オムライスレシピ。 【基本】美味しいオムライスの作り方|お料理まとめ

【基本】美味しいオムライスの作り方|お料理まとめ

オムライスレシピ

米飯料理の定番、オムライスの料理初心者向けレシピです。 チキンライスを作り、これを卵で包むオムライスですが、チキンライスがベタベタになってしまったり、卵で上手に包めなかったりと、難所は多いと思います。 しかし、理屈さえ分かってしまえばあとは練習あるのみです。 料理の工程を確認してポイントを押さえてみましょう。 料理のコツ・ポイントのまとめはページ最後をご覧下さい。 オムライス(2~3人前) 材料 ・卵 6ケ ・鶏のささみ 3本 ・玉ねぎ 半分 ・炊いた白米 適量 ・ケチャップ 適量 ・塩コショウ 少々 作り方 玉ねぎをみじん切り、鶏のささみを1センチ角くらいに切ります。 フライパンに油を引いて、中火~弱火で玉ねぎにゆっくりと火を通し、十分に水分を飛ばします。 続いて、ささみを加えます。 鶏肉なので特にしっかりと火を通しましょう。 塩コショウを少々いれて適度に味付けをします。 弱火にして、温かいご飯とケチャップを適量加えてよく和えます。 和える時はへらを使い、ご飯を切るように和えていきます。 これでチキンライスの完成です。 他の器へ移しておきます。 続いて、たまご3ケを溶きます。 フライパンに油を引いて、中火でたまごを温めます。 固まる前に、さえ箸で少し卵を触り、ふわっとした感じをだしていきます。 フライパンを上下左右に少しずつゆすりながらやるとうまくいきます。 卵の外周(輪郭)をさえ箸でなぞるように、削ります。 フライパンを動かして卵全体が動くようになったら火を止めます。 卵の上にチキンライスをのせます。 チキンライスが少なければ少ないほど包むのは簡単になります。 逆に量が多いと難しくなります。 チキンライスの重みに任せてフライパンからお皿へそっと落とします。 完成をイメージしながら包みましょう。 ケチャップを上からかけて完成です。 お好みでパセリをふりかけると色鮮やかになります。 料理のコツ・ポイント• 鶏肉は火を十分に通しましょう。 詳しくは、を参照下さい。 チキンライスがベタベタになってしまう原因は水分にあります。 この場合、玉ねぎを弱火で炒めて水分を充分に飛ばしましょう。 ご飯は温かいものを利用しましょう。 チキンライスを和え易くなります。 包み方が難しい場合は、チキンライスの量を減らしましょう。 比較的包みやすくなります。 また、卵の量が多いほど包みやすくなります。 卵3ケ使うと比較的包みやすくなります。

