タイム トラベラー。 2019年!自称・タイムトラベラーはこう予言

2019年!自称・タイムトラベラーはこう予言

タイム トラベラー

1940年の写真に写りこんだ現代風の男 これは 1940年11月に、カナダのブリティッシュ・コロンビア州にあるサウスフォーク橋のオープニングセレモニー時に撮影された写真です。 一見なんの変哲もないように思える写真ですが、その時代には似つかわしくない人物、 タイムトラベラーの姿が写り込んでいるのではないかとして話題となりました。 正装をした人々の中に、 違和感のある人物が混ざっています。 画像右に写っている サングラスをかけた男性。 Tシャツと パーカーに身をつつみ、しかも 小型カメラのようなものを携帯しています。 周りの人々とは明らかに違う服装はまるで現代人のよう。 このことから このサングラスをかけた男性はタイムトラベラーではないかという議論が巻き起こったのです。 しかし調査の結果、 サングラスや服は珍しいけれどこの時代にも存在していたらしく、 サングラスは1920年代頃より流通していた 小型カメラもコダック社「フォールディングポケット」に酷似している Tシャツに見えたのはセーターで、ホッケーチームのモントリオール・マルーンズのエンブレムを縫い付けたもの この男性を「タイムトラベラーではない」と否定することにはなりませんが、 「この時代にはありえない服装」とも言えず、当時の人間でもこの格好をすることはあり得たのではないかと考えられています。 問題となっているのは「Last picnic, San Joset Bay」という 1917年に撮影された写真。 その写真には、多くの人物がガケに腰掛けている姿が収められています。 一見すると何の変哲もない写真ですが注意して見てみると・・・ 違和感のある人物が確かにひとり紛れ込んでいるのです。 youtubeより画像キャプチャー まわりの人はほとんど帽子をかぶっていますが、 この男性は帽子をかぶっていません。 Tシャツに 短パンという現代的な服装で、 ヘアスタイルもこの時代にしては斬新です。 座り方もなんだか奇妙ですし、 何より 彼の左側に座っている男性が身体を反らし、驚いたような表情をして見つめているのです。 まるで現代のアメリカ西海岸から移動してきたかのような姿をしているため、この謎の人物はネット上で 「 サーファーマン」と呼ばれています。 ですがTシャツに関しては 1913年に米海軍に採用されていたという話があり、写真が撮られた1917年ごろには流通していた可能性があります。 そうだとすると1917年にTシャツを着た人物がいてもおかしくはないことになります。 はたして彼はタイムトラベラーなのでしょうか? インサイダー取引で逮捕されたタイムトラベラー 2003年1月28日、アメリカにて、 アンドリュー・カールシンという男性が インサイダー取引の疑いで FBI に逮捕されました。 カールシンは 株の取引によって、 たった800ドルの元手を わずか2週間で3億5000万ドルに増やすことに成功したのです。 株価が下がってほとんどの投資家が悲鳴をあげている状態でも、なぜかカールシンはハイリスクの取引をして、勝ちまくっていました。 そのためウォール街から目をつけられていたのです。 しかしなぜ難しい株式相場でも勝ち続けることができたのでしょうか。 「なぜ短期間に巨万の富を築くことができたのか?」 捜査官に尋ねられたカールシンはこう白状しました。 「私は2256年からやってきたタイムトラベラーです」 株価の動きを記憶し、それを利用して大儲けをしたとのこと。 カールシンの話によると2256年の世界では、この時代に株が乱高下することはよく知られた事実らしく、 株式市場の歴史を知っている人なら全員、未来の知識を利用して金儲けをしているというのです。 当然のことながら FBI はカールシンの話を信用などしませんでした。 カールシンは自分が未来から来たことを証明するため、これから起こることを語り始めました。 2003年3月20日にイラク戦争が勃発すること ウサマ・ビン・ラディンの潜伏先はパキスタン北部のアボッターバードであること 石油を作り出す技術が生まれること そしてカールシンはある一枚の写真をタイムトラベルの証拠として提出しました。 この記事の1番目に紹介した 「 現代風の男」 の写真。 なんと「現代風の男」の写真の中にカールシンの姿が写っているのです。 そしてカールシンが語ったことは全て的中しています。 いずれもその時には知らないはずの、まだ起きていなかった出来事なのです。 今だから的中していることがわかるのですが、それでも当時のFBIはカールシンの言葉を全く信用しませんでした。 そこで 彼の資産を凍結し、 刑務所に送りました。 その数か月後、 ある人物が100万ドルの保釈金を払い、カールシンは釈放。 その後、カールシンの足取りはつかめておらず、 現在の行方は不明とされています。 奇妙なことに、 FBI が2002年12月以前のカールシンの行動をたどろうとしたところ、 誰一人として関連情報を得ることができませんでした。 カールシンは本当にタイムトラベラーだったのか? カールシンの保釈金を払った人物は何者なのか? 「現代風の男」との関係は? これから起こる「未来」を的中させたことと合わせて、謎の残る不思議な事件です。 それは 1928年に製作された映画 『 サーカス』のDVD特典として収録されている映像で、 ロサンゼルスでの映画公開初日に映画館に並ぶ人たちを撮影したものでした。 この動画の中に映し出される、 手を耳にあてながら歩く1人の女性。 その姿はまるで 携帯電話で誰かと話しているように見えるのです。 youtubeより画像キャプチャー この映像は1928年に撮影されたもので、携帯電話など存在していません。 この映像に気がついたクラーク氏は、1年以上に渡りフィルムを調査。 1000人以上の人々に当時の話を聞いたものの、映像の謎は解けず、 これは携帯電話を使用している姿であり、 女性がタイムスリップして人混みに紛れていたところをたまたま撮影されてしまったのだと結論づけました。 ですが後に、アメリカの権威ある月刊誌 『The Atlantic』が、この女性が持っていたのは 補聴器であった可能性を示唆しています。 当時の携帯用補聴器のひとつに、小型ラジオのようなモデルがあり、耳にあてる部分がラッパ型のものがあった。 その補聴器を耳にあてている姿は、現代の携帯電話で話す姿にそっくりだと言うのです。 この映像については今なお様々な憶測が飛び交っています。 