エクセル 時間帯ごとの人数。 Excel 実用編 [勤務時間計算の例]

Excelで作る「シフト表・勤務表」無料テンプレート

エクセル 時間帯ごとの人数

Q はじめまして。 お客様が店舗に来店された時間ごとの人数をつかみたいのですがどういう関数を使ってすればいいかおしえてください。 A列に入店した時刻、B列に退出した時刻が年月日時分秒(数値はシリアル値)で書かれており、同じ時間を共有したお客様つまり入店して退出する間の時間が共通しているお客様の人数を1時間ごとに区切って数えたいと思いますがそういったことは可能でしょうか?分かりにくい質問かもしれませんが回答をよろしくおねがいします。 A ベストアンサー 質問の希望が関数でと書いてあるのは読んでいる。 しかしこういう分析的なことを行うのに関数でというのは、適切でない。 関数の熟達者ならともかく、複雑な式を丸写し絵して、ありがとうで済ますよりは、より目的に近いツールである、 ピボットテーブルを勉強するべきだ。 そこで時間帯でのグループ化が出来ないか考える。 場合によっては時間帯を区別するコードを関数でコード化するとか(併用)も考えては。 ピボットは結果をグラフに直結も出来る。 ーーー もうひとつ、関数らしからぬ複雑な処理をしてくれる、 FREQUENCY関数を勉強にこと。 これも第二引数の区間配列をどう作るかが、知恵が要ると思うが。 時間帯コードが別列に数字で出せれば考えやすい 時間帯別で複数日(例1ァ月)対象ならHOUR関数で時刻を数値化して、その数字でFREQUENCY関数を使ってはどうだろう。 ーー 初心者はそれしか出来無いと思うのか、関数ばかり聞きたがるが、関数でやる場合でも区間の配列をどう作るかが案外難しく、それから先に質問すべきだと思うが、気づいてない場合が多い。 これ(区間)が無いと関数式の複写を用いて全体のデータの式が作れないのではないかな。 もしこの質問のデータが数年分もあって、1時間ごとに考えるとなると、データ数が多くなって大変だが、質問には分析ロットは書いてない(不完全)。 ーー そういう場合(データ数が多数の場合)はVBAででもやらないと大変でしょう。 はっきり言って、商売に絡んで多量のデータを扱うには、VBAの利用などが必須で、現状では質問者には、荷が重過ぎるのでは。 いきなり本番と言うか公式試合の出場といった風だが、そこまでの練習プロセスと言うものを普通は踏む。 もっとエクセル利用を経験しないと、こうい問題ではだめでしょう。 質問の希望が関数でと書いてあるのは読んでいる。 しかしこういう分析的なことを行うのに関数でというのは、適切でない。 関数の熟達者ならともかく、複雑な式を丸写し絵して、ありがとうで済ますよりは、より目的に近いツールである、 ピボットテーブルを勉強するべきだ。 そこで時間帯でのグループ化が出来ないか考える。 場合によっては時間帯を区別するコードを関数でコード化するとか(併用)も考えては。 ピボットは結果をグラフに直結も出来る。 ーーー もうひとつ、関数らしからぬ複雑な処理をしてくれる... Q エクセルで時間帯(30分毎)ごとの集計をしたいのですがうまくいかず困っています。 A列に日付と時刻が入っているのでそこからB列に曜日、C列に時刻を抽出しています。 H2にDSUMを使って計算しようとしましたがうまくいきませんでした。 D列に個数が入っていればC列の時間をH2に表示させようとしたのですが。 そして不思議なことに集計できる時刻とできない時刻があります。 全ての時間を試したわけではないですが、例えばG2に21:00と10:30を指定すると個数を集計できるのですがそれ以外の時刻はできません。 G2に10:00を入力しても0と表示されますが10:30では個数を計算する、というような現象です。 さらに別の日付カレンダーを貼り付けると認識する時刻としない時刻が変わります。 書式設定が原因かと思い、標準と時刻を変更しましたが変化はありません。 他に思い当たる点というと、Aの日時は実際はスラッシュではなくピリオドの入ったものでしたが、別のシートでSUBSTITUTEを使ってスラッシュのカレンダーに変更したものをA列に貼っています。 これは一体何が原因なのでしょうか。 解決できる方法をご教授いただければ幸いです。 エクセルで時間帯(30分毎)ごとの集計をしたいのですがうまくいかず困っています。 A列に日付と時刻が入っているのでそこからB列に曜日、C列に時刻を抽出しています。 H2にDSUMを使って計算しようとしましたがうまくいきませんでした。 D列に個数が入っていればC列の時間をH2に表示させようとしたのですが。 そして不思議なことに集計できる時刻とできない時刻があります。 全ての時間を試したわけではないですが、例えばG2に21:00と10:30を指定すると個... A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1!

