ほう けん 史実。 【キングダム】李牧は史実でも凄かった!天才軍略家の史実を分かりやすく解説

【キングダム】龐煖(ほうけん)は史実でも趙の将軍!声優や名言も紹介!最後は死亡する?

ほう けん 史実

キングダム最強の敵龐煖 ほうけん ですが、実際龐煖はどんな人物だったのか気になりませんか? キングダムファンなら龐煖が実在していたということは知っているかもしれませんが、今回は龐煖について紹介していきたいと思います。 史実では龐煖は趙の将軍として趙を支えてきた人物の一人ですが、キングダムの龐煖は武神としてとても強いキャラクターになっており、キングダムファンからも嫌われてしまっています。 将軍だったことからも実際にこのような人物ではなかったと思うので、龐煖を史実からどんな人物で、どのような働きをし、どのように死んでいったのかということを調べました。 今回は「キングダム龐煖 ほうけん は趙の将軍として史実では実在する!嫌いうざいと言われているが最後はどうなる?」と題しお届けします。 龐煖 ホウケン は史実ではどんな人物だった? 龐煖=封建制の封建です。 六国を統べることで、封建制=地方分権を否定し、帝を頂点とする強力な中央集権を目指したのが秦王・嬴政。 龐煖は封建制の象徴として描かれ、中央集権に立ち向かうキャラ。 当時、中央集権を望んだ国は秦以外に無かったのです。 そういう意味で「人の代表」なんでしょう。 — K kkkkkkkknockout 龐煖は中国戦国時代の趙の将軍で、道家、縦横家、兵家です。 様々な肩書がありますが、順に下で説明していきます。 龐煖は趙将軍で、キングダムの龐煖を見ていると以外かもしれませんが、著作を執筆しており文武共に優れていたようです。 キングダムでは武のみに偏っている感はありますが、実際のところは文学にも精通していたようですね。 龐煖は趙の将軍 趙の第9代君主悼襄王が即位したことで、趙に転機が訪れます。 キングダムでも出てきたように悼襄王はあまりいい王というイメージはありませんね。 この悼襄王の失策により龐煖は趙の将軍となります。 この失策とは趙の三大天廉頗を歳だからという理由で、将軍から退け楽乗を後任としたことです。 このことに起こった廉頗は楽乗を攻め戦を起こしていまします。 その結果廉頗は魏へ亡命、楽乗は逃亡してしまします。 そのため将軍の席が空いてしまったため、龐煖が将軍となりました。 龐煖道は家思想を修める 龐煖は若いころは楚の深い山奥で道家の隠者である鶡冠子を師として、学問を学びました。 道家出身ということでしたが、龐煖は若いころから軍事に興味を持っており、師などの対話が書として残っていますが、師への質問も天と武の関係をよく聞いていたようです。 道家とは道(タオ)というものがあってそれに従って生きることらしいです。 この道(タオ)という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これは自然の理で自然に従って生きるということのようです。 このことは政治や国に関しても同じで、法などで厳しくしたり、力で統治するのではなく、自然にありのままの姿の状態が一番いいとされていました。 道家を修めることで、将軍としての資質も作られていったのではないでしょうか? 龐煖は縦横家であった 龐煖は縦横家でもあったようです。 縦横家とは中国古代の思想家のことで、外交の策士として、各国間を行き来していた人たちです。 これらの人は巧みな物言いと奇抜な発想で説き伏せて高い地位に上ろうとしていたようです。 キングダムでもあった周辺六ヶ国の韓、魏、趙、燕、楚、斉が手を結んだ合従軍も、縦横家が外交政策として考えたようです。 このことから龐煖も弁が立ったと言われています。 また縦横家として「芸文志」に書籍として「龐煖」二篇を執筆しています。 史実での龐煖 ホウケン の実績は? 龐煖(ほうけん)が燕の劇辛(げきしん)を倒した場面。 武神と言って山にこもって村に降りてくる人たちを斬ったことがあると豪語していた劇辛でしたが、龐煖のレベルの違いを戦っている時に知ることに。 戦った時点で負けだった点で、情報収集の大切さを考えさせられます。 