バイバイ ヴァンプ。 「噛まれると同性愛に目覚める」映画『バイバイ、ヴァンプ!』 高校生が上映停止を求め、署名を始めた理由

「噛まれると同性愛に目覚める」映画『バイバイ、ヴァンプ!』 高校生が上映停止を求め、署名を始めた理由

バイバイ ヴァンプ

映画「バイバイ、ヴァンプ」のあらすじや批判炎上の理由を紹介します。 映画「バイバイ、ヴァンプ」あらすじ 映画「バイバイ、ヴァンプ」は、ヴァンパイアに高校生たちが恐怖しながらも立ち向かう青春ホラー映画。 舞台は茨城県にある私立野薔薇高校。 ある日、京平は小学校からの親友・吾郎が何者かに襲われている場面を目撃する。 翌日学校に現れた吾郎は、いつもは女好きであるにもかかわらず女装をして登校し、同性愛者へと変貌していた。 時を同じくして、街ではヴァンパイアが出没しているという噂が広まっていた。 京平たちはヴァンパイアに噛まれることで同性愛者になってしまうのではないか?と考え始める。 映画「バイバイ、ヴァンプ」キャスト・スタッフ 2020年2月14日に映画「バイバイ、ヴァンプ」は東京・大阪・名古屋など6館で公開されましたが、鑑賞した人たちから内容を批判する投稿がなされました。 また、公開停止を求める署名活動も始まっています。 同性愛を差別的に描いた作品だという批判がなされ、広まりを見せていることに対して映画「バイバイ、ヴァンプ」製作委員会はホームページ上に 「この映画には一部、同性愛の方々に対し不快な思いを抱かせる表現が含まれているかもしれませんが、同性愛を差別する作品ではありません。 愛とは自由であり、人それぞれの愛が尊重されるものであるというテーマのもと、製作されました」 という声明を発表しましたが、とどまる様子を見せていません。 また、映画「バイバイ、ヴァンプ」のプロデューサーを務めるGODは自身のツイッターで、批判的な投稿に対して以下のような返信をしていることもあり、鎮まる様子がありません。 バイバイヴァンプのプロデューサーのGODです あなたはこの映画の本編を 見たんですね 予告編だけで 判断されてませんよね 私は本編を見た人と話したいです 予告編でこの映画を判断してる 人はNGですよ — GOD GODproducerGOD 映画「バイバイ、ヴァンプ」ネタバレ結末 映画「バイバイ、ヴァンプ」のネタバレ・結末を紹介します。 親友吾郎の女装・同性愛者化 主人公・京平は茨城県の私立高校に通う高校2年生。 あるひ、学校に登校すると親友の吾郎が女装して学校にやってくる。 無類の女好きで知られる吾郎の意味不明な行動に京平たちは理解できずに逃げ惑い、騒ぎを聞きつけた男性教師が現れる。 男性教師にはヴァンプではなく純粋な同性愛者という設定が付けられているが、ステレオタイプな偏見にまみれた同性愛者像 その後も校舎裏で吾郎は生徒たちに噛みつき、ヴァンプが増えていってしまう。 そんな中、大牙と夜弥という2人のヴァンプが転校してくる。 京平は妹・姫子から、吸血鬼に噛まれると同性愛者になってしまうという話を聞かされる。 京平は美貴に思いを寄せており、花火大会に一緒に行こうと誘い、吾郎に自身の貞操を奪われる危険があることから、同性愛者から街を守ろうと決意する。 ヴァンプと人間のハーフ 京平は妹・姫子とともに叔父の元を訪れる。 