジアップとは違い、ストレートと球速差が少なく、ストレートとほぼ変わらないスピードからストンと落ちるスプリットのような変化をする空振りが取れる球種です。 ある意味チェンジアップの定義から外れているかもしれません。 握り FRONT 親指、人差し指、薬指、小指をそれぞれ縫い目にかける。 SIDE パームのような握り。 BACK ボール全体を包み込むように握る。 投げ方 ストレートの時のようにスナップは利かせず、ツーシームやスプリットのように手首をロックしてリリース時に親指を投げたいコースへ押し込むように投げます。 手首のロックとは親指を投げたいコースに突き刺すイメージです。 このイメージはスプリットやツーシーム、ワンシームにも応用できます。 軌道 ストレートと同じ軌道で鋭く沈みます。 まとめ ナックルカーブの次に覚えた変化球で、打者の左右関係なく空振りが欲しいときに投げます。 最初はサークルチェンジの握りで投げていましたが、よく抜けてしまって安定して投げられなかったので、メジャーリーグで活躍したトレバー・ホフマン氏の握りを参考にこの握りに変えました。 私の場合このチェンジアップは緩急と言うよりは鋭く落ちるスプリットのような変化をし、高速チェンジアップと呼べるかもしれません。 また、同じ握りで手首をロックせずスナップを利かせて抜くように投げると一度フワっと浮いたように映って、そこから沈んでいくようなパームボールのような軌道になります。 チェンジアップについては上記で詳しく紹介しています。

次の

チェンジアップの投げ方・握り方

チェンジ アップ 投げ 方

チェンジアップって?? チェンジアップはストレートと同じ腕の振りから回転の少ないのスローボールを繰り出す球種で、 一般的なチェンジアップとは打者の手元で減速して沈む変化球である。 初速はストレートより遅く、 どんどん失速しやがて落下する。 速度を変化させる変化球です。 しかし、見切られたらかなりの確立で打たれてしまうため、ストレートと同じフォームで投げれることが重要となります。 ストレートと思い、振りぬこうとしたら全然遅い球だった・・・と、相手の不意をつくことを目的としています。 レッドソックスの岡島のように、磨けば三振が取れる決め球にも。 負担が少ない。 チェンジアップの握り方 ボールを持つ指を一本ないし二本、あるいは三本立てて抜くボールで、特に変な変化もせずただ遅い球。 速度がちがうだけで充分有効になる。 投手によっては握りや、ひねりの工夫で変化するチェンジアップを投げる投手もいる。 ボールの回転を抑えつつ、低速球が投げられればどんな投げ方でもいいので、チェンジアップの握りは人それぞれです。 ポイントは指の根元がかかるようにすること。 あとは自分の握りやすい握り方を考えてみましょう。 縫い目の丸部分に沿って軽くOKの形で握るのはサークルチェンジです。 簡易式チェンジアップの握り方・投げ方 ヨシボールの握りを極端に浅くし、そしてストレートのように投げることで極端に遅い &さらに減速するスローボールになります。 チェンジアップの投げ方 人差し指と中指と薬指を使って普通に投げるなんて方法もあります。 チェンジアップの投げ方がストレートの投げ方に近いほどチェンジアップは効果的。 投げる瞬間だけは抜く感じで、回転を抑えること。 投球モーションはストレートと同じで投げられないと効果的なチェンジアップではありません。 チェンジアップの変化 相手の裏を書く球であり、相手がストレート狙いでフォームをそのまま、速度だけが遅い球がきたら、上手く打てないでしょう。 つまりチェンジアップはストレートとの組み合わせでこそ効果があるのです。 ストレートのないチェンジアップは、ただの狙い球でしかありません。 人によっては空振りが取れるほど落ちる変化をする投げ方も。 チェンジアップのまとめ こちらがボールをリリースする瞬間まで、なにを投げるかわからないようにリリースすることを練習しましょう。 ストレートとのモーションの差異が少なければ少ないほど効果的です。 モーションを確認し、見切られる回数が多いようなら、まだあなたのチェンジアップは実戦では使えないでしょう。 変化量は気にする必要はありません。

