ドラフト 会議 2019 一覧。 過去のドラフト

巨人・読売ジャイアンツドラフト評価2019!結果!隠し玉!

ドラフト 会議 2019 一覧

育成枠の最多指名はオリックスの8人 「2019年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が17日、東京都内で行われ、12球団のドラフト指名選手が確定した。 支配下74人(セントラル・リーグ37人、パシフィック・リーグ37人)、育成33人(セ・リーグ8人、パ・リーグ25人)、合わせて107人が指名された。 「BIG3」と称された3人、星稜高の奥川恭伸投手は東京ヤクルトスワローズ、大船渡高の佐々木朗希投手は千葉ロッテマリーンズ、明治大の森下暢仁投手は広島東洋カープがドラフト1位でそれぞれ交渉権を獲得。 そして、甲子園では投打で活躍し、U-18日本代表「侍ジャパン」で内野手として持ち前の打撃力を発揮した東邦高の石川昂弥は、中日ドラゴンズが交渉権を獲得した。 その他にも、才能くすぶる高校生や全国の各リーグで成長を遂げた大学生、より高いレベルで経験を積み上げた社会人がプロへの扉を開いた。 また、育成枠ではオリックス・バファローズが最多の8人を指名、福岡ソフトバンクホークスも7人を指名。 近年、育成から支配下枠を勝ち取り1軍で活躍する選手も多いことから、その順位に関わらず大きな期待が膨らむ。 各球団に指名された選手は以下の通り。 セ・リーグ ヤクルト 1. 吉田大喜・投手(日本体育大) 3. 杉山晃基・投手(創価大) 4. 大西広樹・投手(大阪商業大) 5. 長岡秀樹・内野手(八千代松陰高) 6. 橋本侑樹・投手(大阪商業大) 3. 岡野祐一郎・投手(東芝) 4. 郡司裕也・捕手(慶応義塾大) 5. 岡林勇希・投手(菰野高) 6. 松田亘哲・投手(名古屋大) 広島 1. 森下暢仁・投手(明治大) 2. 宇草孔基・外野手(法政大) 3. 鈴木寛人・投手(霞ヶ浦高) 4. 韮澤雄也・内野手(花咲徳栄高) 5. 石原貴規・捕手(天理大) 6. 持丸泰輝・捕手(旭川大高) 2. 木下元秀・外野手(敦賀気比高) 3. 西純矢・投手(創志学園高) 2. 井上広大・外野手(履正社高) 3. 及川雅貴・投手(横浜高) 4. 遠藤成・内野手(東海大相模高) 5. 藤田健斗・捕手(中京学院大中京高) 6. 小野寺暖・外野手(大阪商業大) 2. 奥山皓太・投手(静岡大) DeNA 1. 森敬斗・内野手(桐蔭学園) 2. 坂本裕哉・投手(立命館大) 3. 伊勢大夢・投手(明治大) 4. 東妻純平・捕手(智弁和歌山高) 5. 田部隼人・内野手(開星高) 6. 蝦名達夫・外野手(青森大) 7. 堀田賢慎・投手(青森山田高) 2. 太田龍・投手(JR東日本) 3. 菊田拡和・内野手(常総学院高) 4. 井上温大・投手(前橋商高) 5. 山瀬慎之助・捕手(星稜高) 6. 平間隼人・内野手(BC徳島インディゴソックス) 2. 加藤壮太・外野手(BC埼玉武蔵ヒートベアーズ).

