タムロン 35mm f1 4。 タムロン「SP35mm F/1.4 Di USD」はものすごく優秀なレンズ

TAMRON (タムロン) SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045) レビュー

タムロン 35mm f1 4

こんばんは!担当:Kです。 4 Di USD Model F045 の実写レビューです。 どの世界にも宿命のライバルがあるものです。 読売ジャイアンツと阪神タイガース、アラン・プロストとアイルトン・セナ、アムロ・レイとシャア・アズナブル・・・そしてSIGMAとTAMRON。 SIGMAがArtの35mm f1. 4を発売したのが7年前の2012年、高性能な定番と言っていいレンズとなっています。 ライバルメーカーのTAMRONが、同じ土俵に新製品をぶつけて来ました。 冗談はさておき、優れたレンズメーカー同士がしのぎを削るのは、より良い製品の登場につながりますので、ユーザーとしては嬉しい限りです。 今回もTAMRONがライバルの性能について意識していないはずがありませんので、楽しみなテストになりそうです。 >>> 実写テスト 今回のテストボディはNikon Z7、Nikon史上最高画質をメーカーが公言するミラーレス一眼カメラです。 4 Di USD Model F045 は一眼レフ用のレンズですので、純正のマウントアダプターFTZを使ってカメラに装着しました。 4 Di USDはZシリーズとの対応も問題ない旨アナウンスされており、今回のテストでも動作不良などの不具合も無く、AFスピードなど良好な操作感でした。 4 ISO100 露出補正-0. 7 紫陽花ばかりだと、撮る方も飽きて来ます。 せっかくお寺に来たので、別の被写体も撮りました。 山門の天井に取り付けてあった飾り(?)です。 細かい彫刻と黄金で装飾されていて綺麗です。 背景を黒く落ち込ませて、被写体が引き立つ様に撮りましたが、よ~く見るとうっすらと天井の格子模様が見て取れます(モニターによっては見えないかもしれません)。 レンズのテストですが併せてZ7の優秀さに驚かされます。 拡大して解像感を見てみます。 驚くべき解像感です。 そして、解像感以上に、その質感の再現性に舌を巻きました。 4 Di USD については「柔らかい」というよりも、シャープで立体感に富み、質感描写に優れたレンズという印象です。 4 Di USD なら、その性能を余すことなく活かせるでしょう。 凄いです。 4 ISO100 露出補正-0. 3 夕暮れが近づき、もみじの若葉が夕日に輝いていました。 背景が黒っぽい寺院だったのと、f1. 4で背景を大きくボカせた事で、緑の葉がより引き立つ写真に出来ました。 久しぶりに「超」高性能な単焦点レンズで撮影を行い、凄味すら感じる性能の高さに、とても満足なテスト撮影となりました。 撮影地に寺院を選んだので、ビールを飲むのも憚られ、残念ながら今日はしらふのまま撤収です。 まとめ メーカーが言うとおり「SP Superior Performance シリーズ40周年の節目に発売されるにふさわしい、最上級の描写力を持ったレンズ」でした。 年々デジタルカメラの性能が向上する中、その時その時で「最上級」も変化し続けています。 5,000万画素近いモンスター級のデジタル一眼カメラが多数存在する中、確かに現時点での「最上級」を実現したレンズだと感じました。 4 Di USD Model F045 は、非常にシャープで高解像力なレンズですが、質感を忠実に再現する諧調、写真全体を美しく見せるボケ味の良さは、逆に2,000万画素クラスのミドルグレード機でも、このレンズの高い実力を活かせるアドバンテージと言えるでしょう。 何よりファインダーを覗いた瞬間から「いいレンズ」を使っている実感を味わえ、写真を撮るモチベーションがとても上がるレンズでした。 >>>.

