キィキィ 鳴き声 鳥。 ケリ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

チョウゲンボウの生態!飼育方法や鳴き声等10つのポイント!

キィキィ 鳴き声 鳥

エアコンやです。 ゴキブリは鳴きませんから違いますね。 コウモリのサイズにもよると思いますが、普通の壁掛けエアコンですと隠れるような空間はあまり無いのですが・・・ ただ小型(スズメサイズ)ですと入れると思います。 外部の配管の穴に隙間が出来て鳥が入り込む事は一度だけ経験がありますが、ガタガタしているうちに自力で出て行ってしまいました。 対処方ですが、一般の方が出来る方法は無いに等しいです。 エアコン屋さんにお願いしてケースを外すしかないです。 エアコン本体は壁に取り付けたままケースは外せますので、費用もそれほどかからないはずです。 事前に聞いてみてください。 ではそれまで、その部屋で生活するにはどうすればいいかと考えますと、ゴミ袋を被せてテープでぐるっと絞って部屋に出れない状態にするしかないです。 出来れば2,3重にしたようが良いです。 殺虫剤など吹きかけるのは、あとで使用することを考えるとエアコンクリーニングをしなければなりませんので、やめましょう。 脅かすつもりは毛頭御座いませんが、やはり業者の方に見て頂くか、日中誰もいない時にしばらく運転してみてはいかがでしょうか。 何か出てくる可能性はゼロではありませんので、寝る時など気が気じゃないですよ。 ではでは。 ナイス: 3 エアコンにコウモリが入ることは良くある事です。 実は取付け工事に問題があるのですが。 コウモリかネズミに間違いありません。 たぶん、自由に室内・室外を行き来できる状態なのでしょう。 お宅の部屋には、本来通さないといけない配管穴の貫通パイプが入っていないのでしょう。 もしくは、外壁のパテやコーキングがきちんと密閉を保っていないのでしょう。 それを直さないと、何度でも進入してきますよ。 多分、これからの進入を防いだとしても、エアコンの中は糞尿だらけの状況は間違いありません。 エアコンの洗浄が必要ですが、実は手の届かない部分に糞尿がしてあります。 取外してから洗浄することをお奨めします。 糞尿だらけかどうかの確認は、エアコン本体の下の部分を壁から軽く浮かせるように力を入れてみてください、パラパラと糞が落ちてきます。 ほんとは、気が着いていないだけで、もうすでに垂れた後が壁にあると思いますが。 進入経路の確認は、外壁の配管の貫通穴がきちんとパテなどで塞がれているか確認してみましょう。 もし、外の部分にはパテなどがしっかりしていて進入の余地が無い場合は、外壁と内壁の中空部分からの進入経路ですので、一旦エアコンを外してから貫通パイプをきちんと通すことが必要です。 この場合はコウモリではなく、ネズミです。 まずは外壁を確認してみてください。 ナイス: 1.