次の

【詳報】全球団の全指名選手はこちら ドラフト会議終了

ドラフト 会議 2019 一覧

読売ジャイアンツ 横浜DeNAベイスターズ 阪神タイガース 広島東洋カープ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 1位 堀田賢慎投手 青森山田高 森敬斗内野手 桐蔭学園高 西純矢投手 創志学園高 森下暢仁投手 明治大 石川昴弥内野手 東邦高 奥川恭伸投手 東邦高 2位 太田龍投手 JR東日本 坂本裕哉投手 立命館大 井上広大外野手 履正社高 宇草孔基外野手 法政大 橋本侑樹投手 大阪商業大 吉田大喜投手 日本体育大 3位 菊田拡和内野手 常総学院高 伊勢大夢投手 明治大 及川雅貴投手 横浜高 鈴木寛人投手 霞ケ浦高 岡野祐一郎投手 東芝 杉山晃基投手 創価大 4位 井上温大投手 前橋商高 東妻純平捕手 智弁和歌山高 遠藤成内野手 東海大相模高 韮崎雄也内野手 花咲徳栄高 郡司裕也捕手 慶応大 大西広樹投手 大阪商業大 5位 山瀬慎之助捕手 星稜高 田部隼人内野手 開星高 藤田健斗捕手 中京大中京高 石原貴規捕手 天理大 岡林勇希投手 菰野高 長岡秀樹内野手 八千代松陰高 6位 伊藤海斗外野手 酒田南高 蝦名達夫外野手 青森大 小川一平投手 東海大九州キャンパス 玉村昇悟投手 丹生高 竹内龍臣投手 札幌創成高 武岡龍世内野手 八戸学院光星高 7位 浅田将汰投手 有明高 育成1位 平間隼人内野手 徳島インディゴソックス 小野寺暖外野手 大阪商業大 持丸泰輝捕手 旭川大高 松田亘哲投手 名古屋大 育成2位 加藤壮太外野手 武蔵ヒートベアーズ 奥山皓太投手 静岡大 木下元秀外野手 敦賀気比高 育成3位 畝章真投手 香川オリーブガイナーズ プロ野球ドラフト会議2019 パ・リーグ全指名選手一覧 埼玉西武ライオンズ 福岡ソフトバンクホークス 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ 北海道日本ハムファイターズ オリックス・バファローズ 1位 宮川哲投手 東芝 佐藤直樹外野手 JR西日本 小深田大翔内野手 大阪ガス 佐々木朗希投手 大船渡高 河野竜生投手 JFE西日本 宮城大弥投手 興南高 2位 浜屋将太投手 三菱日立パワーシステムズ 海野隆司捕手 東海大 黒川史陽内野手 智弁和歌山高 佐藤都志也捕手 東洋大 立野和明投手 東海理化 紅林弘太郎内野手 駿河総合高 3位 松岡洸希投手 武蔵ヒートベアーズ 津森宥紀投手 東北福祉大 津留崎大成投手 慶応大 髙部瑛斗外野手 国士舘大 上野響平内野手 京都国際高 村西良太投手 近畿大 4位 川野涼多内野手 九州学院高 小林珠維内野手 東海大札幌高 武藤敦貴外野手 都城東高 横山陸人投手 専大松戸高 鈴木健矢投手 JX-ENEOS 前佑囲斗投手 津田学園高 5位 柘植世那 Honda鈴鹿 柳町達内野手 慶応大 福森耀真投手 九州産業大 福田光輝内野手 法政大 望月大希投手 創価大 勝俣翔貴内野手 国際武道大 6位 井上広輝投手 日大三 瀧中瞭太投手 Honda鈴鹿 梅林優貴捕手 広島文化学園大 7位 上間永遠投手 徳島インディゴソックス 水上桂捕手 明石商高 片岡奨人外野手 東日本国際大 8位 岸潤一郎外野手 徳島インディゴソックス 育成1位 出井敏博投手 神奈川大 石塚綜一郎捕手 黒沢尻工高 江川侑斗捕手 大分高 本前郁也投手 北翔大 宮田輝星外野手 福岡大 佐藤一磨投手 横浜隼人高 育成2位 大関友久投手 仙台大 小峯新陸投手 鹿児島城西高 植田翔太捕手 慶応大 樋口龍之介内野手 新潟アルビレックスBC 谷岡楓太投手 武田高 育成3位 伊藤大将内野手 八戸学院光星高 山崎真彰内野手 ハワイ大 長谷川凌汰投手 新潟アルビレックスBC 中田惟斗投手 大阪桐蔭高 育成4位 勝連大稀内野手 興南高 澤野聖悠内野手 誉高 平野大和外野手 日章学園高 育成5位 舟越秀虎外野手 城北高 鶴見凌也捕手 常磐大高 育成6位 荒木翔太内野手 千原台高 大下誠一郎内野手 白鴎大 育成7位 村上舜投手 山形中央高 佐藤優悟外野手 仙台大 育成8位 松山真之投手 富山GRNサンダーバーズ プロ野球ドラフト会議2019 プロ野球ドラフト会議 正式名称:新人選手選択会議)の季節が到来しました! 今年も 10月17日 木 に東京都内のホテルで開催されます。 今年のドラフト会議に指名可能な高校生は139名&大学生は108名。 日本高校野球連盟と全日本大学野球連盟それぞれに合計247名が「プロ野球志望届」を提出しました。 