キングダム 634。 キングダムネタバレ最新634話『李牧の鄴解放戦略が明らかに?!』

キングダム634話最新話ネタバレ・画バレ速報!635話考察も!【週間ヤングジャンプ15号

キングダム 634

すでに後方では王翦軍との戦いが始まっている状態で、李牧は理由が分かります。 軍を細かくして速度を増したのだろうと推察。 しかし相手は弱い者ではなく、軍の精鋭を連れてきています。 後ろから追い攻撃する王翦軍の勢いに徐々に押されつつある李牧軍です。 李牧もやむを得ずに、 足を止めて戦うしかないと判断して広失の陣にて反転して迎撃の構えを見せます。 広失の陣にて王翦軍の殲滅を行おうとします。 それに即座に対応している王翦軍の精鋭です。 すでに 17日ですら限界に近かった鄴です。 鄴側では民衆が外に出せと怒り始めて火を付ける暴動まで起こっていました。 暴徒と化した民衆を止められずに武力を内部で使う事を許す城主です。 すでに内部崩壊は目の前に迫っていました。 17日目の夜の間も王翦軍に対応する軍と鄴解放の軍に分けて走り続けている李牧です。 李牧軍は18日目に漸く鄴を目の前に捕らえる事が出来ました。 急いで 桓騎軍を突破する必要のある李牧軍ではありますが、桓騎軍も待ち構えています。 李牧軍を迎えるのは雷土の部隊とゼノウ一家です。 桓騎軍の事が分かっていたら、これが撃破可能なものではないと分かります。 圧倒的な強さで李牧軍を葬り去ります。 尋常じゃない強さですが、当然と言えるでしょう。 疲れ切った李牧軍が桓騎軍を倒せるはずもないと王翦は言っています。 戦略という意味で軍略の差は殆ど無かったと言います。 知略は同等であったと言えるでしょう。 問題になった差は、 駒の差だと言います。 李牧は趙峩龍と尭雲を失いました。 王翦も亜光と麻鉱を失う結果になっています。 しかし長期的に見た展望で、信と蒙恬と王賁の尋常じゃない粘りがあったのだと言います。 つまり次世代の成長株の進化度合いが普通ではなかったと言えるのです。 完全に 信と蒙恬と王賁三人が李牧にとっては誤算だった事になります。 それを見極める目こそ王翦の強さだったと考えてもいいでしょう。 ゼノウを中心に李牧軍は多くを葬られていきます。 焦る表情の李牧ですが、これはどうする事も出来ません。 更に鄴の門が徐々に開き始めました。 遂に鄴が内部の民衆に押される形で鄴の門を開放されてしまったのです。 ここに鄴の陥落が確定しました。 李牧もコレ以上の戦を行う意味が無く、民衆を王都などに連れて行く方にシフトすると考えられます。 李牧の敗北と王翦の勝利がここに確定します。 キングダム635話では開いた鄴の門を見た李牧の敗北判断となります。 ここで桓騎軍に民衆への攻撃を止めさせる為に 和解を行う事になるでしょうか。 スムーズな鄴の明け渡しを行い、兵糧の限界を迎えた王翦軍への食糧渡し。 その代わりに民衆に手を出させないという形かもしれません。 キングダム635話にも注目です。

次の

キングダムネタバレ634話最新確定!信が李牧に追いつき鄴が開門!

