ケイジとケンジ ネタバレ。 『ケイジとケンジ 』第7話のネタバレ感想|主犯は誰? 修平の自虐セリフ集

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時|7話ネタバレと感想。集団暴行。誰が一番悪い?

ケイジとケンジ ネタバレ

【ドラマ】ケイジとケンジ(第8話)あらすじとネタバレ 午後10時過ぎ、仲井戸刑事が当直の夜、交番から事件の連絡が入りました。 はだしで歩いていた5~6歳くらいの女の子が保護されたとのこと。 女の子の体には、首から下の15か所に暴行されたような皮下出血が。 誰かに虐待されていた可能性があります。 そういううち、女の子の母親だと名乗る女性が現れました。 女性の名前は、 三崎真由子(桜井ユキ)。 スーパーの店員をしているシングルマザーです。 娘の名前は、 三崎えみ(渋谷南那)ちゃんだということがわかりました。 任意同行して事情を聴きましたが、子供の虐待に関しては頑なに否認。 かくたる虐待の証拠もないため、そのまま家に帰すことになりました。 とはいえ疑いが晴れたわけではありませんので、 仲井戸刑事(桐谷健太)と毛利刑事(今田美桜)が担当し、捜査を継続することになりました。 一方、 目黒刑事( 磯村勇斗)が担当するのは、暴行事件です。 昨日、 加瀬沢太一(三村和敬)は、 段田拳四郎(松永拓野)さんに暴行を加えたという容疑で逮捕されました。 ところがのちの調べで、キャバクラ店店主、 澤登大介(木村龍)が立ち合い人となって、殴り合っていたことがわかりました。 要は、 決闘ということになります。 それが事実であるなら、傷害罪に決闘罪まで加わることになるかもしれません。 決闘罪なら、やられた方もやった方も、全員共犯として処罰の対象です。 「けっとう罪」なんて、令和の時代にもあるんですねェ~ この二つの事件が、今後どのように関連してくるのでしょうか。 早速令状をとって、三崎真由美さんの自宅を家宅捜索をします。 しかし予想に反し、これといった虐待の物証は見つかりませんでした。 そこで三崎さんを警察に呼び、聴取することに。 ついに三崎さんは 「手を上げたことはあります、なんどか・・・」という供述をし、そのまま検察に送致されることになりました。 ちょっぴりもらい泣きしそうになりました! 仲井戸刑事と毛利刑事は、児童相談所に入っている三崎えみちゃんに会いに行くことにしました。 表情がなく、にこりともしないえみちゃん・・・。 ところがえみちゃんは、仲井戸刑事が手を振り上げたとたん、ぎょっとした表情をしたのです。 仲井戸刑事と毛利刑事は、その表情の変化を見逃しませんでした。 えみちゃんは母親にではなく、実は、男性に虐待されていたかもしれない可能性が出てきたのです。 「三崎さんの自宅から30代半ばの男性が出てくるのを見た」という証言もあります。 その男性は 、久我山かつやさん。 久我山は、三崎さんのスマホから削除された写真データを復元することで浮上してきた男性です。 久我山との親密さを証明するような、LINEデータも復元されました。 しかし三崎さんは、頑なに久我山との関係を認めようとしません。 久我山は自宅にもおらず、携帯にも出ません。 おそらく久我山は三崎さんの内縁の夫で、えみちゃんが警察に保護されたとき、虐待の発覚を恐れ、姿をくらましたにちがいありません。 しかし三崎さんは、今も久我山をかばい「自分が虐待した」と言い張っています。 どうしたら本当のことを自供してくれるのでしょうか。 このままでは三崎真由子を傷害罪で起訴することになってしまいます。 ・・・真島検事たちは、壁にぶつかっていました。 少しずつ、心を開いてくれるようになったえみちゃん。

次の

【ケイジとケンジ4話】ネタバレと感想!視聴率は?

