トランペット マウスピース。 【楽天市場】中古 マウスピース:池部楽器トランペットステーション

マウスピース

トランペット マウスピース

リム部分は選び方によって演奏の質が変わります。 特に演奏しやすいものを選びたいのなら、 リムがややフラットなものを選ぶことで、演奏中にリムが唇に食い込んで痛くなったり、疲れてしまうことを防いでくれるでしょう。 1~20までの数字で表すリムサイズは、大きさによって音質を左右します。 1が最も大きく、20が最も小さいサイズとなりますが、 初心者には大きさのバランスが取れた3~7がおすすめです。 しかしながら、リムは奏者の唇が直接当たる部分。 唇の厚さや歯並びによっても最適なサイズが異なるため、フィッティングが最重要となります。 後悔しないためにもマウスピースを購入する前に試して、自分にとって理想的なリムを確認しておきましょう。 トランペット初心者の方には、 マウスピース単体で使える練習用タイプがおすすめです。 練習用タイプは、音感をつけたり、息のスピードをコントロールするなど、トランペットを演奏するにあたって重要となる基礎練習が手軽に行えるようになります。 また、練習用タイプならトランペットが無くても使えるので、トランペットを吹いたことが無い方でも手軽にチャレンジできそうですね。 ポケットにも入るコンパクトサイズで、場所を選ばずどこでも練習ができることも嬉しいポイント。 演奏の上達を目指すなら欠かせないアイテムと言えるでしょう。 ちなみに、練習用マウスピースは音量が小さめの商品が人気です。 気になる騒音をカットできるため、 ご自宅で練習する際にも重宝 します よ。 選択肢が多すぎてどれを選んだら良いのか迷ってしまったときは、 YAMAHA(ヤマハ)やBach(バック)といった有名メーカーのマウスピースを選ぶと良いでしょう。 YAMAHAのマウスピースは、 中高の吹奏楽部でも採用されている定番の商品です。 リーズナブルな価格と吹きやすさを兼ね備えているため、初心者にも最適。 トランペットをカジュアルに楽しみたいとお考えの方におすすめです。 バックはプロから初心者まで、幅広いトランペッターに愛されるマウスピースを扱う老舗メーカーです。 すべてのトランぺッターが一度はバックのマウスピースを使うと言っても過言ではないほど、マウスピースメーカーの中では圧倒的なシェアを占めています。 本格的にトランペットを頑張りたいと思っている方にぴったりのメーカーなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