ここでは注目されている 「BIG3」と呼ばれる佐々木朗希投手 大船渡高 、奥川恭伸投手 星稜高 、森下暢仁 明治大 をはじめ、ドラフト会議で上位指名候補選手&注目選手をご紹介します。 プロ野球ドラフト会議2019はどこで観られる? 近年、 TBS系列の全国ネット放送でドラフト1巡目 1位 くらいまで生中継されています。 今年も10月17日(木)午後4時50分から5時50分まで放送されます。 また、CS放送「スカイA」でも、例年通りドラフト開始前の午後4時30分から育成ドラフト終了まで生中継されます。 また、ラジオではニッポン放送で「ショウアップナイタースペシャル2019 プロ野球ドラフト会議」と題し、午後5時から6時まで生放送でドラフトのもようをお伝えします。 そして、 動画配信サービス「Paravi」でも午後4時半ごろから最後の指名まで解説・実況付きで完全LIVE配信されます。 そのほか、野球デジタルプラットフォーム「Baseball Gate」では午後4時45分からLive配信が行われ、インターネットスポーツメディア「Sports Bull」では午後5時からライブ配信が予定されています。 \ 2週間無料で楽しむ!/ ドラフト会議注目の「BIG3」とは? ある分野でトップクラスの人たちや、ライバル関係にある3人を総称していう言葉で、野球界では「高校野球」や「アマチュア野球界」というくくりで呼ぶ場合が多いです。 ここではプロ野球ドラフト会議2019で最注目の3人、「 佐々木朗希投手」「 奥川恭伸投手」「 森下暢仁投手」を「 BIG3」と呼びます。 それ以前から注目を集める投手でしたが、それを機に佐々木投手をめぐる「狂騒曲」が始まりました。 多くのファンやメディアは「164」や「165」と最速記録更新を期待しました。 時代は「令和」に突入し、「甲子園で佐々木を観たい」と多くのファンが期待しましたが、県予選決勝では登板せず敗退、その起用法をめぐり物議も。 記録更新はプロの世界で… 『令和の怪物』に何球団が1位指名をするのか? 注目されています。 名門・星稜高でエースとして、 幼なじみの山瀬慎之助捕手とのバッテリーでいくつものドラマを演じてきました。 その中で最大にして最高の感動ストーリーは2019夏の甲子園、智弁和歌山高との延長14回におよぶ熱投です。 165球を投じ23個の三振を奪いました。 途中、相手選手から熱中症対策の漢方薬をもらうなど、敵味方を超えて試合は進みました。 試合後、勝者である奥川投手が涙し、その純粋な人柄に称賛の声が。 投球フォーム、制球力、多彩な変化球は「即戦力」との評価もされています。 佐々木投手とどちらが多く1位指名を受けるのか? 注目されています。 家族から「大学進学」を強く勧められ、明治大学へ進学。 それでも大学3年まではリーグ戦9勝止まり。 「勝てそうで勝てない投手」と言われていた森下投手。 4年生になり実戦での打者との駆け引きを学び、「勝てる投手」へと変身をとげ、リーグ優勝、大学日本一、日米大学野球最高殊勲選手に輝きました。 「コントロールに自信がある」と公言するほど、制球力があり、プロ野球でも即戦力として活躍ができるといわれています。 佐々木&奥川両投手に指名が集まることが予想されますが、森下投手も競合すること必至だと思います。 2019年度ドラフト会議注目の【投手】はこの選手! 「野球は投手次第」という意見が根強くありますが、それを裏付けるかのように毎年「投手」に有望な逸材が多く現れ、プロ球団も投手を多く指名する傾向があります。 今年も「BIG3」や「高校BIG3」などと言われるのが投手です。 ここではメディアなどで取り上げられる 注目の投手をご紹介します。 「BIG3」以外でドラフト1位指名される可能性が高い投手は 先述の「BIG3」と佐々木・奥川・森下投手は当然ですが、それ以外の選手を3人ご紹介します。 2019年に開催されたU18W杯で厳しい場面での登板など投打にフル回転し、MVP級の活躍を見せ、評価が急上昇。 元ヤクルト林昌勇投手の映像を見て研究してきた。 国際大会にたびたび日本代表として登板し、自責点は0。 