恭平たちの父親は交通事故で他界しており、叔父が育ての親となってくれていた。 叔父から、亡くなった父がヴァンプだったことを聞かされ、恭平がヴァンプと人間のハーフだということや、交通事故死ではなくヴァンプであるにもかかわらず同性愛ではなく異性愛をしたために処刑されていた事実を聞かされる。 さらには転校生としてやってきた大牙と夜弥は、純血主義のヴァンプであり、混血の京平を殺しに来たことが発覚する。 その後、京平と姫子はスーパー銭湯を友人たちとともに訪れる。 ヴァンプは同性愛者であり、スーパー銭湯はゲイにとって出会いの場だという情報から、ヴァンプを退治する狩場と判断してのことだった。 男性教師が男子生徒とともに現れるが、脱衣所にヴァンプが現れ姫子によってたい時に成功する。 京平は大牙と話をし、ヴァンプたちがこの街を支配する計画を告げられる。 このことから、街の人たちが集まりやすい花火大会でヴァンプたちが暴動を起こして一気に街を占拠するのではないかと推測する。 大牙たちとのバトル 花火大会を目前に、京平は美貴に電話をかけるが、夜弥に襲われてしまっていた。 京平たちは美貴のもとへと急ぐ。 ヴァンプは街中の人たちを襲い、教師たちは逃げ惑う生徒をかくまおうとしていたが守りきれずにいた。 京平たちは、美貴との花火大会の待ち合わせ場所の神社に到着するが、ヴァンプ化した人たちに襲われてしまう。 そんな中、京平は偶然にも美貴と再会するが、美貴はすでにヴァンプになってしまっており、京平ではなく姫子に夢中になってしまっていた。 夜弥と戦闘を始める強兵だったが、大牙が夜弥に京平を屋敷に連れてくるよう指示をし、京平たち屋敷に向かうことに。 屋敷に到着した京平は、大牙に「快楽よりも愛が重要だ」という自身の思いを語り、美貴に告白を試みるが、美貴からは「同性愛に目覚める前に言って欲しかった」と言われ、フラれてしまう。 そのころ、街では京平の叔父たちが聖歌のような曲を流すことで、ヴァンプたちの鎮静化に成功する。 その歌を聞いて美貴も元の人間に戻る。 京平は大牙を殺そうとするが、友人や亡くなった父の言葉を思い出し、手を止める。 異性愛をして子供を作り、人を愛することができてよかったと言う ヴァンプであるにもかかわらず同性愛のルールを破り、夜弥は大牙に告白する。 すべてが元に戻ったかに思われたが、吾郎だけは変わらず女装を続けていた。 どうやら吾郎は女装癖のある人間だったことが発覚する。 京平はそんな吾郎に言い寄られ、その様子を見ていた美貴は嫌悪感を示し、ショックを受けた京平は「俺は女の子が好きなんだ」と叫ぶ。 映画「バイバイ、ヴァンプ」評判や口コミ・感想 映画「バイバイ、ヴァンプ」を鑑賞した人や予告編を見た人たちの評判や口コミ・感想を紹介します。 アイドルファンを利用した商法でひどい ・推しは今までで1番セリフもあって重要な役でした ・推しが出ている映画なので精一杯好意的に見ました ・それでもこの映画には問題が多いと思う 引用: 映画「バイバイ、ヴァンプ」にはアイドルグループのメンバーが出演していることもあり、その内容よりも一人のファンとして応援し続けることで、アイドルのキャリアに貢献できるという側面があります。 