武霊王に仕え兵法を説く 上にも述べたように龐煖は武霊王に仕えており、兵法について説いたりしていたようです。 実際に武霊王は他国をそのまま攻めるのではなく、後継者争いに介入したり、軍制改革をするなどして趙を軍事大国と呼ばれるほど強くしました。 真偽はわかりませんが、このことから龐煖が軍略、外交などを指南したのかもしれませんね。 武霊王の代から仕えており、恵文王、孝成王、悼襄王と4代にわたって仕えてきた趙国の功労者のようです。 現在のキングダムの鄴攻めの時点では結構な歳になっていたと考えられます。 燕との戦いで劇辛を倒す こちらはキングダムでも描かれていたものですね。 燕との戦いで燕の将軍劇辛を討ち取っています。 龐煖と劇辛は昔からの知り合いで、龐煖を親しみやすい人と劇辛は思っており、将軍としてもまだまだ無名だったことから、甘く見ていたようです。 そのため廉頗が将軍の座から去り、龐煖が将軍になったことにより、趙にも勝てるだろうと考え攻め入ります。 ですが将軍の龐煖に返り討ちにされ、劇辛は戦死し、燕軍の2万もの兵士が捕虜にされてしまうという結果になりました。 キングダムでも劇辛は龐煖のことを甘く見ており、あっさりと切り伏せられてしまっていたので、この点は史実から参考にしたのでしょう。 史実ではキングダムのように龐煖が劇辛を討ち取ったのかまではわかりませんが、龐煖は兵家でもあり、軍略に長けてこの戦いで発揮されたのではないでしょうか? この劇辛軍を撃破したことにより、将軍としての龐煖の名声は瞬く間に上げっていきました。 合従軍を率いて蕞を攻める 龐煖は趙、楚、魏、燕の4国の精兵を率いて、秦を攻めたとありました。 ですが、キングダムでもあったように陥落させることができなかったです。 そのため兵を移して斉を討ち、饒安を取ったようです。 4か国の精鋭を率いることができるだけ実力、立場が龐煖にはあったようですね。 キングダムのイメージとは全然違うようですが、実際は軍師よりの将軍だったのではないでしょうか? あの王翦も龐煖との直接の戦いを避けていたというくらい、戦がうまかったようですね。 史実での龐煖 ホウケン の最後はどうなった? キングダムで龐煖出てくるたびに絶望感凄いある。 李牧はなんだかんだで最後龐煖使って。 龐煖無しだとすごくないんじゃないかって。 キングダム。 悼襄王に仕えていましたが、悼襄王が死んでその後子供の幽繆王が即位しますが、その時は徴用されなかったようです。 上にも記載しましたが、もうすでにこのころには武霊王の在位時から考えると60歳以上となっていると考えられますので、引退したのでしょう。 その後も記述がないので、そのまま余生を過ごしたのだと思われます。 キングダムでも鄴攻めの際は死なずにそのまま答えを見つけ消えていくのかもしれませんね。 その理由はなぜなのでしょうか? 王騎や 麃公、胡漸、去亥と次々に殺していくからだと思われます。 龐煖が登場すると、人が簡単にどんどん死んでいってしまいますもんね。 ただ物語を面白くする上では重要な人物なのは間違いないですね。 やはり強大な敵があってこそ物語は面白くなりますし、信たちを応援したくなる気持ちも高まりますもんね。 キングダムの龐煖はまさに傍若無人ですが、実際の龐煖は文武両道で戦もうまかった将軍だということを覚えておいて下さいね。 実際そんな悪者でもなかったのにちょっとかわいそうな気がします。 龐煖 ホウケン キングダムと史実まとめ 実際はキングダムの龐煖とは全く別人のような人だったのかもしれませんね。 史実では趙の将軍として龐煖は、優秀な武将だったのでしょう。 キングダムのイメージが強いので、驚いた方も多いのではないでしょうか? あの王翦も戦うのを避けたくらいですので、相当な知略を持った武将だったことがわかりますね。 実際に王翦は中華統一に大きく力を貸した人物ですので、すごいですよね。 今後龐煖を見る目が変わるかもしれませんね。 以上、「キングダム龐煖 ほうけん は趙の将軍として史実では実在する!嫌いうざいと言われているが最後はどうなる?」と題しお届けしました。 、についてもご確認ください。

