バトル スピリッツ ブレイヴ。 ブレイヴ

バトルスピリッツ ブレイヴとは (バトルスピリッツブレイヴとは) [単語記事]

バトル スピリッツ ブレイヴ

婦女は、再び戦っていた。 今度は戦うフィールドを変え、その身を粉にして戦っていた。 各地の仲間と思いを1つに、来るべき未来をより良くする為に。 アイツが残した世界を、できるだけ良いものにしたい。 焦燥にも似た熱意が、彼女の言動や行動に、痛いほど表れていた。 動きやすさを重視したであろうその姿は、在りし日のアイツの面影を彷彿とさせる。 どうなってしまったかも分からない、光の中へと消えてしまったアイツの面影が。 ー青年は…、そして青年は…。 予兆があった。 嘗ての英雄の名を冠した奇跡が、それぞれの仲間の元にやってきた。 その奇跡は、あるところでは消えたはずの英雄を体現させ、あるところでは、戦士となった友に戦い方や意味を諭した。 いずれも仲間の窮地を救い、そして止まっていた時を動かすように、果たせなかった約束を果たしていった。 ダンが復活して、私は喜んだ。 と健闘を讃える握手を交わす姿に涙し、カレーを片手に、ズングリーと昔のカードでバトスピを楽しむ姿に涙した。 あの時果たせなかった約束が果たされたのだ。 こんなに嬉しい事はない。 次々と約束を果たし、仲間の前に姿を現すダンの姿を見て、私には当然のように、ある期待が湧き上がった。 ーあぁ、これでやっと魔ゐとダンが再会できる。 復活とはいえ、肉体を授かった様子でもない。 おそらく「生き返った」とは、また違うのだろう。 それでもいい。 ひと目でも魔ゐの元に姿を現してくれれば、私はそれで満足だった。 そして再会は当然のように現実になると思っていた。 私の勝手な期待を他所に、『 サーガブレイヴ』第3話は配信日を迎えた。 ついに来た最終話。 およそ10年待ち望んだ再会の時だ!私は興奮を抑えつつ、仕事帰りの電車の中で、そっとアプリを開いた。 …再会は果たされなかった。 厳密に言えば、魔ゐの前にダンが姿を現す事はなかった。 それも魔ゐの前だけに、ダンは姿を現さなかったのだ。 しかし、そこに寂しさや悲しみは無い。 私が考えていた以上に、魔ゐとダンのは深く、計り知れない程固く結ばれている事を突きつけられたらからだ。 魔ゐは、ダンが生きている事を確信していた。 会いたいという感情の上を行く想いを抱いていた。 だからこその第一声。 「おかえり」でもなく「会いたかった」でもなく、「遅いよ」なのだ。 彼が帰ってくる事を前提としている上に、彼が生きていると思って今まで過ごしてきたという、何よりの証だと感じた。 さらに語られるのはダンが戦い続ける理由。 「思い続けてくれるから」は、魔ゐにとってどのような感情を抱かせたのだろうか。 離れていても存在を感じ続けてくれていた事への喜びだろうか、自分の思いが彼を戦いに駆り出しているという悲しみだろうか。 喜びとも悲しみとも取れる想いが表情に表れ、両目から涙が溢れる様子に、嗚咽する程の感情の波が押し寄せてきた。 2人の間で交わされた言葉は少ない。 それでも確かに意志の疎通はあったと思う。 長年待ち望んだ、愛するもの同士のやりとり。 共に戦い、旅をしてきたあの2人にしか分からないやりとりが、その視線の間に無数に行き交っているように感じた。 何より驚いたのは、あの2人には後悔がなかった事だ。 引き金になったことも、引き金となるのを止められなかった事も、その全てを「自分が生きた時間」として抱き込み、前に進んでいた事に、私は涙を抑える事ができなかった。 2人の思いは過去には無い。 彼らは未来を歩む為、常に前を進む為に過去を思い出としたのだと知ったとき、私の胸は言いようの無い感情で満たされた。 会えなかったのではない、会わなかったのだ。 会う必要がなかったのだ。 魔ゐもダンも、離れていながらもお互いを思い合っていたから、繋がっていたからこそ、ダンは魔ゐの前に姿を表さなかったのではないかと思う。 それはコアの光主同士だからもあるだろうが、友情と愛情が混在しているあの2人だからこそ、許される関係なのではなかろうか。 突然飛び出す謎の単語、解決せぬまま進行する悪意、突如として出現した第三の世界。 続編の制作が決まったとはいえ、最終話としてのクオリテイとしては、不満が残った。 それでも、それでも私は思う。 良い作品だったと。 「ありがとうございました」と、泣きながら右手を差し出してしまう。 仲間の思いを胸に、自分の居場所をに求めながらも、心配する魔ゐにどこか申し訳なさを感じるダン。 心のどこかで戦いに出る彼を止めたいと思いながらも、彼の事を理解しつつ、彼の真っ直ぐな思いを尊重し何も言わない魔ゐ。 この2人の、不器用ながらも美しくお互いを尊重し合う姿を確認できた事は、コアの光主からバトスピの素晴らしさを知った私としては、これ以上ない喜びなのだ。 およそ10年の時を経て描かれた黎明のその先、離れていても繋がり続けていた永遠のに、今なお私は咽び泣いている。 『 サーガブレイヴ』第3話「永遠の」、鑑賞しました。 配信とはいいですね。 いつでもどこでも、好きな時に作品を見直す事ができます。 これからも、つらつら見直す事でしょう。 約束が果たされ、永遠のを感じる事ができる、この神話を。