キングダム 634

2020年2月現在までに単行本第56巻まで発売され累計4700万部売れている 週刊ヤングジャンプに連載中の中国史記の史実をもとに描かれている大人気漫画 「キングダム」 今回は2019年2月27日(木)発売の 週刊ヤングジャンプ2020年13号に掲載の キングダム633話【十の二】の 最新話ネタバレ画バレ速報&感想、そして次週 634話の考察を紹介していきたいと思います。 場面は 羌瘣 きょうかいの意識に中になり、 無事に松左と去亥により黄泉の世界から戻された 羌瘣 きょうかいはまだまっしろな空間にいました。 すると、 再び象姉が現れ、 「ったく」 「・・・まったくこの子は・・・」とつぶやき、 「この禁術は自分の命を使って人を助ける術で」 「本来、蚩尤族の奥義とは真逆にあるから誰も使えないはずなの」 「使えないからうそっぱちとされてた」と話し始めます。 そんな 羌瘣 きょうかいを見て 「そっかそんなに前からか・・・」 「はーいいなー」 「うらやましいーなームカつくくらいうらやましー」 「てかムカつく」 と冗談交じりに言いますが、その後時間がないからちゃんと座るように言います。 続けて、 「戻る前に大事なことを伝えておきます」 「悪いこと1つと」 「おまけでいいこと2つ」 まず最初に悪いことから話だします。 その悪いこととは 「やっぱりあんたの寿命は縮んでしまった」 「この禁術を使った代償としては仕方のないことよ」 「むしろ 間 はざまにとどまっていた仲間のおかげでたまたま戻れる幸運に感謝をしなさい」 「それと命の火が弱くなるからもう2度とこの禁術はつかえません」 「他の術も使えないか弱くなったかもしれない」 そして時間がもう残り少ないことを察すると 「ここでの話は戻ると忘れやすいけど」 「がんばって覚えときな」 そして、2つあるいいことの話をしようとした時に・・・ 羌瘣 きょうかいは現実の世界で目覚めてしまいます。 そして、 羌瘣 きょうかいの容態を心配する 信 しんは 羌瘣 きょうかいを抱きかかえ大丈夫かと呼びかけます。 ちょっとなにやら意味深な感じの 信 しんですが 笑 羌瘣 きょうかいは 信 しんにお前のほうこそ大丈夫か?と聞きますが 信 しんはなんかちょっと死んでたみたいだが何でか生き返ったと答えます。 そこへ秦国軍の他の隊の 蒙恬 もうてんと 王賁 おうほんが駆けつけてきて 信 しんの無事を確認します。 蒙恬 もうてんは 信 しんに戦況を伝えます。 信 しんは目の前にいたはずの 李牧 りぼくがいないことや 左翼にいたはずの 蒙恬 もうてんがここにいることなどを尋ね 李牧 りぼくに逃げられた可能性があること、 王翦 おうせん軍が 李牧 りぼくを本陣ごと討とうと狙っていたが、その前に 李牧 りぼくは脱出したことを伝えます。 そして 逃がしたのは自分のせいだと言う 信 しんに対して もとから追われても逃げ切れる自信が 李牧 りぼくにはあったことを話し 各所で一斉に趙軍は退却の動きを見せていることを伝え そのことが趙軍の全軍退却であることを説明し、結果15日間に及ぶ朱海平原の戦いに勝利したことを伝えました。 桓騎 かんきの作戦で 桓騎 かんき軍が「 桓騎 かんき軍は一般人を殺さない!」と外から大声で叫んでいて内部が混乱におちいっています。 食糧が切れてから数日たっている 鄴 ぎょうの城の中では混乱に陥っています。 城の内部から「外にだせ!」と一般の民衆の叫ぶ声が聞こえています。 これには 桓騎 かんきの作戦で城の外から「 桓騎 かんき軍は一般人を殺さない!」と叫んでいることで イナゴとしてこれまで 王翦 おうせんが落とした9つの城の民間人を全部 鄴 ぎょうの城に集める作戦が 鄴 ぎょうの城を混乱に落としいる作戦がハマっているようで、 鄴 ぎょうの内部では火災まで発生して、城が内部から崩壊して城の門が開くまであとわずかのところまで来ているようです。 そこへ、 桓騎 かんきの元へ「 李牧 りぼく軍が南下して 鄴 ぎょうの開放へ向かってきている!」という戦況報告が入ります! これには 桓騎 かんき軍の軍師の 摩論 まろんも 逃げるべきだと大将の 桓騎 かんきに進言しますが、 次の報告で「 王翦 おうせん軍も 李牧 りぼくを追って南下して来ている!」と聞きます。 一瞬 李牧 りぼくの南下で 王翦 おうせん軍が負けたのかと思いますが、南下してくるのが 李牧 りぼく軍だけだと 桓騎 かんき軍は 鄴 ぎょうの軍勢との 挟撃 きょうげきを受けてしまいますが、 王翦 おうせん軍がその後ろからやってきているのなら話は別です。 場面は 信 しんが 龐煖 ほうけんを倒し、 朱海平原の戦い しゅかいへいげんのたたかいに勝利した直後にうつします。 王翦 おうせんの伝令として 田里弥 でんりみと 倉央 そうおうが 蒙恬 もうてんと 王賁 おうほんと 信 しんの元へ訪れて、 王翦 おうせんの指示、これからの作戦を伝えにやってきています。 その作戦とは「追撃の軍は 十分の二の精鋭で行う」というものでした。 そして精鋭に分ける理由が2つあることを伝えます。 1つ目は当然ながら追う側の速度です。 これは負傷兵が大勢いる 秦国軍を普通に進軍させても逃げる 李牧 りぼくに間に合うはずもありません。 2つ目は兵糧食にありました。 全軍で追うよりも速度が上がり、何より兵糧食が残されていない中での進軍です。 まさに一点突破の特攻のような戦略になりますが、全力を出せる2割の方が高い機動力と突破力を出せると考えたのでしょう。 そして 蒙恬 もうてんはその作戦を聞き、 追撃する2割の軍も大変だが、置いていく残された8割の軍はさらに過酷になると伝え 残された8割の軍は食糧をなんとかしつつ、ゆっくりと南下して 鄴 ぎょうに来ればいいと進言しますが、 田里弥 でんりみは「そんなことはできない」と言い返します。 2割の精鋭の軍の編成は 田里弥 でんりみと 倉央 そうおうの 朱海平原の戦い しゅかいへいげんのたたかいにおいて両翼を担っていた疲労が比較的に少ない部隊が基本となりますが、 李牧 りぼく軍との直接対峙をしていた重要な部隊であり、 王賁 おうほんや 蒙恬 もうてんの軍よりも多くの 李牧 りぼく軍との戦いを経験をしている猛者達です。 王翦 おうせんは1人(1つの軍)で 閼与 あつよを攻める。 気がかりなのは 李牧 りぼくが以前の 黒洋丘 こくようきゅうでの戦いにおいて、「 桓騎 かんきの弱点を見つけた!」と言っている点です。 桓騎 かんきの弱点その2 これは本編を見る限りでは 桓騎 かんき本人が特に 王翦 おうせんや秦国への忠誠心が少ないというところは特には出てきていないのですが、 桓騎 かんき軍は盗賊団の寄せ集めの軍で、他のまとまった隊と比べてまとまりが薄く 何かあった場合裏切り行為が出る可能性があるのではないでしょうか!? 桓騎 かんきの弱点その3 桓騎 かんき本人からの各部隊への指令伝達系統の薄さ こちらは 桓騎 かんき軍が元野党集団から出来上がっている部隊で、それぞれの部隊が単独で 桓騎 かんきの意思を汲み取って行動する場面がないことから、命令系統を寸断して 桓騎 かんきを孤立させれば討ち取ることも容易いと 李牧 りぼくは考えているかもしれません。 桓騎 かんきの弱点その4 陽動と奇襲メインの 桓騎 かんきの戦い方で野戦や白兵戦での戦いが少ないことから 桓騎 かんきの弱点はそこにあると 李牧 りぼくも考えているかもしれません。 個人的には弱点その1があたるのでは!? と思っています。 そして、史実ではこの 鄴 ぎょう攻めの戦い以降には 桓騎 かんきは登場しないことから 桓騎 かんきは逃走もしくは戦死するのでは!? と思っています。 野党あがりの 桓騎 かんきとはいえ、 桓騎 かんき軍は秦国軍にとっては重要な戦力ですので 出来れば失いたくない将軍候補の1人だとは思っていますが、これからの戦いでどうなるのでしょうか!?

