ハイランダー ポップアップ テント。 2メートル超えのシェルターでポップアップ!?ハイランダーの新作ハイブリッドテントを設営してみた

Hilander(ハイランダー) ポップワンポールテント フィンガル HCA0311|アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

ハイランダー ポップアップ テント

ハイランダー ワンポールテント300 出典: サイズ ハイランダーのワンポールテントは、サイズ違いで2種類販売されています。 まずは、小さい方のワンポールテントです。 小さいサイズのテントは、「ワンポールテント300」という名称になっていて、名前にあるようにインナーテントの縦横幅が300cmの長さになっています。 大人で2〜3用なので、子供2人なら4人家族でもちょうど良く使えるようです。 出典: 説明によると、どうやら天井の高さをとっているみたいです。 キャプテンスタッグにもアルミワンポールテント300という同じぐらいのサイズのテントがあります。 さらにもう1つ、ノースイーグルにも同じサイズくらいのワンポールテントがあります。 ノースイーグルのワンポールテント300と比較するとほぼ同じぐらいのサイズ感となっています。 という事から、同サイズ帯のワンポールテントの中では、ハイランダーのワンポールテント300は比較的背が高い部類に入るものでした。 高さがあれば、居住空間に窮屈さを感じる事も減りますし、何より過ごしやすく感じると思います。 特にワンポールテントは、隅の方などデッドスペースが生まれるので、頂点の高さが高い方が、有効に使える場所が増えて良いですよね。 素材 出典: 素材は、流行りのポリコットンではなく75Dポリエステルを使用しています。 コットンが入っていない分、重量が軽く持ち運びが便利になります。 ポールはスチールを使用しているので、少し重いですがしっかりとしたものだと思います。 ちなみに重さは約7kgで、同じ75Dポリエステルとスチールポールを使用しているノースイーグルのワンポールテント300とほぼ同じになっています。 フライシートの耐水圧は1500mm、フロアで3000mmとなっているので、急な雨が降っても特に気にせずに使う事が出来そうです。 見た目のデザインや色は、一瞬コットン素材のテントのようで、とてもオシャレに見えます。 しかも低価格で買えるというのが良いですよね。 サイズ比較 ハイランダー ワンポールテントBIG420 サイズ 出典: ハイランダーのワンポールテントで大きいサイズの方は、4〜5人用となっています。 このサイズだと室内空間にだいぶ余裕が生まれるので、子供が小さいご家庭でも後々のことを考えたらBIGサイズの方が良いかも知れません。 サイズ的には、インナーテントの縦横が420cmあり、高さが260cmになっています。 テント自体の高さでいうと、サーカスTCの方が少し低くなっていますが、サーカスTCのインナーテントの高さは265cmなので、インナーの比較ではハイランダーのワンポールテントBIG420の方が低くなっています。 テントの素材は、ワンポールテント300と同じようです。 キャノピー 出典: ハイランダーのワンポールテントBIG420では、キャノピーを跳ね上げる事が出来るようになっています。 小さいサイズのワンポールテント300では、キャノピーを跳ね上げる事は出来ず、横に巻いて留めるようになっています。 キャノピーを跳ね上げる事が出来ると、色々と便利に使う事ができます。 例えばイスを置いてちょっとしたタープ代わりにしてみたり、突然の雨が降った時にも役立ちますよね。 タープが無くても、ワンポールテントだけでキャンプする事も出来ちゃうのが良いですよね。 グランドシートが付属 出典: ハイランダーのワンポールテントBIG420には、小さいサイズのワンポールテント300には無かった、グランドシートが付属しています。 地面からの冷気や湿気を防ぎ、しかもテントを泥汚れなどからも防いでくれます。 これ自体、単体で販売されているようですが、ワンポールテントBIG420専用として設計されているので、サイズ的にピッタリとしていて使いやすいと思います。 グランドシートにブルーシート等を代用すると、シートのサイズが大きいと折り曲げたりする必要があります。 サイズを合わせて使うのがちょっと面倒くさかったりします。 やっぱりグランドシートは、専用の物が良いですよね。 残念な事にワンポールテント300に合う小さいサイズのグランドシートは無いようです。 キャノピーやグランドシートなどを考えたら、ワンポールテントBIG420の方が良いような気もしてきますね。 サイズ比較 ハイランダー ヘキサゴンタープ440 出典: ハイランダーのROOMYやワンポールテントと同時に発売されているタープがヘキサゴンタープ440です。 6角形のタープで、全長が440cmあります。 これ1張りで5〜6人まで収容出来るというから、ファミリーキャンプメインで使う方には良さそうです。 素材は75DポリエステルUVで、耐水圧は1,500mmあります。 確かに焚き火の火の粉が飛んできちゃうと、穴が空いてしまいそうで少し怖いですが、この値段はかなり魅力的です。 しかも、メインポール2本とピンペグやハンマーまで付属しているんです。 タープだけの値段でも安いと感じるのに、ポール等も付いてるなんて、嬉しい限りです。 色もハイランダーのROOMYやワンポールテントに合うので、組み合わせて使うのがオススメです。 ハイランダー ヘキサゴンタープ440 スペック.