次の

季節前線ウォッチ

キィキィ 鳴き声 鳥

屋根裏にイタチらしき小動物が住んでいるようで、夜な夜なカタカタと物音や鳴き声が聞こえるという人は少なくないでしょう。 鳴き声は夜に聞こえてくるので夜行性の動物が屋根裏にいるのはわかっているのですが、実際に姿が見えないと「イタチだ」ということは、確証得てないという人も多いのではないでしょうか。 猫などの小動物であれば大丈夫かもしれませんが、もしイタチなのであれば、イタチは肉食で鋭い爪や牙を持っているため、危険な動物だという認識している人も多いでしょう。 そんなイタチが自分の飼っているペット(犬、鳥)に襲いかかってきた時は大変です。 大切なペットが野生のイタチに襲われたら…心配ですよね…。 大切なペットを守るためにも、イタチがこないようにするための方法について知りたい人は多いと思います。 そこで今回は、イタチの鳴き声が何を意味しているのか?を紐解き、自然とイタチがこないようにする方法について紹介します。 1 イタチが鳴く意味について 夜になると小動物と思われる大きな鳴き声がやたら聞こえてくるときがあると思います。 ネズミの鳴き声とは違い、イタチはかなり大きな鳴き声を出すので、すぐにイタチとわかることが多いのです。 そんなイタチには実は鳴くのにも理由があるのです。 (1)威嚇 イタチが鳴く時の理由としてあげられるのは威嚇です。 イタチは自分の身に脅威が降りかかってきた時に威嚇として大きな鳴き声をあげます。 天井でイタチが鳴き声をしてるとき、もしかするとネズミなどがいて、それについて威嚇しているのかもしれません。 また、人間の気配を察知して威嚇をしてくる場合があります。 イタチは野生動物なので、活動期なっていたり、周りを警戒している時は非常に気性が荒くなっています。 その時にイタチと遭遇してしまえば必要以上に鳴き声をだし、人間を威嚇してくるのです。 周りを警戒している時は、みさかいなく襲うという感じなので非常に危険です。 威嚇している時にイタチに少しでも近づいてしまえば、鋭い爪で切られたり、鋭い牙で噛まれたりするため、 鳴き声を放って威嚇をしているイタチには近づかないようにしましょう。 (2)出産 天井でイタチがやたらと鳴き声を出している時は、もしかするとイタチの出産が近づいてきているという可能性があります。 イタチの交尾の時期になると複数のイタチが追いかけっこをしたり、鳴き声によって求愛行動をしてる時があるのです。 至る所からイタチの鳴き声がしている場合は注意が必要です。 また、今まで以上に鳴き声が増えてしまったのであれば、もしかするとイタチが屋根裏部屋で出産をしてしまった可能性もあります。 こうなると、イタチがその屋根裏部屋から出ていくのは非常に難しくなってしまいます。 イタチを駆除するのであれば早い段階で駆除しなければこのように家族を増やしてしまい、そこに居つく準備を完了してしまうという可能性があります。 イタチは一夫多妻制のためどんどん赤ちゃんを産み続ける可能性があります。 そうなると、屋根裏部屋がイタチだらけということも無きにしもあらずですよね…。 鳴き声が聞こえてきたら、早めの対策が必要です。 2 イタチの鳴き声(動画あり) そんなイタチの鳴き声は一体どんな声なのでしょうか? キーキーと鳴き声が聞こえてきたらイタチの可能性が非常に高いです。 先ほどもご紹介したようにイタチは威嚇をしたり、求愛行動する時に鳴き声を放ちます。 求愛行動の後、イタチが出産してしまえばイタチの数はとてつもないものになるため、キーキーという音も我慢のならないレベルになってきます。 イタチは威嚇をして気性が荒い時にも鳴き声を出します。 気性が荒い時に近づいてしまえば、こちらに危害を与えるかもしれません。 鳴き声があるから早めに駆除しようと思って、不用意に近づいてしまえば怪我につながってしまうため、一概に鳴き声が聞こえたからといってすぐに接触すべきでもないのです。 最も重要なのは 『イタチに来させないようにする』という前もっての予防です。 3 イタチが来ないようにする方法 イタチを屋根裏部屋のこさせないようにするためにはどうすればいいのでしょうか? いくつか方法があるのですが手軽にできる方法は、 屋根裏部屋に侵入しそうな隙間という隙間の出入口に金網をつけて、そもそも侵入できないようにするということです。 ですがこの方法は、イタチの行動を予測し当てなければならないため、その予測が外れてしまうと、いとも簡単にイタチに侵入されてしまいます。 そのため、侵入されることを前提とし、イタチが好む屋根裏部屋に罠をはっておくというのが最もベターなのです。 では、屋根裏にはる罠とはどのようなものがあるのでしょうか?最も効果的なのはイタチが嫌がる臭いを設置しておくということですと、イタチが嫌がるにおいは燻製の匂いやお酢のにおい、石鹸の匂いなどが有効的です。 ホームセンターに行くとイタチ撃退用の匂い剤というものが置いてありますが、これは効果抜群であるものの、家でも裏部屋に置いていても臭いが居住の部屋まで匂ってくるという弱点があります。 できるのであれば、イタチが入ってきそうな出入り口の外に置いておくのが最もベストでしょう。 まとめ 以上、イタチの鳴き声に関する習性と、イタチがこないようにするための方法についてご紹介しました。 イタチの鳴き声が聞こえてきたらイタチが威嚇しているか、出産の準備を行っている、または出産を終えてしまったという危険なサインです。 威嚇をしてるイタチには近寄ることはできませんし、出産を終えてしまえば屋根裏部屋から出すことが非常に難しくなります。 そのため、イタチをどうにかしてこさせないようにするという予防が必要なのです。 今回ご紹介した方法をもとにイタチがこないように準備を行ってみて下さい。