次の

『バトルスピリッツ サーガブレイヴ』第3話「永遠のキズナ」感想 過去を糧に、それぞれの想いを胸に、今なお2人は未来へ歩み続けている。

バトル スピリッツ ブレイヴ

バトルスピリッツ ブレイヴとは、「」を題材とした作品。 の第3である。 同じ放送で放映されていた「」の直接の続編である。 でがした作品はこの2作品のみ。 他のは1年でしている。 放送期間は~。 そんなある日、かつてのヴィオレ魔ゐこと 宮まゐにある場所に呼び出された。 そこは人類ととのが起こり、の大半がの支配下に置かれている0年のだった。 人類を、そしてのを救うために、という名のが始まる……。 登場人物 人類軍 弾() 前作から引き継ぎの。 元・の。 前作から今作までの間の過酷な経験で、かつての邪気で明るい性格とはまるで違う、戦いでしか生きを見いだせないくらい冷めきった性格になってしまっている。 最終的なのためならばを犠牲にすることも厭わず、対戦相手の事情にかかわらず一切の情け容赦もしないが、心の底は以前と何も変わっていないようだ。 以前とは違いを中心とした混色を使う。 新たなのM「 ・」と新たな効果「」を持つを利用したを駆使し、滅亡に向かうで、人類だけではなくをも救うために戦い続ける。 だが、彼を待つあまりに過酷な結末とは……。 Xはダーから譲り受けた「 ライグ・」と、の「 」 宮まゐ 今作の。 前作の「ヴィオレ魔ゐ」から本名に変わっている。 元・の。 は既にしたらしい。 その理由は本人く「あんなので得意になってた私はイ子だったわ」。 性格も少しめに。 はせず「麗しのア号」のオーターとして達のにしていた…… が、あるを知ったことでア号を離反。 再びヴィオレ魔ゐを、かつてののX「 ヴルム・」とデュックから奪った「 滅ヴルム・」の を使役し、達の前に立ち塞がる。 ッ・ 「麗しのア号(命名:本人)」の艦長。 元・の。 少し落ち着いた感じになっている・・・のだがとに弱いのは相変わらず。 はにに任せ自らは艦長として揮を執る。 を行う時は自身が乗る名と同じ「 長ア」や「 ヴィム」を中心としたを駆使する「」を使用する。 ユース・グ 乗組員での。 によって故郷を滅ぼされたため人類・に分け隔てなく接するの事をあまり良くは思っていない。 の・・・と思いきやのM「 皇ヴルム」をピリットとしたを使う。 の腕前は素人ではあるが、いつか自分が人類を救うようなーになろうとしている。 ・ーナ 乗組員の。 好きで「ッイ」が口癖。 それって何ののフ ア号のを行うでもある。 が多いを好み、中でも「 機・」が大のお気に入りで全高程のを自ら作ってしまう程である。 初めて対戦した蔵との中にその姿に惹かれ・・・ に作られた用の。 決してでは カザン 人類軍長官。 をのに呼び寄せる。 かつては勇の部下としてと対立した「呪撃のカザン」というを持つのーだった。 