次の

【作例】α7RⅢとタムロンのSP 35mm F1.4 でポートレート撮影をしてみた感想

タムロン 35mm f1 4

ポートレート撮影で愛用中のTAMRON 35㎜ F1. 4 レンズがこちら こんにちは。。 4に入れ替えたので紹介します。 キヤノンとニコンの一眼レフユーザーにも参考になるかと思います。 4 Di USD Model F045 焦点距離:35mm 開放絞り:F1. 4 最小絞り:F16 フィルター径:72mm 絞り羽根:9枚 最短撮影距離:30cm 重量:815g(キヤノン用) より引用 このレンズは、 一眼レフカメラ用のレンズになります。 マウントアダプターであるMC-11を使って使っています。 このレンズについて、今回3つの点でインプレッションなどを書きたいと思います。 TAMRON SP 35mmF1. 4 【F1. 4 を購入した理由 ポートレートで下記の焦点距離の単焦点レンズを好んで使用しています。 35㎜ 背景の雰囲気が広く入れられる• 50㎜ 寄っても引いても良しの万能焦点距離• 4を長らく愛用していました。 はっきり言って特に不満は無かったのですが、タムロン SP 35mm F1. 4の作例を見た時にクリアな描写や立体感、ボケの綺麗さがすごく気に入って、欲しくなったのが理由です。 また、タムロン自ら、自社最高性能のレンズを作りましたと自負していることと、FEマウントの35㎜レンズでF1. 4以上のものは純正F1. 4とシグマのF1. 2だけだったので、みんながあまり使ってないレンズをあえて使ってみるのも面白いかなと思い購入に至りました。 タムロン SP 35mm F1. 4の長所 まず、レンズの性能が素晴らしいです。 使う前に気に入った理由は、作例が感覚的に好みの描写であったとかで、理屈ではなかったのですが、実際手に入れて撮影したりすると言語化できるようになってきました。 まず、すごくシャープなレンズなんです。 この写真を見てください。 TAMRON SP 35mmF1. 4 【F1. 4なんですけど。 まつ毛とかしっかり解像してますよね。 肌の様子も鮮明に映しだされています。 度肝抜かれました。 正直、階調とかボケが良さそうなレンズだったので、一般的に相反すると考えられるシャープネスの方はあまり期待してませんでした。 女性で例えるなら、 巨乳なのにスレンダーみたいなイメージです。 (たぶん) 当初期待してた色表現も、しっかり環境を捉えて、外光による肌色と、室内環境による肌色に加えて、クリームソーダの緑色が肌に反射してる様子もかき分けられています。 レンズの性能を表すMTF曲線を見ても、これら長所の裏付けが取れました。 より引用 MTFレンズの詳しい見方はここでは割愛しますが、簡単に言うと、オレンジの曲線がレンズのコントラスト、ヌケの良さを示していて、グレイの曲線が解像度、シャープネスを示すと思ってもらえたら大丈夫です。 オレンジ曲線は天井に近いですし、グレーもスタートが0. 9です。 (他の35㎜レンズのMTFも見ましたが、良くて0. 8くらいでした。 ) また、各種収差が抑えられていることで点が点として写り、ボケにも色づきがなく、スムーズな描写となっているそうです。 あと、長所として意外と価格が安いことが挙げられます。 自分は8万しないくらいの中古を購入しました。 性能を考えると破格です。 TAMRON SP 35mmF1. 4 【F1. 4 【F1. 4の短所 短所は正直あまり思いつきませんが、若干重いことでしょうか。 SONYの純正35㎜F1. 4と比較して、 180g程重いです。 さらに、自分はMC-11を介して使用するため、結果300g程重いことになります。 ただ、描写を考えると納得出来ました。 我慢しますw 結局、大満足の素晴らしいレンズだった。 タムロンとSONYはもともと相性がいいですしね! 購入する前は、こ気に入らなかったら売って、純正を使い続けようと思いましたが、大変満足できたので、入れ替えました。 後悔は1㎜もありません。 ということで、ポートレート撮影で長く付き合うことになりそうな、タムロン SP 35mm F1. 4レンズでした。 SONY純正のFE35㎜F1. 4の作例も見たい方はからどうぞ。 それではまた。