次の

【裏技】卵がふわふわオムライスの作り方(初心者用)|お料理まとめ

オムライスレシピ

【オムライス弁当のコツ1】破れにくい薄焼き卵の作り方 材料(1人分)• 卵…1個• 塩…少々• 白身のかたまりがなくなったら塩を加えて混ぜ、次に水溶き片栗粉を加えてさらよく混ぜる。 2 フライパンを熱し、濡らした布巾に数秒置く フライパンを中火にかけ、サラダ油(分量外)を薄くひく。 十分に熱したら(卵液を数滴落とし「じゅっ」と音がしたらOK)火を止め、一度濡れ布巾の上に数秒置く。 POINT 濡れ布巾に置くことでフライパンの熱ムラが少なくなり、卵の焼き目を均一にすることができる。 3 卵液を流し入れて広げ、弱火で2分焼く フライパンを弱火にかけ、卵液を流し入れる。 卵液は入れる直前にもう一度混ぜて底に沈んだ片栗粉を溶かす。 フライパンを手早く回して卵液をフライパン全体に広げ、弱火のまま2分ほど焼く。 4 ふたをして10秒間蒸し焼きにする 卵のふちが乾いて鍋肌から少し離れてきたら、ふたをして10秒間蒸し焼きにする。 火は弱火のまま。 POINT 卵の表面に半熟部分が残ったときは、ふたをして3~5秒ずつ様子を見る。 5 菜箸で卵を取り出し、粗熱を取る 薄焼き卵のふちを菜箸で挟んで平皿に取り出し、粗熱を取る。 卵にしっかりと火が通っているので、菜箸で持っても卵が破けない。 【オムライス弁当のコツ2】きれいに包む&詰めるテクニック 用意するもの• 弁当箱(仕切りのないもの)• ラップ(幅30cmの中サイズ) 1 ラップを弁当箱の内側に敷き詰める ラップを大きめにとり、お弁当箱の内側の角に沿わせるようにぴったりと敷き詰める。 2 薄焼き卵を弁当箱の内側に敷き詰める 薄焼き卵を1のラップの上に敷く。 卵の焼き目のきれいな面を下(ラップ側)にすると見栄えがよくなる。 弁当箱からはみ出したら、卵はそのまま外側にたらしておく。 3 ケチャップライスを詰める 薄焼き卵の中にケチャップライスを詰める。 ライスの量は茶碗1杯(150g)程度が目安。 弁当箱のサイズによって調節する。 4 形を整え、ラップごと取り出す ラップの端を集めて包み、手で軽く押さえて形を整える。 ラップを掴み、弁当箱から一度取り出す。 5 弁当箱をかぶせてひっくり返し、ラップを取り外す 4の上から再び弁当箱をかぶせる。 上下をひっくり返し、ラップを少しずつ引っ張って取り外す。 6 オムライス弁当の完成! お弁当箱にぴったり入ったオムライス弁当の完成。 おかずを入れる場合は、指でオムライスを寄せてスペースを作る。 食べるときはピックや爪楊枝などでラップに穴を開けるとかけやすい。 【オムライス弁当のコツ3】べちゃっとしないケチャップライス 材料(1人分)• 温かいごはん…150g• ソーセージ…30g(2本)• 塩、こしょう…各少々 作り方 1 具材は小さくカットする 玉ねぎ・ピーマンは5mm角に切り、ソーセージは5mmの輪切りにする。 具材は、形をそろえて切ることで熱の通りが均一になり、見た目にも美しい。 2 フライパンで具材を炒める 中火にかけたフライパンにサラダ油(分量外)をひき、1の具材を入れて炒める。 玉ねぎが透き通ってしんなりしたらOK。 3 弱火にしてケチャップを加える 弱火にし、ケチャップを加えてさっとあえる。 ケチャップをごはんより先に入れて加熱することで、酸味がまろやかになる。 4 温かいごはんを入れ、切るように炒める フライパンに温かいごはんを入れて炒める。 木べらは寝かさず、切るように混ぜるとごはんの粒がつぶれにくい。 塩・こしょうで味を整えて完成。 POINT 冷たいごはんを使うと「べちゃっ」としてしまうため、必ず温かいごはんを使う。 フライパンの中央に空きを作ってケチャップを加え、水分を少し飛ばしてからごはんと炒める。