投手 選手名 所属 投げ打ち 佐々木朗希 大船渡高 右投げ右打ち 奥川恭伸 星稜高 右投げ右打ち 西純矢 創志学園高 右投げ右打ち 及川雅貴 横浜高 左投げ左打ち 宮城大弥 興南高 左投げ左打ち 鈴木寛人 霞ケ浦高 右投げ右打ち 前佑囲斗 津田学園高 右投げ右打ち 堀田賢慎 青森山田高 右投げ右打ち 林優樹 近江高 左投げ左打ち 井上広輝 日大三高 右投げ右打ち 森下暢仁 明治大 右投げ右打ち 伊勢大夢 明治大 右投げ右打ち 津森宥紀 東北福祉大 右投げ右打ち 吉田大喜 日体大 右投げ右打ち 北山比呂 日体大 右投げ右打ち 望月大希 創価大 右投げ右打ち 米田知弘 大阪大谷大 右投げ右打ち 河野竜生 JFE西日本 左投げ左打ち 立野和明 東海理化 右投げ右打ち 宮川哲 東芝 右投げ右打ち 太田龍 JR東日本 右投げ右打ち 浜屋将太 三菱日立パワーシステムズ 左投げ左打ち 嘉陽宗一郎 トヨタ自動車 右投げ右打ち 小木田敦也 TDK 右投げ右打ち 野村尚樹 東京ガス 右投げ右打ち 本田健一郎 JEF東日本 右投げ左打ち 宅和健太郎 NTT西日本 左投げ左打ち 松岡洸希 埼玉武蔵ヒートベアーズ 右投げ右打ち 長谷川凌汰 新潟アルビレックスBC 右投げ左打ち 2019年度ドラフト会議注目の【捕手】はこの選手! 「育てるのに時間がかかる」といわれる捕手。 なかなかひとりの捕手でシーズンを乗り切れない球団が多い状況下で、魅力的な捕手が粒揃いです。 高校生と大学生から注目の捕手をひとりずつご紹介します。 強肩で走者を簡単に盗塁させない。 インサイドワークも丁寧で、奥川が気持ち良く投球ができるように工夫している。 プロでもバッテリーを組ませたいと思っているファンは少なくないのではないでしょうか。 「大学No. 72秒 【コメント】今年の日米大学野球を正捕手として優勝に導いた立役者。 課題といわれる打撃面も向上しておりリーグ戦でも本塁打も放っています。 プロ野球ドラフト会議2019【注目捕手】一覧 2019年度ドラフト会議注目の【内野手】はこの選手! 「即戦力」と期待される大学生や社会人ですが、プロの投手の球はそう簡単には打てないと思います。 近年は甲子園で活躍した将来が楽しみな高校生に注目が集まります。 昨年の広島ドラフト1位小園海斗は1年目から1軍の試合に出場し4本塁打を放つなど 早くから1軍出場が期待される高校生もいます。 ここではその可能性がある2人の高校生内野手をご紹介します。 8秒の俊足と強肩から、U18W杯では外野手不足からセンターを守らされそつなくこなした。 一部のスカウトからは昨年のドラフトの主役だった 「根尾昴や小園海斗に匹敵する素質がある」と評されています。 U18W杯では4番を任され、勝負強い打撃を披露しました。 木製バットにも対応しており、守備次第では早く1軍でプレー出来る可能性を秘めているのではないでしょうか。 内野手 選手名 所属 投げ打ち 森敬斗 桐蔭学園高 右投げ左打ち 石川昴弥 東邦高 右投げ右打ち 韮澤雄也 花咲徳栄高 右投げ左打ち 武岡龍世 八戸学院光星高 右投げ左打ち 遠藤成 東海大相模高 右投げ左打ち 紅林弘太郎 駿河総合高 右投げ右打ち 黒川史陽 智弁和歌山高 右投げ左打ち 上野響平 京都国際高 右投げ右打ち 勝俣翔貴 国際武道大 右投げ左打ち 福田光輝 福田光輝 右投げ左打ち 安本竜二 法政大 右投げ右打ち 伊藤雅人 国学院大 右投げ右打ち 山形堅心 創価大 右投げ右打ち ラミレス・レンソ 白鴎大 右投げ右打ち 諸見里匠 日本通運 右投げ右打ち 小深田大翔 大阪ガス 右投げ左打ち 片山勢三 パナソニック 右投げ右打ち 平間隼人 徳島インディゴソックス 右投げ左打ち 2019年度ドラフト会議注目の【外野手】はこの選手! 近年、外野手は走攻守のバランスを求められる傾向があります。 強肩は標準装備として、評価されがちですが、 強打、好打の外野手をご紹介します。 大柄ながら50m6秒3と盗塁も記録しています。 高校の先輩山田哲人 東京ヤクルト を目標にプロでも大きなアーチを期待したいです。 外野手 選手名 所属 投げ打ち 井上広大 履正社高 右投げ右打ち 菊田拡和 常総学院高 右投げ右打ち 伊藤海斗 酒田南高 左投げ左打ち 堀裕貴 高岡商高 右投げ左打ち 塩﨑栄多 浜松工高 右投げ右打ち 柳町達 慶応大 右投げ左打ち 宇草孔基 法政大 右投げ左打ち 吉田開 富士大 右投げ左打ち 菅田大介 奈良学園大 左投げ左打ち 加藤雅樹 早稲田大 右投げ左打ち 髙部瑛斗 国士舘大 右投げ左打ち 蛯名達夫 青森大 右投げ右打ち 山田知輝 東洋大 右投げ左打ち 佐藤直樹 JR西日本 右投げ右打ち 笹川晃平 東京ガス 右投げ右打ち 加藤壮太 埼玉武蔵ビートベアーズ 右投げ左打ち プロ野球ドラフト会議・過去10年間各球団のデータ ここからは直近、過去10年間 2009~2018年 の各球団のドラフト1位指名に関するデータをご紹介します。 各球団の特徴が垣間見られます。 贔屓球団のデータをご覧頂き、「今年は〇〇選手を指名しそうだな」とか「今年こそは抽選当ててよ」などと想いをめぐらせてみてください 【読売】エースと4番を単独指名で獲得 単独指名が多かった傾向から果敢に競合を恐れずに人気選手を指名するも、くじ運がまったくなし…。 