次の

ホウ煖

ほう けん 史実

キングダムの麃公(ひょうこう)将軍が信に託した盾とは? 麃公将軍はキングダムの1巻~30巻に登場し、圧倒的な存在感を示した秦国の大将軍です。 キングダムでは将軍を知略型と本能型に分けていますが、 本能型の頂点とも言われる将軍です。 とてつもない勘の良さと持ち前の大胆さで、知将の策略を次々に見破っていきました。 例えば、蛇甘平原では知将呉慶を討ち取っていますし、合従軍と戦った際の南道の戦いでも李牧の戦術を打ち破りました。 戦場が家であり、戦いが生きることと語る麃公将軍。 そんな麃公将軍が自身の盾を信に託したのはどのような場面だったのでしょうか。 麃公将軍が信に盾を託したのはどの場面? 麃公将軍が信に盾を託したのは、秦国が合従軍と戦った時の南道の戦いの時。 戦場にいたほとんどが函谷関を落とすことしか頭になかった中で、李牧だけは南道を通って咸陽を落とそうとします。 知略型の将軍では、絶対に気づかなかったであろう、南道。 しかし麃公将軍だけは、その持ち前の勘で気付くのです。 本当にこの時ばかりは、麃公将軍がいないと秦は破れていましたよ・・・。 南道で李牧軍と戦い、李牧の術を破った後、すぐに龐煖(ほうけん)が登場します。 龐煖(ほうけん)が王騎を討った男だと分かった麃公将軍。 王騎を討ったほどの圧倒的な武を前に、 最悪でも道連れの覚悟で戦いに挑みます。 そこへ駆けつける飛信隊。 信を自分の元に呼び寄せても無駄死にさせるだけだと悟った麃公将軍。 そこで 麃公将軍は自分の盾を信に投げ、「咸陽へ行け!童信!」と叫んだのです。 >> 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を投げた意味とは? その後、龐煖の腕を1本折るのと引き換えに散った麃公将軍。 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を投げた意味は何でしょうか?? 理由は2つあると考えています。 麃公将軍を助けるのではなく、咸陽を守れというメッセージ• 信を、大将軍になる素質のある男だと認めた 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を託した意味:咸陽を守れというメッセージ 前述の通り、龐煖の圧倒的な武を前に、麃公将軍はその最期を悟っていたのだと思います。 しかしその状況を知らない信。 信はあくまで、麃公将軍を助けようとします。 しかし、南道に来た目的は、咸陽を守るためです。 麃公将軍を助けようと戦場の中心に信がくると、おそらく巻き添いで死んでしまう。 そう思ったからこそ、盾を信に託し、あくまで 咸陽を守れ、という意思を示したのではないかと考えます。 「盾=守り」ですから、咸陽を守ることの意味を伝えた可能性があります。 麃公(ひょうこう)将軍が信に盾を託した意味:大将軍になる素質のある男だと認めた そして麃公将軍が信に盾を託したもう一つの意味。 それはズバリ、 信を将来大将軍になる素質のある男だと認めたからでしょう。 麃公将軍は信が王騎の矛をもらったことを知っていました。 おそらくなぜこの小童(信)が王騎より矛を受け取ったのかを、信の戦いぶりを見て考えていたのではないかと思います。 蛇甘平原から始まり、合従軍戦での活躍ぶりをみて、徐々に戦いの才、とりわけ自分と同じ本能型の才があることに気付きます。 そして最後の南道での戦い。 ここでも信は麃公将軍の背を追ってきます。 そんな信の姿を見て、 信に自分のような本能型の大将軍になって中華を駆け巡ってほしいという思いから、信に盾を託したのだと思います。 かつての大将軍から次の時代の大将軍へ。 麃公将軍の炎が紡がれていきます。 島爺マスク被った時は確実に麃公将軍似だと思います — しまじい(82) SymaG2525 麃公の盾を信が持ち出すことはある? さて、麃公将軍の盾を信が麃公将軍の盾を持ち、戦場に行くことはあるのでしょうか。 1巻の冒頭。 未来の信の姿には王騎将軍の矛は描かれています。 しかし、麃公将軍の盾は見当たりません。 今後、信が盾を持ち出すにあたって、二つの伏線があると考えます。 麃公将軍は龐煖(ほうけん)に破れていること• 龐煖(ほうけん)の史実 信が盾を持ち出す理由:麃公将軍は龐煖(ほうけん)に破れている 信が初めてです。 初めて戦場に矛を持って行った時、。 あまりの振り遅れに、見ているこっちがハラハラしましたよね。。 盾と矛を二つ使いこなすのは、かなり技術が要りそうです。 というか、馬の手綱を引いているので、むしろ盾と矛を二つ使えるのか?という疑問もありますよね。。 ですが、もし信が戦場で盾を使うとしたら、王騎の矛を使いこなせるようになってからじゃないかと予想します。 なので、まだまだ先になりそうです。 いつ盾を持ち出すかはわかりませんが、 本当に盾を持ち出すときが来るとしたら、龐煖(ほうけん)を討つときではないでしょうか。 王騎将軍と麃公将軍は、龐煖(ほうけん)の武の前に破れています。 そのため、信が盾を持ち出すのは尊敬する二人の仇である龐煖(ほうけん)を討つときであって欲しいですし、あるべきだと思っています。 信が盾を持ち出す理由:龐煖の史実 ところで、史実において、龐煖(ほうけん)はいつまで登場しているのでしょうか。 実は紀元前236年の鄴攻めの年で途切れています。 しかし、戦死したという記述はありません。 そして、昌平君は鄴攻めが成功すれば3年で邯鄲が落ちると言っています。 これら2つの情報を合わせると、 信が盾を持ち出すのは鄴攻めから3年後の邯鄲攻め。 力をつけた信が王騎の矛と麃公の盾を持ちだす。 そして、龐煖(ほうけん)との熱戦の末、仇を討ち、六大将軍の一席を勝ち取る。 ここまで上手くいくかは分かりませんが、このような流れを私は大いに期待します! 絶対に討ち取れ信!!.