次の

緊急です!!! エアコンの中になにかいます。 昨日、エアコンからガサガサと音がしました。どうすることも出来ず放置しました。

キィキィ 鳴き声 鳥

ネズミの鳴き声ってどんなの? ネズミの鳴き声は、一般的には「チューチュー」という鳴き声が浸透していますよね。 漫画やアニメに出てくるネズミのキャラクターも同じような鳴き声を出すため、それらの影響もあるかもしれません。 しかし実際には、 「キィキィキィ…」「キュッキュッ…」という発砲スチロールが擦れたときのような高い音に聞こえることが多いようです。 また、ネズミ算ということばがあるように、ネズミは繁殖力がとても高いので赤ちゃんがいる可能性もあるでしょう。 ネズミの赤ちゃんの鳴き声は、小さく少し高めの声で 「キューキュー」と聞こえます。 このようなネズミの鳴き声は、私たちが生活している中で聞こえてくることがあります。 その場合、近くにネズミが生息していることになりますが、鳴き声だけでなく生活音も聞こえる可能性があります。 では、ネズミの生活音が実際にはどのようなものか見ていきましょう。 ネズミの生活音 野生のネズミは、私たちの家の近くや家の中に棲みつくこともあります。 ネズミの生活音とその音がする行動は以下のようになっているので、これらの音が聞こえてきたらネズミの存在を疑いましょう。 はっきりと聞こえる場合は複数いる可能性が高いです。 実際のネズミの鳴き声は、次のような動画で聞くことができます。 家に棲みつくことがある害獣はネズミだけとは限らないので、その他の害獣の鳴き声も見ていきましょう。 次のような鳴き声がした場合は、ネズミ以外の害獣の可能性があります。 コウモリ :「ギギッギギギギギ」 イタチ :「キーキー」「ククククッ」 テン :「フィヤフィヤー」「ギャーウーギュギュ(威嚇時)」 オコジョ :「ジジジジッ」 フェレット:「クークー」「コッコッ(興奮時)」 ハクビシン:「キッキッ」 以上の鳴き声は、過去コラム「」から抜粋しています。 この記事では鳴き声以外の見分け方や駆除方法まで取り上げているので、気になる方はぜひご覧になってみてください。 ネズミがもたらす危険性について ネズミの鳴き声や痕跡から家にネズミが棲みついているとわかった場合、騒音などの被害があるのはもちろんですが、人の健康に被害をもたらすこともあります。 そしてネズミが人の健康にもたらす被害はとても危険で、ときには命に関わるほどの被害もたらすおそれがあるのです。 この項目では、ネズミがもたらす危険性についてご紹介していきます。 このダニが主な原因となって、人間が感染症を引き起こすことがあることはご存じでしょうか。 普段ネズミの体に寄生するダニは、ネズミが死んだときなどに体や巣から離れ、人の生活範囲に侵入したり人に飛び移ったりします。 このダニが人間を刺すことで、皮膚が腫れたり感染症にかかったりするおそれがあるのです。 ダニが原因となる代表的な感染症は、「ツツガムシ病」という感染症です。 この病は、ツツガムシ病リケッチアという細菌をもったツツガムシ(ダニ)に刺されることで発症します。 その排泄物に直接触ってしまうなどすると、感染症を発症してしまうかもしれません。 ネズミの排泄物による感染症には、以下のようなものがあります。 サルモネラ菌食中毒 E型肝炎 ハンタウイルス肺症候群 これらの感染症の中でも、E型肝炎やハンタウイルスは致死率が高いのでとても危険です。 もし素手でネズミの排泄物に触れてしまった場合は、必ずすぐに石鹸でよく手を洗いましょう。 また、乾燥したネズミの糞は衝撃を受けると簡単に砕け、病原菌と一緒に空気中へ飛散してしまいます。 ですので、掃除機を使って吸い込むと空気中に病原菌がまき散らされてしまい、かえって感染症のリスクが高まってしまうのです。 ネズミの排泄物を取り除く際は、必ず手袋とマスクを装着して、重ねたティッシュペーパーなどを使うようにしてください。 そして回収した後は、除菌用のアルコールを含ませた布でしっかりふき取るようにしましょう。 鼠咬症スピリルムという病原菌をもつネズミに咬まれると、傷口から伝染してしまうのです。 鼠咬症にかかると、2週間ほどの潜伏期間を過ごした後で、インフルエンザやはしかと似た症状が発症することがあります。 