それでも 現エースの菅野智之と、現4番の岡本和真を獲得できたのは大きいですね。 【今ドラフトは…】即戦力投手、ポスト坂本を睨んだ将来に可能性がある内野手、今季で引退する阿部慎之助のような打てる捕手を指名が予想されています。 今オフにポスティングでMLB移籍を表明した主砲・筒香嘉智の後継者探しも重要課題ですね。 10年間のドラ1選手が全員在籍しているなど選手を大切にしているところは好印象。 2年連続甲子園のスターを競合で獲得するなどいいドラフトができていますね。 【今ドラフトは…】リーグ4連覇を逃し、投手陣の補強などが望まれます。 投手出身の佐々岡真司新監督の意向も左右する可能性も? 地元出身選手の指名も見逃せないですね。 10年間のドラ1選手が全員在籍しているなど選手を大切にしているところは好印象。 2年連続甲子園のスターを競合で獲得するなどいいドラフトができていますね。 【今ドラフトは…】リーグ4連覇を逃し、投手陣の補強などが望まれます。 投手出身の佐々岡真司新監督の意向も左右する可能性も? 地元出身選手の指名も見逃せないですね。 【今ドラフトは…】1位指名は投手で間違いないと言われています。 地元出身 所属 の注目選手もいるので、そこをちゃんと獲得できるか注目です。 【今ドラフトは…】投手出身の高津臣吾新監督も「投手が欲しい」と球団に要望しており、投手中心のドラフトになることは間違いないです。 かつては6球団競合選手を連続して獲得した強運もありました。 【今ドラフトは…】2年連続リーグ制覇も、いずれもクライマックスシリーズで敗退。 強力打線は12球団随一も、投手陣の不安やリーグワースト1の失策数などディフェンス強化が命題となる。 また主将の秋山翔吾がMLB移籍の可能性があるため、流出を想定した野手の指名も必要ではないかと思われます。 また、縁がある「 富士大学」の左の強打者・ 吉田開外野手を指名するのかも楽しみです。 必ずしも大成功といえるドラフトではないですが、 12球団イチといえる選手層の厚さがある程度余裕をもって指名を行えるのではないでしょうか。 【今ドラフトは…】間違いなく注目投手を指名するでしょう。 抽選をするのが工藤公康監督なのかわかりませんが、 昨年まで抽選5連敗中の工藤監督が抽選に挑み、その悪い流れを止められるか注目ですね。 それでも1位指名選手が順調に活躍しているかはわかりません。 選手層があまり厚くはないので、即戦力選手獲得に重きを置いたほうがいいと思います。 また 東北出身 所属 の選手獲得も変わらずに続けてほしいですね。 【今ドラフトは…】 東北出身の佐々木投手を指名するのか? いずれにしても石井一久GMのくじ運に注目ですね。 平成初期の頃は「入団拒否」をする選手もいましたが、ハートのある応援をするファンがいるなど魅力的な球団に成長し、多くの人気選手も入団しています。 強かった時代をもう一度…その軸を支える選手が必要だと思います。 【今ドラフトは…】競合覚悟で注目選手を指名すると思います。 チームの中心となりうる選手の獲得は急務だと思います。 昨年ドラ2の東妻勇輔の弟でドラフト候補生の純平捕手 智弁和歌山高 を指名して 兄弟バッテリー実現を目指してほしいですね。 編成の手腕は誰もが認めるところですね。 下位指名でも話題性があり、実力もある選手を指名するしたたかさもすごいところですね。 【今ドラフトは…】早くも 「ドラフト1位は佐々木」と公言しており、へたな駆け引きもなく、清宮幸太郎の時と同様に事前面談を行わなかったのはすごい。 でも、下位に終わったチームなので課題も山積み。 即戦力を多く指名する必要性があると思います。 抽選で勝てないので、 即戦力の単独指名が目立ちます。 スター選手が欲しいところだと思うので、競合を恐れずに果敢に注目選手を指名してほしいですね。 【今ドラフトは…】 昨年同様に高校生1位指名となる予感です。 捕手強化も課題のひとつなので、そちらにも目を向ける可能性もあると思います。 ドラフト1位は競合したら「抽選 くじ引き 」というルールです。 「人の人生をくじ引きで決めるなんて」という声も毎年上がりますが、当の選手は憧れの「プロ野球」という世界に入るために子どものころから苦しい練習を重ねてきたのです。 ファンとしては、「プロでもがんばれ!」と声援を送ってあげたいです。 いずれにしても候補者たちにとって「運命の日」は10月17日です。 ドラフト会議後の各球団の指名結果なども後日、MS編集部では解説したいと思います。