次の

35㎜単焦点レンズもいい。F1.4、F1.8、F2、ニコン・シグマ・タムロン・ツァイス・ウルトロンの単焦点レンズ良いぞ。

タムロン 35mm f1 4

単焦点レンズ 35mmをおすすめしたい人 そもそも、「焦点距離は35mmで良いのか?」についてです。 僕が単焦点レンズの35mmを使用する被写体や場所は以下を想定しています。 メインの被写体は人物。 特に子供(生後から小学生未満)• 人物は動いている場面も撮影。 特に、子供が遊んでいるシーンなど• 屋内、屋外の両方で撮影• 日常生活圏はもちろん、旅行先でも使う• 旅行先では風景や建築物も撮影する• テーブルフォト、モノ撮りをたまにする もちろん他にもいろんな使い方があると思いますが、上記に当てはまれば35mm単焦点レンズはおすすめです。 もっとボケを活かしたい場合や被写体までの距離を確保できる場合、そして、汎用性は捨てられないという人には、50mmもおすすめです。 関連記事• 単焦点レンズ 35mmの種類 単焦点レンズの35mmは、純正、サードパーティー製で豊富なラインナップがあります。 僕は動く子供を撮影することが多いため、マニュアルフォーカスは無理と考え、早々除外しました。 カールツァイスとか、評判が良さそうなんですけどね。 オートフォーカスができる35mmレンズは、以下のキヤノン純正やサードパーティー製のレンズが主要どころです。 EF35mm F1. 4L II USM:キヤノン• EF35mm F2 IS USM:キヤノン• 35mm F1. 4 DG HSM:シグマ• 8 Di VC USD:タムロン 各レンズの主な仕様は以下の通りです。 EF35mm F1. 4L II USM EF35mm F2 IS USM 35mm F1. 8 Di VC USD メーカー キヤノン キヤノン シグマ タムロン 開放F値 F1. 4 F2 F1. 4 F1. 8 最小 絞り F22 F22 F16 F16 最短 撮影 距離 0. 28m 0. 24m 0. 3m 0. 2m 最大 撮影 倍率 0. 21倍 0. 24倍 0. 19倍 0. 8mm レンズ構成 11群 14枚 8群 10枚 11群 13枚 9群 10枚 単焦点レンズ 35mmの比較・検討ポイント 4つのレンズを比較して、メリット、デメリットなど、ポイントとなる部分を紹介します。 EF35mm F1. 4L II USM:キヤノン 関連記事 せっかくの大口径レンズなのに、F1. 8というのがちょっともったいない気がしますが、だから安いのかもしれません。 35mmでEF35mm F1. 4L II USMを選んだ理由 僕はEF35mm F1. 4L II USMを購入しました。 比較した4つの35mm単焦点レンズの中から、EF35mm F1. 4L II USMを選んだ理由を紹介します。 上記で、単焦点レンズの35mmを使用する被写体や場所で紹介しましたが、特に子供撮影という観点を優先しています。 開放F値 僕の場合、背景をボカして撮影したいと思うことが多いです。 もちろん絞って撮影することもありますが、ボカしたい時にボケないことにストレスを感じます。 そのため、開放F値が最優先事項でした。 すると、開放がF2であるキヤノンのEF35mm F2 IS USMが除外候補に。 絞り1段の差ですが、ボケ量はもちろん、ISO感度を下げられることも考えると、有意な差であると考えます。 特に室内で撮影する場合、絞りが1段違えば、ISO感度で6400と12800の差が出ることが結構ありますので、画質の差異は大きいです。 除外候補となったEF35mm F2 IS USMの良いところとして、手ぶれ補正があります。 でも、動く子供の撮影頻度が高いことを考えると、手ぶれ補正があっても、被写体ブレは抑えられません。 よって、開放F値と手ぶれ補正を比較すると、手ぶれ補正の優位性がないため、この時点でEF35mm F2 IS USMは脱落。 開放F値では、キヤノンのEF35mm F1. 4L II USMとシグマの35mm F1. 4 DG HSMの2つがF1. 4ですので、まだ検討候補。 8 Di VC USD は開放F値がF1. 8ですが、こちらもこの時点ではキープ。 後で総合判断。 オートフォーカス(AF)性能の速さと精度 子供はじっとしている時間が一瞬であることが多いです。 そうすると、オートフォーカス(AF)の速さと精度が重要です。 以前、APS-C用のシグマ30mm F1. 4 DC HSMを使っていました。 その時、厳しい条件でなくても、合焦しないと感じることがちょくちょくありました。 APS-C用は、今回の比較している35mm F1. 4 DG HSMより安いモデルです。 そのため、性能が劣っていた可能性はあるかもしれません。 しかし、それを差し引いても、「この場面で合わないの?」と思うことがボチボチあったんです。 だから、シグマの35mm F1. 4 DG HSMのオートフォーカス(AF)精度が心配でした。 ネットで情報収集してみると、シグマのレンズはAF性能に個体差があるという口コミを結構目にします。 シグマに修理を依頼しても、ピント調整するためのソフトを使っても、結局ピントが合わなかった話なども見かけます。 自分が購入する個体がアタリなら良いのですが、ハズレだと買い替えるしかなさそうなので、それが心配で35mm F1. 4 DG HSMが検討候補から脱落。 タムロンの35mm F1. 4 DG HSMについては、店頭で試した限りでは、問題無さそうでした。 ただ、子供を撮影するにはAFが遅いと書いてあるブログを見かけ、ちょっと気になりました。 キヤノンのEF35mm F1. 4L II USMも店頭やショールームで試した限りでは、オートフォーカスは全く問題なし。 防塵防滴・最大撮影倍率 子供が思いっきり遊んでるところを撮影しようとすると、砂ぼこりとか、水しぶきが飛んでくるシーンがあります。 4つレンズの中で防塵防滴に対応しているのは、キヤノンのEF35mm F1. 8 Di VC USDです。 8 Di VC USDの仕様を見たところ、「簡易」な防塵防滴との記載がありました。 あえて「簡易」な防塵防滴と言っているので、ちょっと心配だなと。 一方、キヤノン製の防塵防滴レンズについては、別の防塵防滴対応レンズを使っていて問題がないという実績があります。 そのため、防塵防滴の機能については、EF35mm F1. 4L II USMなら安心と判断しました。 EF35mm F1. 8 Di VC USDの強みは、最大撮影倍率です。 モノ撮りとか、マクロっぽい撮影をメインにしたい人には、大きなメリットかもしれません。 僕はモノ撮りをしても、マクロ撮影のように大きく写す必要性がないため、最大撮影倍率が高い必要もありません。 8 Di VC USDは脱落。 最終的にEF35mm F1. 4L II USMの購入を決定しました。 まとめ 動体撮影(ピント速度・精度重視)やボケを活かしたい人、純正の安心感重視の人は、EF35mm F1. 4L II USMがおすすめです。 もちろん、風景撮影とかもばっちりです。 純正の安心感を重視しつつ、F2以上の撮影で差し支えない人や取り回しの良さ重視ならEF35mm F2 IS USM。 動体撮影なしで、ボケも活かしたい場合、純正に対する安心感を感じない場合は35mm F1. 4 DG HSMが良いと思います。 8 Di VC USDを。 レンズに限りませんが、極論すると、どうしても迷って決められない場合は、高い方を買った方が幸せになれると思います。

次の