最悪の場合死亡する危険性がある恐ろしい病気なので、ネズミに素手で触るのは非常に危険な行為なのです。 ネズミがいるからといってこれらの病気に必ずかかるわけではありません。 ですが、命を脅かす危険性や可能性が目の前にある以上、家族や自分の身を守るためにもネズミ対策をおこなうことが大切です。 ネズミが家にいる痕跡(ラットサイン)を探そう このように、ネズミが家屋に棲みつくことでさまざまな健康被害が発生します。 ご家族を危険に晒さないためにも、なるべく早くネズミの存在を察知し、駆除してしまいたいものです。 ネズミは鳴き声によって家屋に棲みついているか判別できるほか、ラットサインとよばれる痕跡からでも存在を確認することができます。 この痕跡を確かめれば、確実に家にいると判断することができるでしょう。 では、ラットサインにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。 そのため、ネズミが家の中に生息している場合、あちこちにフンも見かけることがあるでしょう。 ネズミのフンの大きさは約4mm~20mmです。 天井裏や壁の内側に落ちていることが多いですが、家に人がいないときは人の生活範囲に落ちていることもあります。 以下は、家に棲みつく代表的なネズミの種類とフンの特徴です。 そのため、歯のお手入れのために家の中のものをどんどんかじっていきます。 ネズミがかじるものはほとんど無差別であり、コンクリートから電線までなんでもかじってしまいます。 部分的に削られたような不自然な損傷があったときは、ネズミにかじられたと疑ってよいでしょう。 野生のネズミは汚れだらけなので、同じ通り道を使っているとそこに汚れが溜まっていくでしょう。 その汚れて黒くなった箇所がラットサインになることがあるのです。 なお、ネズミには壁に沿って走る習性もあります。 ラットサインを探す場合は、まず壁や部屋の隅をくまなく探してみることをおすすめします。 ネズミの種類にはどんなものがある? それでは、家に棲みつくことがある代表的な3種類のネズミを紹介していきましょう。 いずれのネズミも鳴き声は大差ありませんが、体格や棲みつく場所に違いが出てきます。 この特徴を把握していれば、駆除の手助けになるかもしれません。 1 ドブネズミ 体長18~26cm、体重が200~500gの大きなネズミで、茶色に近い灰褐色が多いです。 尻尾が短めであり、もしクマネズミとの判別に困った場合には、まず尻尾の長さを確かめるようにすべきでしょう。 比較的寒さに強いため、下水道やゴミ捨て場などで暮らしていることが多いです。 また、ほかのイエネズミと比べて泳ぎが得意という特徴があり、その特性を活かして排水管などから侵入してくる場合があります。 ドブネズミは湿った場所を好む傾向があるとされており、台所や風呂場といった水回りでネズミ被害を受けている場合、ドブネズミが棲みついていると考えた方がいいでしょう。 なお、高い所に移動するのは苦手なので、高層階に出没することは少ないそうです。 2 クマネズミ 体長14~26cm、体重が100~200gの中型のネズミで、黒・茶褐色・灰褐色などが多いです。 尻尾が長めであり、ドブネズミに比べて耳も大きいという特徴があります。 クマネズミは高い所を好む傾向があるので、電線を器用につたって窓や換気扇から侵入することがあります。 それどころか、そのまま天井裏などに棲みつく可能性があります。 天井裏に棲みつくネズミは、クマネズミである可能性が高いでしょう。 また、近年では従来の毒エサが通用しない「スーパーラット」というネズミが首都を中心に広まっていますが、そのほとんどがクマネズミだとされています。 クマネズミは元々警戒心も強いため、駆除は困難なものとなるでしょう。 3 ハツカネズミ 体長6~9cm、体重が10~30gの小型のネズミで、体毛の色は個体によってさまざまですが、黒色や褐色が多いそうです。 ドブネズミやクマネズミと比べてはるかに小さいため、一目で判断がつくはずでしょう。 乾いた場所を好むとされており、田畑や草地、倉庫などに生息しているとされています。 一方で寒さには弱いため、冬になると暖かい場所を求めて家屋に侵入してくることがあります。 非常に小さいため、家の小さな隙間からでも簡単に侵入できてしまうでしょう。 