サミュエル エリクソン。 サミュエル・L・ジャクソン

オーケストラ動画紹介ページ

サミュエル エリクソン

スティーヴ・エリクソン(Steve Erickson、 - )は、出身の。 にての父と元の母のもとで育ち、・にの映画論とジャーナリズム論を修了。 72年には賞部門賞を受賞。 しばらくのライターとして活動した後、に『彷徨う日々』でデビュー。 現在、で創作を教え、編集長も兼任している。 の影響も感じさせる文体を持つ「幻視の作家」として知られ、その作風は縦横無尽に展開される想像力による幻想的な光景の描写、歴史の再構築、的なイメージの提示などによって特徴付けられる(に分類されることもある)。 特に、の起草者とその(愛人だったという説もある)のとの愛と葛藤とを軸に、時代と場所を越えて物語を繰り広げる長篇『Xのアーチ』は、をして「独立宣言以降のアメリカのいかなる文章にも増して大胆で、クレイジーで、パッションに満ちている」と絶賛せしめた。 著書 [ ]• 『彷徨う日々』 1985 Days Between Station 越川芳明訳、筑摩書房 1997• 『ルビコン・ビーチ』 1986 Rubicon Beach 島田雅彦訳、筑摩書房 1992• 『黒い時計の旅』 1989 Tours of the Black Clock 柴田元幸訳、福武書店 1990 のち文庫、白水Uブックス• 『リープ・イヤー』 1989 Leap Year () 谷口真理訳、筑摩書房 1995• 『Xのアーチ』 1993 Arc d'X 柴田元幸訳、集英社 1996 、のち文庫• 『アムニジアスコープ』 1996 Amnesiascope 柴田元幸訳、集英社 2005• 『American Nomad』 1997 (ノンフィクション)• 『真夜中に海がやってきた』 1999 The Sea Came in at Midnight 越川芳明訳、筑摩書房 2001• 『エクスタシーの湖』 2005 Our Ecstatic Days 越川芳明訳、筑摩書房 2009• 『ゼロヴィル』 2007 Zeroville 柴田元幸訳、白水社 2016• 『きみを夢みて』 2012 These Dreams Of You 越川芳明訳、ちくま文庫 2015 外部リンク [ ]• この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の

サミュエル・L・ジャクソン、放送禁止用語だらけで読み聞かせ「家にいろマザーファッカー」

サミュエル エリクソン

来歴 [ ] において、優勝、世界大会で入賞等の実績を残す。 レスリング時代にはに勝利した事もある。 トップクラスのレスリング選手で構成されるrAwチームから総合格闘技に参戦した。 6月15日、で開催されたBrazil Open '97トーナメントに出場、決勝でと対戦し、KO勝ちを収め優勝。 1997年10月11日、で開催された「THE CONTENDERS」(組み技限定の格闘技イベント)でと対戦し、体重差とレスリングでの経験を活かし終始ポジショニングで優位に立ちで判定勝ち。 1997年11月29日、で初来日。 エド・デ・クライフと対戦し、TKO勝ち。 10月31日、でと対戦し、で一本負け。 3月27日、でと対戦し、KO負け。 2004年6月6日、K-1でと対戦し、55秒でKO勝ち。 5月20日、でと対戦し、スリーパーホールドで一本負け。 人物・エピソード [ ]• と親交が深く、お互いにセコンドに付く仲であった。 引退後は長らく会って居なかったが、の会場で観客として久しく再会した。 を始めとするやなど当時ののトップファイター達も対戦を見送ったと言う。 対戦相手の拒否やマッチメイクの難航で余りにもMMAでの試合が組まれない為、団体であると契約を交わした。 レスリング出身で打撃系格闘技経験が無いにも関わらず、等の強豪と対戦し黒星を楔したものの、エリクソン自身はカードを組んだに感謝していたと言う。 に出場予定であったが、が横槍を入れ、出場できなくなったとの噂があるがコールマンとは和解している。 同じレスリング出身のは「あの体格は反則だ…」と発言しておりも「エリクソンとやったら兄も危ない」と発言し、はをめぐり「彼を倒せるのはエリクソンだ」と太鼓判を押している。 で対戦したは試合後のインタビューで「完全に極まっていなかったのにタップした」と発言している。 主な弟子にレスリング時代にはチャンピオンの、総合格闘技ではがいる。 Brazil Open '97 優勝(1997年) 脚注 [ ].

次の

サミュエル

サミュエル エリクソン

日時: 2019年 9月10日 火 10:30および13:30開演 場所: 大ホール 司会: 岩崎里衣 オルガン: 東方理紗 管弦楽: 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 指揮: 水戸博之 曲目: R. シュトラウス/「ツァラトゥストラはかく語りき」より 冒頭部分 J. シュトラウス/「ツァラトゥストラはかく語りき」より 冒頭部分 J. シュトラウス/「ツァラトゥストラはかく語りき」より 冒頭部分 J. バッハ/トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 ケルル/カプリッチョ 「カッコウ」 ヘンデル/歌劇「リナルド」よりアリア"私を泣かせてください" バルバストル/ラ・マルセイエーズ フランク/ミサ op. 12 より"天使の糧" 上田真樹/童声合唱組曲「あめつちのうた」より"空のうた" "樹のうた" 草川信/ゆうやけこやけ 入場料: 1000円 4歳以上〜高校生500円 全席指定 問合せ: サラダ音楽祭事務局 03-3663-6307 日時: 2019年 9月16日 月・祝 14:00開演 場所: 第一小ホール 出演: 重安佑美 ピアノ 曲目: シューベルト/即興曲 D. 935-3 ベートーヴェン/ロンド・ア・カプリッチョ ト長調 op. 129「なくした小銭への怒り」 ラフマニノフ/エチュード「音の絵」 op. 33 ラフマニノフ/エチュード「音の絵」 op. 39 ブラックショウ/ルソーの夢 リスト/7つの歌曲 メンデルスゾーン "歌の翼に" リスト/演奏会用パラフレーズ ヴェルディ "リゴレット" S. 434 リスト/3つの演奏会用練習曲より "ため息" リスト/ハンガリー狂詩曲第14番 ほか 入場料: 1000円 高校生以下500円 問合せ: さん 090-6286-5386 日時: 2019年 9月20日 金 19:00開演 場所: 小ホール 司会: 塚本奈緒美 出演: 佐々木アンリ ソプラノ 按田佳央理, 南加奈子 フルート 林ひかる ヴァイオリン 今井佑佳 ヴィオラ 山田慶一 チェロ 石田敏明, 野口 咲妃 ピアノ 曲目: プッチーニ/「蝶々夫人」よりアリア "ある晴れた日に" プーランク/愛の小径 モーツァルト/フルート四重奏曲第4番イ長調 K. シュトラウス/「ツァラトゥストラはかく語りき」より 冒頭部分 J. シュトラウス/「ツァラトゥストラはかく語りき」より 冒頭部分 J. シュトラウス/「ツァラトゥストラはかく語りき」より 冒頭部分 J. 53 ドラティ/夜のガスパール第3曲スカルボ ショパン/バラード第1番ト短調 op. 23 フンメル/トランペット協奏曲変ホ長調第1楽章 ほか 入場料: 1000円 小中高校生無料 要整理券, 全席自由 問合せ: いばらき文化振興財団 029-305-0161 日時: 2019年 9月30日 月 10:30および13:30開演 場所: 大ホール 司会: 岩崎里衣 オルガン: 三上郁代 管弦楽: 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 指揮: 水戸博之 曲目: R. シュトラウス/「ツァラトゥストラはかく語りき」より 冒頭部分 J.

次の