兵堂蔵 で人類軍研究員。 元・の。 前作の同様に名前を正しく言ってくれない同じ研究員の・ベリシフとは仲が悪い。 ア号には搭乗せずカザンやと共に人類軍本部で達のを行う。 以前と同じく「 王ビャクウ」を中心としたを持つ。 今作では研究員としてなのかと瓶底丸を付けている。 ・ベリシフ 人類軍の研究員。 にしての蔵とは仲が悪い。 の操縦も出来るがその運転はかなり荒いらしい。 ダー・ヴ 前人類軍長官でカザンの元上。 常にをしている「人類のー」。 のの記憶を持っていたり、勇に酷似したを使うなど、彼と関係があるかのような描写がある。 硯 秀斗 人類軍の凄腕部員。 元・の。 られっ子で卑屈な面が立った前作にべて逞しさが増しており「 硯が一晩でやってくれました」とばかりに大活躍のの功労者。 異界魔族 のバローネ を治める領。 自身の強さ対等なーがいないことで心に渇きを感じていたがとのでその渇きが満たされる喜びを感じる。 と同じく「打たせてを貯める」で、のX「 ・ヴルム」を「が友」と呼びピリットとする使い。 切り札は「 テック・ヴルム」との十X「 獅機ヴルム・」 暴将デュック 地域を治める領。 の中ではしいで、に来たが最初に戦ったー。 その後ムから授かった「 巨キャン」を使い、魔に乗り込んできたと再戦するもし、罰として収監された。 将デュック 収監されていた暴将デュックが復活した姿。 かつての記憶と人格をくした代わりに実は凄まじいものとなっている。 倒したバローネにで追い討ちをかけるなど残虐な性格で、「 滅ヴルム・」や「 闇の」などのを使う。 ・ のでバローネの部下。 普段はおしとやかな性格だが、になると人格が荒々しく変わる。 バローネを強く慕っているが、を経て人類軍のダーにも惹かれていくことに。 その飄々とした物とり口で意の掴めない性格をしている。 同じを唆して達にけしかけたりのを人質に取ったりと的のために手段をいとわない。 とのでは「 」や「 造巨兵オリ」、「 機動要塞キャッスルゴ」などを中心としたを使うがもその性格と同じくわざと手を抜いた様なを行った。 陰でのに近付いたりのバローネや暴将デュックと三同盟を組んだりとその動きには何か裏があるようである。 本名はイザーズといい、貧しい生まれで 顔が綺麗だったためにと両方の 慰み者として育った恨みから、を滅ぼそうとしていた男。 7時から何を言っているんだ…。 の切り札は13番の「 皇クレピ」 その他 王 前作の。 にこそしたがそのは未だに残り続けており、彼の残した「見聞録」が今作の鍵となっている。 勇 元・の。 彼だけに来ていない。 前作と今作の間の期間に彼の身に何かがあったようである。 12宮Xレア の々( 十の)を模しているとされる12枚のX。 のを止めるために人類軍とが探している。