しかし、そういった人たちが今回の内容には納得しておらず、心の底からは応援できないでいるという葛藤を抱えている部分は、今回の映画「バイバイ、ヴァンプ」に限らず言えることでしょう。 同性愛ネタで盛り上がるのも許容されるべき 吸血鬼のように、我々バイを含む同性愛者は恐れられ、狩られてきた。 「バイバイ、ヴァンプ!」は、そんな歴史があるからこそ、生まれた作品だと思うよ。 なのに、すでにもう、若手イケメン役者のファンの女性たちが同性愛ネタにキャアキャア盛り上がるのも許されない社会になってるの? 怖いなぁ。 しかし、女性同士や男性同士の抱き合う姿やキスをする姿にときめく人たちがいることも事実です。 予告編のみを見ている人にとっては、こういった解釈で終わるようです。 同性愛差別表現に公開停止を求める 「 「バイバイ、ヴァンプ!」製作委員会: 同性愛蔑視表現を含む「バイバイ、ヴァンプ」の公開停止を求めます。 ヴァンプという表現で同性愛者を直接的に批判することを避けようとしていたと考えられますが、作品中でもこの軸がかなりブレています。 また、ヴァンプと同性愛者を同じ意味で捉えており、ヴァンプは快楽のために生きており愛ではないという発言があったり、異性愛をすることこそが愛だという発言も見受けられます。 もちろん、思想の自由がある以上はこういった考え方を持つこと自体を禁止することはできませんが、全体的に笑い物にしたり見方を変えれば同性愛者 ヴァンプ は消されるべきだという考え方に、恐怖を感じる人もいます。 製作者側の態度が気に入らない バイバイ、ヴァンプ!の件に関して、製作者側の謝罪が何も理解してなくていっそ呆れる。 どのような意図で作品を作ったかどうかなんか知らねえよ、最終的な成果品から感じるものがどのような結果をもたらしたかが問題だっつーの。 いじめてたつもりはない、ただ遊んでただけという自覚のない加害者。 — ぷれ bas2da 映画「バイバイ、ヴァンプ」は青春ホラーというよりも、コメディというか性差別・性的マイノリティをネタに笑いを取ろうとしている作品というのが正しいでしょう。 製作委員会は同性愛者を差別する意図はなかったと主張していますが、根底には「なんでコイツら噛み付いてきてんの?」くらいの受け止め方をしているように感じられます。 まとめ ・映画「バイバイ、ヴァンプ」あらすじ 映画「バイバイ、ヴァンプ」は、ヴァンパイアに高校生たちが恐怖しながらも立ち向かう青春ホラー映画。 ・映画「バイバイ、ヴァンプ」キャスト・スタッフ 若手アイドルグループ「祭nine. 」の寺坂頼我が主演を務めていることで、アイドルファンも鑑賞することになりました。 ・映画「バイバイ、ヴァンプ」批判炎上の理由 予告編映像がツイッター上で批判とともに広められたことです。 ・映画「バイバイ、ヴァンプ」ネタバレ結末 映画「バイバイ、ヴァンプ」のネタバレ・結末を紹介しています。 ・映画「バイバイ、ヴァンプ」評判や口コミ・感想• アイドルファンを利用した商法でひどい• 同性愛ネタで盛り上がるのも許容されるべき• 同性愛差別表現に公開停止を求める• 製作者側の態度が気に入らない いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