工場に勤める若い女性たちが建物から出てくる光景の中に、明るい色の服を着て微笑みかける1人の女性の姿があります。 その女性は 携帯電話らしきものを耳にあてて歩いているのです。 youtubeより画像キャプチャー 携帯電話の構想自体は戦前からあったそうですが、 人が持ち運べるサイズのものが登場したのは1970年代ごろ。 このことから この女性はタイムトラベラーなのではないかと話題になったのです。 ですが残念ながらこの動画は 「 解決済み」。 この女性のお孫さんが名乗り出ていることを英国のタブロイド紙が報じています。 タブロイド紙によると、映像の女性は ゲルトルート・ジョーンズさん。 手に持っているのは テストのために渡された 無線電話の試作品で、 背後のデュポン社の工場には電話通信部があり、 右側にいる科学者と無線電話で会話をしていた時に撮影されたものでした。 科学者の姿が映っていなかったため、まるで携帯電話で通話をしているように見えたというわけです。 1911年の写真に携帯電話をもつ少年 20世紀初頭の写真家 ルイス・ハイン。 アメリカの貧民街の写真や若年労働者の姿を数多く撮影し、社会に対してその改善の必要性を訴えたルイス・ハインですが、一枚の写真が注目を集めています。 その写真は 1911年に、 町の工場の前で少年たちを集めて撮影されたもの。 ですが写真に写った 右端にいる少年に注目が集まりました。 後ろには大人の姿も見えますが、 一人の少年がカメラを見ずに、柵にもたれかかっている。 なぜか一人だけその輪から外れ、足を組んで、手元の「 何か」をじっと見ているのです。 その様子はあたかも携帯電話でメールを打っているように見えます。 当然ですが1911年に携帯電話は存在しません。 そこで海外のインターネットユーザーの間で 「この少年はタイムトラベラーではないか」と話題を呼んでいるのです。 1962年ワールドカップにカメラ付き携帯 より画像引用 1962年にチリで開催された 第7回ワールドカップにて撮影された写真です。 写真の詳細は不明なのですが、カップを持っている姿から察するに、 このワールドカップの優勝国であるブラジルの、 ガリンシャ選手を撮影した様子の写真だと推測します。 そしてこの写真の白い丸の所に、 携帯電話らしきもので撮影しようとする人の手が写り込んでいます。 これは 1970年に開催された 大阪万博で撮影された写真です。 この写真の左側に、 スマートフォンのようなものを手にした男性の姿が映っています。 youtubeより画像キャプチャー 動画投稿者は 「iphone ipad tablet?」とテロップを差し込み、 男性が手にしているのが ipone、もしくはipadのタブレットではないかとしています。 よく見るとスマートフォンのようなものの真ん中に 「白い丸状のもの」が見え、どことなくアップル社のロゴにも見えてくるような・・・ 大きさ的には会場内で配られた マップや パンフレットではないかと思いました。 青系統の色の冊子ということで、比較的写真に近そうなのは 「 三菱未来館」と 「 ソ連館」のパンフレットなのですが・・ より画像引用 光の反射や写り込みなどを考慮しても写真のようにはならなさそうですね。 iphoneは新型が発表される度に大型化されていますし、タイムトラベルの技術が確立されたところにはこれくらいのサイズになっているのかもしれません。 過去の恋愛についてお悩みのあなたに 寺社仏閣といったパワースポットに普段から足を運び、話題となっている開運法などを紹介している当ブログですが、 こういう悩みを抱えているんだけど、おすすめのパワースポットを教えてほしい よく当たる評判の占い師を教えてほしい このようなお問い合わせの声を時折ちょうだいします。 そうしたお問い合わせに対して力になりたい気持ちはあるのですが、お問い合わせいただいた方のお住まいの地域から遠かったり、あるいはお時間がとれなかったりなどの理由で、残念ながらご期待に沿った提案ができないことが多々あります・・・ そんなお悩みについておすすめさせていただいているのが です。 数ある電話占いのなかで、なぜ「ニーケ」をおすすめするのかというと、 あなたに合う先生と巡り合いやすいのが電話占いニーケだからです。 占いをしてもらうにあたって、一番気になるのはその占いが当たるのかどうかですよね。 個性豊かな実力派の鑑定士さんが多数在籍しておられます。 そして占いがよく当たる以上に重要なことが、あなたと占い師さんとの相性です。 優しく寄り添うように相談に乗ってほしいという方もいらっしゃれば、ビシっと進むべき道を教えてほしいという方もいらっしゃるでしょう。 占い師の方ごとに得意とするジャンルもあります。 ニーケでは 「 占い師検索」という項目から、 恋愛・仕事・健康などといった 相談内容、霊視やタロットといった 占い方法で占い師さんを検索できます。 そして占い師さんごとに、 結果の伝え方、雰囲気、話し方といった 鑑定のタイプ、 得意な占術、 先生からのメッセージ等を見ることができるのです。 電話占いニーケの料金は 1分200円~となっており、先生によって設定されている料金が異なります。 今なら初回登録者限定で 2,400円分のポイントがもらえるので、 10分程度無料で鑑定を受けることができます。 恋愛相談と一口に言っても、その内容は人によって様々です。 「誰かいい人いないかな~」といった 縁結びや、秘めた想いを伝えられずにいる 片思い、そして 不倫や 復縁など・・・ 悩みとは、深刻であればあるほど身近な人には打ち明けづらいものです。 10分くらいあれば大体のことは相談はできます。 一人で全て抱え込んでしまって悩み苦しみ、身動きが取れなくなって涙を流す前に、一度試してみてはいかがでしょうか。 こうした写真や映像について調べてみると、 紹介しなかった写真の中には 合成した写真だとすでに判明していたり、 見間違いだったり説明のつくものだったりという話もありましたね。 例えば上の画像は「タイムトラベラーかも?」と紹介されていた画像ですが残念ながら合成。 男性の姿が映ってない「元写真」の存在を確認しました。 それでも「 現代風の男」と「 インサイダー取引で逮捕されたタイムトラベラー」の話の奇妙なつながりなど、 やはり不思議な話も存在しているようです。 タイムトラベルやタイムリープ、異世界やパラレルワールドには興味がありますので、 また面白そうな話を耳にしたら追記、または別記事にしていきたいと思います。 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