次の

ドラフト会議|東北楽天ゴールデンイーグルス

ドラフト 会議 2019 一覧

巨人のドラフト2019結果!まとめ一覧!隠し玉は誰?! ドラフト一位は? 花巻北中から「県外に進学した方が成長できると思った」と青森山田へ入学します。 入学時は体重64キロだったが寝る前に餅を食べる食トレなどで増量し、まだまだ成長過程です。 昨秋八戸学院光星に1-17で敗戦した悔しさ胸に一冬で成長しました。 詳しくはこちら ドラフト二位は? 豪快なフォームから威力のあるストレートで押していく大型右腕。 素材の良さは見事。 まだ波があるものの、徐々に安定感が出てきた。 高校通算58本塁打の「常総のバレンティン」。 今夏茨城大会8強。 取手ファイトクラブ出身です。 ドラフト四位は? 井上温大が巨人からのドラフト4位指名をうけました。 1メートル75と決して大柄ではないが、フォームのバランスなど安定感は抜群の左腕です。 ドラフト五位は?山瀬 慎之助 巨人でドラフト5位で指名された山瀬 慎之助の評価・評判です。 星稜高校出身であり、捕手です。 バッティングはどうだったのでしょうか。 名前から阿部慎之助の後継者になれるでしょうか。 幼少時から阿部グッズを愛用し、マスクを上げる角度もマネしてきたそうです。 間違いなくバズーカ、弾丸としか言いようのないセカスロを繰り出す爆肩捕手です。 評価や隠し玉は? 右ピッチャー2人、左ピッチャー1人。 右と左の結構なパワーヒッター。 キャッチャー一人とバランスがよいのではないでしょうか。 キャンプが楽しみです。

次の