次の

『キングダム』の強さランキング20 原作や史実の戦績から考察

ほう けん 史実

6位 蒙武 もうぶ 呂不韋四柱の一人で秦国の筆頭大将軍。 「中華最強」を自称するその力技で、兵の士気を高めつつ相手を押し潰す姿は、まさに猛将といったところでしょう。 合従軍編では楚の汗明を討ち取り、さらには合従軍を追撃し、再起不能にまで陥れるという活躍を見せました。 史実では楚を滅ぼすのですが、親友である昌平君は楚の公子…もしかすると、2人が激突する日が来てしまうのでしょうか。 5位 廉頗(れんぱ) 元趙国の三大天であり、追放された後は魏の国の大将軍となった廉頗。 大将軍の誇りを、悼襄王にはく奪されたためにやむなく魏へ亡命し、そこでも大将軍になるのですが、山陽攻略戦にて、山陽喪失の責任を取らされ再び解任。 現在は楚の国へ亡命しています。 史実では、この後、楚で没することとなっておりますが、作中では楚の宰相である春申君を暗殺した李園と楚の大将軍・媧燐を引き合わせるという活躍をしています。 4位 王翦 おうせん 初登場は廉頗率いる魏軍と蒙驁率いる秦軍との山陽攻略戦において秦軍の副官として登場しました。 「私は絶対に勝つ戦以外興味はない」この言葉通り、軍略だけで六大将軍の席に入ることのできる実力者でもあります。 史実の史記でも、その名前は個別項目に挙げられていて、、「趙都の邯鄲を陥落させ、趙を平定」、「蒙武と楚を攻め、江南を平定」など、数々の功績を挙げています。 この先の展開においても、王翦は重要なキャラになるのではないでしょうか。 3位 李牧(りぼく) 司馬遷の史記には「守戦の名将」と位置づけられている趙の国の三大天の一人。 作中では、信や政の前に幾度となく立ちはだかるライバルキャラとして描かれています。 中でも、登場してすぐに馬陽の戦いで信の師匠であった王騎を奇策を用いて討ち取ったことは、読者にも衝撃を与えました。 史実では、王翦の計略の前に暗殺されてしまうのですが、果たして作中ではどのような最期を遂げるのでしょうか、先の読めないキャラクターです。 2位 王騎(おうき) 秦国六大将軍の一人。 様々な戦場に姿を現し、その武力で数々の戦功を挙げたことから「秦の怪鳥」という異名まで付けられました。 史実の史記には王騎に関する記述が少なく、同時期に活躍した王齕(おうこつ)という武将と同一人物だったのではないかという説があります。 作中では、信に「これが将軍の見る景色です」と、将軍として在るべき姿を伝えるなど、師匠として描かれていました。 今もなおファンの間では人気の高い武将の一人です。 1位 龐煖 ほうけん 趙国三大天の一人で、自らを「武神」と名乗るほどの大男の武将。 「史記」では文武両道に長けた人物であり、兵法家として著作物もいくつかあったという記録も残されています。 作中では、王騎の妻になるはずだった摎を討ち取り、激情した王騎の前に敗走。 のちに、馬陽の戦いで李牧に誘われ総大将となり、王騎を討ち取る、などの功績を残しています。 しかし、作中では王騎の「人としての強さ」を理解することが出来ず、悩んでしまう一面も…。 最強は誰だ!?アニメにも注目! 2020年の4月からはアニメの第3シーズンが始まり、ますます盛り上がりを見せるキングダム。 史実とは異なる展開を見せることもあるので、今後、強力な武将が登場するかもしれません。

次の