ケイジとケンジ ネタバレ

Contents• tv-asahi. 6歳の女の子に虐待疑惑 交番の田口から、6歳の女の子を保護したと豪太のところに連絡が来ます。 女の子は笑美と言い、 深夜 に裸足で歩いていた上に体中に15ヶ所もの皮下出血 がありました。 虐待を疑う豪太たちでしたが、笑美の母親の真由子が交番に現れます。 交番に出向き、真由子に虐待の疑いがあることを伝えて任意同行する豪太。 事情聴取しますが、転んだのだと虐待を否定します。 一方、加瀬沢という男が暴行事件を起こし捕まり、被害者の段田以外に立会人の澤登もいたことが判明。 立会人の存在が本当であれば決闘罪にあたると言い、目黒と桂が担当することになります。 笑美の事件は豪太とひかるが担当になり、検事は修平に決まるのでした。 加瀬沢も段田も、取調べに対し澤登は関係ないと庇います。 当の澤登も審判をするから思い切り殴り合えと言っただけだと主張しますが、それが二人を煽ったことになり決闘罪になるのだと説明。 虐待を否定する真由子 場面写真が届いております。 夜中に裸足で街を歩いていた6歳の少女。 虐待の可能性を感じた仲井戸豪太 は、少女の母親に任意同行を求めるも、 母親は虐待を否定し、そのまま釈放。 果たして事件性はあるのでしょうか? 放送をお楽しみに。 その後、真由子の家を家宅捜索するものの、虐待の証拠になるような物は何も見つかりません。 アパートの住人が笑美が夜に裸足で立たされているのを目撃したことを真由子に指摘すると、躾だと答えます。 体のアザについては学校でいじめられたのだと言いますが、虐待については否定する真由子。 取調べの様子を見ていた修平は、後は自分が取り調べると言い送致するように指示するのでした。 同じ頃、加瀬沢や段田、澤登の三人も送検され、日下や持丸が取調べを行います。 悪びれる様子のない三人。 児童相談所に笑美を訪ねた豪太とひかるでしたが、豪太が手を上げた際に怯える仕草を見せる笑美。 ひかるが同じようなことをしても怯えることはなかったことから、男性から虐待を受けていると考える豪太たち。 久我山を庇う真由子 その後の調べで、真由子が久我山という男と付き合っていることが分かります。 修平は取調べの際に、真由子のスマホから削除された久我山の画像やメールのやり取りを見せます。 久我山が笑美を虐待していたのではないかと尋ねると、 自分が笑美を虐待したのだと言い出すのでした。 久我山は行方をくらまし、連絡もつかない状態でした。 恐らく真由子が、笑美が保護されたことを知らせたことで逃げ出したとのだと言う修平。 さらに、豪太が真由子を一度家に帰したせいで、久我山の荷物を全部処分する時間を与えてしまったのだと非難します。 笑美から誰に虐待されたのか聞き出すよう指示する修平でしたが、それよりも真由子に久我山のことを自供させろと言う豪太と言い合いになるのでした。 笑美の元に、絵本を持って訪れた豪太とひかる。 読んでいると「うさぎのリリー」という絵本に興味を示し、自分で読み始めます。 ですが、豪太が家に男の人がいなかったかと尋ねると、黙ってしまう笑美でした。 繋がった二つの事件 第8話の場面写真です。 真剣に会議中なのは、 桜木署刑事課係長・多胡永吉()と、 目黒元気()、桂二郎()の三人衆。 複数人が絡んだとある暴行事件から、思わぬ罪状があぶり出されます。 事件の流れにも要注目です。 