マウスピース

トランペット マウスピース

真夜中に書いたので深夜のテンションで、少しアレなブログっぽいタイトルにしてみました。 もちろんこの通りにする必要はないのですが、やっぱり中高生のマウスピース選びって顧問なり外部指導者なりの、 古い伝統や考えに囚われすぎているような気がするので書いてみます。 安いのでとりあえずとバックから選びました。 学校の備品は基本の楽器、マウスピースである事が多いです。 古い奴では11とか11Bなんてのもあるかも?でもあまり覚えてないので触れません。 Bカップは やや浅めのカップで ブレスが育っていない初心者の助けになります。 4リムはフラット気味のリムで口当たりも良く、 唇が痛くなるのを和らげます。 具体的には 7B4、11B4、13B4、14B4、15B4 唇の厚いor歯が大きい、出ている人には大きいマウスピースが良いと言われていますが、 大き過ぎると唇をだらしなく使ってしまうクセがついて 逆に良くないと思います。 適切な唇の振動を身に付けるためにもこの辺りのサイズを使うのをおススメします。 大きい方が音が出し易いですし粘膜奏法回避に良いとも言われていますが、なる人はどのマウスピースでも粘膜奏法になります。 どうしても使えないのなら15B4を。 可能性を狭める事は書きたくないのですが、それでも17B4は初心者には大きい気がします。 16B4は中川モデルしかないんですね、良いサイズ感だと思うのですが・・・。 7B4は他のに比べスロートが1サイズ太いですが支障はないでしょう(7B4は 26相当、他のは 27相当)。 あまりいないと思いますが、7B4でも大きいと感じる場合は・・・浅いですが6A4aという選択肢もあります。 6B4があれば良いのですけどね。 日本はどうも一部 よりバックが凄いっていう考えがあり「11B4は初心者用だからバックのマウスピースに変えたい!」って イメージだけで変えたがる人もいますが正直愚行だと思います。 学校によっては「バックの7C、5C、3Cしか認めない」学校もあるようです・・・。 もちろん吹き易ければ問題はありませんが。 個人的に14B4は良く出来ているマウスピースだと思います。 のマウスピース同様、安価で普及率も高く学校の楽器ケースの中に良くあります。 おススメはこの5種類。 この話がなければ選択肢にすら入らなかったかもしれませんね。 リムの形状の違いだけで7Cより小さいマウスピースは吹けないと思ってしまう人も実は多かったり。 歯並び、唇的に合うなら 5C、3Cも良いですね。 マウスピース選びは3Cに始まり3Cに終わるなんて言いますし。 とあるマイスターは昔「バックの5Cが吹け無かったらその人はトランペットに・・・」いや、何でもないです。 千葉県のにあるマール・ミュージックさんでは 「部の中学生、高校生が 最初に使うマウスピースはこれで!」とバック7Cでなく バック5Cを勧めています。 近くなのにまだお邪魔した事はないのですが、ショップやブログを読む限り凄く良いお店だなというのが伝わってきます。 一度行ってみたいですね。 でも カでは5Cより6Cの方がメジャーなんだそうです。 ボブ・リーブスのクラシカルラインに5Cが無く6Cがあるのはそういう理由からと輸入元から聞きました。 カップが深い方が深みのある音になりますからね。 でも その良い音でどの音域も均一に吹けますか?合奏や演奏会でバテても吹き切れますか? 良くあるのが試奏室で ほんの少ししか吹かずに「良い音だ」と大きく深いマウスピースを選びor選定されるケース。 高い音になると窮屈な音になったり、練習で 1時間もしないうちに良い音で吹けなくなる。 音域は狭まり苦しくなり、過剰なプレス地獄。 