バイバイ、ヴァンプ|キャストとあらすじネタバレは?評価感想と炎上内容も説明

バイバイ ヴァンプ

あらすじ [ ] から人間と共存し、生きながらえてきたヴァンパイア。 彼らが繁栄の地として目を付けたのは茨城県にある私立野薔薇高校だった。 ある日、女好きの高校2年生・吾郎が何者かに襲われる。 すると翌日から女装して登校し、同性愛者となってしまった。 同級生である小日向京平は、ヴァンパイアに噛まれると同性愛者になるのではと予測を立てるのだった。 登場人物 [ ] クラスメイト [ ] 小日向京平 演 - 黒森大牙 演 - 黒森夜弥 演 - 砂月美貴 演 - 小日向姫子 演 - 宮田知基 演 - 田中亮一 演 - 館野吾郎 演 - 荻野夢太 演 - その他 [ ] 教師 桝添次郎 - (友情出演) バンパイヤ歌手 竹内紫乃 (特別出演) 小日向父- (友情出演) 小日向三瓶- (特別出演) 中本忠- (特別出演) 音楽 [ ] オープニングテーマ:『Blood in Chains』 作詞:/作曲・編曲:、/歌:Super Break Dawn 挿入歌:『Eternal Road』 作詞:桜羽るか、花岡将太郎/作曲:花岡将太郎/編曲:岩戸崇/歌:平成琴姫(如月ゆず、桜羽るか) 挿入歌:『I'm for you』 作詞・作曲:アルメリノ・アナリン/編曲:NONO KJ/歌:アルメリノ・アナリン 劇中歌:『Peace of Vamp』 作詞・作曲:GOD/編曲:MANA/歌: エンディングテーマ:『FANTASY MAGIC』 作詞・作曲:GOD/編曲:神津裕之/歌:SIZUKU 詩月 スタッフ [ ]• 監督・脚本・編集:植田尚• エグゼクティブプロデューサー:吉本曉弘• プロデューサー:大勝ミサ、• 協力プロデューサー:神谷光• 音楽プロデューサー:神津裕之• 企画・原案:大勝ミサ• 原作・脚本:• 撮影:島田貴仁• 照明:柴田守• 録音:森史夏• 監督補:近藤幸子• 制作担当:雲井成和• 助監督:林大造• 美術:木村正宏• 衣裳:吉田直美• ヘアメイク:相澤千明• オンライン編集:山崎進• 撮影助手:岡田和実• 照明助手:津田道典、速川英明• 録音助手:廣中桃李、柴山里彩• メイク助手:菅沼凌子• 整音助手:小宮元• 衣裳協力:深野明美• アクションコーディネーター:KEIZO. 合成:林潔• 特殊メイク:快歩• スチール:三浦晃一• 制作協力:秋田忠茂• 製作・配給:株式会社ロハスプロダクションズ 設定をめぐる批判 [ ] 公開後、ヴァンパイアにかまれると同性を好きになるという設定がインターネット上で「同性愛者に対する差別」と問題視する声が上がる。 ・も鑑賞後に「この世にあるLGBT差別、偏見をすべて集めたような映画。 ほんとうに酷い」とツイート。 公開停止を求める署名運動なども起こる中、同年2月16日に製作委員会は「この映画には一部、同性愛の方々に対し不快な思いを抱かせる表現が含まれているかもしれませんが、同性愛を差別する作品ではありません」「一部の方に誤解や混乱を招いた事をお詫び申し上げます」と釈明文をリリース した。 エグゼクティブ・プロデューサーの吉本暁弘は劇中にある差別とみられてもおかしくない表現は「(試写会も含め)合議の中で誰も問題視しなかった」 と述べている。 当初は2月14日から2月27日まで公開予定だったとでは、2月21日までに公開を打ち切った。 脚注 [ ] []• com 2020年2月14日. 2020年2月18日閲覧。 映画ナタリー 2019年12月25日. 2020年2月18日閲覧。 ねとらぼ 2020年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 朝日新聞デジタル 2020年2月17日. 2020年2月18日閲覧。 AbemaTIMES 2020年2月18日. 2020年2月18日閲覧。 2020年2月21日閲覧。 ユナイテッド・シネマアクアシティお台場. 2020年2月21日閲覧。 中川コロナシネマワールド. 2020年2月21日閲覧。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