取調べの中で「うちらのグループ」という言葉を耳にした持丸は、 三人が半グレ集団の仲間ではないかと考えていました。 澤登を庇っているのは、彼が組織の上の立場だからだと言う持丸。 目黒たちに補充捜査を指示することになります。 真由子と久我山が一緒に訪れたバーを見つけた豪太たちは、真由子が久我山に気を遣っているように見えたことを聞き出します。 指人形を持って笑美のところに行き、笑美にうさぎのリリー役をさせながら心を開かせる豪太とひかる。 笑顔になった笑美は、 久我山という男から虐待を受けたことをハッキリと話すのでした。 修平は、笑美が証言している映像を見せながら真相を聞き出します。 始めは好きで嫌われたくなかったが、自分や笑美に暴力を振るう久我山が怖くなり、離れられなくなったと自供する真由子。 反省している真由子は、起訴して親子を離さない方がいいという修平の考えで起訴猶予処分になるのでした。 目黒と桂の捜査により、澤登たち三人がベイシャークスという半グレ集団に所属していることが判明します。 しかも、 ベイシャークスのリーダーは久我山 だったのでした。 ケイジとケンジ8話の感想と考察・視聴率 第8話では… 深夜に裸足で街を歩いていた6歳の少女を、警察が保護。 虐待のおそれを感じた仲井戸豪太 は、 無反応な少女から話を引き出すため、 あの手この手で頑張っています。 思惑入り乱れる群像劇。 お楽しみに。 ケイジとケンジ8話の感想 6歳の女の子が虐待されていることに、涙を流しながら腹を立てる豪太のキャラクター、好きです。 何に対しても全力で熱すぎるところはあるものの、あのキャラクターあってこその「ケイジとケンジ」ですよね。 指人形で笑美の心を開かせる場面には、ほっこしたとともに、グッと来てしまいました。 豪太とひかるの優しさや温かさが伝わってきて、すごくよかったです。 笑美を演じた子役の女の子・渋谷南那ちゃんの演技も、必見です。 怯える様子や黙り込む表情から、徐々に心を開いて笑顔になっていくのが自然でした。 思わぬ展開で、暴行事件の三人が久我山と繋がるという流れも興味深いですね。 次週、もう最終回ということで、少し寂しいです。 東出昌大さんの件でいろいろあったものの、作品そのものは単純に面白いと感じますし、キャストも秀逸だと思います。 ぜひシリーズ化して欲しいな~と個人的には思っていますが、キャストそのままでというのは難しいのでしょうか。 ケイジとケンジを無料トライアルで観る ケイジとケンジ8話の視聴率 「ケイジとケンジ」7話の視聴率は、 9. 4%でした。 1話:12. 2話:9. 3話:10. 4話:8. 5話:9. 6話:9. 7話:9. 8話:9. 4% これだけ安定した視聴率なので、10話まであるのかと期待していましたが、9話で終わってしまうようです。 ラストはどのくらいまで伸びるのでしょうか。 「ケイジとケンジ」8話は期間限定で・で無料配信されています。 期間内に見逃してしまった場合は、U-NEXTでの無料トライアルがオススメです。 登録時にポイントが付与されるので、そのポイントで観ることができちゃいます。 ケイジとケンジを無料トライアルで観る ケイジとケンジ8話のあらすじネタバレ感想動画まとめ 「ケイジとケンジ」8話のあらすじネタバレや感想、動画情報についてご紹介しました。 いよいよ次週で最終回です。 久我山を捕まえることはできるのでしょうか。 ラストがどんな終わり方になるのかも注目ですね。