もちろん初心者のうちから深いマウスピースを選ぶ人は少ないと思いますが、2年目、3年目でも早い様な気がします。 最後までバテずに音質も損なわず楽しく演奏出来た方が良いと思うのですがどうでしょうか。 なんで7Cが初心者向けマウスピースなの? 個人的に初心者には吹かせたくないマウスピースです。 個人的にですよ。 バック7Cは11や11B4と並ぶ初心者向け、初心者用マウスピースとして有名です。 でも僕はそう思えません。 バテ易い、唇や歯がすぐ痛くなるって人、 バックの7C使ってませんか? アルティザン7Cは吹いた事ありませんが、これは良いのかも? まず リムが鋭すぎます。 口に突き刺さるような口当たりです。 普通に吹いただけで違和感があります。 初心者は良いプレス加減を知りませんからついついマウスピースを押しつけ過ぎて吹いてしまう事が多いです。 ですが7Cのリムだと 適切なプレス加減でも痛く感じる場合があります。 すると今度はプレスが足りなくなり、逆に演奏が困難になります。 カップも深めなのでブレスの育ってない初心者には扱いにくいと思います。 長時間吹かされると身体がバテてきますからすぐに唇を締めたりプレスして演奏し始めます。 すると上に書いたようにリムが痛いので大変です。 久しぶりに吹いてみましたが、11B4の方が良いと思います。 個人的にですよ。 もちろん口当たりが良いとか、何回吹いても 他のマウスピースより吹き易ければいいと思います! これ、昔書いた記事なんですが今とほとんど同じ事が書いてあります。 面白いなぁ。 海外でも同じ意見の方が! 7番のサイズ感は確かに万人に受け入れられるサイズではある 確かにバックの 7番サイズは 初心者に勧めやすい サイズ感です。 (ここからは昔ネットやら雑誌で読んだ情報を元に書きます。 ) 大昔は 付属のマウスピースといったら10番か7番くらいだったそうです。 でもバックのトランペットには付属のマウスピースなんてものは無く、購入者が好きなマウスピースをその場で選んで買って行っていたそうです。 そのうち 大量生産されるようになり、昔から選ばれていた7番サイズのマウスピースをとりあえず付けるようになったそうな。 それがたまたまバックでは7Cだっただけで、 7C=初心者用と言う訳では無い様な気がします。 最近の50周年モデルや190Bなどは3Cが標準で付属されているそうです。 もちろん、7Cが良いという可能性もあるので試奏時に一緒に出してもいいかもしれませんし、今後考えが変わるかもしれません。 ちなみにバック本人は6C?を愛用していたとか。 (こういう理由があって吹かせてますってのあれば教えてください。 )登山用の靴で100mさせるようなものでは。 もちろん合っていれば良いのですが。 そのうち上級者は大きいマウスピースを!なんて曲解されたのかも。 でもハーセス本来のサイズは7番くらいで、 事故で唇を怪我したから傷に触れない大きいマウスピースを吹いていただけなんだとか。 もちろん1番リムで深さの違うマウスピースを数種類持っていたという情報もありますが、曲によって7番サイズのマウスピースもしようしていたそうです。 は色んなジャンルを演奏するのですから、使い分けしても良いと思います。 この記事は浅さについてですが、リムサイズにも言えると思います。 初心者はマウスピースを実際に吹かないと分からないと思うので、買うなら 楽器屋に行ってちゃんと試奏して買ってくださいね。 アレン・ヴィズッティは「可能な限り小さいマウスピースを」と言っていますし。 僕、楽器屋巡りが好きなので、マウスピース選びで迷ってる方はご一緒しましょう。 最近メルマガ配信してませんが、ごくごくごくごくたまにお得情報が行きます。