次の

Excelで時間帯稼動人数を求める、関数をご教授ください。(250枚差し上げ...

エクセル 時間帯ごとの人数

小売業の個々の店舗では、スタッフの勤務時間帯と店舗の営業時間や繁忙の差をうまく調整するために「シフト表」という横棒グラフ形状の勤務表が必須ツールになっていると思います。 他の人とシフトを代わってもらったり、他店から応援要請したりと、開店から閉店まで時間帯毎の人員を過不足なく精一杯調整した結果が「シフト表」なので、勤怠システムからポン!と出てくるようなシステム化はおそらく出来ていないはずです。 システム屋さんもこの手の現場密着型の改善はビジネスにならないので敬遠するのが普通で、システム部署も見て見ぬふり、結局は「現場に任せる」ケースが非常に多く見受けられます。 よく見かけるのは 「エクセルで作った原紙を印刷してマーカーで色塗り」 定規とマーカーで横棒グラフを手書きする、という昔ながらの手法です。 「エクセルで色塗りまでする」 マス目状にしたセル範囲を塗りつぶしてから印刷するという根気のいる作業です。 ネット上には無料テンプレートもいろいろあるようですが、他人が作ったフォームはあまり使う気がしない、という方のために自作のお手伝いをさせていただきます。 もともとエクセルは多機能ではありますが、特にこの「自動色塗り」は得意中の得意で、カンタンにやってのけてくれます。 「条件付き書式」を使うのですが、一度やってみれば他に困っていたエクセル業務の解決のヒントにもなるはずです。 「時間帯を塗りつぶす」機能と「時間帯毎の人員カウント」2つの機能に注目して、シンプルな「シフト表」を作ってみましょう。 いちどやってみて、あとはそれぞれの事情に合わせてカスタマイズするのが近道だと思いますので、ぜひお試しください。 プルダウンリストから時刻を選択した時に小数で表示されてしまう場合は表示形式が「標準」になっているからです。 理由は「1」という数字を見えなくするためです。 店舗用シフト動画 色塗り+作業内容入力を自動化するこんな方法もあります。

次の

[EXCEL]出勤時間帯を色塗り+時間毎人員数もわかるシフト表|EXCEL屋(エクセルや)

エクセル 時間帯ごとの人数

時間と時給の計算方法 では、下の「給与」赤枠で囲んだ場所を計算してます。 「Enter」で確定すると、結果は4万5千円になるはずが、おかしな数字が表示されます。 さて、おかしな数値が表示される理由ですが、これは エクセルでは、日付や時間はシリアル値という 数字に置き換えて認識している のが理由です。 日付の場合は、 1900年1月1日を「1」として、入力された日がその何日後かの 数値に変換しています。 では時間の場合はというと、 24時間を1として数値に変換しています。 041667・・・。 本当かな?ということで、1時間、6時間、10時間、24時間を入力したのが下の画像。 全体を選択して、 表示形式(見た目)を 時刻表示から標準表示に変更してみます。 すると下のようになります。 6時間の場所が「0. 25」で、24時間の場所は「1」になっていますね。 確かにエクセルは時刻を数値で認識しているのが分かります。 ということは、エクセルが1時間を「24分の1」で考えているならば、 後から24を掛ける これで、こちらの考える数字になりそうです。 最初の表に戻ります。 正しく表示されました。

次の