次の

バトルスピリッツ ブレイヴ 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

バトル スピリッツ ブレイヴ

前作を見ているとより一層面白味はありますが、前作で冒険と、異界王初め数々の強敵カードバトラーとの闘い、別れを経て平和を勝ち取ったものの、空白の間に辛い経験を受けて、心に傷を抱えた英雄達。 それでも未来の地球崩壊を防ぐため、強くたくましく成長したダン、まゐ、クラッキー達の活躍が頼もしいです。 新たに加わる、デュエルの腕前は半人前だけど、戦いを経て成長していくユース、見た目となんでもメカっこいいだけど優秀なプリム、そしてまゐ、フローラと並ぶバトスピ恒例リアルバトル担当で、数奇な運命をたどったのがどうしてこうなったゾルダーも魅力です。 ライバルになる魔族も、月光龍ストライク・ジークヴルムを従い、強さに飢えるなか、ダンと出会い対峙していくうちに魔族の進む道を目指す月光のバローネ、数奇の運命に翻弄されつつも、ブレイヴキラーデッキでダンを追い込む凄腕の暴(獄)将デュック、飄々していていて実はアレだが強敵の暗闇のザジ、ゾルダーと同じく数奇の運命をたどったはずなのに...どうしてこうなった!フローラも良いキャラしています。 もちろんカードバトルを彩る、太陽龍ジーク・アポロドラゴン、太陽神龍ライジング・アポロドラゴン、サジット・アポロドラゴン他、物語の鍵を握る12宮Xレア、そしてダークヴルム・ノヴァと、そしてダンの運命の鍵を握るジークヴルム・ノヴァのダブルノヴァ、たくましくコアを提供するブレイドラさんwwと戦闘シーンの迫力も楽しめます。 ニチアサの7時のアニメのはずなのに、あまりにハードなストーリー、ニチアサなのに深夜31時アニメなどと謳われた、馬神弾と四乃宮まゐの結末。 個人としては放送が映らない地域に転居するまで、メ~テレ時代のバトスピは、いいバトル(アニメ)でした。 本当にありがとうございました。 10年前、リアルタイムで見ていた勢です。 友人に布教するついでにもう一度少年激覇から見直しました。 覇王以降しばらくバトスピから離れていて、サーガをきっかけにまた新アニメ見ようかと思うのですが、現環境複雑なのにやってることは単純という訳の分からなさなのでこれ見ると安心します。 カード催促アニメなのにバトルのない話数があるなど、脚本への力の入れ方が凄まじいです。 50話もあって中だるみしない、余計なバトルがひとつもない、むしろ後半になるほど面白い、というのは脱帽するほかありません。 最初から3部構成の予定だったそうなので、少年激覇のあのストーリーを作っていたときに、すでにブレイヴの構想があったかと思うと末恐ろしいです。 それくらい前作との温度差が激しいです。 全員重いし辛いししんどいです。 日曜の朝7時にこれを流そうと思った人達は全員人の心がないんですかね。 だから深夜31時アニメなんて言われるんですよ 褒めてる。 全員が進むべき道を自分で見つけて歩んでいく様がかっこいいです。 ユースやプリム、ルガインのようなこれからを歩む者、バローネやクラッキー、カザン、ゾルダーのようなこれからを作っていく者、まゐちゃんや硯、ケンちゃんのような再び戦うことを選んだ者、イザーズは自分自身と向き合って、ブレイドラはもちろん不足コスト、そしてダンくんは、どこまでも他人本意な男でした。 彼らが歩んだ道を、選んだ道を、最後まで見届けてあげてください。 それとは別件になりますが、ゾルダーとフローラの話であと30話、ダンくんとまゐちゃんの話であと70話作って欲しいマジで。 ちなみに、続編の『サーガブレイヴ』やダンくんが出ると予想されている『赫盟のガレット 2020年夏予定 』は、バースト、ソードブレイヴ、アルティメット、創界神、煌臨などの効果を理解していないと全く理解できないのでオススメしません。 見たい方は頑張って勉強するか詳しい人に聞きましょう…。 まず前作を見て欲しいです.前作は異世界でカードバトルで世界を救うという王道を行く展開であり,今作は異世界から帰った主人公の弾の成長やその後の全てにけりをつける作品になっています. 弾は前作で地球の人に余りに異質な力を見せることになり,これが原因で迫害を受け世間から疎まれるような生活を続けていました.そこで,前作からの仲間であるまゐに未来を救ってほしいと頼まれ,前作に続き2度目の闘争へと身を投じます.そして未来での戦いの中での数々のバトルや仲間との交流を経て自分の生きる意味を探していく事になります. この作品は流石に直接的に画でグロい描写は基本無いですが本当に子供向けか?と疑いたくなる骨太なストーリーと魅力的なキャラクター,そしてハイクオリティなカードモンスターであるスピリットのCGによるバトルシーンで構成されており,どこを切っても十分見ごたえがある作品です.特に弾と弾のライバルであるバローネが使う主力モンスターの戦闘時のCGは非常に格好良くて,自分自身そのモンスターが使いたくてカードを買いました. 最終話に向かうに従って加速度的に面白くなり,最後の弾とまゐ,弾とバローネのバトルはありがとうございました、良いバトルでしたと言いたくなるほどで,必見です.また,改めて言いますがこのバトル演出や脚本を本当に楽しむためにも前作の弾の全てのバトルや経験を見てからこの作品を見てほしいです..

次の