次の

【チェンジアップ】緩急をつけるための変化球の握り・投げ方

チェンジ アップ 投げ 方

「変化球を覚える」とは? プロのピッチャーなら、何十種類もの変化球を投げるのか? といえばそんなことまずないですね。 変化球主体のピッチャーであっても、ストレートを含めて5,6種も投げれば多いほうでしょう。 球種が多ければ多いほど有利なはずなのに、どうしてプロのピッチャーはたくさんの変化球を覚えないのでしょうか。 それは、変化球が難しいからです。 カーブを例にとってみましょう。 カーブは、ただ投げるだけであれば意外と簡単で、握り方と投げ方を聞けば、ボールは曲がってくれるでしょう。 曲がり方には個人差があるとはいえ、ほとんどの人が1日でカーブを投げられるようになるはずです。 この時点で、カーブの投げ方は覚えたと言っていいでしょう。 しかしこれを実戦で使ったら、滅多打ちされるかフォアボール連発するか・・・いずれにせよ、実戦で使えるレベルではないはずです。 これを実戦で使えるようにするには、ここから努力と練習が必要になってくるのです。 つまり、プロであっても使えるレベルまで変化球を育てられるのは数少なくなってくるのですね。 「覚えた」と「使える」はまた別物です。 「変化球が使える」とは では、実戦で使える変化球というのはどういうものなのか? 再びカーブを例にとってみましょう。 基本的に速球に比べればカーブは遅い球です。 バッターにしてみれば見やすい球ですね。 打ち頃です。 しかし、その変化が予想以上に曲がれば、または速球並みの速度で軽く曲がったら? 打者はついていけずに凡打に打ち取れるでしょう。 これが実戦で使える変化球ということです。 使える変化球を投げるためには、まず変化球のメカニズム、なぜ曲がるのか、どういう変化球が打たれにくいのかなどを考えなければいけません。 詳しくはのページで。 変化球のTPOを知ろう 変化球は、相手を迷わせる材料としてこれ以上ない働きをしてくれます。 しかし、なにも考えずに投げても相手に読まれてしまうでしょう。 次はカーブが来ると読まれていては相手が迷うこともなく、恐らく打たれてしまうでしょう。 そのためにも、変化球を使うタイミングがとても重要になってくると言うわけです。 変化球を投げる意味を考える 速球に比べると変化球は疲れるし、無理な投げ方をしたり、多投したりすれば身体への負担もあります。 さらにコントロールは難しいし、投げそこなったり読まれたりすれば速球以上に長打されやすいと、数々の短所がある変化球。 それでも変化球を投げるからには、相応の長所もあると言うことです。 では、どうしてそういったリスクをおかしてまで変化球を投げるのか? といったことについて考えてみましょう。 詳しくはのページで紹介します。 変化球の種類について 変化球変化球としつこいくらいに使っていますが、実際のところ変化球って何種類くらいあるのでしょうか? ぱっと野球辞典など開いただけでも20以上、さらに細かい分類(カーブだけでも10種くらい載ってます)を行うなら恐らく100以上、さらに投手のクセなどで変わるその投手独特の変化球を加えると無数にあるという結論に達してしまいます。 さすがに全部説明できませんので、いくつかに分類手段を考えてみました。 まずは、投げ方や握り方によって、ボールに回転を与えるもの、逆に回転をさせないものについて分けてみました。 そのうち回転させるものについては、回転方向によって変化する方向が変わるのでさらにいくつかに分けてみました。 詳しくはのページをご覧くださいね。 目的によっての分類 上で紹介する変化球の種類ですが、もう一つの分類方法も考え付いたので、そちらでも分けてみました。 つまりその変化球を投げる目的です。 相手を打ち取るときに適した変化球、または凡打を誘う変化球。 変化球のキレや、状況にもよりますが、「狙いやすい」変化球ということで大雑把に分類してみました。 同じくのページをみてくださいね。 変化球の歴史 これはまあ、知らなくてもいい雑学です。 でも、世界で初めて変化球を投げた投手ってだれだろう? といったこと考えた事はありませんか? きっと野球、ピッチングの革命だったんではないかと思います。 私は結構そういう雑学が好きなので、つい調べてしまいました。 野球理論とかいって小難しい話が並んでしまったので、息抜きがてらどうでしょうか。 詳しくはでどうぞ。

次の