バイバイ、LGBT

バイバイ ヴァンプ

署名キャンペーンの発起人は静岡県在住の高校2年生、今田恭太さん。 男性でも女性でもないXジェンダーという性を自認していて、恋愛対象は男性と女性。 映画のことは公開される前にSNSで知った。 「自分自身も差別とか、アイデンティティーの形成で悩んだことがあって、傷ついたこともありました。 その経験から思っていることは、人の無意識下における嫌悪や差別の根底には同性愛に対する間違った認識があるということです」 「それは生活習慣からであったり、親からかもしれないし、メディアからかもしれない」 「当事者として、そして一人の人間としても、間違った認識を生み出すかもれない映画が上映されることが怖くなり、私のように自分の性別のことで傷つく人が少しでも減って欲しいなと思って署名を立ち上げました」 今田さんは小学校のころ、「オカマ」「オネエ」と呼ばれたことがあった。 中学生の時には自身が男なのか女なのかと考えていた最中、「動物の生きる目的は子孫繁栄だ」と教わり、男性を好きになる自分は本当に生きていていいんだろうかと悩んだ。 身近にいた男の子が気になった時は、そのような感情を抱いたことが悲しくなり、混乱からパニックに陥る経験をしたという。 映画の差別的な表現を前に、自分の経験が重なった。 「映画で『ホモ』という、時に蔑視的な意図で発せられる言葉が使用されていました。 すごく人を傷つけかねない表現で、私自身すごく悲しくなりました」 「クラスの生徒がヴァンパイアに噛まれて、『あいつ俺のお尻狙っているかも』と同級生が言う場面がありました。 これは実際に起こっているフォビア(嫌悪)の映しです。 ゲイの当事者がカミングアウトをすると、『俺のこと好きなの?』とか『俺のお尻狙っているの?』と言われることがあります。 現状の悪い部分を映していると感じました」 「2020年というオリンピックイヤーで、LGBTQなど多様な性を認めようというムーブメントが起きています。 誰か一人でもこれを公開前におかしいと感じることができなかったのかと、憤りを感じました」 物語は、ヴァンパイアに噛まれることによって「同性愛に目覚める」という設定だが、その後の展開も間違った認識や潜在的な差別意識を助長しかねず、「根本的な問題を感じた」という。 「同性愛は快楽に溺れているだけで愛はないという表現であったり、(噛まれた生徒たちが)教室でキスをしたり服を脱ぐなど卑猥な表現を中心にした描写。 『同性愛には走るわけにはいかない』『(舞台の町が)同性愛の街になってしまう』『女好きから男好きになるの嫌じゃね?』という発言もありました」 「同性愛者を『望ましくない人たち』として表現していることに、根本的な問題があると考えています」 中止ではなく、配慮を 今田さんは署名キャンペーンを通して、現在上映中の『バイバイ、ヴァンプ』の公開停止と、製作委員会側から公開までの経緯の説明を求めている。 しかし、作品の存在や、出演者を否定するつもりはない。 問題は、物語の設定や、作品内で描かれる一部の表現にあるという。 「どんな映画でも、芸術的な価値というのはあると思います。 それは評価されるべきです。 けれど、ヴァンパイアに噛まれると同性愛者になってしまうという設定は必要だったのでしょうか?」 「例えば、再編集をして、人を傷つけるリスクが限りなく少ない形でこの映画をまた上映できるかもしれません」 署名キャンペーンの立ち上げから高校生であることを表明している今田さん。 自身の立場を発信することで、セクシュアリティやジェンダーといった、性の多様性の会話にも高校生の意見も含めてほしいと願っている。 「今という世界は、色々な年代が作っていると思います。 近年では若者を重要視するようにはなりましたが、まだ高校生の意見というのがあまり広く受け入れられていないように感じています」 「高校生も社会を知ろうとしていること、そして高校生にも当事者が存在しているということを知ってもらいたいと思っています」 「中高生はアイデンティティーが形成される時期です。 その性の多様性を保護するという意味で、高校生にも当事者がいる、そしてジェンダーに迷う当事者がいる可能があることを知ってもらいたいと思っています」 制作側「差別する作品ではない」 映画の製作側は批判に対し、公式ツイッターなどで「この映画には一部、同性愛の方々に対し不快な思いを抱かせる表現が含まれているかもしれませんが、同性愛を差別する作品ではありません」「愛とは自由であり、人それぞれの愛が尊重されるものであるというテーマのもと、製作されました」などと声明を。 製作・配給を担当したロハスプロダクションズの公式サイトは現在アクセス不可能となっている。 映画の植田尚監督が所属する制作プロダクションMMJの担当者はハフポストの取材に対し、「お答えできる立場にない」とした上で、「弊社社員・植田尚が監督した映画『バイバイ、ヴァンプ!』において一部の方に誤解や混乱を招いた事を心よりお詫び申し上げます」と回答した。

次の