なお、ハツカネズミは実験動物として用いられることが多いほか、ペットとしても人気を博しています。 ただし、ペットとしてのハツカネズミはあらかじめ飼いならされた白い体毛のセイヨウハツカネズミであり、野生のハツカネズミを飼育するのはおすすめできません。 ネズミの生態を知って駆除に役立てよう 続いて、ネズミの主な生態について解説していきましょう。 ネズミの生態は細かく着目すると特徴的なものがいくつもあるので、ご覧になってみると駆除のヒントになるのではないでしょうか。 【生態1】夜行性 ネズミは基本的に夜行性の動物であり、昼間にはあまり行動しようとはしません。 ネズミが活発になる具体的な活動時間帯は、日没後数時間~夜明け前にかけてまでとなっています。 人が睡眠する時間に活性化するため、私たちはネズミの鳴き声や足跡に睡眠の邪魔をされることでしょう。 そのため、私たちとは相性が悪いといえるのです。 【生態2】食事の量が多い ネズミは心身代謝が非常に高いのが特徴であり、常にお腹がすいています。 そのため、自身の体重の3分の1~4分の1の量の食事を採るのです。 もし食事ができないと、ネズミはものの数日で餓死してしまうでしょう。 毒エサを取り上げたときにも触れましたが、ネズミが好きな食べ物には、サツマイモ・ソーセージ・サツマアゲ・植物の種子・米・果物などがあります。 クマネズミやハツカネズミは本来草食性が強いですが、全体的には雑食の傾向が見られます。 【生態3】環境順応・異物反応 ネズミは、今ある環境にしだいに慣れていく特徴をもっていますが、その反面突然いつもと違った環境に変わったとき警戒するという特徴もあります。 例えば、超音波を使ってネズミを追い払うグッズがありますが、はじめは超音波に警戒して逃げ出したネズミが、同じ周波数帯の超音波にしだいに慣れていき効果が薄まることがあるようです。 この場合、周波数帯を定期的に変えられる装置を使うのがよいでしょう。 また、毒エサなどをしかける際には、ネズミが好む部屋の隅などに置くのがベストです。 天井裏に設置するときは、適当な場所に置くのではなく隅や断熱材の上などに設置しましょう。 【生態4】警戒心が強い ネズミは非常に警戒心が強いため、仕掛けた罠に中々引っかかってくれません。 ですので、罠に引っ掛けるためにはある程度工夫をしておく必要があるでしょう。 そのため、毒エサをしかけるときは1度目に普通のエサを設置し、食べたのを確認してから毒エサを設置する方法がおすすめです。 このやり方はネズミの特徴をうまく利用した駆除方法といえます。 【生態5】寒さに弱い ネズミは寒さにとても弱く、気温が10度以下になるとほとんど動けなくなります。 そのため、冬を超えることができず冬眠のように固まったまま死んでしまうこともあります。 この生態からもわかる通り、ネズミは外が寒くなると暖かい場所に移動します。 寒さをしのげるうえにエサも豊富である人間の家屋は、ネズミにとっては絶好の住処になるのです。 外が寒くなってきたら、ネズミには警戒しておきましょう。 家でできるネズミ対策5選 これまで述べてきた通り、ネズミは鳴き声で騒音被害をもたらすだけでなく、私たちの健康にも大きな悪影響をもたらす害獣です。 ですので、家に棲みついている場合は絶対に駆除したいものでしょう。 ネズミは「 鳥獣保護法」などの対象外の動物なので、カラスや鳩などと違って駆除したり捕獲したりできます。 ですので、ネズミが多く出没する地域ではネズミによる危険性を回避するためにも徹底的な対策をしましょう。 家でできるネズミ対策は以下になります。 食べカスはネズミのエサになるのはもちろん、部屋のホコリを食べにやってきた害虫を捕食しようと、ネズミがついてくるおそれがあるのです。 ネズミのエサになる食べカスをはじめ、細かなホコリなども残さないよう清掃することが大切です。 根本的な解決をするために、細部まで意識した清掃が重要となってくるでしょう。 ネズミを直接捕獲することに抵抗がある場合におすすめです。 ネズミの忌避剤には、ネズミが嫌うにおいが使用されています。 ネズミはハーブやワサビ、ユリのにおいを嫌っており、これらのにおいを漂わせておくことでネズミを近づけさせなくすることが可能なのです。 なお、忌避剤にはスプレータイプ・燻煙(くんえん)タイプ・設置タイプ(苦手な匂いなどを使う)があります。 