次の

【ケイジとケンジ】8話のあらすじネタバレと感想!仲井戸の叫び…幼い少女を救え!

ケイジとケンジ ネタバレ

「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」1話のネタバレとあらすじ 熱意と人情味はあるがちょっとドシな刑事、仲井戸と、エリートでイケメンだが異常にプライドが高い検事、真島が繰り出すドラマ。 仲井戸はもともと交番勤務だったか、今回栄えて刑事に昇格することになった。 より一層やる気を出し、持ち前の明るさを発揮して周りともうまく溶け込んでいく。 ある時、仲井戸は空き巣未遂の容疑者を現行犯で捕まえたが、それはなんとかつての自分が高校教師をしていたときの教え子、ナメカワだった。 そして、彼は連続空き巣の犯人でもあった。 一方で、その事件の検事を担当することになった真島。 ナメカワの取り調べをした際に、一年前、自宅で心臓発作で倒れて死んだ老人を付き倒したのもナメカワじゃないかと強盗殺人の疑いをかける。 それに対して、勝手な想像で、言いがかりだと反発する仲井戸。 刑事を下に見る真島の態度にも腹をたてるのだった。 ナメカワの強盗殺人容疑で起訴するため、老人の自宅を再捜査するように命じる真島。 そこでナメカワの髪の毛が侵入した証拠として見つかってしまう。 仲井戸の余計の一言でナメカワは自分が殺人をおかした可能性を察した。 検察の取り調べに黙秘を始めたナメカワに、真島はあんたが余計なことを言ったせいだと仲井戸を攻め立てる。 そこで二人は口論になり、真島は好意を持っている事務官のミナミが仲井戸の妹であることを知る。 仲井戸とミナミが居酒屋にいると、仕事終わりの真島が入ってくる。 悩んだ挙げ句、彼はナメカワに強盗殺人では起訴せず、窃盗と住居侵入でのみ起訴することに決めたのだった。 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」1話で新たに判明したこと• ミナミは仲井戸の妹だった• ナメカワは仲井戸が高校教師をしていた際の教え子だった• 妹のみなみがぶちギレると大阪弁が出る 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時1話」1話を観た視聴者の感想や考察 50代女性 もちうさぎ 桐谷健太さんが、高校教師から刑事に転職した仲井戸豪太を熱演していて、とてもはまり役だったのではないでしょうか。 体育会系の性格ですぐに突っ走ってしまい、市民の目線と考え方を持っている熱い男を見事に演じていたのではないでしょうか。 東出昌大さんが、東大法学部、大学院を卒業した超エリートの検事・真島修平をエリート過ぎて、一般の人と感覚がだいぶズレていて、市民感覚があまり理解できない人物をどこか頼りない感じを上手く表現していてすごく良かったです。 普通であれば、絶対に交わることのない所轄の刑事と検察庁の検事が、ぶつかりあいながらも、事件に立ち向かっていく姿が良かったです。 比嘉愛未さんが、ぶちギレた時に使った大阪弁が、とても可愛くて新鮮でとても良かったです。 透明感があって、すごく美しかったでしたね。 今田美桜さんが、裏表のないサバサバした性格で、若い男性に全く興味がない女刑事を、体を張って熱演していてとても良かったのではないでしょうか。 30代男性 りっちー まったく性格も立場も違う刑事の仲井戸と検事の真島が出会って、最初は刑事を完全に下に見る真島に腹がたちましたが、恋心を寄せる事務官のミナミの兄が真島ということを知ると少し怖気づいて態度が変わったのがかわいかったです。 また、真島は仕事はばりばり、性格もクールながらも、ところどころお茶目なところを見せたのがイメージが変わって好感を持てました。 一方で、仲井戸はちょっと熱血過ぎるかな?とも思えますが、元教え子を守りたくなる気持ちはわかるので、そこは刑事という立場を忘れてしまうことは仕方ないのかなと思います。 真島に対して、感情が爆発してしまったシーンはすかっとしましたが、ボケ!とかちょっと言いすぎな部分はありますね。 そしていかんせん、ミナミが二人の間にたっていい感じに回しているのが面白かったです。 今後も事件をお互いで共有することになるのかなと思いますが、ミナミがいいキーパーソンになるのかなと思っています。 40代女性 まろんまろん 「ケイジとケンジ」というタイトルと、桐谷健太さん、東出昌大さんのW主演ということで熱血刑事とインテリ検事、の組み合わせがすぐにイメージできてしまったので、そのイメージをいい意味でどう裏切ってくれるのかなぁ、と期待しながら見始めたんです。 