次の

タイムトラベラーが撮影した写真2選【タイムトラベラー実在説】|ヨナヨナ

タイム トラベラー

「ハロー。 僕はタイムトラベラーのノア。 未来についてみんなに伝えるために2030年からやって来たんだ。 まずは2019年と2020年に起こる出来事について話そう。 2019年の1月、UFOの目撃情報が急激に増加する。 世界中のいたるところでUFOが目撃されるだろう。 それから2019年の2月にアメリカの中西部でスノーストーム(雪を伴う大嵐)が発生する。 いくつかの都市が嵐に飲み込まれる。 これまでの歴史において最も大きなスノーストームになるだろう。 2019年の4月にはロボット化された人工眼が世界で初めて発売される。 そのことについて、「これは意見ではなく、事実だ」と言い切った。 また、自身がタイムトラベラーであることを人々に理解してもらうのは「大変なことだ」としたうえで、「この動画を撮影することは悪いアイデアだったかもしれない。 捕まってしまうかも」と自身の身に危険が迫っていることを示唆した。 信じるかどうかはあなた次第。 (フロントロウ編集部).

次の

タイムトラベラーが撮影した写真2選【タイムトラベラー実在説】|ヨナヨナ

タイム トラベラー

「ハロー。 僕はタイムトラベラーのノア。 未来についてみんなに伝えるために2030年からやって来たんだ。 まずは2019年と2020年に起こる出来事について話そう。 2019年の1月、UFOの目撃情報が急激に増加する。 世界中のいたるところでUFOが目撃されるだろう。 それから2019年の2月にアメリカの中西部でスノーストーム(雪を伴う大嵐)が発生する。 いくつかの都市が嵐に飲み込まれる。 これまでの歴史において最も大きなスノーストームになるだろう。 2019年の4月にはロボット化された人工眼が世界で初めて発売される。 そのことについて、「これは意見ではなく、事実だ」と言い切った。 また、自身がタイムトラベラーであることを人々に理解してもらうのは「大変なことだ」としたうえで、「この動画を撮影することは悪いアイデアだったかもしれない。 捕まってしまうかも」と自身の身に危険が迫っていることを示唆した。 信じるかどうかはあなた次第。 (フロントロウ編集部).

次の