次の

【キングダムネタバレ634話】ついに鄴陥落で秦と趙との戦いはどうなる?|ワンピースネタバレ漫画考察

キングダム 634

この記事の目次• 1ページ目• 2ページ目• キングダム634話ネタバレ予想「閼与が落ちれば太行山脈は秦の手に落ちる」 李牧は、黒羊を要塞化したとは言っていますが、その出口である 閼与 あつよ が落ちるという事は、その手前にある要塞も落ちないと 辻褄 つじつま が合わなくなります。 こう考えると、離眼が平穏無事という事はあり得ず、すでに紀彗の弱点を把握している王翦が離眼の民衆を人質に紀彗に撤退を迫るのは、ありえなくもないかなと見ました。 二度までも趙を裏切り、オオカミ中年になる紀彗には気の毒ですが・・もしかすると離眼勢は王翦の引き立て役になる為に今回参加したのかも知れません。 だって、朱海平原では、ほぼ見せ場がなかったですし・・ ブログ主の休載SPで鄴包囲戦から李牧軍を王翦桓騎で挟撃戦に向けて色々策を披露いただいてますが、史記の王翦がアツ与を落とすまでは武力でしょう。 鄴攻略に向けて当時列国同士でよく行われていた水面下での王同士 趙王と秦王 での外交交渉をブログ主得意の想像力で語るのはいかがでしょうか? 過去には縦横家張義に蘇秦、范雎、蔡沢、呂不韋と寝技が得意の人物達もおりました キングダム的にはセイが武力統一を宣言し外交ではなく軍事一辺倒で行う風ですが王翦が大王の意をカタリ独断で趙王と密交渉による李牧軍の全面撤退なんてシナリオも面白いかと。 また、趙王側近が前回邯鄲包囲戦のように他国へ援軍の特使派遣なんて想像力を掻き立てます。 はじめての三国志的外交交渉での解決策はどんな風ですかね?•

次の