あと脚本が、あの大河ドラマ『龍馬伝』や『HERO』、『ガリレオ』シリーズを手がけてきた、ベテランの福田靖さんである、ということにも期待してました。 桐谷健太さんが演じる主人公、仲井戸豪太がこってこての大阪弁でまくしたてる熱血刑事、という設定は、まさにイメージ通りだったのですが、面白かったのは豪太の経歴でしたね。 刑事になる前に高校の体育教師をしており、やんちゃな子どもたちを相手にしていた時に、その子たちを守るためにはぜひ警察官に…と転職を決心した経緯があったことですね。 で、いざ憧れの刑事になって、意気揚々と捕まえた最初の犯人が自分の教え子だった!というところで、犯人と顔を合わせた時の、桐谷さんの表情、元教え子である犯人役の馬場徹さんの表情が、とってもリアリティがあってよかったですね。 今後もどんな形で熱血体育教師だったことが影響してくるのか、展開が楽しみになりました。 40代女性 ドラマ大好き 交番勤務から晴れて刑事になった事で空回した熱血刑事を演じている桐谷健太さんがとても印象に残ってます! それとは反対にインテリ感を押し出した事務官の比嘉愛未さんに好意を抱いているものの実る気配のない東出昌大さんのなんとも言えない独特さも見ものです。 そしてストーリーの途中から明らかになる相関図には桐谷健太さんと比嘉愛未さんが兄妹という驚きもありながら今後東出昌大さんと比嘉愛未さんがどのような展開になるのかも恋愛ものが好きな私には興味が湧いてきました。 また桐谷健太さんが警察官になる前に実は高校教師だったという意外な経歴まで判明して早く続きが知りたくなりました。 そして、刑事と検事の上下関係を壊そうとする無鉄砲な桐谷健太さんと上昇志向が強い東出昌大さんが硬い頭を柔らかくし耳を傾け始めた事でいままでの常識を2人が打ち破ろうとしていく様に目が離せませんでした。 これからのストーリーも一話以上にきっと目が離せなくなると期待しています。 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」2話の予想!仲井戸豪太の話術がさらに事件を呼ぶ? 次回も被疑者としてつかまった男が、仲井戸豪太の熱のこもった話術と説得によって、思わず自白してしまう、というところから、さらに問題が大きくなっていくようですね。 説得がうまいなんて、さすが教師!と拍手を送りたいところですが、一見良い事のように思える、その出来事がかえって事件を大きくしてしまう、という意外な展開に期待してしまいますね。 また、東大卒のエリート検事、真島修平を演じている東出昌大さんが、またもや豪太たちに上から目線で色々と指図をしてくるようですが、修平は豪太に対してエラそうにしていていいのでしょうか? 1話の終わり方だと、まだ修平は比嘉愛美さんが演じる、豪太の妹であり、美人事務官のみなみのことを全然あきらめていないようですから、そのみなみさんの兄である豪太に対して、あまり頭が上がらないんじゃないのかな?と思うのですが…。 ただ、修平という人物が、東大卒で頭はめちゃめちゃいいけれど、どこかピントがずれてて、普通の感覚では理解できない人物っぽいので、仕方ないのでしょうか? 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」1話の見逃し配信を無料視聴する方法!やっぱりU-NEXTがオススメ! 「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」のフル動画は で見ることができます! また、最新話のみでしたらTVerやテレ朝動画で見ることも可能です。 はドラマの途中で広告が入ることもなく、全話一気に観られるのでオススメです! その他各動画配信サービスの「 ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」配信状況は下記をご覧ください。 しかしこれらのサービスでは、約7日間経つと配信が停止してしまうので、それ以前の話数は観られなくなってしまいます。 また「TVer」や「テレ朝動画」は ドラマの途中に広告が流れてしまい、YouTubeのようにスキップができません。 結構長い広告も流れるので、かなりストレスですよね。 それに対して は全話公開しておりますので、一気見することが可能な上、広告も流れないので、快適にドラマを観ることができます。 他のドラマや映画、アニメなどの動画コンテンツも楽しむことができるのでオススメですよ!.

次の