それぞれ見られる効果が少し違うので、家庭に合った方法を選ぶとよいでしょう。 スプレータイプ:手軽だが持続性がない(数日~数週間)。 手に届く範囲しか効果がない。 燻煙タイプ :広範囲に効果がある。 即効性があるが持続性に欠ける(数日)。 設置タイプ :持続性がある(数か月)が、即効性がない。 ですので、ネズミを駆除できたかどうか直接見ておかないと不安だという方には、こちらの駆除方法を採用するのをおすすめします。 この方法では、ネズミが好む食べ物を使ってネズミをおびき寄せます。 ネズミの好物を捕獲機の付近に設置したり、毒エサに練り込んだりしておきましょう。 ちなみにネズミは、サツマイモ・ソーセージ・サツマアゲなどを好みます。 最近の捕獲機にはケース状になっているタイプもあり、このタイプだとおびき寄せたネズミがケースに直接入るのでネズミに触れずに駆除できます。 なお、捕獲したネズミはバケツいっぱいの水に漬けて溺死させた後、生ごみとして処理します。 また、過去コラム「」では、ネズミを好物でおびき寄せる方法や捕獲機を写真付きでご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。 ですので、侵入口を塞いでおけばネズミ被害を防ぐことができます。 また、侵入口の付近に忌避剤を設置しておくと、効果的にネズミ除けが可能となるでしょう。 ネズミの侵入口には、以下のような場所があります。 通風口 換気扇 ドアなどの隙間 エアコンホースの取り付け口 床下 排水管やトイレの配管 ただし、家の中でネズミが繁殖してしまっている場合は、侵入口を塞いでもネズミ被害を防ぐことはできません。 その場合は、毒エサや捕獲機を用いてネズミを駆除する必要があるでしょう。 ワシ・タカ・フクロウなどの猛禽類からヘビなどの爬虫類、さらにはネコやキツネ、イタチなどのほ乳類など、その種類はさまざまです。 これらの天敵を飼ってみることで、ネズミが天敵を警戒して近寄らなくなるとされているのです。 また、天敵が発する臭いにもネズミは警戒するため、キツネの尿などがネズミ除けグッズとして販売されていることもあるそうです。 ちなみに、ネズミ捕りといえばネコというイメージがあるかもしれませんが、人に飼われているネコはそれほどネズミを捕ることはないそうです。 ですが、ネズミは依然としてネコを天敵として見ているため、ネコを飼っているとネズミが発生しにくいとされています。 なお、ネズミの天敵ではありませんが、ハムスターを飼うことでもネズミ被害を抑えることができるそうです。 ネズミがハムスターのにおいを感じ取ると、そこをハムスターの縄張りだと認識するのです。 そのため、臆病な個体は近寄ろうとしないとされています。 業者は掃除までしてくれるのでおすすめ 自分でできるネズミ対策ではないですが、プロの業者に依頼してネズミを駆除してもらうのもよいでしょう。 プロの業者に依頼するメリットとしては、駆除だけでなく掃除もしてくれる場合があることです。 業者によっては薬剤を使った除菌をしてくれることもあります。 依頼した時点で掃除や除菌のプランがない場合は、相談してプランを追加してもらうか別の業者に依頼するようにしましょう。 先ほどご紹介したように、ネズミは感染症などの危険性があり、とくに排泄物を残したままではネズミを駆除したとしても不安が拭い去れません。 ネズミの被害から完全に開放されるためには、業者による駆除もおすすめですよ。 まとめ ネズミの鳴き声は、「キィキィキィ…」「キュッキュッ…」と聞こえるようです。 また赤ちゃんネズミの鳴き声は「キューキュー」と成体のネズミより高い声で鳴きます。 このような鳴き声が聞こえた場合は、家の中にネズミが棲みついている可能性があるでしょう。 また、ネズミが家にいる場合はさまざまな痕跡があるので、痕跡を確認して存在を確認することもできます。 ネズミが棲みつくことで感染症を引き起こすおそれがあるため、存在を察知したらすばやく駆除するのをおすすめします。 もしネズミ自体を見たくない場合や、ひとりでおこなうのに不安がある場合は、プロの業者に依頼して駆除してもらうこともおすすめです。 プロの業者による駆除は、駆除だけでなく除菌までしてくれるのでネズミによる感染症などの危険に対する不安も拭い去ることができるでしょう。

次の