枕草子 作者。 「枕草子」は和歌の苦手な作者・清少納言の劣等感から生まれた作品だった!

清少納言の作品【枕草子】とはどんなモノなの?わかりやすくカンタンに!

枕草子 作者

現代語訳(口語訳) 春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。 (日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。 夏は夜(が良い)。 月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。 また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。 雨が降るのも趣があって良い。 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。 言うまでもなく雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。 すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。 冬は早朝(が良い)。 雪が降(り積も)っているのは言うまでもなく(素晴らしく)、霜が(降りて)とても白いのも、またそうでなくてもとても寒い(早朝)に、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。 昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。

次の

『枕草子』の魅力とは?

枕草子 作者

現代語訳(口語訳) 春は夜がほのぼのと明けようとする頃(が良い)。 (日が昇るにつれて)だんだんと白んでいく、山際の辺りがいくらか明るくなって、紫がかっている雲が横に長く引いている様子(が良い)。 夏は夜(が良い)。 月が出ている頃は言うまでもなく、(月が出ていない)闇夜もまた、蛍が多く飛び交っている(様子も良い)。 また(たくさんではなくて)、ほんの一匹二匹が、ぼんやりと光って飛んでいくのも趣がある。 雨が降るのも趣があって良い。 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。 言うまでもなく雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに)大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。 すっかり日が落ちてから(聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく(すばらしい)。 冬は早朝(が良い)。 雪が降(り積も)っているのは言うまでもなく(素晴らしく)、霜が(降りて)とても白いのも、またそうでなくてもとても寒い(早朝)に、火などを急いでおこして、(廊下などを)炭を持って移動するのも、たいそう(冬の朝に)ふさわしい。 昼になって、生暖かく(寒さが)だんだんとやわらいでいくと、火桶に入った炭火も白い灰が多くなっているのは(見た目が)よくない。

次の

枕草子『春はあけぼの』わかりやすい現代語訳と単語の意味 / 古文 by 走るメロス

枕草子 作者

makura 清少納言の鋭い観察眼が光る日本初の随筆集 枕草子 1 作品について 2 作者について 3 『枕草子の由来』 1 作品について 『枕草子』は、長いのや短いのを含め300あまりの章段からなる随筆集で、内容によって3つに分類されます。 「鳥は〜」とか「うつくしきもの〜」とか、それぞれのテーマに応じて作者の感性に触れる物事を列挙し、さらに主観的な解説を加えたものです。 有名な「春はあけぼの」は、ここに分類されます。 宮中での生活が生き生きと描かれています。 つまり、様々なことに関する清少納言の意見が書かれているわけなのですが、その中にはとても鋭い意見などもあり、彼女の注意力や着眼点がすばらしいものだということがわかります。 2 作者について 『枕草子』の作者の清少納言は、父親の清原元輔は有名な歌人で『後撰集』の選者の一人でもありました。 16〜17歳の頃、橘則光と結婚し、男の子を一人もうけますが、まもなく離婚します。 その後、親子ほど年の離れた藤原棟世と再婚します。 またその後の993年から一条天皇の中宮定子の下に仕えたと言われています。 この頃でも、離婚したり再婚したりと言うことがあったのですね。 離婚した橘則光とは、離婚後は兄弟のようだったともいわれており、不思議なものです。 3 『枕草子』という書名の由来 『枕草子』という書名の由来と成立については、本人が書いています。 清少納言がお仕えしている中宮定子の兄の伊周 これちか が、天皇と定子に上等な紙をプレゼントしました。 天皇はそれに『史記』を書写させ、定子は清少納言に相談を持ちかけました。 清少納言は機転を利かせて、「帝が『シキ』ならこちらは『マクラ』でしょう」と答えて、その褒美に中宮から紙をもらって、『枕草子』をつづったということなのです。 「シキ」と「マクラ」の関係をどう解釈するかについては色々な説がありますが、「シキ」を靴底の「底 しき 」として足に関係するものと見て、「マクラ」は寝具の「枕」で頭に関するものと見る説が有力です。 紙を褒美にもらうなんて、と思う人がいるかもしれませんが、この時代は紙は貴重品だったんですよ。 現代では紙はすぐに手に入りますが、それは木でできており、その資源は限られていますし、昔のように大切に使わなければならないものだなと感じさせられました。

次の