ヘメロカリス 意味。 ワスレグサ

【ヘメロカリスのまとめ!】育て方(植え替えや株分け)と花言葉等12個のポイント!

ヘメロカリス 意味

ヘメロカリス の総称。 アジア東部に約 10種が分布し,や なども含まれる。 の葉が根出し,花は6個の花被片をもち,ユリの花に似る。 園芸的にはいくつかのをもとに作出された園芸品種群をさす。 育種は特にアメリカ合衆国で盛んに行われている。 原種の花は黄色から赤褐色であるが,育種の結果,色幅が広がり,白に近いクリーム色から紫紅色,赤褐色,淡など,中間的で品のよい色合いが生れている。 一方,のような緋赤色や八重咲き,複色などもある。 のデイ・リリーは,ユリに似た形の一日花であることによる。 も選ばず,じょうぶで育てやすい。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説.

次の

ヘメロカリス 新・花と緑の詳しい図鑑

ヘメロカリス 意味

花のいわれ・特徴......... ヘメロカリス は東アジア原産の耐寒性多年草です。 16世紀頃に日本や中国の原種がヨーロッパに導入され、品種改良が進められて作出された園芸品種群がヘメロカリスの名で流通しています。 とくに北アメリカでの改良が盛んで、毎年新花が発表されています。 葉は垂れて細長く線状で、葉の間から40〜60cmの花茎を伸ばし、初夏から夏にかけて茎の先にユリに似た花をたくさんつけます。 同属に「 ノカンゾウ (野萓草)」、八重咲きの「 ヤブカンゾウ (薮萓草)」、「 ユウスゲ (夕菅)」、「 ニッコウキスゲ (日光黄菅)」などがあります。 花弁は6枚で肉厚のものや、幅広や狭いものがあり、色は赤・オレンジ・ピンク・黄・白・紫などで、模様のあるものや香りのあるもの、一重咲き・八重咲きまで変化に富んでいます。 花径は20cm以上の大輪から5cm位の小輪とさまざまで、茎にはつぼみが5〜6個ついていて次々と花を咲かせます。 朝咲いて夕方しぼむ昼咲き形、夕方咲いて翌朝しぼむ夜咲き形、夕方咲いて翌日の午後にしぼむ昼夜形などがあり、いずれも英名のとおり一日だけのはかなく美しい花です。 1本の花茎につぼみがたくさんつき、つぎつぎに咲くので長い間花を楽しむことができます。 ノカンゾウの若葉 (写真右2番目) や花は食用にもなり、つぼみは金針菜(きんしんさい)と呼ばれ、中華料理の具として使用され、新芽は煮物やてんぷらに、またゆでて酢の物やサラダにも利用できます。 開花期は6〜8月で鉢の市販期は5〜8月頃、苗は4月と11月頃です。 画像は「 H・フォービデン ファンタジー (写真左) 」、「 H・ステラデオロ (写真右上) 」、「 H・シイン ギング (写真右3番目) 」、 「 H・グリーム オブ タイム (写真右下)」です。 属名の「ヘメロカリス(Hemerocallis)」は、ギリシャ語の「一日の美」を意味する『hemera「へメラ(一日)」』と「callos「カロス(美)」』が語源で、美しい花が一日でしぼむことを表現しています。 英名も『Day lilly「 デイ リリー(一日のユリ)」』です。 別名は漢名を音読みしたもので「 カンゾウ(萱草)」、または「 ホンカンゾウ(本萱草)」です。 花の栽培......... 丈夫でどこでも育ちますが、日当たり水はけのよい肥沃な土に植え、夏は半日陰にします。 肥料は元肥えと花後に追肥を多少与えるだけで十分です。 水切れはつぼみが落ちますので、気をつけ、咲き終わった花は摘み取り、すべて終わった花茎は切り取ります。

次の

ヘメロカリスとは

ヘメロカリス 意味

ヘメロカリスは宿根草(多年草)ですから、地上部はほとんど枯れます。 地面に少しもぐっている、芽の中心部が生きていて春になると葉を伸ばしはじめます。 基本的に丈夫ですが、夏場にアブラムシが着きやすいので注意してください。 それは他の植物でも同じですが、ウイルスの影響で萎縮することがあります。 おまけ1.ヘメロカリスは日本やアジアが原産地なので高原や里山でも原種が見れます。 有名な物では、ヒッコウキスゲやエゾカンゾウがあります。 ヤブカンゾウは八重で種子ができずに株分けしかありません。 おまけ2.ヘメロカリスは学名がHemerocallisですが英語の俗名はDay Lilyと 言われますが、それは1個の花が1日しか持たないことに由来します。 おまけ3.日本ではあまり品種改良がされていませんが、アメリカでは ジャーマンアイリスとヘメロカリスの品種の改良が盛んです。 参考URLはAmerican Hemerocallis Society AHS の公式サイトです。 2003年コンテスト入賞花(アワード) アメリカの販売者の例ジャーマンと同じ業者が増やしている事が多い。 ちなみにこれらの業者はジャーマン側から入っています。 参考URL:.

次の