次の

たいめいけん直伝オムライス 野永 喜三夫シェフのレシピ

オムライスレシピ

憧れのふわふわオムライスを自宅で作りたい。 だけど、いつもオムライスの卵が固くなりすぎたり、フライパンをとんとんして卵をうまくまとめられなくなったりと失敗しがち… 実際にお料理まとめスタッフたちも基本的な作り方にチャレンジしましたが、20回ほど試してもうまくまとまらず、大量に卵を消費してしまいました。 ページ末尾には動画もご用意しましたので、詳しい動きはそちらでチェックしてみてください。 ふわふわオムライスの失敗しない作り方 ではさっそく、ふわふわオムライスの作り方を工程ごとにわかりやすく解説して行きたいと思います。 実際にスタッフが何度も挑戦し、失敗を重ねて完成させた「作り方」なので、きっと皆さんのお役に立てるはず。 今回使用する裏技アイテムとは? オムライス作りに挑戦する中で、 一番苦戦するのは卵をフライパンで返してまとめるという工程だと思います。 プロの方々の動画等を見る限りでは簡単そうに見えるものの、実際やってみるとなかなか上手いこと卵が丸まってくれません。 そこで、考え付いたのが そもそもフライパン上でまとめなければいいという結論でした。 フライパンの上で卵に火が通り続ける状態でまとめようとせずに、一度別の場所に出して、そこで成形してからフライパンに戻せばいいのではないか… ということで、今回使用する 裏技アイテムは「ラップ」です。 材料と用意するもの ・卵 2個 ・牛乳 大さじ2(30g) ・バター(有塩) 10g ・耐熱のゴムベラ ・菜箸 ・小さめで浅いフライパン ・ ラップ 下準備編 まず調理の前にラップをフライパンの直径よりも大きめに平らな場所にしいておきます。 味付け編 1.卵に下味をつけず、牛乳のみ入れる 牛乳を加えると、卵が凝固しにくくなるので、より初心者には作りやすくなります。 生クリームでもいいのですが、牛乳だけでも十分まろやかな味わいを楽しめてコスパも良いので、今回は牛乳で挑戦してみました。 また、この段階で塩を加えると凝固温度が低下して、焦げやすくなるので、塩気は焼く時に有塩バター+塩でつけましょう。 2.卵は箸で切るように混ぜる 卵白と卵黄がよく混ざるように、手早く混ぜます。 先に卵だけ混ぜて、後から牛乳を加えて混ぜた方が全体がよく混ざります。 加熱編 1.フライパンはしっかり熱する まずは 中火でフライパンをしっかりと温めます。 お水を一滴たらし、すぐに球体になってコロコロと移動するくらいになったらOK。 2.サラダ油をさっと全体に馴染ませて捨てる 熱したフライパンに油を馴染ませるため、サラダ油を多めに入れ、余計な油を捨てます。 ここで、フライパンのヘリの部分にもよく油を馴染ませておくと取り出しがスムーズです。 3.バターを多めに入れる バターを入れ、フライパン全体に広げます。 有塩バターの塩気だけでも十分ですが、より塩気が欲しい人は、ここでバターと共に塩も少々いれてください。 大卵闘編 1.卵液を一気に流し入れて、かき混ぜる 卵液を一気に入れて、全体を勢いよくかき混ぜます。 わりとすぐに固まってくるので、固まらないようにスピーディーにかき混ぜていきましょう。 2.半熟に固まり始めたら、火からおろす 火から一旦おろします。 ここで固まりすぎないように卵液が若干残っているくらいの半熟状態で留めてください。 3.ラップに卵をとりだす 卵をスライドさせてフライパンからラップ上に移します。 ここでしっぱいしてぐちゃっとなってしまっても比較的大丈夫です。 (オムレツにせず、ふわとろな卵をご飯の上に乗せるだけで良い場合は、ここでラップではなくご飯の上にスライドさせて完成です!) 4.ラップで成形する ラップの端と端を持ち上げて卵を楕円形に整えます。 この時、下部に火が通った卵の表面がくるよう調節し、上部には半熟状の部分がくるようにします。 仕上げ編 1.再びフライパンに卵を戻す 成形した半熟状の上部が底になるように、ラップ上で転がしながらフライパンに戻します。 この時、火加減は弱火に設定してください。 ゴムベラなどで形を整え、数秒加熱し、底の部分の表面が固まったら火からおろします。 2.ご飯に乗せるまでがオムライス ライスの上に卵を着地させます。 ゴムベラなどで少しずつスライドさせながら乗せましょう。 ご飯を楕円形ではなく丸型にすると、より乗せやすくなります。 3.卵の真ん中に包丁で切れ目を入れる お待ちかねのふわとろタイム。 真ん中に切れ目を入れて、左右に開きます。 溢れ出るふわとろ卵との感動のご対面です! ふわふわオムライスの作り方動画 写真じゃイメージを掴みづらい、という方の為に動画もご用意しました! 少し形がいびつですが、フライパンでの成形よりも簡単に作ることができました。 ぜひ、動画で最後の卵が開く瞬間をご覧ください。

次の