次の

ハイランダーの進化形ポップアップテントは軽量で広さも抜群!

ハイランダー ポップアップ テント

ちなみに我が家はネゴ失敗(笑) 誰か買って見せて下さい。 ソロに、デュオに、ファミだって使えそうな ハイランダーのフィンガル。 私的にはベージュカラーが好みです。 タープとの接続もカッチョいいですね。 しかしテントの出入りで 腰痛めそうな。 (笑) 専用のインナーテントも発売されますね。 このインナーテントが今なら フィンガルを買うと1つ付いてくるそうな。 これはお得ですね。 インナーテントはフィンガル以外の使用にも使えるかもね。 「新幕」 いい響き。 ワクワクする響きですね。 今を耐え忍ぶ皆様、 未来のキャンプに向け、 ハイランダーの新幕はいかがですか? くどいようですが、私はネゴ失敗しました。 【ナチュラムで予約販売中です】.

次の

【Hilander(ハイランダー ) ポップワンポールテント フィンガル】大人も立てるビッグなポップアップテント

ハイランダー ポップアップ テント

商品説明• ポップアップテントとワンポールテントが融合した、 「ポップワンポールテント フィンガル」。 設営の気軽さと、居住性の高さを併せ持ち、従来のポップアップ テントではありえなかった前室空間の確保と、大人が中で立っても大丈夫なサイズ感を実現しました。 商品詳細• 本体生地:68Dポリエステル 190T• フレーム素材:スチール、グラスファイバー• 重量:約4. 8kg• 本体耐水圧:2500mm• インナー耐水圧:2000mm• 付属品:ガイロープ 6本 、ペグ 17本 、ポール 1本 、結束用ベルト、収納袋 メーカー品番 HCA0311 ナチュラム商品番号 7000292 ジャンル• 関連商品• 設営・撤収・持ち運びについては文句なしです。 インナーテント二つに中央にコットを置いて夫婦二人、小学生二人、幼児一人の五人で使っています。 2回使いましたが今までより格段に設営・撤収が楽になりました。 気になる点キャンペーンで付属していたインナーテントの袋がついていなかったっこと糸の解れがあったこと入口部分のメッシュとキャノピー部分を同時に束ねておけないこと生地・ロープ・ポールともに軽量だが耐久性はなさそう耐水性能について5mm程度の雨の中一晩張りましたが、じんわりと雨水がにじんで内壁が濡れていました。 形状的にポタポタ垂れることにはならないと思いますが、大雨での使用は難しいと思います。 センター部分にランタンフックがついていますが、設営後に使うには足場が必要です。 我が家ではずっと全天候4シーズン対応のツールームを使っていたため設営に時間がかかっていました。 一泊や暖かい時期に時短のために買ったので概ね満足してはいますが上記の点が気になるのでこの評価です。 寒い時期や悪天候にはキャンプをしない方やセカンドテントとしてみれば良い商品だと思います。 『結露』とは暖かい空気が冷たい空気(物)と接して、暖かい空気側の幕に水滴が付着することをいいます。 これは、暖かい空気中に含まれている水分が急激に冷やされて露となって付着したもので暖かい空気の湿度が高く、温度差が激しいほど、結露はひどくなります。 テントの場合ではフライシート・内幕・グランドシートの内側に、タープの場合は内側に結露が生じます。 温度差をなくす。 ・通気性を高める。 上記を行うことによって結露を軽減することができます。 ベンチレーターなど機能をご利用ください。

次の