次の

トランペットマウスピースだけの練習!効果がある方法を解説

トランペット マウスピース

5 です。 また、古いフレンチホルンのマウスピースには洋白製 比重8. 8 のタイプもありますが、真鍮に比べるとやや固い響きになります。 表面仕上げ 銀メッキ 真鍮製マウスピースとの最適なマッチングを持つのが銀メッキです。 充分な膜厚を施すことで密着性も良く、剥がれにくく耐久性があります。 響きはややダークになります。 また、銀メッキは、安全面において信頼性の高い仕上げです。 なかには、現在でも銀メッキの下にニッケルメッキを施しているマウスピースメーカーもありますが、マウスピースは、直接唇に触れるものであり、好ましくありません。 また、ニッケルメッキは、長年の使用でメッキが剥がれて表面が凸凹になります。 金メッキ 金メッキマウスピースは、唇への感触が非常に滑らかです。 そして、この滑らかさが唇の自由な移行を助け、柔軟性を生んでいます。 ヤマハのカスタム・シリーズは、マウスピースの内径にまで金メッキを施したインナーゴールド仕様。 このため特有のきめ細かな響きとスムーズな息の流れを得ることができます。 また、現在市販されているマウスピースのなかには、金メッキの厚さが極端に簿いためにメッキが短期間で剥げてしまうものがあり、注意を要します。 大きいものは、低音域が安定し、音量が大きくなります。 リム厚さ 厚いリムは、高音域が容易となり長時間の演奏が可能ですが、コントロールが難しくなります。 薄いリムは、音のコントロールは容易になり、幅広い音域をカバーしますが、疲れやすくなる傾向があります。 カップ 浅いカップは、明るい音色で高音域の演奏が容易になりますが、音量は小さくなります。 深いカップは、暗めの音色で低音域が出しやすく、音量が大きくなります。 スロート径 細く長いスロートは、抵抗が強くスピード感のある明るい音色になります。 太く短いスロートは、暗めの音色で大音量が得られますが、抵抗が少なく疲れやすくなる傾向があります。 どんなマウスピースを選んだらいいの?• 唇の厚さや大きさ、歯並びにぴったりあったもの• 唇の当てた時に違和感なく、吹いていて疲れないもの• 自分の求める音で全音域がムラなく楽に出せるもの• カップやや浅め ブレスコントロールが楽• 46 3. 65 やや浅いカップと中庸のリムで耐久力に富み,吹奏楽に最適。 輝かしい音色で,D,Eb管,ピッコロトランペットにも好適。 スタンダードはコレ! メーカー 品番 販売価格(税込) カップ容量 リム内径 mm スロート径 mm 特長 YAMAHA TR-11C4 ¥5,184 C 16. 46 3. 65 明確なバイトと程よいリムを持ち,オールラウンド。 初心者から上級者まで,最もスタンダードなタイプ。 30 3. 66 カップは浅めで音は華やか。 大きいマウスピースで高音を楽に出したい奏者に適している。 25 3. 66 リムの内側が丸く、角張ったマウスピースが苦手な奏者に最適。 活気のある豊かな音色。 20 3. 66 よく使用されているモデル。 華やかな音色を持ち、初心者や勉強中の学生は一度吹いてみる価値のあるマウスピースである。 落とさないように、、、 落として凹んでしまったら基本的には買い替えをおすすめします。 マウスピースの先が歪んで正円でなくなると、唇の振動が効率よく楽器に伝わっていかなくなります。 これでは演奏性も落ちるし音程も悪くなります。 修理でシャンクの部分など形を直す事は出来ますが、金属は伸びてしまっているので機能まで元に戻せるわけではないのです。 したがって、やはり買い直すことをおすすめします。 ですので、 とにかく落とさないように! 抜けなくなったマウスピースを無理に抜かない! 落として歪んだマウスピースを使っていたり、不注意で楽器をどこかにぶつけたりすると、マウスピースが抜けなくなることがあります。 これも非常に多いトラブルですが、その場合、 絶対に力任せに抜こうとしないでください。 抜けなくなったマウスピースを握って力一杯引っ張ると、管体自体が曲がったり、歪んでしまったりする危険性があります。 管楽器の金属は意外に柔らかく、力が加わると簡単に曲がってしまうのです。 ですから、マウスピースが抜けなくなったら焦らずに、決して無理に自分でやろうとせず、リペアの専門家に相談するようにしてください。 マウスピースの日頃の手入れ ほこりやゴミをマウスピースの内側に付着させたままで使用していると、次第にスロートやバックボアの部分が狭くなり、 楽器の鳴りや音質・音程をそこないます。 楽器とマウスピース本来の性能を保つために、専用の「マウスピースブラシ」で、マウスピースの内側を洗いましょう。 マウスピースだけを持ち運ぶ時には、表面に傷を付けないよう、ポーチ等に入れて保護しましょう。 商品以外のリペアや部活動のことなど、ご相談などもお待ちしておりますので、是非島村楽器ららぽーと富士見店の管楽器売場に遊びにいらしてください! 管楽器に関しての疑問や質問等、お電話でも構いませんのでどうぞお気軽にご相談ください。 皆様の心よりご来店お待ちしております。 試奏のお問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせ下さい。 試奏のご予約、在庫の確認、ご相談などお気軽にお問い合わせください。 試してみたい!そんな方はご自身の楽器を一緒にお持ち頂く事をおすすめします。 店頭でも楽器はご用意できますがマウスピースは、楽器との相性が大切です。 メーカーはもちろん、機種の違いや新品、中古でも楽器の特徴は様々ですので、できる限り現在お使いの楽器でお選びになることをおすすめします。 使い慣れた楽器本体をご用意してご来店ください。 ららぽーと富士見 アクセス お車をご利用の場合 公共交通機関をご利用のお客様 店舗 島村楽器ららぽーと富士見店 電話番号 049-268-0660 営業時間 10:00~21:00 担当 宇佐美 商品お支払い方法 店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。 クレジットカード• ショッピングクレジット 代引き着払いOK! 代引き着払いでのお支払い方法• クレジットカード 代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。

次の